カメは熱中症になりやすい?予防法と発症時の対処法を知っておこう

私たち人間だけでなく、カメにとっても日本の暑い夏は辛いものです。
しかし、カメは言葉を話すことができず、暑くても飼い主さんに訴えることができません。

不適切な飼育環境下では、カメが熱中症になってしまいます

今回の記事では、暑い季節にカメが熱中症にならないように知っておきたい予防方法と、万が一熱中症になってしまった際の対処方法を解説します。

カメは体温調節ができない

カメ,熱中症,予防法,対処法

カメは、私たち人間と違って「変温動物」なので、体温調節をすることができず、外の気温に合わせて体温が上下します。
つまり、寒くなれば体温も下がり、暑くなれば体温も上がるのです。

ペットとして人気のあるクサガメやイシガメ、アカミミなどのカメにとって、適温はおよそ25~30℃と言われています。
30℃を超えると熱中症になる危険性が高まりますが、日本の夏は30℃を超えることは珍しくありませんから、十分注意しましょう。

カメの熱中症の症状

カメ,熱中症,予防法,対処法

熱中症になりかけのサイン

カメは、気温が上がると、涼しいところを必死で探そうとします。

そのため、水槽から脱走しようとしたり、逃場を探すため動き回ったりします。しかし、これを「暑いと活発になったから、暑いのが好きなのだろう」と勘違いしてしまう飼い主さんもいるようなので、注意が必要です。

熱中症の症状

カメの熱中症の症状は、基本的には人間の場合と似ています。
例えば、次のような症状があります。

  • 嘔吐
  • ぐったりする、足を引きずる
  • けいれん
  • 泡を吹く

症状が進行すると、体に麻痺が残ったり、最悪の場合死にいたることもあります。
カメであっても、熱中症は決して油断できません。

カメの熱中症の予防法

カメ,熱中症,予防法,対処法

カメの熱中症は、予防が何よりも重要です。発症してしまわないように、夏の時期の適切な飼育方法を知っておきましょう。

1. 猛暑日の日中は屋外に出さない

カメにとって、甲羅の健康を維持するための日光浴は大切なものです。
しかし、気温が高い中で日光浴をさせると熱中症になってしまうため、真夏はなるべく室内の涼しいところで日光浴をさせるようにしましょう。

2. 日除けを作る

真夏の日光浴は、涼しいところでさせるだけでなく、直射日光を直に受けないようにすだれなど、風通しの良い日除けをつけて適度に行うことが重要です。

室内で行う際は窓につけても良いですし、屋外で日光浴をさせるならケースの半分をすだれで覆うなどしましょう。

3. 水がお湯にならないように注意

通常、ミドリガメなどに適した水温は、26℃程度と言われています。

「日光浴をする際は水を入れたほうが涼しいだろう」と考える飼い主さんもいますが、26℃を超えてしまうと暑すぎてしまいます。

真夏の日光浴は、日陰を作りつつ、水なし・短時間で済ませるか、水を入れるのであればたっぷり入れることで、水温が上がりすぎないように注意しましょう。

4. 水槽用のクーラーを使う

室内でもエアコンが効きにくい場所があったり、水槽内の水温が上がってしまうことがあります。

そんな時は、水槽用のクーラーを取り付けると安心です。
ただし、水槽用クーラーの値段は高額なものから安いものまで、性能も良いものから粗悪なものまで様々です。初めからそれに頼り切って部屋のクーラーをつけずに外出したりするのは危険ですので注意しましょう。

水槽用クーラーはあくまで補助的なものと考え、室温管理や水槽を置く位置の工夫は徹底して行ってください。

カメが熱中症になった時の対処法

カメ,熱中症,予防法,対処法

カメの熱中症は、発症しないように予防することが最も重要ですが、それでも熱中症になってしまった時は、どうしたら良いのでしょうか。

徐々に冷やしていく

熱中症になってしまったら、焦って冷たい水に入れたくなるかもしれません。
しかし、いきなり冷水をかけるのではなく、常温の水をゆっくりとかけてあげることが重要です。

もし、日の当たる暑いところにいたのなら、室内の風通しの良い日陰で処置するようにしましょう。

改善しなければ動物病院へ

症状が良くならなかったり、けいれんが見られたり、泡を吹いたりした場合は、すぐに動物病院に連れていく必要があります。
その際は、カメを風通しの悪い密閉容器に入れたり、直射日光を当てたりせず、なるべく涼しい環境を作って運ぶようにしてください。

まとめ

カメ,熱中症,予防法,対処法

カメは変温動物なので、体温調節ができず、暑い時期には熱中症になりやすいので、十分注意してあげましょう。

熱中症は予防が肝心ですから、暑い日には外に出さない、直射日光を当てない、室温・水温管理を徹底するなどして、カメが熱中症にならないように努めてください。

それでも熱中症を発症してしまったら、適切な応急処置を施し、症状が重ければすぐに動物病院に連れて行きましょう。

寒い地域に住む動物の体は大きい?動物に関わる4つの法則を解説!

ペットを飼っている皆さんは、大きい動物は寒さに強く、小さい動物は寒さに弱いと、なんとなく思ったことはありませんか?

動物に関わる法則はたくさんありますが、今回は身近なペットにも関わる興味深い4つの法則について解説してきます。少し難しい話題かもしれませんが、ペットや周りの動物のことを思い浮かべながら読んでみてください。

ベルクマンの法則

犬,猫,ペット,法則,生物

「恒温動物においては、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく、近縁な種間では大型の種ほど寒冷な地域に生息する」

ドイツの生物学者クリスティアン・ベルクマンが発表した法則です。
北極に生息しているホッキョクグマは大きく、熱帯に生息するマレーグマは小さいなど、クマを例に挙げて説明されることが多いです。

なぜ?

恒温動物は体温を一定に保つために、体内で生産した熱を体表から放出しています。そして、熱の生産量は体重にほぼ比例し、熱の放出量は体表の面積にほぼ比例します。

例えば、体長が2倍になると、熱の生産量は8倍になりますが、熱の放出量は4倍にしかなりません。つまり、体が大きくなるにつれて熱を放出する割合が減るため、寒い地域の動物は体を大きくして体温を維持しているということです。

犬や猫にも当てはまる?

大型の犬や猫を思い浮かべてみてください。その犬や猫の多くは、寒い地域が原産であるはずです。一方で、体が小さいことで知られるチワワやシンガプーラはそれぞれ、メキシコとシンガポールという暑い地域原産の犬や猫です。

体の大きい犬や猫が暑さに弱いのは、体内の熱を放出しづらいという理由がありました。そのため、夏や冬は特に温度管理に注意してあげましょう。

注意
犬や猫の多くは人の手が加わって人工的に生まれたものであり、必ずしもこの法則に当てはまるわけではありません。特に、短頭犬種は体が小さくても別の理由で暑さに弱いことで知られています。
体が大きいから寒さに強い、体が小さいから寒さに弱いと安直に考えるのではなく、その犬種や猫種にあった生活環境を整えてあげてください

アレンの法則

犬,猫,ペット,法則,生物

「恒温動物において、同じ種の個体、あるいは近縁のものでは、寒冷な地域に生息するものほど、耳、吻、首、足、尾などの突出部が短くなる」

1877年にジョエル・アサフ・アレンが発表した法則です。キツネ類などでよく見られ、砂漠地帯に生息するフェネックは耳が非常に大きく、ホッキョクギツネは耳が丸くて小さいことからもよくわかります。

なぜ?

こちらもベルクマンの法則と同様に体温維持に関係があります。
耳などの尖った部分は体表面積を大きくし、体内の熱の放熱量が増加します。そのため、寒い地域に生息する動物は放熱量を減らすために突出部が少なく、温かい地域に生息する動物は放熱量を増やすために突出部が大きくなると考えられます。

どんな動物に見られる?

ウサギの耳やサルの尻尾もアレンの法則の代表的な例として有名です。

犬や猫ではまだはっきりとわかっていないことが多く、また、人工的な手が加わっていることから一概には言えませんが、先ほどのベルクマンの法則のところでも紹介したチワワやシンガプーラはピンッと立った大きな耳が特徴であることから、アレンの法則が成り立つ場合もあるかもしれません。

なお、ベルクマンの法則とアレンの法則はほぼ同じ理由によるため、両方の特徴が同時に出現する動物も珍しくありません。

グロージャーの法則

犬,猫,ペット,法則,生物

「哺乳類・鳥類については、寒く乾燥した地域に住んでいる生き物の方が、温かく湿度の高い地域に住んでいる生き物よりもメラニン色素が少なく明るい色をしている傾向がある」

寒く乾燥した地域に住む動物は色が明るく、赤道に近い高湿度の熱帯地域では暗い色が多いという法則で、ドイツの動物学者グロージャーが、居住している地域と鳥類における羽色の関係を指摘したのが最初です。

なぜ?

これは日光を浴びる量が関係していると考えられています。暖かい地域では年間を通して日光をたくさん浴びますが、浴びすぎると体に悪影響を及ぼします。それを防ぐために、メラニンなどの色素が作られると、体表の色が濃くなるということです。

ヒトや鳥によく見られる

グロージャーの法則をもっとも身近に感じられるのが、ヒトの皮膚の色でしょう。暖かい地域出身の人は皮膚の色が濃く、寒い地域出身の人の皮膚の色は薄いです。
また、鳥にもよく見られ、日本に生息しているシジュウカラは、南に住むものほど黒い羽根の色をしており、北の方に住むシジュウカラと同種とは思えないほどの色の違いがあります。

フォスターの法則

犬,猫,ペット,法則,生物

「島嶼(とうしょ)部においては、大型動物は小さくなり、小型動物は大きくなる」

J・ブリストル・フォスターにより提唱された法則で、「島嶼(とうしょ)化」とも呼ばれます。

なぜ?

生物の流入が起こらない島の環境では、大型動物の場合、少ないエサで体を維持できるよう小さな個体が生き残ったと考えられます。一方で、小型動物の場合は、捕食者が少ないことから逃げるための小さな体は必要なく、一部の動物は巨大化したと考えられます。

どんな動物で見られる?

フォスターの法則の代表例としてよく挙げられるのが、コモド島に生息するコモドオオトカゲです。トカゲと聞くと手のひらサイズの小さな動物を思い浮かべる人がほとんどだと思いますが、コモドオオトカゲは全長200〜300cm、体重約70kgもあります。

また、ロシアのウランゲル島という島で発見されたマンモスは、他の地域のマンモスが6トンほどなのに対し、2トン程度しかなかったと考えられています。

まとめ

犬,猫,ペット,法則,生物
今回は、動物に関係する生物学的な法則について解説しました。もちろん、例外はたくさんありますので、すべての動物に当てはまるわけではありません。

しかし、このような法則を知っておくことで、また違った視点で犬や猫、他のペットや動物を見ることができるかもしれません。ぜひ、一度考えてみてはいかがでしょうか?

ルイ・ヴィトン表参道店前で、3か月袋に監禁された末殺される、ヘビのためのアクション

最近のPETAの調査の結果、ルイ・ヴィトンを傘下に持つLVMHの供給源であるインドネシアの屠殺場ではパイソンが最長3か月間も布袋に監禁され、その後ハンマーで叩かれ、カミソリの刃で切り開かれ、生きているだろう状態で皮膚を剥がされることが明らかになりました。 PETAのサポーター達は水曜日に同社表参道店の前で「ルイ・ヴィトン:動物たちの運命に共感してみよう」と書かれた横断幕の下、自らを布袋に監禁するというアクションを起こします。これはルイ・ヴィトンにエキゾチック・スキンの使用を禁止するよう要求している当団体の最新のアクションです。

PETA,ルイ・ヴィトン,パイソン

PETAシニア・ヴァイス・プレジデントのジェイソン・ベーカーは次のように述べました。
「今日の買い物客は、ルイ・ヴィトンの棚に並ぶすべてのヘビ革(皮膚)の財布やバックが、何ヶ月も監禁された後、切り裂かれてバラバラにされた繊細な動物たちの苦しみと孤独を表していると知ったら、ぞっとすることでしょう。PETAはルイ・ヴィトンに対し、動物に優しいファッションを受け入れ、動物の身体から盗まれた皮膚を販売しないよう強く求めています。」

以下のリンクでデモの様子が動画でご覧いただけます。

Instagram
TikTok

【ギネス世界記録】190歳のリクガメが世界最高齢を更新!

2022年1月12日、今年190歳を迎えるリクガメの「ジョナサン」が、世界最高齢のカメとしてギネス世界記録を更新しました。

昔から、「鶴は千年、亀は万年」ということわざもあり、亀は寿命の長い生き物として知られています。
実際、鶴の平均寿命はおよそ20〜30歳(動物園で飼育された場合は50歳程度)ですが、カメでは100歳以上生きる種類も珍しくないようです。

今回の記事では、リクガメ「ジョナサン」について、その歴史や現在の様子をご紹介します。

世界記録の「ジョナサン」は実際はもっと高齢?

ギネス世界記録を更新した「ジョナサン」は、大西洋に浮かぶイギリス領、「セントヘレナ島」のリクガメです。

ジョナサンは、1882年、東アフリカ沖のインド洋に浮かぶセーシェル共和国から、当時のセントヘレナ総督、ウィリアム・グレイ・ウィルソンに贈られました。

年齢は定かではなかったものの、その時点ですでに完全に大人になりきっていたため、当時の年齢は最低でも50歳だとされました。実際には、それよりももっと高齢である可能性が高いと言われているため、現在の年齢も実際は190歳よりも高いのではないかと考えられています。

ギネス世界記録「190歳の「ジョナサン」最高齢のカメに認定」
https://www.guinnessworldrecords.jp/news/2022/1/190-year-old-jonathan-becomes-worlds-oldest-tortoise-ever-688683

過去の「ギネス記録保持カメ」は?

ジョナサン,190歳,リクガメ,世界最高齢,ギネス

ジョナサンが更新したギネス世界記録の正式なタイトルは、「oldest chelonian(最高齢のカメ目)」で、リクガメだけでなく、ウミガメやイシガメなども含まれています。

過去にこの記録を持っていたカメは、南太平洋のポリネシア王国、トンガに住んでいたホウシャガメの「Tu’i Malila(トゥイ・マリラ)」で、1965年に亡くなった時の年齢は最低でも188歳だったとされています。

このホウシャガメのトゥイ・マリラは、イギリスの海軍軍人で航海者のジェームズ・クック(通称:キャプテン・クック)がトンガの国王に贈ったものだと言われています。

ジョナサンはまだまだ元気!

YouTube「Jonathan Takes a Bath」/St Helena Government
https://youtu.be/ozVoDxddKlg

セントヘレナ政府によると、ジョナサンはこの冬も元気に過ごしており、草もよく食べているようです。

嗅覚や視覚はなく、地面に食べ物を置かれても気づかないようですが、獣医師らが手でエサを与えてお世話をしています。
聴覚はしっかりとしていて、特にエサをくれる獣医師の声にはよく反応するそうです。

ジョナサンの獣医師はジョナサンについて、「地域のアイコンで、変化に対する不屈の精神の象徴」と語っています。

ジョナサンが生きている間の出来事

ジョナサン,190歳,リクガメ,世界最高齢,ギネス

セントヘレナに来た1882年の時点で少なくとも50歳だったとすると、ジョナサンが生まれたのは遅くとも1832年ということになります。
1832年から現在に至るまで、世界では様々な出来事がありました。

ここでは、1832年から1950年代までの世界、日本での重要な出来事を振り返ります。

1830〜1850年代

【世界】フランスの画家・マネの誕生、ヴィクトリア女王即位、アヘン戦争、南京条約、太平天国の乱、クリミア戦争、アロー号事件
【日本】天保の大飢饉、大塩平八郎の乱、蛮社の獄、黒船が浦賀へ来航、日米和親条約、日米修好通商条約

1860〜1890年代

【世界】リンカーンがアメリカ大統領に、奴隷解放宣言、カナダ独立、スエズ運河開通、ドイツ・ビスマルク体制、初めての電話通話、白熱電球の発明、エッフェル塔の完成、アテネオリンピック
【日本】桜田門外の変、戊辰戦争、廃藩置県、大久保利通暗殺、上野動物園開園、伊藤博文が初代内閣総理大臣に就任、日清戦争

1900〜1950年代

【世界】義和団の乱、ライト兄弟初の動力飛行、辛亥革命、タイタニック号沈没、第1次世界大戦、世界大恐慌、第2次世界大戦、サンフランシスコ平和条約
【日本】日露戦争、関東大震災、虎の門事件、初の男子普通選挙、国家総動員法公布、大日本婦人会結成、終戦、日本国憲法公布

このような歴史を生き抜いたカメが今も生きていると考えると、本当にすごいことですよね。

カメの寿命

ジョナサン,190歳,リクガメ,世界最高齢,ギネス

ここまで読んで、カメを飼っている人や飼おうと思っている人は、「もしペットのカメが100年以上も生きたらお世話できない…」と不安に思ったかもしれません。

カメの寿命は種類にもよりますが、ペットとしてメジャーなカメの場合は、平均寿命が約30~50歳と言われています。
ジョナサンのようなリクガメは、100年以上生きることも珍しくないようですが、ペットとして販売されているようなカメではそこまで生きることはなかなかないようです。

とはいえ、他のペットに比べれば30〜50年でも相当長生きですから、飼育にはそれなりの覚悟が必要でしょう。

まとめ

ジョナサン,190歳,リクガメ,世界最高齢,ギネス

今回は、世界最高齢のカメとしてギネス世界記録を更新したリクガメの「ジョナサン」についてご紹介しました。

リクガメが100年以上生きるのは珍しくないようですが、1830年代からの歴史を振り返ってみると、190歳のジョナサンが生きて来た月日の長さに圧倒されます。

まだ元気に生活しているということで、これから何歳まで生きるのかが楽しみですね。