いぬねこ暮らし

ペットショップ?里親?それぞれのメリット・デメリットを紹介

BY シェリー編集部2017年7月6日更新

  • ペットショップやブリーダーが一般的だが、悪徳業者には気を付けたい
  • 最近では、譲渡会等も多く、里親になるという手段を選ぶ方も増えてきた
  • どこから迎えたとしても、飼い主として最後まで責任を持って育てて欲しい

皆さんは、「犬を迎え入れる先」といったらどこを思い浮かべますか?ここでは3つの選択肢をあげたいと思います。皆さんの選択肢が広がること、そしてベストな選択ができることが一番だと思います。それぞれの特徴を見ていきましょう。

1、ペットショップ

カップに入るダックス

日本で一番メジャーなのは、恐らくペットショップでしょう。近年ではだいぶ知られてきましたが、ショップで犬が買えるというのは、国際的には珍しいことです。ペットショップの良さは、何と言ってもその身近さ。家族で気軽に寄れる場所ですし、雰囲気も良いため行くだけでワクワクとした気持ちになれます。

メリット

  • 身近なため、寄りやすい
  • スタッフの人に相談できる
  • 必要なものも一緒に買うことができる
  • 行くだけで楽しい、ワクワクする

デメリット

  • 悪徳ペットショップもある
  • あまりにも子犬のうちから販売していたりする(幼犬のうちは、親や兄弟といることが望ましい)
  • オークション(競り市)で安値で買ってきた犬を売っていたりする(幼犬の時にたらい回しにされることが過大なストレスとなり、病弱な子になってしまうことがある。)
  • 悪徳ブリーダーから仕入れていたりする

2、ブリーダー

フレンチブルドッグ
自分の望む犬を迎えられるだけでなく、実際に親犬に会えたり、その犬が育てられてきた環境を見ることができます。(これを理由もなく断るようなブリーダーには注意です。)愛犬家に育てられたブリーダーから直接引き取ることは、犬にとっても負荷が少ないと言われています。

メリット

  • 決まった犬種を迎い入れられる
  • プロに相談することができる
  • 親犬や育った環境を見学させてもらえる

デメリット

  • パピーミルと呼ばれる、悪徳ブリーダー(酷い環境下で育てる、お金儲けが最優先)もいるので注意が必要

3、里親になる

笑う少女とトイプー
以前よりもこの選択肢を選ぶ人が増えてきたように思います。里親になる方法も様々あります。

飼い主さんの環境や気持ちの面もありますが、ぜひ選択肢の1つとして考えていただきたいです。譲渡会や里親募集のサイトなどにネガティブなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。是非一度のぞいて見てください。

メリット

  • 命が救える、社会貢献にもなる
  • トライアル期間があるところもある
  • スタッフさんが相談に乗ってくれたりする

デメリット

  • 譲渡条件が厳しい場合がある(再び悲しい思いをさせないために、里親になる条件がやや厳しい)
  • まだ愛してもらったことのない子もいたりする(譲渡会の場合は予め人間に慣らしてくれている場合が多いです)

ベストパートナーが見つかりますように

私自身、3匹の犬と関わってきましたが、いずれも里親になることで犬を迎え入れてきました(拾い犬、里親募集のサイト→譲渡会の流れ)。それは、我が家のポリシーとして「どこから迎え入れても大差はないのだから、どうせなら命を救える選択をしよう」というものがあるからです。全員良い子で、本当に愛し愛されていました。また、元々の飼い主さんからお手紙をいただいたりもしました。

もちろん、ペットショップやブリーダーから受け入れることがよくないわけではありません。また飼い主さんそれぞれの思いや、環境もあると思います。里親になるという選択肢があるということも知った上で、どの選択肢が自分たちにとってベストなのかを一度考えてみてください。きっと、その考えの先に、あなたを待っている子がいるはずです。

また、悪いペットショップ・悪いブリーダーがいるかもしれないということも知っておいてください。そういったことを飼い主側である私たちが知って入れば、自ずと数は減ってくるはずです。

みなさんが、素敵なベストパートナーと出会えますように。

Coming soon

  • 利用規約について
  • プライバシーポリシー
  • 記事掲載について
  • お問い合わせ