ねこ知識

【猫の進化論】猫の起源は未だに謎?進化の過程も気まぐれだった

BY シェリー編集部2018年3月11日 更新
280 views

  • ネコの起源はいまだ謎につつまれている
  • 猫って実は働き者だった
  • 気まぐれに進化した動物

可愛さを武器に、みんなから愛されるペット、

古代エジプトには“猫崇拝”という言葉があり、猫は神様として、人々に慕われていました。今日では、猫はとても人気のあるペットの一種です。その気まぐれな性格が、憎めない可愛さですよね。

さて、今回はそんな、ユニークな歴史的背景のある“猫”の進化論をみなさんにお届けします。なお、“犬”の進化論については、こちらの記事をご覧ください。

【犬の進化】ダーウィンの進化論から見る犬の起源
人間の相棒、犬。犬は人間が飼いならした最初の動物だと言われています。でも皆さん、犬の祖先って気になりませんか?犬とオオカミは親戚同士って聞きますが、その理由って何でしょう?その答えのヒントはダーウィンの進化論にあります。ダーウィンの進化論にある”自然淘汰”という言葉が分かれば、犬の進化が面白く見えてきます。

猫の起源

hug cat
猫の起源はどこにあるのでしょう?そもそも、猫は進化をしてきたのでしょうか?

現在唱えられている説によると、猫は何万年も前に絶滅した動物から進化をしていると言われています。その絶滅した動物は、“プロアイルルス”と名付けられ、約2500万年前に生息していた最初のネコ科動物と言われています。

化石が物語る最初の猫

hide and seek with cat
19世紀にフランスで、初期の猫、プロアイルルスの化石が発掘されました。当時の古生物学者たちは、プロアイルルスが現代の猫の共通の祖先であるという説を唱えました。

現在でも非常に信憑性が高い説として知られています。

プロアイルルスから猫への経緯

sleeping cat
他のペット(特に犬)とは対照的に、猫の進化は、直接的な人間の影響ではなく、猫が、自然の変化に合わせて進化してきたと言われています。例えば、気候や環境の変化などです。

生きるため、もしくは種を絶滅させないためには、厳しい自然環境に備えるための体が必要です。そこで体質を変化させなくてはなりません。これを「“自然淘汰”」と呼びます。

いつ、どこで、どのようにして?というような詳細はまだ発見されていません。

しかし、プロアイルルスと今日の猫は、同じDNAを共有しているので、プロアイルルスが猫の先祖だった可能性は、非常に高いのです。身近にいるペットではありますが、その進化の過程は今も謎に包まれているのです。

人間が猫と生活し始めたのはいつから?

playing guitar with cat
人間が猫を飼い始めたのは約10,000年前からと言われています。

最初に猫を飼い始めたのは農民だったそうです。穀物を食い散らかすネズミの駆除対策として、猫を飼育したと言われています。犬と一緒で、猫も人間がその特性を利用しようと考えたのですね。

考古学的証拠によると、中国中部の陝西省で、約5,560-5,280年前の8本の猫の骨から、猫がネズミを主食にしていたことが分かりました。猫って実は働き者だったんですね。とっても気まぐれなで甘えん坊な猫も、私たち人間にすごく協力的だったんですね。

猫が家族の一員になったのはいつから?

2004年にトルコ近郊の国、キプロスで大きな考古学的発見がありました。

9,500年前の埋葬地が発掘され、その埋葬地から猫の骨が見つかったそうです。その猫は、人間が埋葬されるのと同じように、丁寧に扱われていた形跡があり、このことから、私たち人間が猫を“家族の一員”として飼っていたことが分かります。

また、約4000年前の古代エジプトの絵では、猫が人間と一緒に生活をしている様子が絵に描かれています。加えて、古代エジプトでは、猫は女神として崇拝されていたので、人々の生活に大変関わりのある動物だったと言ってよいでしょう。

現在の猫はどうして生まれたのか?

kittens
私たちが今日知っている“猫”は、自然淘汰進化の結果生まれてきた動物です。

しかし、今現在、様々な種類の猫が世界中で可愛がられています。種類によって、長所と短所があり、また、性格も違いますよね。この子達はどのようにして生まれてきたのでしょうか?

進化の歴史的背景

19世紀、猫の種類が爆発的に増えました。それは人間が交雑育種をし始めたからです。

ビクトリア時代が始まると猫は動物の中でもっとも人気があり社会的地位の高さを象徴する動物となっていきました。当時の貴族は、こぞって猫をペットとして飼い始めるようになったのです。

当時は、より品のある見た目、かつ珍しい品種の猫が好まれたことから、猫の品種改良が頻繁に行われました。その結果、現在世界中に多くの種類の猫が存在するようになりました。

猫も最初は人間の相棒だった

sleeping cats
本当は犬と同じように、猫も真面目な働き者だったんですね。そして、人間の相棒、パートナーとして、一緒に暮らしてきたのです。しかし、ビクトリア時代の訪れにより、貴族によって甘やかされ、ペットとして飼われるようになり、今のような憎めない、甘えん坊ペットになっていきました。

犬は道具として利用することを重視され、長所となっている能力を伸ばすために何度も交配が行われました。一方で、猫は途中からペットとして見た目を重視して交配が行われていったのですね。こう考えると、現在同じようにペットとして飼われている犬と猫の違いもよくわかりますよね。

今のペットとしての飼い方のスタイルの違いも、もしかしたらこの進化の過程の違いが影響しているのかもしれません。

ご意見をお聞かせください!

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。

もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?
※ 個人情報の入力は不要です。
※ 編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。
お問い合わせ