いぬエンタメねこ写真・動画

インスタ映え確実!周りと差がつく、ペットの写真加工方法

BY Chisato2018年6月6日 更新
454 views

  • インスタ映えな写真加工
  • 周りとは一味違う方法で
  • ミッキー耳やウインク?!

皆さんは愛犬や愛猫の写真を、どうやってSNSにUPしていますか?

今記事では、インスタ映えを狙える「あるアプリ」と、そこで紹介されているオススメの「ペットの画像加工」についてまとめていきます。

ペットの写真をもっとおしゃれにしたい

InstagramとiPhone
InstagramなどのSNSをやっていると、「いつも同じような写真ばっかりになってしまうな」と感じることがあります。ペットは、人間のように静止したまま、ポーズや表情を作ってくれるわけではないので、写真に収めるのが難しいです。

そんな時は、画像加工アプリを使って、可愛くおしゃれに加工をしてみましょう!

可愛いペットの画像加工方法!

「BeautyPlus – 撮影、編集、フィルター」をApp Storeで
「BeautyPlus – 撮影、編集、フィルター」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「BeautyPlus – 撮影、編集、フィルター」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。

「BeautyPuls」という画像加工アプリは人間だけでなく、なんとペットの写真も可愛く加工することができます。

こちらのアプリは、「プリクラのような写真が撮れる」と女子の間で人気です。美肌はもちろんのこと、目を大きくしたりシミを消したりと、様々な加工が可能です。

今回は、こちらの「BeautyPlus」内にて紹介されている、ペットの画像加工方法2つを取り上げていきます。とても可愛く、しかも簡単にできる加工方法なので、是非マスターしていきましょう!


こんなウインク写真が作れちゃいます!


こんなにかわいい写真も!簡単にできちゃいます。

ウインクした画像

ウインクしたマロン
「愛犬のいい表情が撮れない…!」そんな悩むに答えてくれるのが、ペットの目をウインク加工できる加工術です。

「BeautyPuls」を使って、ペットの画像を加工していきます。様々な美顏補正の機能がありますが、その中の「顔体痩せ」という機能を使って、加工をします。

(1)まず、BeautyPlusをダウンロードしましょう。

(2)タップしてアプリを開きます。トップの画面は、現在このようなものとなっています。


(3)既に撮った写真を使う場合には、トップの画面の左下にある「パーツ編集」をタップします。

(4)加工したい画像を選択します。

(5)様々な加工機能が並んでいる中、左から2つ目の「顔体痩せ」をタップします。

(6)適当なサイズを選んだら、ウインクさせたい目の部分を触っていきます。

ポイントは、画像をピンチイン(拡大)して、目の部分を大きく表示させることです。そして、目の少し上から目の下にかけて、縦に触っていきます。今度は逆に、下から上にかけてもドラッグ(触りながらスライド)させ、微調整を繰り返します。

真っ直ぐに前を向いた画像の方が、綺麗で簡単に加工しやすいです。また、あまりにもペットが小さく写っている写真だと、目だけを加工することが難しいので、少しアップで写っている写真がおすすめです。

このようになります。

(7)最後に、ウインクした目の近くに、星などのパーツを載せていきましょう。より、ウインクが目立つようになります。

まず、左下の「デコ」という部分を選択します。次に、「落書きペン」を選択すると、星などが描けるペンが出てくるので、好きなものを選択します。あとは、目の近くに、選んだパーツを置いていきます。

ウインクしたわんちゃんの完成です!#ウインクペットというハッシュタグで、皆さんInstagramに投稿しているようです。

耳がミッキーの画像

instagramでは、様々なものをミッキー耳にした写真が流行しています。(ミッキー耳とは、ディズニーキャラクターのミッキーのような耳をした写真のことです。)


中でも、#耳っきーというハッシュタグで、ペットの耳をミッキーにした写真が多く投稿されていました。こちらの写真も、「BeautyPlus」の同じ機能を使って、加工して作ることができます。

(1)〜(5)までは、先ほどと同じです。同じ「顔体痩せ」という機能を使って、加工をしていきます。

(6)今回は、耳をミッキーにするので、耳を丸く大きく拡大させていきます。

適当なサイズを選択し、耳の部分を下から上にドラッグして、広げていきます。形を綺麗な丸にしなければならないため、バランスを整えながらの作業になります。

耳を大きく引き延ばす加工のため、後ろの背景がどうしても連なって引き伸ばされてしまいます。そのため、複雑な背景ですと、加工した跡が残ってしまいます。背景がシンプルな写真を使用する事をオススメします。

耳がミッキーの形をしたわんちゃんの完成です!

素敵な写真を作っちゃおう!

dog bear
最先端の画像アプリを使うことで、いつもとは少し違った、おしゃれな写真にすることができます。

この加工方法は、犬や猫だけでなくハムスターなど様々なペットで使用することができます。皆さんの愛するペットの写真をSNSにあげる前に、ぜひこのような可愛い加工を試してみてはいかがでしょうか?

ご意見をお聞かせください!

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。

もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?
※ 個人情報の入力は不要です。
※ 編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。
お問い合わせ