いぬ暮らし

ペット用食品?犬用ワインとシャンパンって!?

BY シェリー編集部2018年5月7日更新

  • あくまでもアルコール風
  • 気になる味は犬の好物の味
  • パーティー大国アメリカからペット用アルコール風飲料発売!

アメリカ、デンバーのペット用飲料会社、Apollo Peakが面白い商品を販売しています。それは犬用ワインとシャンパンです。

犬用ワインとシャンパンってそもそもなんでしょう。犬はアルコール類は飲めませんよね?また、ブドウも絶対にあげてはいけません!犬の飼い主の皆さんなら、ご存知のことですよね?

今回はそんな謎に包まれた、犬用アルコール飲料をご紹介します。

原材料


安心してください!この犬用飲料、普通のワインとシャンパンじゃないんです。もちろん、この犬用ワインとシャンパンにはアルコールは含まれていません。

また、発酵飲料でもありません。このワインと言えば、普通はブドウを発酵させて作りますよね?でもこれ、ブドウから作られているわけではありません。

実は、犬用ワインビーツという野菜とペパーミントを原料として作られているんです。ビーツってあの真っ赤な野菜です。また、犬用シャンパンカモミールやリンゴから作られています。つまり、野菜やハーブを原料に作られた、ワイン風、シャンパン風飲料ってことです。

野菜やハーブから作られているなら安心ですね。決して、アルコールは与えないでくださいね!アルコールは絶対にダメです。

お正月に要注意!「犬の急性アルコール中毒」って?
犬の”急性アルコール中毒”ってご存知ですか?年末年始のこの時期、特にこれで動物病院にお世話になる方が多いのです。犬はアルコール分解ができない動物です。そんな動物にお酒を与えてしまえば、最悪の場合死に至ってしまいます。あげてしまった後の対処法も。いざという時のために見ておきましょう!

犬にハーブを与えて大丈夫?

herb
犬にハーブって、与えても良いのでしょうか?人間場合、人によってはハーブからくるアレルギー症状を起こしたりしますよね?

このワイン風飲料の会社によると、ハーブには、犬に与えて良いものと、いけないものがあるそうです。その与えてよいハーブのうち、ペパーミントとカモミールは犬の健康に害を及ぼすリスクがほとんどないということです。

また、ペパーミントとカモミールにはリラックス作用があるため、犬に与えるとリラクゼーション効果があることが期待されています。

犬用ワインとシャンパンの楽しみ方

今回ご紹介する犬用飲料が、本当のワインやシャンパンではなく、あくまでもハーブから作られたワイン風、シャンパン風飲料だと分かって安心したかと思います。

では、どんな時にどうやって犬用ワインを楽しむのがベストなのでしょうか。これからは、皆さんに、その楽しみ方をご紹介します。日本でも使えると思いますよ!

わんちゃんの誕生日

Some #dogs just know how to party. #chardognay #dogwine

Apollo Peakさん(@apollopeak)がシェアした投稿 –


わんちゃんが成人した日や成長を迎えた日には、ぜひご馳走してあげたいですよね。誕生日は大切な記念日です。

わんちゃんもちょっと背伸びをして大人になった気分!?

特別な日のディナー


特別な日は、おめかしをして愛犬とちょっと高級なディナーを楽しみたいですよね。また、ペット仲間同士、または女子会のディナーもよし!

ペットも飼い主さんと一緒にドリンクを楽しんじゃいましょう!

新年のお祝い

新年のお祝いは盛大にやりたいもの。わんちゃんにもワインを用意して、年越しパーティーもいいですね。

今年の年末年始に犬用のワイン、いかがですか?

気になるお味は?

taste
野菜やハーブから作られているなら、味だって「野菜やハーブの味そのまんま」だと思いますよね。

いやいや、違うんです。まさかのびっくりフレーバー付きなんです。それは、わんちゃんが大好きなチキン味!

わんちゃんに好きになってもらうべく、犬用のシャンパンはチキン味だそうです。勢い良く飲んでもらえるように、わんちゃんの味覚に合わせたということですね。

一方、ワインは、ペーパーミントから作られているため、そのままの味、フレッシュウォーター味として販売されています。

注意しておきたい点

think
ペパーミントとカモミールが、必ずしも皆さんの家庭のわんちゃんに害がないとは限りません。もしかしたら、人間同様、アレルギー症状を起こす危険性があるかもしれません。

もし、飼い主さんのわんちゃんに、犬用ワインを与えたい場合は、事前に獣医さんに相談しておくことをお勧めします。

結局、獣医さんに診てもらって、安全確認をしてもらわなくてはいけないとは…。そんなに面倒な手順を踏まないといけないとなると、あまり気軽に手の出せるペット用飲料ではないですよね。

犬や猫に与えてはいけない食品や飲み物についてご存知無い方は、こちらもあわせてご覧ください。

最低限知っておくべき、危険な食べ物リスト【犬猫版】
私たちが普段食べている食材の中には、犬猫に有害な食材がいくつかあります。危険度には幅があるため全てを把握しておく必要はないと思いますが、危険度Aクラスのものだけでも知っておくべきでしょう。食材の中には、少量の摂取でも死に至るものもあります。「知らなかった…」では済まされませんので、最低限の知識は知っておきましょう。

何にでもペット用商品

garden-party dog
今回はアメリカの犬用ワインのご紹介でした。

さすがパーティー大国アメリカ。犬にもアルコール(あくまでもアルコール風飲料ですが)を用意してしまうんですね。もしかすると、犬用ビール風飲料やカクテル風飲料なんかもあるかもしれませんね。特に、欧米はペット先進国なので、犬用、猫用の商品が数多く販売されています。日本にはないビックリ商品がまだまだあります。引き続き、調査していきたいと思います。

Coming soon

  • 利用規約について
  • プライバシーポリシー
  • 記事掲載について
  • お問い合わせ