いぬおでかけ健康暮らし知識飼い方

この暑い夏、本当にお留守番させて大丈夫?エアコンは必要?

BY Chisato2017年7月14日 更新
335 views

  • 暑さに弱い犬たちベスト5
  • 犬は暑さにとても弱い。エアコンの設定温度は25〜26℃ぐらいで!
  • おすすめ暑さ対策グッズ

この暑い夏、愛犬にお留守番をお願いするときはどのような対策をしているでしょうか。犬は人間より暑さに弱い上に、「暑い!」と訴えることもできません。飼い主である私たちがきちんと配慮してあげなければなりません。そこで暑いこの夏、とるべき対策をまとめました。

犬は暑さに弱い?

夏場のおじさま
犬は、暑さや湿気にとても弱いと言われています。人間は汗を流して体温調節が可能ですが、犬は被毛に覆われているため体温のコントロールが難しいのです。また、犬は気温22度以上、湿度60%以上になると熱中症になる可能性がぐんと上がると言われています!
熱中症にかかってしまうと、人間と同じで最悪の場合死に至ることもあります。細心の注意を払いましょう。

暑さに特に弱い犬たち

犬の生まれた国や、体型・体格によって、暑さに強いかが変わってきます。以下の犬たちは、暑さに弱い子達です。

  • 短頭種などの鼻の低い犬種(パグ、フレンチブルドッグ、シーズーなど)
  • 北方生まれの犬種(ハスキー、シェットランド・シープドッグ、ボルゾイなど)
  • 太り気味の犬
  • 子犬や老犬など
  • 心臓病などの病気を持っている犬(特に呼吸数が上がる疾患)

エアコンは必要?

エアコン
結論から言うと、何らかの対策は必要です。人間が暑いと感じた時点で、犬は「ものすごく暑い」と感じていると思ってください。

ですが、「エアコンが必ずしも必要」というわけではありません。なぜなら、犬種や住んでいる場所、建物によって違うからです。(例えば、田舎に住んでいたら窓を開けているだけで涼しい風が入ってきますからね)

エアコンの温度は?

犬は人間よりも暑がりですが、あんまり寒いのも体調を崩す原因になります。ですので、飼い主さんが快適と感じる気温設定で基本は大丈夫。お住いの環境にもよるので一概には言えませんが、人間が快適に過ごすことができる25℃〜26℃前後の設定で良いでしょう。(ちなみに、人間が快適に過ごすことができる5月や10月の平均気温は21℃〜22℃ですが、エアコンでこの温度設定にすると、寒くなりすぎると思いますので、このようにしています)

また、犬は湿度が高い状態も苦手です。ですので、ドライを上手に使うのも手です。

エアコン付けっ放しは金銭面が心配…

こればっかりは、愛犬の命と比べることはできないので、ある程度の金銭的負担は覚悟しましょう。「え、そんな身もふたもないこと言わないで…」と思ったでしょうか。大丈夫です、工夫次第で料金を抑えることはできます!

暑さ対策グッズを使う

今は様々は冷却グッズが売っています。大理石ボードや冷感マットがよくみられるかと思います。

冷感マット

  • コンパクトで、持ち運びもらくちん
  • 比較的安価
  • 冷たすぎずちょうど良い
  • 噛まれると中のジェルが出てきてしまい、ダメになってしまう

大理石ボード

  • 冷え感抜群
  • しっかりしていて、噛まれたりしちゃわない
  • 値段は少し高め
  • 怖がって乗ってくれない子もいる

サーキュレーターを併用しよう

サーキュレーター

エアコンとサーキュレターの併用が安くて効果的かと思います。サーキュレーターの電気代はとても安いです。(1時間つけっぱなしで1円程度)併用すると、エアコンの設定温度をそんなに下げなくても十分涼しさを感じます。

暑い夏、愛犬の健康を守ろう

湖のほとりにいる犬
いよいよ夏本番になってきました。愛犬を残して家を留守にするときには、熱中症にならないように細心の注意を払いましょう。

ご意見をお聞かせください!

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。

もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?
※ 個人情報の入力は不要です。
※ 編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。
お問い合わせ