いぬお手入れ健康知識飼い方

犬のお手入れ、何をどれぐらいやればいいの?

BY Chisato2017年7月25日 更新
380 views

  • ブラッシングや歯磨きなどはできれば毎日行いたいもの
  • 耳掃除は2週間に1回程でOK
  • シャンプーや爪切り、肛門絞りは月に1回ぐらいの頻度で大丈夫

皆さんは犬のお手入れについてどれぐらい知っていますか?「お手入れ」と言っても、ブラッシングからシャンプー、歯磨きとやることがたくさんありますね…いったい何を、どれぐらいやるものなのでしょうか?飼い始めたばかりの人は特に必見の基本情報です!

毎日やるお手入れ

ブラッシング


「毎日やるの!?」と思うかもしれませんが、様々な効果があるのでできるだけしましょう。汚れを落とすだけでなく、血行を促進してくれたり、ノミ・ダニの予防にもなります。また、毛の生え変わりがスムーズに行われることで、皮膚病対策になります。犬の皮膚は人間よりも弱いので、こまめなブラッシングが必要になります。

歯磨き

歯ブラシ
犬の触られて嫌な口先を開けることになるため、はじめは苦労するかもしれません。人間と同様、歯の健康はとても大切。歯磨きをしないでいると、歯周病になってしまいます。なんと犬の80%は、歯周病にかかっている疑いがあると言われています。歯磨きをしていないと口臭も気になってきます。毎日は厳しい…という方は、少なくとも週に2・3回はしてあげたいところです。

足拭き

タオルとミント
散歩から帰った後など、外から家に入るときは毎回足を拭きましょう。汚れたままの足で家の中を歩くのは衛生的によくありません。犬は足先を触られるのを嫌がる子が多いです。「家に入る前は足を拭く」をきちんと習慣にし、幼い頃から訓練させるのが良いでしょう。

二週間に1回

耳掃除

耳の中の環境が良くないと、耳ダニが住み着いてしまうので、綺麗な状態を保つことが必要です。特に垂れ耳の子の場合は、蒸れてしまいがちです。二週間に一度ほどのペースで掃除をしてあげるのが良いでしょう。毎日やるのは、やりすぎになってしまうのでかえってよくありません。また、耳の中はかなりデリケートなので、病院でやってもらうのも手です。間違ったやり方をすると、耳の中に傷をつけてしまいかねないので注意が必要です。

月に1回

シャンプー

歯ブラシ
頻度としては、月に1〜2回が理想的です。あまり多すぎても、必要以上に皮脂を洗い流してしまうのでかえって良くありません。温度も35~37℃という人間からするとゆるいぐらいがちょうど良いです。シャンプーは、犬専用のものを使いましょう。

肛門腺絞り

お手入れ
個体差はありますが、理想は月に1回やってあげることです(特に小型犬や肥満犬、高齢の犬などは、排出がうまくできずに溜まりがち)。分泌液が肛門嚢に溜まると、細菌が繁殖し、炎症を起こしてしまうことがあります。肛門腺絞りは、病院やペットサロンでもお願いができます。家でやるときは、シャンプーをする前にするのがおすすめです。そのまま一緒に洗い流せるからです。

爪切り

爪切り 赤ちゃん
外に出ることの多い犬は月に1回ほどで大丈夫です。外を歩く際に自然に研がれているからです。逆に、ずっと家にいる子はすり減りにくいので、月に2回ほどが理想的でしょう。伸びすぎてしまうと、自分の爪で自分の肉球を傷つけてしまいかねません。犬の爪には血管が通っているので、切りすぎには注意が必要です。

愛犬を健康で美しく!

女性の膝の上に乗るキャバリア
お手入れはやることがたくさんあって大変かもしれません。ですが、愛犬が綺麗で、健康に長生きするためにも頑張りましょう。足拭きも歯磨きも、はじめは抵抗して嫌がるかもしれません。根気強く、また褒めながら行って、徐々に慣れてもらいましょう。

ご意見をお聞かせください!

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。

もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?
※ 個人情報の入力は不要です。
※ 編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。
お問い合わせ