いぬ知識飼い方

【おすすめ】初めてでも飼いやすい室内犬ランキングTOP5

BY シェリー編集部2017年6月2日更新

  • トイプーは不動の人気NO.1
  • シーズー、キャバリア、パピオンも賢くて飼いやすい犬種。
  • ブルやパグ等は吠えにくい。

「犬を飼いたい!と思ったはいいものの、どの子がいいのかわからない…」そんな方も多いのではないでしょうか。

それぞれの犬種には特徴があります。そこで今回は「飼いやすさ」をテーマに、5犬種をピックアップいたしました。

1. しつけがしやすいトイプードル

トイプードル
明るい性格で人懐っこいプードル。とても賢いため、しつけがしやすい犬種ナンバーワンと言われるぐらい頭の良い犬種です。

総合的にみても、とても飼いやすいワンちゃんです。

  • あまり吠えない
  • 抜け毛が少ない(伸び続けるので、トリミングは必要)
  • 匂いもあまり気にならない
  • 遺伝的な病気が少なく、日本の気候への適応応力が高い

2. 誰とでも仲良くなれるシーズー

シーズー
大人しくて人懐っこいシーズー。コミュニケーション能力が高く、子供や高齢者ともすぐに仲良くなれます

愛情深く、おっとりとした性格の持ち主です。また理解力も高いのでしつけがしやすいことでも有名です。

  • 吠えにくい
  • 体臭も少ない
  • 運動量が少ないため、散歩が楽。
  • 頑丈な身体つきで、比較的健康

3. 温厚で優しいキャバリア

キャバリア
美しい毛並みとウェーブがかった垂れ耳をもつ、キャバリア。

社交的かつ攻撃性も低いため、番犬には不向きと言われることもありますが、つまりそれだけ温厚な性格ということです。

とても賢く、しつけもしやすい犬種です。大人しそうに見えますが、意外にも好奇心旺盛で、遊ぶことも大好きです。

  • 無駄吠えが少ない
  • 温厚な性格で、凶暴な子はほとんどみたことがない
  • どんな環境にも馴染みやすい

4. 活発で聡いパピヨン

パピヨン
大きな耳と長毛が美しく、手入れもしやすいパピヨン。その頭脳は小型犬内でトップクラスで、全犬種の中でも8位にランクインしています。

活発な性格で、しつけが重要とも言われています。訓練性が高いため、しっかりとしつけをすれば飼いやすい犬種です。

  • 無駄吠えはしつけで改善可能
  • 抜け毛、体臭のどちらも少ない
  • 散歩量は少なくても大丈夫

5. 吠えにくくて陽気なフレンチブルドッグ

フレンチブルドッグ
フレンチブルドッグやパグなどの「短頭種」は吠えにくいことで有名です。もし吠えてしまったとしても低音で響きにくいため、ご近所さんにも迷惑がかかりにくい犬種です。

陽気で、とても愛情深い性格の持ち主。短毛で、ケアがしやすいのも高評価の1つとなっています。

  • 無駄吠えしにくい
  • 長時間運動に向いていないため、お散歩も楽ちん
  • マズルと呼ばれる鼻口部が短いため、寒暖差には注意が必要

【番外編】 大人の犬を引き取る

パグ
「自分にあった子を選ぶ」という観点からすると、大人のわんちゃんを引き取るということもおすすめです。

子犬のうちはしつけもしなくてはなりませんし、「性格」がまだはっきりと見えてこないことがあります。

大人の犬でしたら、だいたい性格ができ上がっているため、自分のライフスタイルに合っているかどうかを見極めることができます。

また、数日間一緒に住んでみることができる場合もありますので、しっかりと確かめた上でベストパートナーを選ぶことができるでしょう。

最後に

飼いやすい犬

犬が飼いたい!と思っても、どの犬種も可愛くて、なかなか選ぶことが難しいのが本音のところ。「どの子にしようかな」と悩んだときには、飼いやすさの観点から選ぶこともできます。

しかし、「この子が飼いたい!」と本気で思ったら、飼いにくいと言われている子でも飼い続けるはず。なんで飼いたいのか、この子と一緒に住み続けることが本当にできるか、などを熟考した上で、みなさんがベストパートナーと出会えることを願っています。

Coming soon

  • 利用規約について
  • プライバシーポリシー
  • 記事掲載について
  • お問い合わせ