いぬ健康散歩知識飼い方

老犬のお散歩、どんなに短時間でも行くべき理由とは。

BY シェリー編集部2017年10月13日 更新
458 views

  • 散歩に行かなくなると、老化スピードに拍車をかけてしまう
  • 外の刺激を受けた方がいい
  • 日光によるメリットが大きい

散歩には、老犬こそ必要な効果がたくさん!

女性犬2
老犬(シニア犬)になってきた愛犬。「あまりお散歩に行きたがらないから、今日もなしでいいか」と思うとき、ありませんか?実は老犬こそ、外に出かけたほうが良いのです。ここでは4つの効果を紹介しています。

1. 悪循環に陥ってしまうから

階段で寝ている犬
犬も歳をとり、老犬になってくると、人間と同様に動くのが前ほど容易ではなくなってくるでしょう。ですが、一度散歩に行かなくなってしまうと、

    昔ほど散歩に行きたがらなくなった。

    飼い主さん「行かなくていいかな」
    散歩に行かなくなる
    体力が衰える

    余計に行きたくなくなる
    さらに衰える

という悪循環をスタートさせてしまうことになります。継続して散歩に行っていたのものをやめてしまうと、体力が衰え、それによって益々行くのが億劫になってしまいます

「今日は行かなくてもいいかな」とやめることは簡単ですが、後先のことを考えて、短時間でも散歩に行くような習慣を持続させましょう。

2. 動かなくなってからの老化スピードは早いから

悲しそうなパグちゃん
「動かなく」なってから「動けなく」なってしまうのはあっという間、というのは皆さんもよくご存知なのではないでしょうか。筋肉を動かさないで数日間経過すると、そこから動かすのはとても大変ですよね。

犬も同様なんです。まだ動けるにもかかわらず、「動くのが大変そう」といって身の回りの世話を全部してしまうとします。すると、本当に動けなくなってしまうのです。

3. 外部の刺激を受けたほうがいいから

男性と犬走る
犬が散歩に行く理由は、運動不足の解消だけではありません。外の空気を吸い、家の中とは違う体験することは大切です。

外を歩くことで、たくさんの刺激を受けることができます。ずっと家の中にいて、感覚器官を動かす機会もなく、刺激のない生活を繰り返していたら、毎日がとても退屈です。そして、何より刺激がないことは、老化のスピードを早める原因になってしまいます。

また、特に嗅覚がとても優れており、様々な臭いを嗅ぐことが犬にとって喜びの時間です。犬の嗅覚は、視覚や聴覚よりも衰えるスピードが遅いと言われています。嗅覚を存分に使って楽しむためにも、外の散歩が必要なのです。

4. 日光による効果が多いから

朝日を見る女性
散歩に行くということは、外の空気を吸い、日の光を浴びるということです。ずっと家の中にこもりっきりのわんちゃんは、日光浴の機会がありません。人間でもそうですが、適度な日光浴は健康に不可欠です。

日光浴によって得られるメリットは、これらのものが挙げられます。

  • 幸せホルモンが出る
  • ビタミンDが作られる
  • 皮膚病予防ができる
  • 体内時計がリセットされる

それぞれのメリットについては、こちらの記事を参照ください。「日光浴をするだけで、なぜそんな効果があるの?」という疑問に答えてくれます。

犬も猫も、日向ぼっこが必要ってホント?日光浴がもたらす効果とは。
いつも日向ぼっこをしている犬や猫。実は、健康維持のためには必要不可欠なんです。一体、日光浴がペットに与える効果とは?毛艶などの目に見えるものから、幸せホルモンの分泌など目に見えないものまで様々です。

短時間でもいい。短距離でもいい。

散歩中、飼い主に撫でてもらう犬
「歩くのが困難なわんちゃんを、無理にでも長時間歩かせたほうがいい」という訳ではありません。体調を見つつ、その子のペースでゆっくりお散歩しましょう。少しでもいいので、続けて外に出ることが大切なのです。

老いる、というとマイナスなイメージに捉えられがちですが、これは【愛犬との新しい生活ステージ】です。ゆっくりと流れる時間を、共に楽しむのも良いのではないでしょうか。のんびりと日向を歩いたりするのも、以前とは違った楽しさがあるはずです。

ご意見をお聞かせください!

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。

もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?
※ 個人情報の入力は不要です。
※ 編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。
お問い合わせ