いぬ健康散歩知識飼い方

愛犬のために!散歩コースは毎日変えた方が良い理由

BY シェリー編集部2017年10月11日更新

  • 犬にたくさんの刺激が与えられる!
  • 犬の認知症予防になる!
  • すぐに変えると逆にストレスになる犬も。

愛犬との生活の上で欠かせないお散歩。
最初にお散歩コースを決めて、その後・・・毎回同じコースでしょうか?それとも変えているでしょうか?
毎回同じコースの方は要注意!コースを変えようか迷っている方必見!
愛犬のために、お散歩コースは変えるべきなのです!

愛犬の散歩コースを変えるメリット3つ

①犬の認知症予防になる!

豆電球
まず、犬も認知症になる・・・ということはご存知でしょうか?犬は老化によって脳細胞が減少・死滅し、脳の機能が低下してしまいます。認知能力が衰えて、それまでできていたこともできなくなってしまう。これが、犬の認知症です。

実は、お散歩のコースを変えると、この老化を遅らせたり、認知症が予防できるのです
その理由は、いつもと違う景色や匂い等によって、脳を活性化させることができるからです。
毎日のお散歩すること自体がすでに刺激となりますが、毎日変えることで、より一層刺激を与えることができます。

②領域意識が強くなるのを防げる!

金網
家や同じ散歩コースなどの決まりきった環境しか知らない犬は、そのエリアに対する犬の領域意識が強くなってしまいます。領域意識が強すぎると、そのエリアを支配したい気持ちが強くなり、いつもの散歩コースにいないものを外敵だと思い、吠えたりする場合があります。違うコースをお散歩すれば、防ぐことが可能です。

③ストレス軽減!

手錠
家の中にずっといて、毎日同じコースのお散歩は、犬にとっては刺激が少なくてストレスが溜まってしまいます。
お散歩に行くことによって、そういった刺激が少ないことによるストレスを軽減できます。

散歩コースを変えると言ってもどうすればいいの?

どう使うの?
コースを考えるのが大変だな・・・と思っている方は、以下をコースを考える上で参考にしてみてください!

  • いつものお散歩コースを逆に回ってみる
  • いつもは通らない細い、小さな道も通ってみる
  • いつも曲がる道を曲がらない

より刺激を与えたいなら、公園などに行って、アスファルトの上ではなく、砂利の上を歩かせるのも良いですね。

1つ注意!愛犬に合わせて散歩コースの変更を。

パグ
散歩コースをすぐに変更して刺激を与えても、逆に刺激がストレスになってしまう犬もいます
散歩コースを変えたり、新しい場所へ行ってしまうと、動かずに挙動不審になってしまうのです。
しかし、だからと言って同じコースをずっとお散歩するのは良いとは言えません

ストレスを感じてしまう犬でも、少しずつコースを変えながら慣らしていきましょう。

今日から愛犬と新しい道でお散歩!

橋を渡る女性と犬
いつも同じ道は、人間でもつまらないもの。それは、わんちゃんも感じているかもしれません。
今日から違うコースで、お互い張り切ってお散歩に出かけましょう!

Coming soon

  • 利用規約について
  • プライバシーポリシー
  • 記事掲載について
  • お問い合わせ