グッズねこ住まい知識飼い方

キャットタワー、おすすめはこれ!猫が喜ぶキャットタワーの選び方。

BY Chisato2017年11月6日 更新
728 views

  • キャットタワーを購入する際に気をつけたいこと5つ
  • 十分な上下運動ができる高さ
  • 愛猫にぴったりのタワーを探す

キャットタワーを買いたい!

窓辺でこっちを見てる猫
おしゃれなキャットタワーで休まる猫…。そんな癒される光景、見たいですよね。キャットタワーは決して安い買い物ではないため、しっかり選んで購入する必要があります。

キャットタワーの選び方

キャットタワーを買うにあたって、3つの押さえるべきポイントがあります。これらを知って、どういうタワーにしようか考えて見てください。

1. 上下運動をすることができる

飛び乗ってる猫
猫にとって欠かせないのが、この上下運動です。運動不足は肥満を招くだけでなく、様々な病気の原因にもなってしまいます。

また、上下運動をすることで足腰が鍛えられるのもポイント。こうすることで、シニア猫になっても元気に動くことができ、長生きにつながります。

2. 高さがある(子猫・シニア猫の場合は別)

高いところから見てる猫
猫は、もともと木の上で生活をしていました。今でも、高い場所の方が安心することができるようです。高くから下の世界を眺めることで、安全を確認できるため落ち着けるみたいです。

また、上下運動のためにも、十分な高さがあった方が良いでしょう。

3. 愛猫に合わせて購入する

くつろいで寝てる猫
猫によって、好むポイントが違います。自分の愛猫を観察した上で、どういったキャットタワーを好みそうなのかを考えていきます。

    ・カーテンや壁で爪研ぎをする
    →爪研ぎ多め

    ・ふかふかしたものが好き
    →ハンモックつき

    ・ダンボールに入るのが好き
    →ダンボールのキャットタワー

    ・狭いところが好き
    →部屋つき

楽天の方はこちらから

また、猫の年齢や数によっても変わって来ます。

    ・子猫やシニア猫
    →階段があり、段差が少ない

    ・成猫→
    思いっきり動ける場所がある

    ・多頭飼い→
    くつろげるスペースが複数ある

キャットタワーは高い買い物であるにも関わらず、気に入ってくれないと猫は使ってくれません。事前にしっかり考えて購入する必要があります。

4. 爪研ぎ付きを選ぶ

木の上にいる猫
猫にとって爪研ぎは、トイレに行くのと同じようなレベルで行うものです。キャットタワーを買う場合、この爪研ぎつきのものを買うと、猫が喜んで爪研ぎをしてくれるでしょう。

爪研ぎをする部分は、だんだんとボロボロになって来ます。そうなったら新しいものと交換をし、猫が安心して爪研ぎをできるように

「爪研ぎってなんでするの?必要なの?」という方は以下の必要性をご覧ください。

爪のケア

猫にとって爪研ぎは大切です。狩りをしていた時代、爪の鋭さを保つために爪研ぎは欠かせないものでした。

「それなら、現代においては必要ないじゃん!」と思う方も入るかもしれませんね。もし爪を研がずに伸ばしっぱなしにしていたら、伸びた爪を引っ掛けて事故に繋がってしまうかもしれません。

ストレス発散

猫は爪を研ぐことでストレスを発散させています。来客が来たなどストレスがあった時に、気分を変えたいと使うことがあります

ストレッチやリラックス効果

爪を研ぐ時に、体が伸びて良いストレッチになっています。心が落ち着くようで、リラックスして爪を研いでいます。

5. グラつきのない、丈夫なもの

猫 こっち見てる
キャットタワーには多くわけで、据え置きのタイプと、天井から吊り下げて固定するタイプの2種類があります。ぐらつきの少なさでいうと、天井に固定する方ですが、今は据え置きタイプでも丈夫なものも出ているので一概には言えないかと思います。

据え置きタイプでしたら、
・柱が太い
・複数立っている

などをみることが必要かと思います。

ネットで注文をする場合は、実際に触ってみることができないので、レビューなどを見てから買うようにしましょう。特に多頭飼いの家ですと、柔いキャットタワーの場合、飛びついただけで倒れてしまうなんてことにもなりかねません。


おしゃれで、女性の部屋にもぴったりなキャットタワー。
楽天の方はこちらから

ご意見をお聞かせください!

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。

もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?
※ 個人情報の入力は不要です。
※ 編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。
お問い合わせ