グッズねこ健康暮らし知識飼い方

猫のサイン見逃してない?「今のトイレ、気に入らない…」

BY シェリー編集部2017年12月20日更新

  • 猫はトイレへのこだわりが強い
  • 大きく開放的なトイレが◎
  • 猫にはしつけより待遇改善が有効

トイレを気に入っているか、チェック!

スコティッシュフォールド1

突然ですが、みなさんの猫ちゃんは、以下の行為をしたことはありますか?

  • トイレの縁に足をかけて排泄をする
  • 猫砂をいじらず、排泄後はトイレから急いで出ていく
  • トイレの壁などを引っ掻く
  • 空中をかいていることがある
  • トイレ以外で粗相(ウンチ・おしっこ)をする

1つでも当てはまることがあったら、猫ちゃんは今のトイレ環境に不満があるかもしれません。

猫ちゃんの中にはトイレに対するこだわりがとっても強い子もいます。

これを機に、トイレ環境を見直してみませんか?

見直そう!トイレ環境の5つのこと。

①トイレの大きさ

gata-68183_640.jpg
猫の先祖は砂漠の生き物なので、広い砂の上でのトイレを好む傾向があります。

猫が一周回れるくらいの大きさは確保し、なるべく大きいトイレおすすめです。

②トイレの数・場所

ドア
トイレの数は、飼っている猫の数+1個以上必要だと言われています。

一箇所にまとめて置くのではなく、家の様々な場所に置くのが良いです。ただ、それぞれあまりにも遠すぎるのは逆効果。猫ちゃんの移動範囲に合わせた場所に設置しましょう。

一匹の猫ちゃんだけで安心して用を足せる環境が必要ですから、以下のような場所に設置するのがおすすめです。

  • 一方が壁
  • 見通しが良い
  • 人目につかない
  • 静か

③猫砂

猫なめ
猫砂を変えた途端に、”態度が変わる”、”トイレ以外で粗相をするようになる”というのは珍しくありません。

猫砂の好みがはっきりしている猫ちゃんには、飼い主さん側の都合があったとしても、猫ちゃんに合わせてあげる寛容さが必要です。

猫ちゃんの好む猫砂は、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

愛猫にぴったりの猫砂はこれだ!【種類・特徴】
「猫砂って種類が多くてどれが良いのかわからない・・・」と悩んでいる飼い主さん必見!猫砂の種類と特徴をまとめました。「猫砂に求められているもの」。猫砂の種類「鉱物」「木材」「紙」「おから」「シリカゲル」の特徴を、消臭力/吸収力/飛び散りにくさ/排泄後の固まり具合の点からまとめました!

また、猫砂の量も重要です。砂の量は多すぎず少なすぎずが良いです。

少なすぎると、糞尿を隠せないと判断し、トイレを我慢してしまうことに繋がります。

④トイレのタイプ・形状

water-1333454_640.jpg
屋根のあるドームタイプより屋根のないオープンタイプの方が、臭いがこもらないので、猫ちゃんが好む傾向にあります。

また、入り口は猫ちゃんの体長に合った高さのものが良いでしょう。子猫・高齢猫は特に低い入り口のものがおすすめです。

⑤掃除の回数

箒
猫はとても綺麗好きな動物です。糞尿の処理を怠れば、トイレに行かなくなってしまいます

猫ちゃんの健康管理のためにも、1日1回、糞尿の様子を確かめて、お掃除しましょう。

また、月に1度、トイレの本体丸ごとお掃除してあげ、猫砂も全て変えることをオススメします。

トイレのストレスは健康も脅かす

草むらにいる猫
猫ちゃんは使いづらいと感じると、トイレの中にも入らなくなり、我慢してしまうこともあります。これは病気を誘発してしまいますので、すぐにでもトイレ環境の見直しが必要です。

また、猫の中には、トイレ周りの家具の配置や、猫砂、トイレの本体を急に変えると、ストレスを感じてしまう子もいます

このストレスは、トイレ以外での粗相や、他の問題行動も引き起こします

良いトイレ環境は、猫ちゃんの健康を支えるのです。

寛容な心で。

猫と飲むスタバ
猫ちゃんの問題行動には、実はしつけよりも待遇改善が有効と言われています。

トイレ以外での粗相に悩まされていたら、トイレ環境を変えると治ることもあるんです。

ただ、猫ちゃんとの生活にトラブルはつきもの。

そんなわがままなところも愛らしいと思えるような、寛容な心で、猫ちゃんとの生活を楽しみましょう!

Coming soon

  • 利用規約について
  • プライバシーポリシー
  • 記事掲載について
  • お問い合わせ