いぬごはんねこ知識飼い方

最低限知っておくべき、危険な食べ物リスト【犬猫版】

BY Chisato2017年6月9日 更新
516 views

  • ネギ類、チョコ、ぶどうはあげてはいけないものの代表格
  • キシリトールは良くないので、ガムを落としてしまうことのないよう気をつける
  • ふざけてアルコールを与えるなんていうのは論外

私たちが普段食べている食材の中には、犬・猫に有害な食材がいくつかあります。危険度には幅があるため全てを把握しておく必要はないと思いますが、危険度Aクラスのものだけでも知っておくべきでしょう。食材の中には、少量の摂取でも死に至るものもあります。「知らないであげてしまっていた…」なんてことのないように、最低限の知識は知っておきましょう。

絶対にあげてはいけない食べ物5種

絶対に食べてはいけない食材一覧

ネギ類

犬・猫が食べてはいけない玉ねぎ
ネギ類とは主に、玉ねぎ、長ネギ、ニラ、にんにく、らっきょうなどを指します。これらに含まれている「アリルプロピルジスルファイド」という成分が赤血球を破壊してしまい、場合によっては死に至る危険性があります。この成分は加熱をしても壊れません。そのため、スープに溶け込んだ玉ねぎのエキスだけでも危険となります。

チョコレート

犬・猫が食べてはいけないチョコレート
カカオの香り成分の1つである「デオブロミン」は、犬猫にとっては興奮剤の働きをし、中枢神経を刺激してしまいます。そこから、嘔吐、下痢、痙攣などの症状を引き起こすことがあります。カカオ含有量の高いビターチョコレートなどは特に注意が必要です。また、一見あまり入ってなさそうに見えるホワイトチョコレートでも症状が出てしまうことがあるので、絶対にあげないようにしましょう。

一般的に、犬や猫は甘いものを好みます。テーブルの上に出していたらいつのまにか食べていた、すごく欲しそうにしているからちょっとだけあげてみた、なんてことのないように気をつけましょう。

キシリトール(犬の場合)

犬・猫が食べてはいけないキシリトール

キシリトールを摂取してしまうと、低血糖を引き起こし、肝不全などを招きます。キシリトールガム1個でさえ危険ですので注意しましょう。キシリトール入りの飴やガムの誤食のないように置き場所にも気をつけます。また、犬の歯磨き時に人間の歯磨き粉を使ってしわまないようにしましょう。症状としては、嘔吐や身体がうまく動かせないなどがあるようなので、異変を感じたらすぐに病院へ連れて行きましょう。

ぶどう、レーズン

犬・猫が食べてはいけないぶどう

摂取してから2−3時間ほどで嘔吐、尿が出なくなるもしくは多く出る、などの症状が現れ、その後急性腎不全になってしまうことがあるようです。

まだどの成分が犬・猫にとって有害なのかはっきりわかっていませんが、おかしいなと思ったらすぐの病院に連れて行った方が良いでしょう。早期受診で、深刻な腎不全になることを防ぐこともできるようです。レーズンは、ぶどうを圧縮しているものなので、こちらも同様に危険です。

アルコール

犬・猫が飲んではいけないアルコール

犬はアルコール成分を分解することができません。そのため酔いがまわると、呼吸回数の低下、呼吸困難、最後は昏睡状態へと陥ってしまいます。少量のアルコールでも死に至るケースがありますので注意が必要です。お菓子などに含まれているアルコール分も危険ですので、間違ってあげないようにしましょう。ぺろっと舐められないように、テーブル上でおく位置にも注意が必要です。

また、おもしろ半分で「酔った姿見たさ」にお酒をあげる、なんてことは絶対にやめましょう。一生の後悔となってしまいます。

危険な食べ物は覚えておこう

犬と猫の食べてはいけない食べ物は、基本的には共通です。ですが、犬・猫特有の危険な食べ物もあります。猫の方が重篤になってしまいやすいようなので、特に猫を飼っているお家では注意しましょう。犬も猫も、身の回りにあるものなんでも口に入れてしまう子は多いでしょう。食材の保管場所や、食卓での料理の置く位置などにも配慮が必要です。

食べない方が良いものはまだまだあるのですが、「絶対に食べてはいけないもの」を知っているだけでも、だいぶ注意力に差があるはずです。きちんと把握をして、愛する我が子の健康を守りましょう。

ご意見をお聞かせください!

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。

もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?
※ 個人情報の入力は不要です。
※ 編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。
お問い合わせ