ねこ暮らし飼い方

一人暮らしでも猫は飼える?必要な対策とは

BY シェリー編集部2018年3月31日更新

  • 部屋の広さよりも上下移動
  • 留守中の安全対策は万全に
  • 在宅中はできるだけ遊んであげよう

一人暮らしでも、猫を飼いたい!
でも、猫に負担をかけてしまわないだろうか?どんなことに気をつけたらいいのか?色々心配事が出てきますね。

これからお迎えする猫ちゃんのためにも、飼い主さんに必要な心構えや具体的な対策について、まとめてみました。

最適な部屋とは?

ペット可の物件を探そう

life with cat
まず大事なことは、そもそもペットを飼っても良い物件かどうかということです。

動物を飼うということは、自分だけの都合で決めていいことではありません。
ペット不可のところでこっそり飼って、トラブルを起こすことは、人間のみならず猫にとっても不幸なことになりかねません。

相談によっては可というところもあるため、まず猫を飼い始める前に、よく確認しておくことが重要です

広さよりも、猫が上下移動できる工夫をしよう

キャットタワーに登る猫
一人暮らしとなると、猫を飼うには部屋が狭すぎるのでは?と心配されることがあるかもしれません。

間取りは最低2部屋あることが望ましいでしょう。
しかし、猫の暮らしにとって重要なのは広さだけではありません。

猫は高いところに登るのが好きです。
猫が思う存分遊べるように、上下移動できるような工夫をしてあげると良いですね。

キャットタワーを設置するスペースが確保できない場合、本棚やタンスの上を空けておくだけでも十分です。基本的に落ちたら危ないものなどを置かないようにしてあげましょう。

キャットタワー、おすすめはこれ!猫が喜ぶキャットタワーの選び方。
猫が喜ぶキャットタワーのポイントを踏まえながら、その子にあったタワーを見つけられるようにします。おすすめのキャットタワーや、見極めるポイントを学んでいきましょう!

室内飼いだからこそ増える、猫の事故リスク!

  • 電気コードによる感電
  • ヒーターなどによる低音やけど
  • お風呂の水による事故
  • 高層階からの転落

一人暮らしとなると、心配なのは留守中の事故

室内飼いだから大丈夫…と油断はできません。人間の生活の中では、うっかりすると猫を危険な目に合わせてしまうものが意外とたくさんあります

しっかり対策をしてあげることで、外出時の心配を少なくしておきましょう!

電気コードにはカバーをしよう

電気コード
猫からすれば、電気コードは格好のおもちゃになってしまうことがあります。

コンセントに繋がれた電気コードにじゃれたり、噛んだりすることで、口の中を火傷をしたり、酷いときは感電してしまいます

事故を防ぐためにも、電気コードにはガードをつけましょう
使わないものは外出時こまめに抜いておくのも良いと思います。

太さも数種類あるため、コードを数本まとめて覆うことも可能。

必要な分だけカットできるチューブもあります。

ヒーターや電気カーペットは、人間がいる時だけON

暖炉の前で眠る猫
冬は毛皮に覆われた猫だって寒い!
ヒーターやストーブが着いているときに、ついつい近づきすぎて火傷をしてしまうことがあります。

熱源に直に触れないようなものを使うか、ストーブガードをつけてあげましょう。

猫が寒いだろうと外出時にカーペットなどを付けっ放しにしておくのも危険です。その上で長時間眠って低温やけどを引き起こすこともあります。

暖房器具などは、スイッチオフにしてから外出しましょう

猫の寒さ対策!暖房グッズから、意外な対策法まで。
猫が快適に過ごせるように、いくつかの効果的な寒さ対策をまとめてあります。暖房グッズや、寒い季節に気をつけること(火傷、事故、脱水症状、病気etc)もありますので、一緒に見ていきましょう。

お風呂の水は抜いておく

お風呂場、湯船
人間にとってはなんでもない場所でも、猫にとっては危険になり得る場所というのが、お風呂場です。

お風呂にたまった水を飲もうとして、浴槽に落ちてしまうことも…。

お風呂の水は不要時は抜いておく、蓋をきちんと閉めるなどの対策をしましょう。

転落に注意

高層マンション
物件探しの段階で、できれば1階の部屋を選んだ方が良いでしょう
2階以上の部屋で飼う場合、窓を開ける際は必ず網戸を閉める窓の開いた部屋に入らせないようにするなどの工夫が必要です。

ベランダの手すりに「網カーテン」を取り付けることで、二段構えで脱走や転落を防止すると、さらに安心です。

網カーテンの取り付け方は、YouTube等を使えば動画で簡単に見ることができます。

いざという時の預け先の確保

猫と女性
何かの用事で長期間家を留守にするときなどに、猫を預かってくれる人を予め確保しておきましょう

緊急の用事の場合、猫のことまで手が回らない可能性もあります。

普段から話を通しておけば、預ける方も預かる方も、お互いに無理なく協力し合えるはずです。

外出から帰ってきたら

caring dog
一人暮らしの飼猫は、寂しく過ごす時間が長いです。

猫がストレスを溜めないように、仕事や学校で疲れていても、家にいる間はできるだけかまってあげてください。
飼猫が無邪気にじゃれている愛らしい姿を見れば、あなたの疲れも吹っ飛んでしまうことでしょう。

最後に

猫と女性(猫カフェ)
猫と過ごすなかで大変な思いをすることもあるかもしれませんが、正しい知識と猫への愛があれば、一人暮らしでも猫を飼うことはできます。
ぜひ、参考にしてみてください。

猫を飼いたい気持ちはあるけれど、決心がつかない…という方には、「猫付きマンション」もおすすめです。
https://cheriee.jp/life/knowledge/1788/

気になる方は

これから猫を飼う方必見の情報もあります!こちらも、併せてご覧ください。

猫を飼うのにいくらかかるの?
新しく、猫ちゃんを家族として迎えたい!と思った時に、やはり気になるのはかかる費用のこと…。「初期費用に、キャットフードやワクチン代なんて言ってたらあっという間にお金が消えて行く…!?」なんて考えはじえたら、不安になってしまいますよね。安心して新生活をスタートさせるために、ここでかかる費用について知っておきましょう!
猫と暮らす部屋づくり。快適なお部屋のポイント4つ
猫が快適に住める家とはどんなものなのでしょうか。猫の習性や好みを知って、猫と一緒に暮らすために、よりより家づくりのポイントを4つにまとめました。これから猫を飼う人も、今飼っている人もマネできる点が盛りだくさんの内容になっています。
猫飼いさん必見!賃貸マンションを借りる時に気をつけること5選
賃貸マンションで猫を飼う際に、気をつけるべき5つのことをまとめました。ペット可だからと言って絶対安心なわけではありません。猫との暮らしだからこその、家選び方法をご紹介します。

Coming soon

  • 利用規約について
  • プライバシーポリシー
  • 記事掲載について
  • お問い合わせ