犬も寝言を言う?注意したい病気と睡眠の質を高めるポイントとは

愛犬がぐっすりと眠る姿はとてもかわいらしいものです。ところで、寝ているはずの愛犬が寝言のような鳴き声を発したり、足をピクピクと動かしている様子を見たことはありますか?また、体が小刻みに震えるなど、いつもと違う様子に不安を覚えたことのある人もいるかもしれません。

今回は、犬が睡眠中に行う行動と睡眠の質を高めるポイント、気をつけたい病気について解説していきます。

レム睡眠とノンレム睡眠

犬,睡眠,夢,いびき,運動,睡眠野室,痙攣,レム睡眠,ノンレム睡眠
睡眠には、浅い眠りの「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」があり、睡眠中に一定の周期で交互に繰り返されます。

レム睡眠とは、「Rapid Eye Movement」という言葉の略で、脳が活発に働き、記憶の整理や定着が行われています。一方で、ノンレム睡眠は、大脳が休息し、脳や肉体の疲労を回復します。

犬にもレム睡眠とノンレム睡眠があり、浅い眠りのレム睡眠の時に夢を見ていると考えられています。

犬は寝言を言う?

犬,睡眠,夢,いびき,運動,睡眠野室,痙攣,レム睡眠,ノンレム睡眠
犬の飼い主の皆さんは、愛犬の寝言を聞いたことはありますか?実は犬も人間と同じように寝言をいいます。寝言以外にも、吠えたり足を動かしたりするなど、夢を見ているような動作をすることがあります。

ぜひ動画でも確認してみてください。

寝言

体を動かしながら、小さな声で寝言を言っています。夢の中で友達や飼い主とお話でもしているのでしょうか。

吠える

こちらの動画では、小さく吠えています。夢の中で何かに向かって吠えているのかもしれません。

足を動かす

足をぴくぴくと動かす様子もよく見られます。きっと走っている夢を見ているのでしょう。

さっきまで静かに寝ていた犬が急に動き出すと少しびっくりしますが、どんな夢を見ているのかなと考えると微笑ましく感じますね。

無理に起こさなくて良い

愛犬が寝ながら吠えていたり動いていたりすると心配になる飼い主さんもいるかもしれません。しかし、浅い眠りのレム睡眠のときにはよく見られる行動で、寝言や少し足が動く程度であれば無理に起こす必要はありません。

もし、あまりにも苦しそうにしていたり呼吸が乱れているようであれば、やさしく声をかけて起こしてあげましょう

※痙攣を起こしている場合は、体を揺すったりしてはいけません。落ち着くまで待ち、動物病院を受診しましょう。

犬の睡眠の質を高めるためにできること

犬,睡眠,夢,いびき,運動,睡眠野室,痙攣,レム睡眠,ノンレム睡眠
人間と同じように、犬にとっても睡眠はとても大切です。睡眠の質が低いと、体に害を及ぼしてしまう可能性もあります。

愛犬の健康のために、以下の点に気をつけましょう。

適度な運動をさせる

運動や肥満防止やストレス解消にとても重要ですが、良質な睡眠をとるためにも欠かせません。愛犬の体力に合わせて適度な運動を毎日しっかり行いましょう。

しかし、夜遅くの運動や散歩は、興奮により寝つきが悪くなり睡眠の質が低下する恐れがあるため注意しましょう。

安心できる寝床を提供する

愛犬の寝床の環境も大切です。人が頻繁に通る場所やテレビの横などは落ち着いて寝られません。なるべく静かで眩しくない場所を選んであげましょう。

人がいないところに寝床を設けると、かえって不安やストレスを感じる犬もいます。愛犬の性格をよく把握し、愛犬にとって一番良い環境を整えてあげてください。

適切な温度管理を行う

犬にとって適切な室内温度は20〜25℃程度です。夏や冬は特に室温管理を徹底しましょう。子犬やシニア犬は少し高めの設定がおすすめです。

また、犬が快適な場所を自分で選べるように、部屋の中にも温度差をつけたり、他の部屋へ自由に行き来できるようにしておくと良いでしょう。

睡眠中の気になる行動

犬,睡眠,夢,いびき,運動,睡眠野室,痙攣,レム睡眠,ノンレム睡眠
愛犬の睡眠中にいつもと違う動きが見られた場合、何らかの理由があるかもしれません。場合によっては病気が隠れている可能性もありますので、普段から愛犬の様子をよく観察しておきましょう。

小刻みに震えている

夢を見ていることが原因であれば問題ありませんが、寒さや痛みが原因で体を震わせることがあります。まずは室温が適切かどうかを確認しましょう。体が温まる毛布などを用意してあげても良いです。

痛みや発熱が疑われる場合は、動物病院を受診しましょう。

いびきをかいている

いびきは筋肉の緩みや病気もしくは遺伝による体の構造が原因で起こります。特に鼻の短い短頭種は、遺伝的な理由からいびきをかきやすいとされています。

もし、普段よりいびきの音が大きい、苦しそう、熟睡できてなさそう、呼吸がたまに止まっているように感じる場合は、鼻や喉に異常が生じている可能性があります。いびきは睡眠の質を低下させる原因にもなりますので、まずは獣医師に相談してみましょう。

痙攣している

てんかんのような脳神経系疾患や腎不全などが原因で、睡眠中に痙攣を起こすことがあります。

痙攣を起こしている最中は、体を揺すって無理に起こしたりはせず、おさまるまで見守るしかありません。この際、時間をはかったり、動画を撮影しておくと、診断に役立つことがあります。痙攣がおさまったら、なるべく早く動物病院を受診しましょう。

最後に

犬,睡眠,夢,いびき,運動,睡眠野室,痙攣,レム睡眠,ノンレム睡眠
睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、人間と同じように犬もレム睡眠の時に夢を見て、寝言を言ったり体を動かしたりしていると考えられます。

睡眠は犬にとっても大切ですので、睡眠の質が低下しないよう、運動や生活環境は適切かどうか、改めて確認してみましょう。

もし、普段と違った行動をしていたり、苦しそうにしている場合は、その様子を動画で撮影し、動物病院を受診しましょう。

【獣医師監修】鼻腔や喉の異常?犬のいびきで考えられる疾患とは

皆さんは「いびき」という言葉から何を連想しますか。おそらくポジティブなイメージは無いのではないでしょうか。

ヒトではいびきに関連して睡眠時無呼吸症候群などが問題として挙げられていますが、犬ではどうでしょう。愛犬がある日、急にいびきをかくようになったとき、あなたはどうしますか。

今回は犬のいびきで考えられる疾患について解説します。

犬のいびきの原因

獣医師監修,犬,疾患,鼻腔,咽喉,いびき
いぬのいびきの原因は、主に鼻腔の異常と咽喉頭の異常が考えられます。

鼻腔の異常による疾病

  • 鼻腔狭窄
  • 鼻炎
  • 副鼻腔炎
  • 鼻腔内腫瘍
  • 鼻腔内異物

咽喉頭の異常による疾病

  • 軟口蓋過長症
  • 口蓋裂
  • 喉頭虚脱
  • 腫瘍(喉頭、甲状腺など)

それぞれの疾患について詳しく見ていきましょう。

鼻腔の異常

獣医師監修,犬,疾患,鼻腔,咽喉,いびき
体温調節などでパンティング(浅く早い口呼吸)をすることもありますが、安静時には多くの犬は鼻で呼吸を行います。鼻からの空気の通り道、すなわち鼻腔に異常がある場合、そこを空気が通るときに音が鳴ります

いびきは「睡眠時の音」を指しますが、起きているときにもガフガフと呼吸をすることもあるかもしれません。また、鼻汁やくしゃみなど他の症状が現れていることも多いです。鼻腔は呼吸に関連しているため、異常が見られた場合には愛犬は少なからず息苦しさを感じているかもしれません。

まずは鼻腔の異常について見ていきましょう。

鼻腔狭窄

【症状】
睡眠時や活動時のグーグーという呼吸音、パンティング、興奮時のチアノーゼなど。
【原因】
短頭種では先天的に起こりやすい。他には感染症やアレルギーにより鼻腔内が狭くなることがある。
【備考】
夏には体温調節がうまくいかず、熱中症になりやすいので注意が必要。

鼻炎

【症状】
鼻汁、くしゃみなど。
【原因】
微生物(細菌、ウイルス、真菌など)の感染、アレルギー(ハウスダスト、花粉)など。
【備考】
アトピー性皮膚炎を患っている犬でも鼻炎症状が見られることがある。鼻の炎症による粘膜の肥厚や分泌物によって鼻腔が狭くなることで睡眠時にいびきが生じることがある。

副鼻腔炎

【症状】
くしゃみ、鼻汁、鼻を気にする動作、鼻づまり、いびき、結膜炎、流涙など。
【原因】
感染やアレルギーによる慢性的な鼻炎からの波及、鼻周囲の外傷、腫瘍などが原因となる。また奥歯(第3,4前臼歯)の歯周病の悪化による炎症の波及も原因となり得る。
【備考】
鼻炎の段階でしっかりと治療を行うことが予防となる。

鼻腔内腫瘍

【症状】
くしゃみ、鼻汁、鼻出血、流涙、瞬膜突出などが初期に見られる。進行すると顔面の変形、眼球突出、呼吸困難、貧血、感染などの重篤な症状が発現する。腫瘍による鼻腔の狭窄によっていびきが生じることがある。
【原因】
腺癌、扁平上皮癌などの上皮性悪性腫瘍が多く、他にも軟骨肉腫、骨肉腫、線維肉腫、悪性黒色腫も見られる。
【備考】
長頭種で中~大型犬の発生が半数以上を占め、短頭種での発生は少ない。

鼻腔内異物

【症状】
突然発症するくしゃみ、鼻汁、鼻出血、いびきなど。放置すると睡眠障害や睡眠時無呼吸により元気消失や食欲不振が見られることがある。
【原因】
草、植物の種などが多い。外鼻腔から混入することもあれば、口に入れたものが鼻咽頭側に逆流して鼻腔内に異物が混入することも多い。
【備考】
小さな異物ならばくしゃみで排出されることも多い。

咽喉頭の異常

獣医師監修,犬,疾患,鼻腔,咽喉,いびき
咽頭および喉頭は「のど」のことです。鼻や口から吸い込まれた空気はのどを通って肺に向かいますが、やはりこれらの部位に異常があると空気が通るときに音が鳴ります。特に軟口蓋過長症は臨床の現場でもよく遭遇する先天性疾患です。

睡眠時だけでなく、起床時にも呼吸に影響を及ぼすこともあります。興奮時に空気の取り込みがうまくいかないと、失神やチアノーゼといった危険な状態に陥ることもあるため注意が必要です。

軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

【症状】
呼吸困難、異常呼吸音、いびきなど。
【原因】
軟口蓋(喉の上側にある柔らかい部分)が通常より長くなることで呼吸が妨げられる。多くは先天性で、短頭種(パグ、シーズー、ペキニーズ、フレンチブルドッグ)に多い。
【備考】
加齢によって症状が現れることも多く、肥満防止が予防に繋がるとの報告もある。

口蓋裂

【症状】
咳、くしゃみ、いびき、鼻汁、食事や飲水中にむせる、鼻から水や食事が逆流するなど。
【原因】
先天的な原因は生まれつき口蓋(口の上の部分)に穴が開いている。後天的な原因は歯周病、外傷、腫瘍などが原因となる。多くは先天性の遺伝性疾患であり、好発犬種はフレンチブルドッグ、ペキニーズなどの短頭種と言われている。
【備考】
発育不良や日常生活での支障が起きやすく、特に誤嚥性肺炎には注意が必要。

喉頭虚脱

【症状】
いびき、鼻を鳴らすような呼吸音、苦しそうな呼吸、開口呼吸など。悪化するとチアノーゼや呼吸困難が見られることもある。
【原因】
外鼻腔狭窄や軟口蓋過長症といった短頭種気道症候群の終末像として見られることが多い。他にも外傷による喉頭軟骨の損傷によっても生じる。
【備考】
外鼻腔狭窄や軟口蓋過長症を早期に治療することによって発症を防ぐことが可能。

腫瘍(喉頭、甲状腺など)

【症状】
鳴き声の変化、いびき、呼吸困難、運動不耐性(疲れやすい)など。悪化するとチアノーゼ、起立不能など。
【原因】
扁平上皮癌、リンパ腫、形質細胞腫などが喉頭に原発性に発生することがある。また、甲状腺腫瘍などの転移が喉頭に現れることもある。しかし、これらの発生は稀で、リンパ腫や甲状腺腫瘍など、喉周りに発生した腫瘍が呼吸を妨げることが多い。
【備考】
喉の中に異常がなくても、喉の周りに異常があることでいびきなどの呼吸異常が発現していることもある。

まとめ

獣医師監修,犬,疾患,鼻腔,咽喉,いびき
ヒトでは睡眠外来が一般的になりつつあり、いびきも問題として採り上げられるようになりました。犬でもやはりいびきは注意したい症状なのですが、問題だと感じる飼い主は少ないように思います。

もし、少しでも気になることがあれば、気軽に動物病院までご相談ください。

【クイズ】犬がいびきをかく理由とは?

愛犬がいびきをかいていると少し心配になるかもしれません。では、犬がいびきをかくのはどのような理由が考えられるのでしょうか?

今回は、犬のいびきについて、クイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、犬のいびきクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬のいびきの説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「呼吸数は1分間に40回以上が正常である」です。
呼吸数が1分間に40回以上の場合は、呼吸器に異常がある可能性があります。いびきは呼吸器と関係が深いため、いびきの他に呼吸数にも注意を払っておく必要があります。

いびきとは、何らかの原因で気道が狭くなり、呼吸の際に空気が軟口蓋(なんこうがい)や舌根(ぜっこん)を振動させて出る音のことを言います。いびきは鼻腔だけでなく、咽頭や喉頭が原因の場合もあります。

睡眠中に生じる呼吸雑音は「生理的ないびき」である可能性が高いです。一方で、起きているときもいびきのような呼吸音が聞こえる場合は、病気の可能性も考え獣医師に相談しましょう。
Q.2 犬のいびきで考えられる病気としてもっとも「適切ではない」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「フィラリア症」です。
犬のいびきは主に呼吸器の異常が原因です。フィラリア症は蚊の媒介によりフィラリアが犬の体内に寄生し、心臓などの循環器障害を引き起こす病気です。

鼻炎は、細菌やウイルス、アレルギーなど様々な原因によって鼻腔内に炎症が起こり、鼻粘膜が腫れて気道が狭くなることでいびきが起こります。

軟口蓋は、飲食時に食べ物が鼻腔に入らないようにするための蓋のことで、この軟口蓋が長いことで呼吸が妨げられる疾患を「軟口蓋過長症」といい、いびきを起こすこともあります。

ケンネルコフについては次のクイズでご紹介します。
Q.3 犬のいびきの原因の一つである「ケンネルコフ」の説明として正しいのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ワクチンで重篤化を予防できる」です。
ケンネルコフは直訳すると「犬の咳」という意味があり、咳やいびきを中心とした呼吸器症状が見られます。

「犬アデノウイルスⅡ型」や「犬パラインフルエンザウイルス」といった様々な種類のウイルスが原因であるため、ワクチンで完全に感染を予防することはできませんが、重篤化を防ぐことは可能です。

成犬よりも、免疫力の弱い子犬の時期に多く発症します。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
【獣医師監修】犬のいびきを甘く見ないで!実は病気のサインかも?
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【獣医師監修】犬のいびきを甘く見ないで!実は病気のサインかも?

みなさんは、「いびき」に対してどんなイメージがありますか? 睡眠時無呼吸症候群などの疾患が各種メディアでも話題になっていることもあり、いびきは良くないものだと思っている方もいらっしゃるでしょう。 それでは、犬のいびきはどうなのでしょうか。愛犬がいびきをかいているとき、そのいびきが異常かどうか判断できますか? 本記事では、犬におけるいびきについて獣医師が詳しく解説していきます。

そもそもいびきって何?

犬,いびき,病気,呼吸,鼻,喉 いびきとは、何らかの原因で気道が狭くなり、呼吸の際に出入りする空気が軟口蓋(なんこうがい)や舌根(ぜっこん)を振動させて出る音のことを言います。 いびきは鼻腔だけでなく、咽頭喉頭が原因であるものもあります。

「生理的ないびき」と「病的ないびき」

「生理的ないびき」は通常、睡眠中に生じる呼吸雑音で、睡眠によって気道の筋肉の緊張が低下することで、気道が圧迫されて狭窄(幅が狭くなること)します。 しかし、「病的ないびき」では、各種疾患によって気道が閉塞もしくは狭窄することで呼吸により出入りする空気が振動して音を出します。病的な原因がある場合は、起きているときもいびきのような呼吸音が聞こえることがあります。

犬のいびきで受診する前にチェックしておくこと

犬,いびき,病気,呼吸,鼻,喉 いびきが生理的なものなのか、病的なものなのかを判断する上で、問診は非常に重要です。 犬のいびきが気になって動物病院を受診する前には、前もって次のようなポイントを抑えておきましょう。
  • いつから: 先天的か後天的か、急性か慢性かなど
  • ワクチン接種歴: ケンネルコフの除外
  • 外傷の有無: 外傷による鼻腔や口腔内の裂傷の可能性
  • 呼吸様式: 息苦しそうか、呼吸器疾患の可能性
  • 呼吸数:安静時の呼吸数による呼吸器疾患の判定
呼吸数は、1分間当たり何回呼吸したかを計測します。 しかし、1分間ずっと観察するのは大変なので、15秒間の呼吸数を4倍しておおよそ1分間の呼吸数を算出してもよいでしょう。 通常は1分間に15〜20回程ですが、呼吸器に異常がある場合は40回/分以上になることもあります。

犬のいびきで考えられる疾患

犬,いびき,病気,呼吸,鼻,喉 疾患の診断は、身体検査や画像検査などによって行います。 いびきが見られた際に考えられる疾患にはどんなものがあるのか、紹介していきます。

鼻炎

細菌、ウイルス、真菌、寄生虫、アレルギーなど様々な原因によって鼻腔内に炎症が起こると、鼻粘膜が腫れて気道が狭くなります。 鼻汁やくしゃみなどの症状が伴うことが多いです。

鼻腔内腫瘍

鼻腔内に腫瘍が形成されることで、気道が狭くなります。中高齢の、マズルが長い犬種に多く発生する傾向にあります。 鼻汁やくしゃみの他に、鼻出血や顔面の変形が見られることがあります。

鼻腔内異物

植物の種などの異物が鼻腔内に入り込むことによって、物理的に気道が狭くなります。 それと同時に、異物によって炎症が起こるため、さらに気道は狭窄します。 画像検査でも異物の存在は確認が困難であることも多く、難治性の鼻炎に苦しむ子も多くいます。

外鼻孔狭窄

生まれつき鼻の穴が小さく、空気の取り込み口が狭い状態です。この状態はパグ、ペキニーズ、シーズーなどの短頭種に多く見られます。 特にこれらの犬種では、「短頭種気道症候群」と呼ばれる一連の疾患群(外鼻孔狭窄、軟口蓋過長症、気管低形成、気管虚脱)が発生しやすく、吸気性呼吸困難が引き起こされます。 外科的に狭窄している外鼻孔を拡張して治療します。

軟口蓋過長症

軟口蓋は、飲食時に食べ物が鼻腔に入らないようにするための蓋です。 呼吸時には収納されていますが、この軟口蓋が長いことで呼吸が妨げられる疾患を「軟口蓋過長症」と言います。 いびきの他にもパンティング、吸気時の喘鳴音、呼吸困難、嚥下困難などが見られます。また、成長とともに軟口蓋が伸びることで発症する場合もあるため、経過の観察が必要です。

口蓋裂

口蓋(口腔の上側)が欠損し、鼻腔と口腔が貫通している疾患です。 先天的、または後天的にも外傷によって発生します。先天的な場合、多くは口蓋の真ん中付近に欠損部が存在します。 飲食の後に鼻汁が多いなどの症状が見られる場合にはこの疾患を疑います。 また、鼻腔に入り込んだ飲食物を誤嚥することによって誤嚥性肺炎を併発するおそれがあるため、早期の治療が必要です。

伝染性気管気管支炎(ケンネルコフ)

「犬アデノウイルスⅡ型」や「犬パラインフルエンザウイルス」などの感染による感染症です。 免疫力の弱い子犬の時期に多く発生します。 いびきの他にも発咳、発熱、鼻汁、眼脂などの症状も見られます。

犬のいびきで注意すること

犬,いびき,病気,呼吸,鼻,喉 いびきが見られた際に注意したいことは、「甘く見ないこと」です。 しかし、正常かどうかの判断は困難であるため、一度専門家の指示を仰いでみましょう。

動画の撮影

寝ている時の様子や、家での安静時の様子などは動物病院では見ることができません。 いびきの原因を知るために呼吸様式などを知る必要がある場合もあるので、変わったことがあれば動画で撮影するクセをつけておきましょう。

まとめ

犬,いびき,病気,呼吸,鼻,喉 呼吸の際に音が鳴るのは正常ではありません。 特に短頭種では、いびきなどの呼吸障害によって命が危険に晒されることもあります。 愛犬に異常が見られた際には、気軽に獣医師に相談してみてください。