【クイズ】マナー違反になってない?ペットの電車・新幹線乗車ルール

これから迎える秋の行楽シーズンに、ペットと電車でのおでかけを計画されている方も多いのではないでしょうか。ペットとおでかけするからには、ペットにも快適で楽しい時間を過ごしてほしいですよね。

今回は、ペットとおでかけする前に知っておきたい、電車や新幹線にペットを乗せる際の注意点や気を付けたいマナーなどについて、クイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、ペットの電車・新幹線乗車ルールクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 10kg以内のペットを新幹線に乗せる際の対応として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「小さいペットの場合は料金は払わずに車内に持ち込む」です。
どんなに小さなペットであっても、当日窓口で荷物を見せ、「普通手回り品きっぷ」を購入する必要があります。料金は1個290円です。

JR東日本の規則では、1人が2席以上の座席を利用することは禁止されており、ペットのための座席を確保することはできません。そのため、自分の膝の上か、足元が安心です。頭上の荷物入れは、斜めになっていることや、飼い主さんの目が届かず、安全面でも不安があるため避けましょう。

足元に置く場合は、新幹線の各車両の一番前の席は足元が広く、クレートを置くスペースを確保できますのでおすすめです。
Q.2 ペットと電車に乗る前にやっておくべきこととして「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「電車や新幹線の映像を見せる」です。
電車や新幹線の映像を見せても電車や新幹線への「慣れ」には繋がりにくいでしょう。犬の場合には、電車や新幹線内の「音」に慣れた方が効果があるかもしれません。

クレートに慣れる練習は非常に大切です。クレートに入ると眠れるくらい、クレートが安心できる場所になるまで時間をかけて練習しましょう。

また、事前に一駅程度の短い距離を往復し、電車に乗る練習をしましょう。その際、ペットの様子をしっかり観察し、鳴いてしまったり落ち着かなかったりした場合は、対策を考える必要があります。
Q.3 乗車時のマナーとして「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ペットが落ち着かない場合、顔だけクレートから出してなでて落ち着かせる」です。
改札内でクレートを開ける行為はルール違反です。 飛び出したペットがパニックになって他人に怪我をさせたり、逃げ回って鉄道会社に迷惑をかけてしまったりする場合もありますので、ペットをクレートから出してはいけません

クレート内で落ち着く練習に加え、クレート内に知育玩具を入れたり、移動前にエネルギーを消費させて眠れるようにするなどの工夫も必要です。また、気温が高い日はクレート内が暑くならないようアイスマット等を敷くといった対応も必須です。

さらに、アレルギーや動物が嫌いな人もいますので、他の乗客にペットの存在を気づかれないように配慮することも大切です。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
ペット連れで電車や新幹線に乗るには?知っておきたいルールとマナー
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【行ってみた】「猫返し神社」とも呼ばれる立川の阿豆佐味天神社とは

猫を外で飼っている飼い主さんの中には「猫が帰ってこなくなったらどうしよう!」という心配をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 もしそのような状況になってしまったら、藁にもすがる思いで神社へお参りしに行くこともあるかもしれません。 東京都立川市には通称「猫返し神社」と呼ばれる阿豆佐味天神社があり、ここでお参りをするといなくなった猫が帰ってくると言われています。 この記事では、阿豆佐味天神社が猫返し神社と呼ばれるようになった理由や境内の様子についてご紹介します。猫を飼われている方は、もしもの時のためにチェックしてみてください!

阿豆佐味天神社(あずさみてんじんじゃ)とは?

猫,猫返し神社,阿豆佐味天神社,おでかけ 東京都立川市にある阿豆佐味天神社は、地域の守り神として1629年に創建されました。医薬・健康・知恵の神「少彦名命(すくなひこなのみこと)」と、文学・芸術の神「天児屋根命(あめのこやねのみこと)」の2柱を祀っています。 阿豆佐味天神社の境内には9つの社があり、そのうちのひとつである養蚕の守り神を祀っている蚕影神社(こかげじんじゃ)が猫と関係があります。 この地域では養蚕が盛んに行われており、蚕の天敵であるネズミを駆除する猫が大切にされていました。 この蚕影神社が「猫返し神社」と呼ばれています。

猫返し神社と呼ばれる理由

猫,猫返し神社,阿豆佐味天神社,おでかけ 30年ほど前のある日、ジャズピアニストの山下洋輔さんが飼っていた一匹の猫が行方不明になってしまいました。 猫を探し回っている際、たまたま通りがかった神社で「猫を返してください」とお願いしたところ、翌日に猫が帰ってきました。そのときの神社が蚕影神社だったのです。 そのエピソードを雑誌で紹介したところ、「猫返し神社」の噂が広まり、多くの愛猫家が訪れるようになりました。 最近では、猫の帰りを祈るだけでなく、猫の健康を祈願するなど、猫好きが集まるスポットにもなっています。 なお、阿豆佐味天神社の境内では、山下さんが奉納したピアノ曲『越天楽』が流れています。まさに、猫が結んだすてきな縁ですね。

阿豆佐味天神社に行ってきた!

猫,猫返し神社,阿豆佐味天神社,おでかけ 猫返し神社のことを知った筆者は、早速阿豆佐味天神社に行ってきました。

猫のイラストの絵馬

蚕影神社のそばには、猫のイラストが描かれた絵馬がたくさんかけられていました。 絵馬には、猫が帰ってくることを願うだけでなく、帰ってきたことのお礼や、猫の健康を祈願するなど、多くの猫の飼い主さんのお願いが記されていました。 絵馬を納めた人の居住地は東京に留まらず、北海道や愛媛県など、日本中の多くの人が愛猫の帰りを待ちわびたり、健康を願ったりしています。

「ただいま猫」の石像

猫,猫返し神社,阿豆佐味天神社,おでかけ 境内には、「ただいま猫」と呼ばれる猫の石像が置かれています。この猫は山下さんの愛猫ミオがモデルで、撫でるとご利益があると言われています。 目の部分にはガラス玉が埋め込まれており、かわいさが引き立って見えますね。

お守りも猫

絵馬だけでなく、お守りも猫仕様になっています。 猫を飼っている方は、愛猫の無事や健康を願うためにぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

参拝するときの注意点

猫,猫返し神社,阿豆佐味天神社,おでかけ

ペットを連れての参拝はNG

せっかくなら愛猫を連れて行きたいと考える飼い主さんも多いかもしれませんが、ペットを連れての参拝はNGです。 すべての人が動物好きではないことを理解し、他の参拝者に迷惑をかけないように配慮しましょう。

カメラマン同行の撮影会は禁止

撮影用の小道具の持ち込みや20分以上の撮影会は商行為とみなし、禁止されています。出張カメラマンだけでなく、親戚や友人のカメラマンも同様です。 神社は神聖な場所ですので、静かにお参りをしましょう。

遠方在住の人にはありがたいサービスも

猫,猫返し神社,阿豆佐味天神社,おでかけ 猫がいなくなってしまってお参りしたいけど、遠くに住んでいて立川まで行けないという方も多いでしょう。そういう方のために、絵馬を送ってくれるサービスがあります。 神社宛に現金書留で1000円(絵馬代+返送料)を送ると、自宅に絵馬を送ってもらえます。その後、絵馬に願いごとを書いて神社に返送すると、神社の絵馬掛けに納めてもらえます。

まとめ

猫,猫返し神社,阿豆佐味天神社,おでかけ 猫がいなくなってしまい手を尽くしたら、もはや神頼みしかないかもしれません。そんな最後の望みとして、阿豆佐味天神社の境内にある蚕影神社を参拝してみてはいかがでしょうか。 もし猫が帰ってきてくれたら、猫がいなくならない環境を整えてあげてくださいね。室内飼いなら脱走しないような対策を講じ、外飼いなら猫用のGPSをつけるか、室内で飼うことも検討しましょう。 阿豆佐味天神社では、猫のイラストが描かれた絵馬やお守りも購入できます。猫の飼い主さんだけに限らず、猫好きの聖地としてぜひ訪れてみてください。
阿豆佐味天神社 住所:東京都立川市砂川町4-1-1 電話番号:042-536-3215 絵馬・御守・御朱印の授与時間:午前10時~12時、午後1時~3時30分 アクセス: タクシーの場合 立川駅北口から乗車し、13分程度 バスの場合 立川バス①番線「三ツ藤」・「箱根ヶ崎駅」行きに乗り、「砂川四番」の停留所で下車 乗車時間は15分程度 徒歩の場合 多摩都市モノレールの砂川七番駅から1.5km、20分程度

【神奈川県】犬と一緒にお花見ができる!おすすめの公園5選

冬の厳しい寒さも和らぎ、徐々に春の気配も感じられるようになりました。春といえば桜、桜といえば楽しみなのがお花見ですよね。 今回は愛犬と一緒にお花見が楽しめる神奈川県内でおすすめのスポットを5つご紹介します。のんびりお散歩やピクニックを楽しめる公園で、愛犬と思いっきり春を満喫しましょう。

神奈川でおすすめのお花見スポット①さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト

こちらは愛犬と一緒に楽しめる遊園地として有名なスポットです。都心からも比較的近く、夜のイルミネーションはとても有名です。 春になるとソメイヨシノをはじめとする約2500本もの桜が楽しめます。他にも、モモやユキヤナギなども咲いています。 リードは必須ですが、施設内は愛犬と一緒にお散歩ができ、レストランでは犬用のフードも購入できます。そしてなんと、一緒に観覧車に乗ることもできます。 ドッグランは2つあり、小型犬と中型犬の2つのエリアに分かれています。他にも、愛犬とイチゴ狩りをしたり、ワンちゃん向けのフォトスポットでたくさん写真を撮ることもできます。
さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト住所】神奈川県相模原市緑区若柳1634 【アクセス】JR「相模湖駅」からバス約8分、京王線「橋本駅」からバス約10分 【入場料】大人1700円、ペット1000円(2匹目以降、1匹500円) 【HPhttp://www.sagamiko-resort.jp

神奈川でおすすめのお花見スポット②三川公園

相模川の河川敷にある神奈川県立相模三川公園。春になると鳩川沿いの桜並木が美しく色づきます。 愛犬と一緒にお散歩やピクニックを楽しんではいかがですか? ユニークな遊具や広い芝生もあるので、子供連れでも一日中楽しめるでしょう。
三川公園住所】神奈川県海老名市上郷2丁目1-1 【アクセス】JR相模線・小田急線・相模鉄道線「海老名駅」西口から徒歩約15分 【駐車場】平日無料・土日祝400円/回 【HPhttps://www.sagamisansen-kanagawa.jp/

神奈川でおすすめのお花見スポット③三ツ池公園

日本の「さくら名所100選」にも選ばれている三ツ池公園には、およそ1600本の桜があり、多くの人が訪れる人気のお花見スポットです。 名前の通り、「下の池」「中の池」「上の池」と、3つの池があり、その周りを取り囲むように広場や運動場が整備されています。 すぐ近くにある「CAFE MITSUIKE」には愛犬と一緒に入ることができるので、晴れた日にはぜひ、テラス席を利用してみましょう!
三ツ池公園住所】神奈川県横浜市鶴見区三ツ池公園1−1 【アクセス】JR「新横浜駅」またはJR「鶴見駅」からバスに乗り、「三ツ池公園北門」で下車。そこから徒歩約3分。 【駐車場】有料期間あり 【HPhttps://www.kanagawaparks.com/mitsuike/about/

神奈川でおすすめのお花見スポット④本牧山頂公園

高台にある本牧山頂公園では、ソメイヨシノはもちろん、ヨコハマヒザクラを堪能できます。 園内はリード着用必須ですが、園内にある会員登録制の本格的なドッグランでは、楽しく走り回れるだけでなく、犬のしつけ方法をトレーナーから学ぶことができます。 開催日は毎週火曜日、土曜日、日曜日の3回。天候によって中止になることもあるので随時HPをご確認ください。
本牧山頂公園住所】 神奈川県横浜市鶴見区三ツ池公園1−1 【アクセス】 JR「新横浜駅」またはJR「鶴見駅」からバスに乗り、「三ツ池公園北門」で下車。そこから徒歩約3分。 【HPhttps://sancho-yokohamaueki.com/駐車場】有料期間あり 【ドッグラン利用料金】登録料1000円(初回のプチレッスンを含む)・利用は3時間500円/頭 【ドッグラン利用案内】犬鑑札、狂犬病予防注射済証と、予防接種(混合ワクチン)を受けていることが確認できるものを提示して登録 【ドッグランHPhttps://sancho-yokohamaueki.com/dog-run/%e6%9c%ac%e7%89%a7%e5%b1%b1%e9%a0%82%e5%85%ac%e5%9c%92%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%b3

神奈川でおすすめのお花見スポット⑤源氏山公園

小型犬から大型犬まで、美しい桜を眺めながら、ちょっとしたハイキングを楽しめます。 鎌倉らしい風情のあるハイキングコースに、アクティブな愛犬も喜ぶこと間違いなし! なお、都心にある平坦な公園とは違い、起伏が多い公園ですので、歩きやすい服装での来園がおすすめです。
源氏山公園住所】鎌倉市扇ガ谷四丁目649-1 【アクセス】鎌倉駅西口改札から徒歩約20分 【駐車場】園内にはないが、近くにいくつかある 【HPhttps://www.city.kamakura.kanagawa.jp/koen/p_genjiyama.html

まとめ

神奈川のお花見スポット、犬と 今回は、神奈川県内で愛犬と一緒に楽しめるお花見スポットをご紹介しました。 愛犬を連れてのお出かけやお花見は楽しいですが、犬を連れていく上で注意したい点もいくつかあります。以下の記事をご参照の上、安全で気持ち良いお花見を楽しんでくださいね!
もうすぐ桜の季節!お花見に犬を連れて行くときの注意点をご紹介。

【東京都内】犬と一緒にお花見ができる!おすすめの公園5選

冬の厳しい寒さも和らぎ、徐々に春の気配も感じられるようになりました。春といえば桜、桜といえば楽しみなのがお花見ですよね。 今回は愛犬と一緒にお花見が楽しめる東京都内でおすすめの公園を5つご紹介します。ドッグランや散歩を楽しめる公園で、愛犬と思いっきり春を楽しみましょう!

東京都のお花見スポット①代々木公園

春になるとソメイヨシノ、カワヅザクラなど約700本のサクラが美しく咲き乱れる代々木公園。東京都内で人気の高いお花見スポットの1つです。 代々木公園内はリード着用必須ですが、ドッグランを利用すればリードを外して思いっきり走り回れます。 代々木公園の近くには、アームズ・ハンバーガーやアネア・カフェ参宮橋などワンちゃんOKのドッグカフェも多数あります。お花見をしたあとに立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね!

代々木公園

住所】東京都渋谷区代々木神園町、神南二丁目 【アクセス】JR「原宿駅」・東京メトロ「代々木公園駅」「明治神宮前駅」から徒歩約3分、小田急線「代々木八幡駅」から徒歩約6分 【駐車場】有料 【利用料金】無料 【利用案内】利用前に登録が必要(鑑札)。区市町村の畜犬登録(鑑札)と狂犬病予防注射済票(当該年度・プレート)を持参。登録申込書をダウンロードして記入、代々木公園サービスセンターへ(受付時間:9:00~17:00)。 【ドッグランHPhttp://yoyogidogrun.net/

東京都のお花見スポット②木場公園

ソメイヨシノやオオカンザクラなど約380本のサクラが楽しめる木場公園。例年の見頃は3月上旬から4月上旬です。 木場公園には、中・大型犬エリアと小型犬エリアの2エリアに分かれたドッグランがあるので、安心して遊べます。 公園内にはバーベキュー会場がありますが、ペットの同伴は禁止されているので注意してください。愛犬とお花見を楽しむなら、お弁当を持っていきましょう!

木場公園

住所】東京都江東区平野4-6-1 【アクセス】東京メトロ東西線「木場駅」から徒歩約5分、東京メトロ・都営地下鉄「清澄白河駅」から徒歩約15分、地下鉄「菊川駅」から徒歩約15分 【利用料金】無料 【利用案内】利用前に登録が必要。鑑札と注射済票(当該年度・プレート)を、木場ミドリアム(受付時間:10:00~16:00)へ。 【ドッグランHPhttps://www.tokyo-park.or.jp/park/format/facilities020.html

東京都のお花見スポット③小金井公園

ヤマザクラ、ソメイヨシノをはじめ、約1700本もの桜が咲きほこる小金井公園は、「桜の名所100選」にも選ばれています。 80ヘクタールもあるとても広い公園で、年間を通して多くの家族連れや子供たちが外遊びを楽んでいます。 ドッグランはもちろん、小金井公園のバーベキュー場は犬連れOK!家族や犬仲間とわいわいバーベキューを楽しめます。

小金井公園

住所】東京都小金井市関野町1丁目13−1 【アクセス】JR中央線「武蔵小金井駅」または「東小金井駅」からバスで約5分、西武新宿線「花小金井駅」からバスで約5分 【駐車場】有料 【利用料金】無料 【利用案内】利用前に登録が必要。鑑札と狂犬病予防注射済票を小金井公園サービスセンター窓口(受付時間:9:00〜17:00)へ。 【ドッグランHPhttps://www.tokyo-park.or.jp/park/format/facilities050.html

東京都のお花見スポット④昭和記念公園

昭和記念公園の有料エリアにあるドッグランは、ドッグラン初心者向けのエリアから、小型犬専用のエリア、アクティブに走り回れるエリアまで全部で5つのエリアに分かれており、どんなワンちゃんでも楽しめます。 ドッグランには犬との暮らしや健康に詳しい「ドッグライフカウンセラー」がいるので、犬のことで困っていることがあれば気軽に相談できます。 ドッグラン以外にも、日本庭園やレストランなどの建物以外であれば園内どこでも犬と散歩できる(リード着用)ので、昭和記念公園の美しいお花をたっぷり堪能してください。

昭和記念公園

住所】東京都立川市緑町3173 【アクセス】JR中央線「立川駅」または多摩市都市モノレール「立川北駅」から徒歩で約15分、昭和記念公園「立川口」からドッグランまで徒歩で約2分 【駐車場】有料 【利用料金】入園料;大人(15歳以上)450円/子供0円/シルバー(65歳以上)210円 【利用案内】犬連れで入園の際、誓約書を記入。あらかじめHPからダウンロード可能。ドッグラン利用時は、狂犬病予防摂取注射済票または鑑札と、3種以上混合ワクチン摂取証明書を提示。 【ドッグランHPhttp://www.showakinen-koen.jp/facility/facility_dogrun/

東京都のお花見スポット⑤井の頭恩賜公園

大正6年に開園し、地域の人に親しまれてきた井の頭公園。年間を通して多くの人が散歩やピクニックを楽しんでいますが、桜の季節には遠くからもたくさんの人が訪れ、賑わいがさらに増します。 ドッグランはありませんが、リードをつければ公園内を自由に散歩できます。 吉祥寺駅周辺にはテイクアウトができるお店や犬連れOKのカフェもたくさんあるので、犬仲間と一緒にピクニックやカフェタイムを楽しむのもよいですね!

井の頭恩賜公園

住所】東京都武蔵野市御殿山1丁目18−31 【アクセス】JR中央線「吉祥寺」から徒歩で5分、京王井の頭線「井の頭公園」から徒歩で1分 【駐車場】有料 【HPhttps://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/jimusho/seibuk/inokashira/index.html

さいごに

東京都内で犬と一緒にお花見ができるおすすめの公園 愛犬とのお花見は絆も深まり最高の思い出になるでしょう。しかし、桜は食べてしまうと犬の健康を害すことがあるので、十分に注意してください。また、公園内のドッグランを利用する際は登録が必要ですので、初めて行く際はあらかじめ書類等の準備をしておきましょう。 その他の注意点は、こちらの記事をご参照ください。
もうすぐ桜の季節!お花見に犬を連れて行くときの注意点をご紹介。
年に一度の桜の季節。注意点もしっかりと確認して、愛犬と一緒に楽しい思い出を作りましょう!

ドイツ料理も楽しめるドッグラン併設のカフェ「for dogs ぱうぜ」@東京都練馬区

本格的な夏がやってくる前の暖かいこの時期は、愛犬とお出かけしたくなりますよね。 でも、せっかくのお休みの日が雨だったり、おしゃれなカフェに愛犬を連れて行って迷惑をかけないか心配になったりと、愛犬と一緒に出かけるのをためらってしまうことはありませんか? 今回は、東京都練馬区大泉学園町にある、雨の日でも愛犬と室内で遊べて、おいしい料理を味わえる、そんな魅力的なお店をご紹介します。

「for dogs ぱうぜ」の魅力とは?

店内はどこでも愛犬と一緒OK

for dogs ぱうぜ店内 東京都練馬区にある「for dogs ぱうぜ」は、室内ドッグランをそなえたドッグカフェで、ドッグホテルや犬の保育園として預かりサービスも提供しています。室内ドッグランなので雨の日でも犬を遊ばせることができ、カフェも含め、店内はどこでも愛犬と一緒に過ごすことができる愛犬家にうれしいお店です。

ドイツ料理「ダッチベイビー」が食べられる

for dogs ぱうぜダッチベイビー 犬関連のサービスはもちろん、カフェメニューのコーヒーやアルコール類も充実しており、ドイツの家庭料理「シュニッツェル」やドイツ生まれのパンケーキ「ダッチベイビー」などの本格的なドイツ料理もいただけます。 「ダッチベイビー」とは、スキレットという鋳鉄製の小さめのフライパンを使ってじっくり焼き上げたパンケーキのことです。 他にも、「ダッチベイビー」には、ホイップクリームとバニラアイスを乗せたデザート系の「ミックスベリー」、食事系の「キーマカレー」、「ソーセージとポテト」、「ポテトツナと野菜サラダ」などの種類があります。ドイツビールも取りそろえてあり、大人も楽しめるラインアップが魅力です。

犬たちにとっても安心のカフェ

for dogs ぱうぜ

室内ドッグランで犬たちが楽しく遊べる

カフェスペースの横には、室内ドッグランがあり、カフェ利用者は追加料金なく愛犬と遊ぶことができます。カフェを利用しない場合でも、400円というかなり安いお値段で、しかも、時間無制限でドッグランを利用できるのだとか。 通常のドッグカフェの場合、人間は飲食でリフレッシュできますが、犬にとってはフラストレーションがたまる時間になってしまいがちです。しかし、「for dogs ぱうぜ」なら犬たちもドッグランで楽しく過ごせるので、犬にとっても飼い主にとっても、良い気分転換の場所になるでしょう。

ドッグトレーナー常駐だから安心

ドッグランには、ドッグトレーナーが常駐しており、犬たちが安全に遊べるよう随時アドバイスをしてくれます。 「for dogs ぱうぜ」では、犬のサイズに制限がないため、大型犬も小型犬も一緒に遊ぶことができます。体格差があると犬同士の遊びでもケガをしてしまう危険性がありますが、ドッグトレーナーが相性などを見ながら、必要があればドッグラン内を柵で仕切ったり、興奮しすぎた犬を落ち着かせたりしてくれます。 お店の方のお話によると、ドッグランに遊びに来る犬は、チワワやトイプードルなどの小型犬のほか、シェパードなどの大型犬や超大型犬のグレートデンが来たこともあるそうです。

「犬のほいくえん」で社会性を身につける

ドッグランで愛犬が他の犬たちと仲良く遊べるか不安な方もいるのではないでしょうか。 「for dogs ぱうぜ」では、「犬のほいくえん」として犬を預かり、犬の社会性を養ってくれるサービスも行っています。定期的に通い、いろんな犬たちと過ごすことで犬同士のコミュニケーションの取り方や遊び方を身につけていくこともできます。 近所のお住まいの方は、「犬のほいくえん」も検討してみたいところですね。

オーナーご夫妻にお話を聞いてみました

for dogs ぱうぜオーナー 「for dogs ぱうぜ」を経営している奥澤さんご夫婦は、もともとは会社員として犬と関係のないお仕事をされていました。 しかし、愛犬とドッグカフェなどに出かけているうちに、こういったお店をやってみたいという気持ちが強くなり、ご夫婦ともに会社を退職してドッグカフェを作ることにしたそうです。 そして、奥さまはドッグトレーナーとしての資格を取得されるために社会人向けのスクールで勉強をして見事に資格を取得。旦那さまは飲食業の学校で専門知識を学んだ後にカフェで修行し、2016年11月11日についにお店をオープンされました。 今後は、保護犬を店内で飼育して里親を募集するといった活動もやってみたいとのことです。カフェやドッグランで里親募集することができれば、あまりご存じなかった方に対して、保護活動のPRもできますし、新しく犬を家庭に迎える際の選択肢の一つとしてもらうこともできそうですので、お二人のこれからの活動にも注目していきたいですね。

犬への愛情あふれるお店

for dogs ぱうぜ 実際に訪れてみて、「for dogs ぱうぜ」は、どんな犬でも飼い主と一緒に楽しく過ごせる、とても居心地のいいカフェだと思いました。室内ドッグランとカフェを行ったり来たりしたり、ランチをしたりなどしていたら、あっという間に半日が過ぎてしまいます。 短時間のカフェ利用だけだと、このお店の良さを満喫できなくてもったいないかもしれません。ドッグランで愛犬だけでなく、いろいろな犬種の犬たちと触れあいを楽しみ、カフェでランチを食べて休憩し、午後もドッグランでもうひと遊びしてから帰る。そんな過ごし方がオススメのお店です。 時間に余裕のある休日に、愛犬と一緒に足を運んでみてはいかがでしょうか?

お店情報

住所
東京都練馬区大泉学園町8-27-15
電話
03-6904-6565
駐車場
東京都練馬区大泉学園町8-15-5 の No.101とNo.17
ホームページ
https://fordogspause.com

【愛犬とハイキング】初心者にオススメのスポット3選

暖かくなって、お出かけが楽しみになる季節になりました。こんな季節には愛犬と楽しくアウトドアをしたいと思う飼い主さんも多くいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は気軽に愛犬と一緒に遠出のお散歩としてオススメのハイキングスポットを3つご紹介します。愛犬と体を動かして心も体もリフレッシュできること間違いありません。

高尾山(たかおさん)

 
View this post on Instagram
 

ラテさん(@latte20180107)がシェアした投稿

誰でも気軽にハイキングや登山を楽しめる、高尾山。標高は599mで、都心から約1時間とアクセスも抜群で、最近は外国人観光客も多く訪れています。 高尾山中腹まで行けるケーブルカー、リフトはわんちゃんも一緒に乗ることができます。ケーブルカーでは、キャリーやバスケットに入れて、リフトでは抱っこして乗りましょう。小型犬用であれば無料でバスケットを借りることもできるようです。 そして、高尾山はさまざまなルートがあるのも魅力です。自然がいっぱいの”つり橋コース”や、本格的に登山を楽しめる”びわ滝コース”などもあります。目的やわんちゃん・飼い主さんの体調に合わせたコースを選んで、のびのびと体を動かしましょう。
【住所】
〒193-0844 東京都八王子市高尾町
【アクセス】
車:圏央道「高尾山IC」より約5分
電車:JR中央線・京王線「高尾山口駅」
【駐車場】
あり(有料)
【料金】
ケーブルカー・リフト:大人片道480円、小児片道240円
【電話番号】
042-661-4151(高尾登山電鉄)
【問い合わせ】
高尾登山電鉄

御岳山(みたけさん)

 
View this post on Instagram
 

Kazukoさん(@cutehimarin)がシェアした投稿

愛犬家たちに大人気の山登りスポット、御岳山。山頂にある武蔵御嶽神社は「おいぬ(ニホンオオカミ)」が有名です。このことから、わんちゃんに優しい山としても知られています。 御岳山の標高は929m。御岳山もケーブルカーでのわんちゃんの同伴乗車が可能なのですが、ケーブルカー内になんとペット専用スペースがあるのです。登山コースもいくつもあり、ロックガーデンや七尾平などの見所もたくさんあります。 また、武蔵御嶽神社では愛犬の健康を願う祈祷も行っています。一頭3000円からで予約は不要です。愛犬と登山を楽しんだ後は、ぜひ立ち寄ってみてください。
【住所】
〒198-0175 東京都青梅市御岳
【アクセス】
車:中央道「八王子IC」より約60分、圏央道「青梅IC」より約40分・「日の出IC」より約30
電車:JR青梅線「御嶽駅」より西東京バスで「滝本駅」
【駐車場】
あり(有料)
【料金】
ケーブルカー:大人片道590円、小児片道300円、ペット片道130円
リフト:片道100円
【電話番号】
0428-78-8121(御岳登山鉄道)
【問い合わせ】
御岳登山鉄道
武蔵御嶽神社

鋸山(のこぎりやま)

 
View this post on Instagram
 

Kaoruさん(@kaoru_hkkht.mw_n)がシェアした投稿

山肌がのこぎりの刃のように見えることから「鋸山(のこぎりやま)」と呼ばれています。南房総国定公園に指定されており、標高は329mで低名山として有名です。 こちらも気軽にハイキングが楽しめると、人気のスポットです。”関東ふれあいの道ルート”や”車力道”はゆったりとしていて初心者やわんちゃんと一緒の方にオススメのルートです。 日本一の大仏で有名な「日本寺」はわんちゃんも参拝が可能です。他にも、山頂駅展望台では、「関東の富士見100景」にも選ばれた美しい富士山が望めます。ロープウェーは10kg以下のわんちゃんであれば同伴OKです。
【住所】
〒299-1901 千葉県安房郡鋸南町元名
【アクセス】
車:富津館山道路「富津・金谷IC」より約5分
電車:JR内房線「浜金谷駅」より徒歩約8分
【駐車場】
あり(有料)
【料金】
ロープウェー:大人片道500円、小児片道250円、ペット片道100円
【電話番号】
0439-69-2314(鋸山ロープウェー)
【問い合わせ】
鋸山ロープウェー

最後に

春から夏、秋にかけては、ハイキングに絶好の季節です。写真を撮って思い出作りをしたり、程よく休憩を取ったりして、わんちゃんの体調をしっかりと見ながらお出かけしましょう。 また、愛犬と一緒に出かけるならマナーを忘れずに。排泄の処理やリードをしっかりとつける必要があります。皆さんも愛犬と楽しいアウトドアライフを楽しんでください。わんちゃんは運動が大好きな動物です。一緒に汗を流せばより絆が深まるかもしれませんね。

【春】愛犬と一緒にインスタで話題のお花畑に行こう!【2019最新版】

もうすぐ春!暖かくすごしやすい日が増えてきて、本格的に春に近づいてきました。春といえば、お花が咲き乱れるステキな季節です。 キレイな花が辺り一面に広がるお花畑。皆さんは訪れたことはあるでしょうか。 今回はInstagramで話題の、ペットと一緒に行けるステキなお花畑を4つご紹介します。いつもとは違う幻想的な空間で、愛犬との思い出が作れることでしょう。

ポピーの里 館山ファミリーパーク(千葉県)

こちらは千葉県館山市にあるお花畑です。 7,500㎡の広大な敷地に、関東では最大級である10万株100万本ものポピーが咲き誇ります。辺り一面オレンジ色の景色はとてもキレイで幻想的。 わんちゃんは入場無料!ドッグラン「わんわん広場」もあり、愛犬を自由に遊ばせることもできます。また、花摘みや釣り、体験工房など飼い主さんが楽しめるイベントもたくさんあります。
【住所】
千葉県館山市布沼1210
【料金】
入園料:中学生以上550円、4歳以上350円 花摘みは有料(種類により異なります)
【アクセス】
電車:JR館山駅よりJRバスフラワー号洲の崎経由で40分、ファミリーパーク前より徒歩ですぐ
車:富津館山道富浦ICより25分
【電話番号】
0470-28-1110
【営業時間】
午前8時半から午後5時(季節により異なります)
【定休日】
木曜日(季節により異なります)
【お問い合わせ】
ポピーの里 館山ファミリーパーク

国営ひたち海浜公園(茨城県)

ひたち海浜公園と言ったらこの真っ青で幻想的なネモフィラのお花畑!本当にうっとりしちゃう景色ですね。 こちらの「みはらしの丘」のネモフィラの見頃は例年4月中旬から5月上旬です。 園内には「プレジャーガーデン」と呼ばれる遊園地のエリアや園内を周遊しているシーサイドトレインなどもありますが、わんちゃんと一緒では利用できないので注意してください。 ネモフィラの他にも「スイセンガーデン」にはスイセンが「大草原フラワーガーデン」では赤やピンク色のポピーも楽しめます。
【住所】
茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4
【料金】
入園料:高校生以上490円、65歳以上210円
【アクセス】
電車:JR勝田駅より路線バスで海浜公園西口まで約15分、または海浜公園南口まで20分
車:ひたち海浜公園ICよりすぐ
【電話番号】
029-265-9001
【営業時間】
9:30-17:00(季節により異なります)
【休園日】
月曜日
【お問い合わせ】
国営ひたち海浜公園

「天空のポピー」秩父高原牧場(埼玉県)

こちら「天空のポピー」が毎年開催される秩父高原牧場は標高500m。ロケーションがいい日には青い空と赤いじゅうたんのようなポピー畑が楽しめます。 別名虞美人草と呼ばれるシャーレーポピーという種類のポピーが楽しめます。赤・ピンク・白のポピーはなんと1,000万本。 2019年の開催期間は5月20日(月)~6月9日(日)。屋台も多く出店していて開催中はとてもにぎわっているようです。 わんちゃんは無料で入場でき、わんちゃん連れの方が多く訪れる人気スポットとなっています。
【住所】
埼玉県秩父郡東秩父村坂本2949-1
【料金】
入園料:中学生以上300円
【アクセス】
電車:秩父鉄道皆野駅よりシャトルバス
車:関越自動車道花園ICより45分
【電話番号】
0493-82-1500
【営業時間】
8:30-17:15
【休園日】
月曜日
【お問い合わせ】
秩父高原牧場

芝桜の丘 羊山公園(埼玉県)

埼玉県秩父市にある羊山公園は高台に位置しており秩父市街地を一望できます。ピンクや白、紫などパステルカラーがかわいい9種類もの芝桜を楽しめます。 40万株以上ある芝桜はデザイン化され植栽されていて、見ていて楽しくなる光景です。見頃は例年4月中旬から5月上旬です こちらでは毎年「芝桜まつり」が開催されており、「秩父路の特産市」と呼ばれる秩父の名物品が楽しめる市場もあります。2019年の開催期間は4月12日(金)から5月6日(月)です。 園内には、芝生の「わんぱく広場」もあるのでわんちゃんと一緒にお弁当を楽しむのもいいかもしれませんね。
【住所】
埼玉県秩父市大宮6267
【料金】
入園料:高校生以上300円
【アクセス】
電車:西武秩父駅・秩父鉄道御花畑駅より徒歩20分
車:関越自動車道花園ICより約25km
【電話番号】
0494-25-5209
【営業時間】
8:00-17:00
【休園日】
なし
【お問い合わせ】
芝桜の丘 羊山公園

愛犬とお花畑に行く時の注意点

お花畑では犬の入場が許可されているところは多いです。しかし、許可されていない場合もありますので、事前に調べてから出かけるようにしましょう。 そして、どのスポットでもマナーとしてしっかりとリードをつけ、トイレの処理をきちんと行いましょう。見頃時期にはお花畑もとても混雑しますので、他の人の邪魔になったりトラブルが起きないように注意することも必要です。 特に、人混みが慣れていない子、トイレのマナーが守れない場合には連れて行くのは控えておきましょう。 また、屋台が行われている場合には、他の方が残したゴミなどを食べてしまわないように、よく気にかけてあげましょう。

最後に

犬と花 春はお花が咲き乱れ、気温も湿度も非常に心地の良い季節です。そんな春という気持ちの良い季節にお花畑でのお散歩することは、きっと優雅で楽しい思い出になることでしょう。 マナーや愛犬の体調を良く見ながら、ステキな春の思い出が作れると良いですね。

【東京近郊】犬と一緒にいちご狩りが楽しめるいちご農園6選!

いちご狩りに出かけて、家族や友達と一緒に食べる、もぎたてのいちごは格別においしいですよね。 近年、愛犬を連れておでかけをする飼い主さんが増えましたが、「いちご狩りを犬と一緒に楽しみたい!」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、犬にいちごを与える際、また犬をいちご農園に連れて行く際の注意点と、東京近郊で犬と一緒にいちご狩りができるいちご農園をご紹介します。

犬はいちごを食べられる?

いちご 犬はいちごを食べても基本的に問題はありません。 いちごには、ビタミンCや葉酸、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどが含まれています。 こうした、健康に良い成分を摂取できる一方、キシリトールの過剰摂取には注意が必要です。犬がキシリトールを過剰に摂取すると、低血糖を起こして中毒に陥る可能性があります。 特に、いちご狩りでは食べ放題のことも多いので、食べすぎてしまわないように気をつけましょう。また、当然ではありますが、練乳をかけたいちごはNGです。

犬をいちご狩りに連れて行くときの注意点

犬の飼い主 犬の連れ込みを許可しているか否かは、各いちご農園によって異なります。また、「ハウスの中は連れ込み禁止」「キャリーに入れてのみ連れ込み可」など、さまざまなルールが設けられています。 いちご狩りに行く際は、事前にホームページや電話などで、犬を連れて行っても良いか、一緒に入ることができるか等、諸条件を確認するようにしましょう。 また、犬を連れて行く際には、周りの人の迷惑にならないよう、くれぐれも気をつけなければなりません。 トイレは外でしないことがベストですが、そのようなトイレトレーニングが済んでない場合は、マナー用のオムツを履かせるようにしましょう。 同様に、普段から無駄吠えが激しい場合や、十分なトレーニングがされていない場合など、他の人に迷惑をかける可能性が高い場合は、できるだけ連れていかないようにしましょう。連れて行かない選択が正しい場合もあります。

犬と楽しめるいちご農園

いちご狩り子供 犬の同伴の可否はいちご農園によって異なります。ここでは、犬の連れ込みができる農園をご紹介します。「ハウスへの連れ込み禁止」など、農園によって制限が異なるので注意してください。 また、途中で変更になることもありますので、お出かけ前に電話等で問い合わせをすることをオススメします。

マザー牧場(千葉)

マザー牧場のいちごは、「立体型7段式水耕栽培」という栽培方法で栽培されており、大人も子供もそれぞれの背に合った、ちょうど良い高さでいちご狩りを楽しむことができます。 ハウス内に犬は入れませんが、犬用の待機場所が用意されていて、テラスにて一緒に食べることができます。ドッグランも併設されているので、思いっきり遊ぶこともできます。
期間
1月上旬から5月下旬
公式サイト
マザー牧場公式HP

小松沢レジャー農園(埼玉)

BBQ場が併設されたにぎやかな農園です。1年を通してさまざまな体験イベントも用意されており、家族連れの方にもオススメです。 農園内は、リードを付けて犬と一緒に歩けます。 ハウスや食事処にも、キャリーバッグを使用すれば入ることができますが、キャリーバッグを使用できない中型サイズ以上の犬は各施設への入場ができません。
期間
12月中旬〜6月中旬
公式サイト
小松沢レジャー農園公式HP

内海いちご園(神奈川)

いちごが高設になっており、立ったままいちごを摘めます。ハウス内の床は広々としていて、車椅子やベビーカー、ペット用カートも動きやすくなっています。 犬はカートの使用、もしくは抱っこでの入園が可能です。ただし、犬アレルギーを持っているお客さんや犬が苦手なお客さんがいる場合には、入園できないことがあります。
期間
1月上旬〜5月下旬
公式サイト
内海いちご農園

中島フィールズ(山梨)

「わんちゃん、大歓迎!!」と看板にあるように、犬連れに人気の農園です。 マナー用のオムツを履かせ、リードをすれば犬と一緒にいちご狩りをすることが可能です。こちらも「高設栽培方式」なので立ったままいちごを摘むことができますし、犬が届かない高さなので安心していちご狩りを楽しめます。 犬の入場は無料で、ドッグランも併設されています。
期間
1月上旬から5月中旬
公式サイト
中島フィールズ公式HP

こまざわフルーツファーム(山梨)

「ワンちゃんも楽しめるいちご狩り」をコンセプトにしている農園です。 犬用カート(スリングキャリー)の使用で、犬と一緒にいちご狩りを楽しめます。 無料で開放されているドッグランもあり、たくさん遊ぶことができます。
期間
1月上旬〜5月中旬
公式サイト
こまざわフルーツファーム公式HP

マルヨシ農園(静岡)

マスコット犬として豆しばピーちゃんがいるこちらの農園。なんと1家族、1ハウス貸し切りで利用ができます。 小型犬のみ、犬も一緒に入ることのできるハウスが用意されており、予約・先着順でドッグランの利用もできます。 なお、ペット連れの方の入園、および駐車場利用は13:30からなのでご注意ください。
期間
12月初旬~5月中旬
公式サイト
マルヨシ農園公式HP

さいごに

白犬 今回は、東京近郊で犬を連れていけるいちご農園をご紹介しました。 最初から、犬と一緒にいちご狩りをすることを諦めていた方も多いと思いますが、犬と一緒にいちご狩りができる農園も意外とあるのです。犬と一緒にいちご狩りに行く際には、食べ過ぎや、他の人の迷惑にならないよう、十分に気をつけましょう。 今年の春から夏にかけて、大切なワンちゃんと、ぜひ楽しいいちご狩りの思い出を作ってみませんか?