犬の引っ張り癖を直そう!お散歩で元気すぎる犬に3つのアプローチ

「お散歩好き」「好奇心旺盛」「若くて元気があり余っている」といった犬の場合、お散歩中に飼い主をおいてきぼりにして、グイグイ引っ張ってしまう子も多いのではないでしょうか。お散歩は毎日のことなので、毎回引っ張られてしまうと飼い主もストレスが溜まりますよね。

今回は、犬の「体力」、「テンション」、「歩き方」の3つに着目した、引っ張り癖の直し方をご紹介していきます。引っ張り癖に悩んでいる飼い主さんはぜひ試してみて下さい。

お散歩前にやってみよう

お散歩,しつけ,トレーニング,引っ張り癖,犬,興奮,飼い方
お散歩前の家での過ごし方を少し工夫をすることで、犬のテンションを落ち着かせ、引っ張るのを防ぐことができます。

1. 十分に運動をさせる

犬の「体力」に対するアプローチです。

お散歩の前におうちの中や庭で、ボール遊びや引っ張りっこ遊びなど、体力を使う運動させてください。パンティング(口を開けてハアハアといつもより速く呼吸すること)するくらい遊んであげます。

十分に遊んだあと、お散歩に行く前に水を飲ませるなどをして小休止しましょう。遊ぶことで高まったテンションを少し落ち着かせることが大切です。

時間の都合上、「遊び」と「散歩」の両方が難しい場合は、初めのうちは「遊び」の時間を多く取り、「散歩」は少し時間を減らしても構いません
引っ張り癖が良くなってきたら、少しずつ「遊び」を減らし、「散歩」の時間を増やしていきましょう。

2. ルーティーンを変える

犬の「テンション」に対するアプローチです。

お散歩前に飼い主がするルーティーンを変えてみましょう。
それぞれお散歩前のルーティーンがあると思いますが、一つ例を挙げてみます。カッコは犬の気持ちです。

上着を着る(お散歩かな?) → お散歩バッグを持つ(お散歩だ!) → リードを持つ(嬉しい!嬉しい!)

と、犬のテンションが高まっていきます。
このテンションの高まりが引っ張り癖にも繋がっていくので、お散歩前のルーティーンが終わった後、軽く掃除をしてみたり、ちょっとスマホをいじったりして、ルーティーンを崩してみましょう。

この方法は犬によって、「ルーティーンを変えただけで、だいぶ落ち着いた」という子もいれば「落ち着いていたのに、玄関をあけた瞬間にハイになって引っ張った」という子もいます。
愛犬の様子を見つつ、取り入れてみてください。

リーダーウォークをしてみよう

お散歩,しつけ,トレーニング,引っ張り癖,犬,興奮,飼い方
犬の「歩き方」に対するアプローチです。
リーダーウォークとは、飼い主がリーダーとなり歩く方向やペースを決め、犬がそれについて行くという歩き方です。

リーダーウォークのやり方

  1. 犬が見ている向きと逆側に飼い主さんが歩き出します。
  2. 犬が飼い主さんを追い抜かしたら、飼い主さんはUターンします。
  3. 犬がついてきて飼い主さんの横に来たら、おやつをあげます。
  4. 「飼い主を追い抜かす → Uターン」「飼い主の横を歩く → おやつ」を繰り返していきます。

※リーダーウォークには、犬を無視して無言でやる方法もありますが、個人的にこちらの方法がより効果があったため、ご紹介しています。

  • リードを引っ張る → 行きたいところにいけない
  • 飼い主の横を歩く → 美味しいおやつがもらえる

この2つを繰り返し教えていきましょう。

リーダーウォークをやる場所・時間

まずは近場で5分を目安に

引っ張り癖がある犬は、玄関を開けたらスタートダッシュしてしまう子が多いので、リーダーウォークをして少し落ち着かせてからお散歩に出ましょう。

家を出てすぐ、5分くらいを目安にやってみましょう。すぐについて歩くことが出来れば、そのままお散歩へ出掛けます。

出来なくても5分程度で終了しましょう。あまり長々やっていると、犬が飽きたり、「飼い主さんとのお散歩嫌だな」と感じてしまったりします。その後は引っ張り癖が出ても、普段通りお散歩して下さい。

毎日繰り返していくと、家を出てすぐ「はい、いつものリーダーウォークですね」という感じで犬も慣れてきます。

慣れてきたら徐々に遠くで

慣れてきたら、リーダーウォークをする場所を家から少し離れた場所に変更します。家を出てから1~2分くらいは普通に歩き、5分程度のリーダーウォークをしましょう。

少し離れた場所でも慣れてきたら、また少し遠くで、とリーダーウォークをする場所を徐々に遠くにしていきます。

犬は「場所」と「トレーニング」を関連付けて覚えやすいため、いつも同じ場所でトレーニングをしていると他の場所ではできなくなる可能性があります。また、いきなり刺激の多い場所でトレーニングするよりも、上手に歩ける場所をちょっとずつ延長していくというイメージでやってみて下さい。

リラックストレーニングをしてみよう

お散歩,しつけ,トレーニング,引っ張り癖,犬,興奮,飼い方
犬の「テンション」に対するアプローチです。
「リラックストレーニング」とはその名の通り、犬と飼い主が共にリラックスするトレーニングです。
お散歩で引っ張ったり、興奮しやすい犬は、

外 = 楽しくて興奮する場所

という感情しかありません。

「リラックストレーニング」をすることで

外 = 楽しくて興奮することもあるけど、飼い主とリラックスも出来る

というように「リラックスも出来る」ことをプラスしてあげましょう。

リラックストレーニングのやり方

準備するもの:ガムなどの長く噛めるタイプのおやつ、飼い主用の飲み物、(必要であれば)レジャーシート

リラックストレーニングは毎日やる必要はありません。休みの日など飼い主さんの余裕がある時にやってみましょう。

  1. お散歩の後、公園や広場へ行きます。
  2. その場所を一周し、犬が落ち着けるように少し散策しましょう。
  3. ベンチやレジャーシートに座り、犬にはおやつをあげ、飼い主も飲み物を飲むなど一緒にリラックスしましょう。

初めのうちは人や犬が少ない(刺激の少ない)場所の方が上手くいきます。慣れてきたらいろいろな場所でやってみましょう。
愛犬との「まったりタイム」を楽しんで下さいね。

まとめ

お散歩,しつけ,トレーニング,引っ張り癖,犬,興奮,飼い方
引っ張り癖の直し方で一番のポイントは「毎日コツコツとやること」です。人間も直したいのになかなか直らない癖があるように、犬もすぐには直りません。

しかし、毎日のお散歩のついでに出来るトレーニングですので、意識していれば継続しやすいのではないでしょうか。犬も飼い主も楽しめるお散歩を目指して下さいね。

健康も心も「見える化」!?犬のウェアラブルデバイスについて徹底調査!

最近話題になっている犬のウェアラブルデバイスには、どのようなものがあるかご存知ですか?

今、最先端の技術を使ったウェアラブルデバイスが多く発売されており、その性能もさまざま。犬の健康状態がわかるだけでなく、犬の「心」までわかるものもあるのです。

そんな、まだまだ馴染みが深いとは言いがたい犬用ウェアラブルデバイスを徹底調査しました。ぜひ、愛犬にぴったりのウェアラブルデバイスを見つけてくださいね!

PETKIT FIT P2(ペットキット フィット ピーツー)

犬 健康

愛犬の行動がわかるアプリ

専用のスマートフォンアプリと連携して健康を記録するペット用活動量計です。 FIT P2を愛犬の首輪などにつけることで、愛犬と一緒にいられない日でも、愛犬が一日何をしているのか知ることができます。

FIT P2は、高性能な加速度センサーをもち、愛犬の活動量や睡眠時間、消費カロリーを計測します。昨日と今日の活動時間の比較や、深い眠りや浅い眠りも分けて測定できるので、非常に詳しく一日の様子や健康状態が知れると言えるでしょう。

愛犬の気分もわかる!?

さらに、これらの測定結果を元にして、気分指数や健康指数を算出します。

また、普段と様子が違い、体調が悪そうだと判断すると、アプリを通して飼い主さんに通知をする機能もついています。

こんなに便利なFIT P2ですが、その重さは8.8gと非常に軽いため、常につけていても負担にならないようになっているんだとか。

お仕事中や旅行中のように愛犬と離れていても、このデバイスがあれば、少しは安心できますね。

いぬのきもち お散歩Time(タイム)

オモチャメーカーのペットデバイス

お散歩Timeは、タカラトミーが開発した、お散歩用デバイスです。

まず、専用のアプリをお持ちのスマートフォンに入れ、犬の種類や年齢などを登録すると、その犬の適切なお散歩時間がわかります。そして、お散歩Timeを犬の首輪に装着してお散歩すると、残りの必要なお散歩時間、飼い主さんのお散歩による消費カロリーまで教えてくれます。

日々のお散歩がゲームになる!

お散歩時間に応じて、アプリでゲームを楽しむこともできます。

愛犬の情報を知ることができるだけでなく、お子さんでも楽しめる要素がそのほかにもたくさんあるので、お子さんもご一緒にお散歩を楽しむきっかけになるかもしれません。

INUPATHY(イヌパシー)

犬の心がわかるデバイス

INUPATHYは、株式会社INUPATHYが独自に開発した、ハーネス型のウェアラブルデバイスです。このINUPATHYはなんと、犬のこころの「見える化」ができるのです。

INUPATHYを犬の体に装着すると、ベルト部分に付いている心拍センサーによって、犬の心拍の変動を解析します。その心拍の動きによって犬の感情を予測し、「リラックス」「ドキドキ」「ハッピー」「興味」「ストレス」の5パターンの感情を色で示します。

これにより、私たち飼い主が愛犬が今どのような感情を持っているのか、リアルタイムで知ることができるという仕組みです。

健康管理にも役立つ

感情を知ることができるだけでなく、装着している間の心拍データや感情データをクラウドに蓄積できるため、健康管理にも役立てることができます。

現在、INUPATHYは公式ホームページでのみ販売されており、ハーネスと本体セットで29,800円です。

ついに、最新の技術を駆使することで愛犬の気持ちがわかるようになりました。INUPATHYによって、飼い主さんと犬の絆もさらに深まっていくかもしれません。

http://inupathy.com/jp/

MAMORIO(マモリオ)

犬 迷子

愛犬の迷子防止デバイス

最後にご紹介するのは、もし犬が迷子になってしまっても居場所を知ることができる、MAMORIOです。

こちらはもともと物の紛失防止タグで、MAMORIOが手元から離れるとBluetooth接続したスマートフォンに通知が送られ、手元から離れた場所を地図で確認できます。

これを、愛犬の首輪などにつけておくことで、迷子になってしまったとしても、どこにいるのか知ることができます。

残念ながらまだ完璧ではない

こんなに素晴らしいデバイスでも、弱点はあります。Bluetoothを使っていますが、接続可能範囲がかなりせまく、約60mほど…。

そんな時は「みんなで探す」機能を利用します。この機能を使うことで、他のユーザーがMAMORIOを付けた愛犬とすれ違うと、その時の場所と時間が通知されます。また、MAMORIO Spotの設置されている駅や商業施設に愛犬が行った際にも通知を受け取れます。

これからMAMORIOがさらに普及すればもっと迷子犬を見つけやすくなるでしょう。もちろん迷子にはさせないのが一番ですが、万が一のときのために首輪に付けておくといいですね。

まとめ

犬 ウェアラブルデバイス
全く役割の違う、4つのウェアラブルデバイスをご紹介しました。

実際に触れ合ってコミュニケーションを取り、愛犬の状態を知ることができればいいですが、ずっとそうしていられる飼い主さんはほんの一部ではないでしょうか。

便利なウェアラブルデバイスを用いることで、愛犬との絆を深め、飼い主さんと愛犬の生活をさらに快適なものにしていきましょう。

犬も人間と同じ?犬の生活習慣病の原因と最重要対策をご紹介

飼っている犬には、大きな病気にかかることもなく、できるだけ長生きしてほしい。これは犬の飼い主さん共通の願いですよね。

確かに、感染症やガンなど、普段気をつけていても、予防するのが難しい病気もあります。しかし、生活習慣病の類は、飼い主さんのちょっとした工夫や習慣で予防できます。

生活習慣病に関する知識を身につけ、愛犬に少しでも長く健康でいてもらえるよう、今から備えませんか?

犬の生活習慣病

獣医と犬
医療の発展により、人間の病気の多くは、予防・治療が可能になりました。しかしながら、病気にかかる人たちが大幅に減っているわけではありません。むしろ、不規則な食生活や運動不足、ストレスなどが原因で発症する生活習慣病は、近年多くの人を悩ませています。

人間と同じように、犬も生活習慣が原因で病気を発症することがあります。特に、加齢とともに発症しやすくなる病気として、循環器疾患、肝疾患、泌尿器疾患、目の疾患、腫瘍疾患、歯・口腔疾患、呼吸器疾患、筋骨格系疾患などが挙げられます。

生活習慣病の原因として考えられること

餌を食べている犬
人間の生活習慣病の場合、不適切な食生活や睡眠不足、運動不足、ストレスなどが原因と言われています。これは、犬の場合でも同じです。運動不足や偏った栄養摂取による慢性的なストレスは免疫力を下げるため、生活習慣病といわれる病気の原因になります。

食生活

食べ物を与えすぎると、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまい、犬の肥満を引き起こします。栄養バランスのきちんと取れたドッグフードをメインに、適正量の食事を与えるようにしましょう。多すぎても少なすぎてもいけません。日々の様子を観察しながら、マニュアル通りの量をあげるようにした上で、与える量を微調整していきます。

人間の食べ物は犬にとっては塩分過多なうえ、カロリーが高すぎます。また、濃い味付けに慣れてしまうと、ドッグフードに興味を示さなくなってしまうこともあるため、欲しがる様子を見せてもなるべく与えないようにしましょう。

運動不足

運動不足は肥満の原因です。そして、肥満は数多くの病気の原因でもあります。上記に挙げた循環器系疾患や、筋骨格系疾患などを発症する危険性が高まります。

さらに、運動不足はストレスの原因にもなります。ストレスがたまると、ほえたりかみついたりするようになったり、モノをかじるなどの行動を見せるようになります。運動不足で犬が慢性的なストレスを感じていると、免疫力が低下するために他の病気も発症しやすくなります。

毎日のお散歩はなるべく欠かさないようにして、スキンシップも十分にとってあげるようにしましょう。飼い主さんが面倒くさがらずに、毎日の習慣として続けることが犬の健康につながります。

肥満が与える影響

保険について医者と
肥満は高血圧の原因になり、高血圧は心臓疾患の原因になります。食べ過ぎにより、糖尿病や脂肪肝を引き起こしてしまうこともあります。

さらに、肥満は高血圧や糖尿病などの病気を引き起こすだけでなく、加齢とともに犬のからだへの負担を大きくします。体重を支えられなくなった関節、靭帯、筋肉などが痛んで動けなくなってしまったり、脂肪が増えることにより肝臓や心臓などの内臓への負担が大きくなります。

「うちの犬は太っていてもいつも元気に動き回っているから大丈夫だ」と安心してしまう飼い主さんたちもいるかもしれませんが、おうちの犬は気づかないうちに病気のリスクを抱え続けているかもしれません。犬は自分で食事量や運動量を調整できないので、飼い主さんが責任を持ってコントロールしてあげましょう。

生活習慣病かもしれないと思ったら

医者さん
生活習慣病に限らず、おうちの犬に何か異変が見られたら、なるべく早くかかりつけの動物病院に行って診察を受けるようにしましょう。

事前に犬の様子のどこがおかしいのか、どのような異変が見られているのか、細かくチェックしておいてください。お医者さんに「どこにどんな異常がありますか」と聞かれたときに、漏らさず正確に伝えられるようにメモを用意しておくといいでしょう。

メモではうまく伝えられないかも…という方は、スマートフォンなどで動画を撮影し、それを見てもらうのもいいかもしれませんね。実際に、獣医師に聞いてみても、動画で不調時の様子を見せてもらえるのが一番良いと答える方も多いです。動物病院では緊張していることもあり、普段の様子を見せてくれない場合もあるためです。

最後に


病気や疾患には遺伝的なものが関わっている場合も多く、生活習慣病と呼ばれる病気の全てが予防すれば回避できるものというわけではありません。

しかし、健康管理をしっかりしておくことで、病気予防の意識も高まり、100%ではないものの、結果的に病気を回避できる可能性は高くなります。「散歩に行くのが面倒だなぁ」と思うときがあるのはわかりますが、怠けたくなる気持ちをぐっとこらえて散歩に連れて行ってあげましょう。

そして、どうしても散歩に行けない場合は、家の中で運動させたり、代わりのおもちゃ遊びをするなどして、ストレスを解消してあげると良いでしょう。飼い主も一緒に運動するなど、自身の健康管理と併せると一石二鳥。愛犬と一緒に健康寿命を伸ばしていきましょう。