【2024年】保護猫を譲り受けるには?東京のおすすめ保護猫カフェ

東京にはたくさんの保護猫カフェがあることをご存知ですか?保護猫カフェでは、飼育崩壊など何らかの事情で飼われなくなった猫たちが一時的に保護されています。

一般的な猫カフェとは異なり、保護猫カフェは、保護猫たちと触れ合えるだけではなく、もし「一緒に暮らしたい」と思える子がいたら家族として迎え入れることも可能です。

今回は、保護猫カフェのシステムと、東京にあるおすすめの保護猫カフェをご紹介します。

保護猫カフェの仕組み

Instagram,お迎え,カフェ,保護猫,家族,猫,譲渡
保護猫カフェには、一般的な猫カフェと同じように保護猫と触れ合えるだけのカフェと、保護猫を一時的に預かり、譲渡を目的にしているカフェの2種類があります。お家に迎え入れる猫を探したい場合は、譲渡可能な保護猫カフェを探しましょう。

なお、保護猫カフェに気に入った猫がいたからといって、その日にすぐにお迎えできるわけではありません。店舗によっては、書類が必要だったり、トライアル期間を設けていたりするところもありますので、焦らずゆっくりと家族になる猫を探しましょう。

保護猫カフェの譲渡の条件と費用

Instagram,お迎え,カフェ,保護猫,家族,猫,譲渡
保護猫カフェの譲渡条件や費用は、店舗ごとに異なっており、実際に店舗に行かないと教えてもらえない場合も多いですが、譲渡費用はだいたい30,000〜50,000円と見積もっておくといいでしょう。

保護猫カフェの譲渡条件例

保護猫カフェの譲渡条件にはどのようなものがあるのでしょうか。譲渡型の保護猫カフェ「Miagolare」の譲渡条件を例にご紹介します。

  • 家族として終生責任をもって大切に可愛がってくださる方
  • 完全室内飼いにしてくださる方(ケージ飼い・紐飼いはお断りします)
  • 猫ちゃんを飼育可能な住宅環境であること(身分証の提示が必要)
  • ご家族全員の同意が得られていること
  • 60歳未満の方であること
  • 未成年のみの世帯でないこと
  • 猫ちゃんの体調不良時やワクチン接種(年1回)にきちんと病院へ連れて行くこと

    (引用元:譲渡型の保護猫カフェ「Miagolare」)

譲渡条件を見てわかるように、保護猫カフェから譲り受ける条件はそれほど厳しくありません。
しかし、里親になるには譲り受け希望者の性格や猫との相性も大切です。猫を大切に育てられるかを判断するために、条件に加えて事前にスタッフとの面談が行われる場合もあるようです。

保護猫カフェの譲渡費用

譲渡費用には、これまでにかかった飼育管理費、ワクチンの接種、ノミ・ダニ駆除、寄生虫除去、不妊手術費などが含まれます。

金額はお店によってそれぞれ異なりますので、気になる猫がいたら、まずは保護猫カフェのスタッフに聞いてみてください。

東京の保護猫カフェおすすめ5選

保護猫,カフェ,東京,店舗,営業時間,ふれあい
それでは、東京にあるおすすめの保護猫カフェを5ヶ所ご紹介します。
利用料や保護猫の譲渡の有無などの情報もまとめていますので、保護猫カフェ選びの参考にしてくださいね。

なお、衛生面と猫の健康管理のため、保護猫カフェを訪れる際はマスクの着用と、靴下を履くのを忘れないようにしてください。

マスクは感染症やアレルギー対策に、靴下は靴底に付着したウイルスなどの侵入を防ぐため猫カフェでは基本的に靴を脱ぐところが多く、人獣共通感染症である白癬菌(水虫)の感染予防を目的としています。

また、香水も猫にとって良くない成分が含まれていることがあるため避けましょう。

1.【五反田】Meooow!

五反田駅から徒歩約18分のところにある保護猫カフェ「Meooow!(ミャーオ)」。

ボランティアで運営されていて、16匹もの可愛い保護猫たちが新しい家族を待っています(2024年4月現在)。
保護猫は写真と自己紹介つきでサイトからチェックできます。
Meooow!「在籍猫のご紹介」

土日祝日は予約制なので、事前にサイトから予約しましょう。また靴下かストッキングを忘れた場合は一足200円で購入する必要があります。

料金:1時間1,000円(1ドリンク付き)、15分延長ごとに+200円
営業時間:13:00~20:00(水曜定休)
住所:〒142-0063 東京都品川区荏原1-12-6
保護猫の譲渡:◯
HP:https://meooow-cat.com/

2.【御茶ノ水】ネコリパブリック東京お茶の水店

JR御茶ノ水駅から徒歩約6分にある保護猫カフェ「ネコリパブリック東京お茶の水店」。

32匹の保護猫が里親を待っています(2024年4月現在)。
東京お茶の水店/在籍ねこ

畳が敷いてあり、昭和レトロな雰囲気が漂う空間にとても癒される保護猫カフェです。
また、ネコリパブリックは東京だけでなく、大阪や広島、岐阜などにも店舗を構えています。

予約優先の保護猫カフェなので、予約なしで行くと入れない可能性もあります。ぜひ事前に予約してから行きましょう。また、初めて来店する場合は事前の登録が必要です。
予約はこちら

料金:平日 1時間1,760円・土日祝 1時間1,980円
営業時間:平日12:00〜19:00、土日祝11:00〜18:00(木曜定休)
住所:〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目1-9 CRANEビル4階
保護猫の譲渡:◯
HP:https://www.neco-republic.jp/shop/shop-necorepublic-ochanomizu/

3.【中野】Miagolare

中野駅から徒歩1分のところにある保護猫カフェ「Miagolare(ミャゴラーレ)」。

15匹の保護猫が里親を待っています(2024年4月現在)。
Miagolareのメンバー紹介」から保護猫のプロフィールや写真が見られます。

ドリンクバーがあるので好きな飲み物を飲みながら、まったり猫たちと触れ合うことができます。

1日滞在パック(4,000円)はグルメサイトから予約が可能です。
予約はこちら

それ以外の予約は電話でのみ可能です。

料金: 1時間1,400円(ドリンクバー付き)
営業時間:11:30〜21:30(木曜定休)
住所:〒164-0012 東京都中野区本町4-30-26 第二藤尾ビル3F
保護猫の譲渡:◯
HP:https://www.miagolare.org/

4.【駒沢】保護猫カフェ駒猫

駒沢大学駅から徒歩10分のところにある「保護猫カフェ駒猫」。

駒猫にいる保護猫たちはこちらから写真付きで確認できます。
駒猫であなたをお待ちしているにゃんず

土日祝日は予約が必要ですので、注意しましょう。
ご来店予約カレンダー

料金:1時間1,300円、20分延長ごとに+300円
営業時間:12:00〜20:00(水曜定休)
住所:〒154-0012 東京都世田谷区駒沢4-12-22 ティファーレ駒沢4F
保護猫の譲渡:◯
HP:https://koma-neko.com/

5.【新宿】BAKENEKO CAFE

西早稲田駅より徒歩3分のところにある、「捨て猫や保護猫が飼い猫に化ける」をコンセプトとした「BAKENEKO CAFE」。

10匹の保護猫が暮らしています(2024年4月現在)。保護猫の写真はサイトからチェックできます。
BAKENEKO CAFE「在籍猫紹介」

外のテラス席では、食事やアルコールの提供もあります。
予約はこちら

料金:30分1,000/1時間1,500円
営業時間:11:00〜20:00(水曜定休)
住所:〒169-0072 東京都新宿区大久保3-13-1-1棟 106
保護猫の譲渡:◯
HP:https://bakeneko-cafe.tokyo/

まとめ

Instagram,お迎え,カフェ,保護猫,家族,猫,譲渡
今回はご紹介した保護猫カフェはほんの一部です。まだまだ東京にはたくさんの保護猫カフェがあります。

「保護猫」と聞くと少しとっつきにくいイメージがあるかもしれません。しかし、保護猫カフェでは、猫と触れ合った上で気に入った猫をお迎えすることができます。これがペットショップにはない保護猫カフェの魅力なのです。

今まで保護猫カフェに行く機会がなかった人も、ぜひ一度足を運んでみてください。素敵な出会いがあなたを待っているかもしれません。

これから子犬を迎える方は必見!ニューオーナーシンドロームとは?

これから犬を飼おうと考えている方は、愛犬との新しい生活を心待ちにしていることでしょう。保護犬の施設やブリーダー・ペットショップなどで気に入った子を見つけたら、自宅に迎え入れるのも目前です。

しかし、お迎えした子犬の元気がなく、体調が悪そうに見え、不安を感じることもあります。このような場合、先天的な病気の可能性も否定できませんが、もしかしたら「ニューオーナーシンドローム」が原因かもしれません。

この記事では、新しくお迎えしたばかりの子犬に起こりやすいニューオーナーシンドロームについて解説していきます。初めて犬を飼うという方はぜひチェックしてみてください。

ニューオーナーシンドロームとは

ニューオーナーシンドローム,子犬,ストレス,スキンシップ,お迎え,症状,対策
子犬をお迎えしたばかりの頃に、子犬の元気がなかったり、エサをしっかり食べなかったりすることがありますが、これは「ニューオーナーシンドローム(新しい飼い主症候群)」という病気のひとつです。免疫力が弱く体力もあまりない子犬が、今までとまったく違う環境に置かれた場合、不安やストレスにより体調を崩してしまうことがあります。

犬の性格にも大きく左右されますが、ニューオーナーシンドロームはお迎えしてから数日から一週間程度の間に起こるとされており、お迎えする前からしっかり準備をしておくことが非常に重要です。

犬を飼ったばかりで飼い主さんも戸惑うことも多いかもしれません。しかし、子犬はそれ以上に不安やストレスでいっぱいです。家に来たばかりの我が子が少しでも安心して過ごせるような環境を用意してあげてください。

ニューオーナーシンドロームの症状

ニューオーナーシンドローム,子犬,ストレス,スキンシップ,お迎え,症状,対策
犬によって症状はさまざまですが、家に来たばかりの子犬に以下のような症状が見られたらニューオーナーシンドロームを疑いましょう。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 風邪
  • 元気消失

この中でも特に注意したいのが嘔吐と下痢です。体から水分が出てしまうと脱水状態になってしまうため、早めに動物病院を受診しましょう。他の症状も、長く続く場合は違う病気が考えられるため、少しでも不安なことがあれば獣医師に相談することをおすすめします。

子犬をお迎えしたら気をつけたいこと

ニューオーナーシンドローム,子犬,ストレス,スキンシップ,お迎え,症状,対策
犬の性格によって、新しい環境にすぐ順応できてしまう子もいれば、なかなか慣れずに体調を崩してしまう子もいます。すべての子犬がニューオーナーシンドロームになるわけではありませんが、しっかり対策しておくことで愛犬へのストレスを減らせ、ニューオーナーシンドロームになる可能性を下げることができます。

子犬をお迎えするにあたり、以下のことに注意しましょう。

1. 静かな環境を用意する

人が頻繁に通る場所やテレビの近くは安心して過ごせません。家に来たばかりの子犬が安心できるよう、なるべく静かな場所に居住スペースを設けてあげましょう

2. 食べ慣れているエサを与える

子犬が家に来る前まで食べていたフードと同じものを与えましょう。環境も変わり、ご飯も変わってしまうと、犬にとっては余計にストレスがかかります。

家に来る前の状態を維持できるところは維持することで、少しでも犬の負担を減らしてあげましょう。また、急にフードを変更すると食欲不振や下痢の原因にもなるため、慎重に行うことが望ましいです。

3. 構いすぎない

我が家に来てくれた子犬は本当に愛らしく、時間を忘れてスキンシップをとりたくなってしまいますが、新しい環境に慣れるまでは過度のスキンシップや声がけは禁物です。

慣れない環境で知らない人に話しかけられたり触られたりするのは犬にとってストレスですので、家に来てから一週間が経過するまでは、構いたいのをグッと堪えて一匹でいる時間を大切にしてあげましょう

4. 遊ばせすぎない

犬によっては家に来たばかりでも遊びたがる子もいます。しかし、体力を自分でコントロールできない子犬は、長時間遊ぶことで疲れて過ぎてしまい、大きな負担になります。

子犬のうちは、飼い主が犬の体力を考慮しながら控えめに遊ぶようにしましょう。

5. 睡眠中は起こさない

子犬は1日に18時間ほど眠るとされています。睡眠不足になると免疫力も低下して病気の原因にもなるため、起こしたりせずにそっと見守ってあげましょう。

最後に

ニューオーナーシンドローム,子犬,ストレス,スキンシップ,お迎え,症状,対策
免疫力が低く体力があまりない子犬は、突然新しい環境に連れてこられることで大きなストレスを感じ、体調を崩してしまうことがあります。

ニューオーナーシンドロームの原因はさまざまですが、子犬をお迎えしてから一週間はなるべく過剰なスキンシップは控え、静かに過ごせる環境を整えてあげましょう。

初めて犬を飼う場合は戸惑うことも多いかもしれませんが、犬はそれ以上に怖い思いをしていたり、ストレスを抱えたりしています。自分の家に来てくれたことに感謝し、愛犬の気持ちに寄り添いながら新しい生活を楽しんでくださいね。

【クイズ】野良猫をお迎えする前にチェックしておくべきポイント

野良犬はほとんど見かけなくなりましたが、野良猫を見かける機会は少なくありません。何かのきっかけで突然野良猫をお迎えする機会があっても焦らないように、チェックしておくべきポイントを確認しましょう。

今回は、野良猫をお迎えする前に知りたいことについてクイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、野良猫のお迎えクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 野良猫を保護する前もしくは保護したら、優先的に行うべきこととして「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「お風呂に入れて汚れを落とす」です。
匂いが強いからとお迎えしてすぐにシャンプーをしてしまうと、ただでさえ警戒している猫を余計警戒させてしまい、今後の関係構築が難しくなってしまいますので注意しましょう。

野良猫を保護する前に、水飲み、キャットフード、トイレ、ケージ、毛布の5点は最低限準備しておく必要があります。

野良猫を保護したら、まずは動物病院へ連れていき、健康状態や、マイクロチップの有無などを確認してもらいましょう。

「野良猫」だと思って保護した猫は、もしかしたら飼い主がいる「迷い猫」かもしれません。SNSやネット掲示板、保健所や警察署に連絡をとり、飼い主がいないか確認しましょう。特に、人懐っこい猫は人間に飼われていた可能性が高いです。
Q.2 野良猫のお世話の説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「なるべく頻繁に声をかけてあげる」です。
慣れない環境でいきなり人間とたくさん接するのはストレスになります。初めのうちは、「ご飯」「水」「トイレ」といった必要最低限のものに留め、あまり関わりすぎないようにしましょう。

新しい環境に慣れないうちから爪切りをしてしまうと、大きなストレスがかかり、猫は飼い主を嫌いになってしまう場合があります。ただし、野良猫も爪研ぎは行います。壁やソファなどで爪を研ぐのを防ぐためにも、部屋の複数カ所に爪研ぎを置いておきましょう

1段タイプのケージでは、トイレやご飯、水飲みなどでスペースがほとんどなくなってしまうため、運動ができるような広めの2段〜3段タイプがおすすめです。

Q.3 野良猫を飼う前に知っておくべきこととして「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「先住猫とは同じ空間で過ごした方が良い」です。
猫同士を一緒にさせた方が良いと考える方もいるかもしれませんが、いきなり対面させると関係が悪化してしまうため、先住猫と新入り猫の対面は慎重に行う必要があります。また、野良猫が感染症にかかっている場合は感染してしまう可能性もあります。

猫は繁殖力が非常に強い動物のため、避妊・去勢手術は早めにしましょう。避妊・去勢をすることで発情期にストレスが溜まりにくくなるという効果もあります。

野良猫を保護してから数日は餌を食べなかったり、不安から夜鳴きをしてしまうことがあります。特に夜鳴きは近所迷惑になることもあるため、事前の対策をオススメします。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
【野良猫保護マニュアル】大人の野良猫を飼う前に知っておきたいこと
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!