【要注意】アルコール消毒でペットが中毒を起こす!?

新型コロナウイルスの影響で、手指や家の中のものに、アルコール消毒をする機会が増えたご家庭も多いのではないでしょうか。
除菌効果のあるアルコールはとても頼りになりますが、ペットを飼っている方は注意が必要です。

犬や猫は、少量のアルコールを舐めただけで、中毒症状を起こすことがあるからです。

今回は、犬や猫などがアルコール中毒を起こした際の症状や、ペットがアルコールを摂取してしまうおそれのある場面とその対策をご紹介します。

ペットはアルコールを分解できない?

ペット,アルコール,中毒,犬,猫,症状,消毒,お酒,除菌,新型コロナ,スプレー

私たち人間でも、アルコールに強い人、弱い人がいます。その差は、アルコールを分解する能力の違いによって生まれます。
では、犬や猫はどうでしょう?

実は、犬や猫はアルコールを分解する酵素を持っていません

そのため、犬や猫などのペットがアルコールを摂取すると、中毒症状を起こし、最悪の場合、死に至ることもあります。

においを嗅いだだけで中毒に!?

口から摂取するだけでなく、犬や猫が鼻を近づけてアルコールのにおいを嗅いだだけで中毒症状があらわれることがあります。

そのため、飼い主さんが手指消毒をした直後や、お酒をたくさん飲んだ直後にペットと触れ合ってしまうと、くしゃみなどの症状が出ることがあるのです。

犬・猫のアルコール中毒の症状

ペット,アルコール,中毒,犬,猫,症状,消毒,お酒,除菌,新型コロナ,スプレー

アルコール中毒は、アルコールを摂取してから1時間以内にあらわれる場合が多いです。
犬や猫がアルコール中毒を起こすと、次のような症状が見られます。

  • ぐったりしている
  • 嘔吐
  • 食欲がない
  • 低体温
  • 呼吸回数の減少
  • 酩酊状態
  • お腹が膨れる、腹痛

場面別!犬・猫がアルコールを摂取しないように

ペット,アルコール,中毒,犬,猫,症状,消毒,お酒,除菌,新型コロナ,スプレー

場面①お酒の席で

普段は気をつけていても、お酒の席になるとついつい気が緩んでしまうもの。
目を離した隙にペットがアルコールを舐めてしまったり来客者が知らずにペットにアルコールを与えてしまったりすることもあるかもしれません。

また、お酒をたくさん飲んだ直後にペットと接すると、口から出るアルコール臭に反応してペットがくしゃみを連発することがあります。

くれぐれもペットが酒類を口にしないように注意し、飲み過ぎた直後はペットとの接触をなるべく控えましょう。

場面②パン生地を発酵させるとき

パンやピザをおうちで作るとき、イースト菌で生地を発酵させますよね。
実はこの発酵の過程で、アルコールも同時に発生します。

そのため、加熱をする前に発酵生地を食べてしまうと、体内にアルコールが取り込まれてしまうのです。ペットが食べてしまわないように注意しましょう。

場面③アルコールで手を消毒をするとき

新型コロナの影響で、アルコール消毒をする機会が増えた方も多いでしょう。
アルコール消毒をした直後はペットに触れず、なるべく30秒ほど置いてから触れるようにしましょう。

また、ペットは自分の体を舐める癖があるので、散歩帰りにペットにアルコール消毒をするのは禁物です。
もし、除菌をしたいのなら、ペット用の除菌グッズを使用しましょう。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥7,350 (2022/10/01 03:37:47時点 Amazon調べ-詳細)

場面④ペットのトイレなどを掃除するとき

ペットのトイレやケージなどを掃除するとき、アルコール除菌スプレーなどを使用していませんか?

アルコール消毒をしたところをペットが舐めてしまうと危険なので、こちらもペット専用の除菌スプレーを使うようにしましょう。

ペレッティー(Peletty)
¥1,996 (2022/10/01 03:37:48時点 Amazon調べ-詳細)

ペットがアルコールを摂取してしまったら

ペット,アルコール,中毒,犬,猫,症状,消毒,お酒,除菌,新型コロナ,スプレー

もしペットがアルコールを摂取してしまったら、速やかに動物病院を受診しましょう。

また、アルコールのにおいを嗅いだだけで中毒になることは稀ですが、それでもぐったりするなどの中毒症状が見られた場合は油断せず、必ず動物病院に連れて行きましょう。

その際、「いつ、何を、どのくらい摂取したか」をしっかり把握しておくと、治療がスムーズに進みます。

ペットのアルコール中毒の治療法

ペットがアルコールで中毒症状を起こした場合、獣医師の判断で催吐処置をすることがあります。

しかし、状況によっては催吐処置は逆に危険なこともあります。ですから、飼い主さんの独断で催吐処置を行うのは絶対にやめましょう

その他、輸液療法や血液透析などの処置方法があり、場合によっては入院が必要なこともあります。

夜間・休日診療所を把握しておこう

特にお酒の席でのペットのアルコール摂取事故は、休日や夜間に起こる場合が多いでしょう。

飼い主のみなさんは、休日や夜間にすぐに受診できる動物病院はをきちんと把握できていますか?

夜間・休日診療をしている近場の動物病院を把握しておくことは、他の急病やケガの際にも役に立ちます。
万が一の時に備えて必ず確認しておくようにし、できれば電話番号や住所などを書いて電話の近くに置いておくと良いでしょう。

まとめ

ペット,アルコール,中毒,犬,猫,症状,消毒,お酒,除菌,新型コロナ,スプレー
今回は、ペットのアルコール中毒の症状や対策についてご紹介しました。

特に、新型コロナの影響でアルコール消毒をする機会が増えたご家庭も多いかと思いますが、くれぐれもペットの体にアルコールがついたり、ペットが舐めてしまったりしないように、細心の注意を払いましょう。

【犬クイズ】犬にアルコールは厳禁!お正月は特に気をつけて

2020年の年末年始は実家に帰らず、家で過ごすという方も多いのではないでしょうか。
お正月といえばおせち!おせちと一緒にお酒を嗜む方もいると思いますが、愛犬が誤って口にするようなことしていませんか?

今回はお正月は特に気をつけたい、犬とアルコールの危険性について、クイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、犬のアルコールクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬とアルコールについて「誤っている」ものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「アルコール分解酵素はある」です。
犬には人間のようなアルコール分解酵素を持っていないため、摂取したアルコールが無毒化されることなく体内を循環してしまいます。犬がアルコールを5.5~6.5ml/kg摂取すると、12〜24時間以内に死亡するという報告があります。致死量は小型犬の方が少なく、少し舐めただけでも危険です。

なお、急性アルコール中毒は人間が起こすイメージが強いですが、犬でも急性アルコール中毒になります。
Q.2 次のうち、アルコールが「含まれていない」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ヨーグルト」です。
栄養ドリンク、液体歯磨きはモノによってはアルコールを含んでいます。また、香水にもアルコールが含まれていますので注意しましょう。他にもアイスやゼリーなどにもアルコールが含まれている場合があります。犬用の餌以外を与えたり、誤食させないように気をつけましょう。

また、最近では消毒液を手に届く位置に置いている家庭も多いでしょう。しかし、消毒液を誤ってこぼし、それを愛犬が舐めてしまうと大変危険ですので、十分注意しましょう。
Q.3 犬がアルコールを摂取したときの症状として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「連続でくしゃみをする」です。
犬のアルコール中毒の症状は人間と同様で、千鳥足になったり、嘔吐したりして、最終的に意識が朦朧として昏睡状態になります。嘔吐した場合は嘔吐物が喉に詰まって呼吸困難になる恐れもあります。

「ちょっとくらいいいでしょ」といった軽い気持ちで犬にお酒を与えてしまったり、飼い主さんが席を外した隙に犬が飲んでしまうこともあるでしょう。しかし、お正月はほとんどの動物病院がお休みです。正月早々に慌ただしいことにならないよう気をつけましょう!
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
お正月に死の危険!?犬がアルコールを摂取したときの危険性
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!