【徹底調査】犬を飼うにはいくらかかる?月々の費用や予想外の出費も

犬を飼いたいと思っても、具体的な費用がどれくらいかかるのか気になりますね。そこで、犬を飼った場合に月々や一年にかかる費用、一生涯でかかる費用、また想定外の出費などのデータをまとめてみました。

犬を飼う際に心配なのはなんと言っても費用です。そこで、「犬を飼おうかな」と考えている方は、この記事で確認しておくと良いでしょう。

※かかる費用については地域差や個人差があるため、全てに「~円前後」とつきますが、ここでは省略しています。また、飼い主の犬に対する考え方やライフスタイルによっても、費用は大きく異なりますので、あくまで目安としてお考えください。

生涯費用の平均は「244万円」

お金,出費,犬,費用,飼い主,飼い方

2023年のデータによれば、犬の一生にかかる平均費用は244万円とされています。2018年の統計では179万円であり、ここ数年で65万円も上昇しています。

犬のサイズ別、生涯必要経費

平均寿命 生涯必要経費
超小型犬 15.07歳 ¥2,554,012
小型犬 14.29歳 ¥2,382,200
中・大型犬 13.86歳 ¥2,559,186
平均 14.62歳 ¥2,446,068

上記の表の平均寿命からわかる通り、犬は大型犬の方が平均寿命が短く、小型犬の方が長く生きる傾向があります。

超小型犬と大型犬の生涯費用には大きな差は見られませんが、平均寿命で割ってみると、超小型犬の場合年間の費用は169,477円、中・大型犬は年間184,645円となり、大型犬の方が費用が高くなる傾向があります。

月々の費用は「1万4千円」、1年で「17万円」

2018年の月々の平均支出が1万円程度であったのに対し、2023年には1万4千円に急上昇しています。この急激な増加には、物価の上昇や子供の数の減少、そして犬に対する飼い主の意識の変化が考えられます。

犬のライフステージ別必要経費

1ヶ月平均 年間平均
0歳 ¥18,168 ¥218,015
1~6歳 ¥14,435 ¥173,219
7~9歳 ¥13,582 ¥162,988
10~12歳 ¥13,007 ¥156,078
13歳以上 ¥14,720 ¥176,642
平均 ¥14,782 ¥177,388

統計を見てみると、幼年期の支出が特に高くなっています。これは、犬を飼い始めた際に必要なグッズを購入する必要があることや、幼年期特有の病気や誤食などが影響している可能性が考えられます。

月々の費用の内訳

内訳 金額
ドッグフード ¥3,618
おやつ ¥1,748
医療費 ¥4,284
保険料 ¥2,966
トリミングなど ¥4,053
犬の雑貨 ¥1,600
おもちゃ・衣類 ¥1,190

どの項目も2018年と比べると緩やかに上昇していますが、特にドッグフードにかける費用の上昇が見られます。ヒューマングレードの質の高いドッグフードを与えたいという飼い主が増加していることが影響していると考えられます。

※ドッグフードに関しては、こちらの記事をご覧ください。

皆が悩むドッグフード選び、ペット栄養管理士が推奨する選び方って?
https://cheriee.jp/dogs/27061/

飼い始めた時にかかる費用は「3万円」

お金,出費,犬,費用,飼い主,飼い方

犬を飼い始める際には、3万円程度の費用がかかります。なお、この金額には犬自体の販売価格は含まれていません。

初期費用の総額

犬を飼うために必要なグッズ(リード、ケージなど)、医療費、および各種登録費用などの総額は以下の通りです。

費用
小型犬 ¥26,715
中型犬 ¥25,207
大型犬 ¥32,235

医療費、各種登録費用の内訳

内訳 費用
畜犬登録費用 ¥3,000
狂犬病予防注射 ¥3,000~4,000
混合ワクチン ¥3,000~¥25,000
マイクロチップ登録料 ¥300~¥1,000

混合ワクチンの費用は、防げる病気の種類によって異なります。一般的には、2~8種の病気を予防できる混合ワクチンが多く使用されています。

また、子犬の場合は間隔をあけて3回ワクチンを接種するのが一般的ですが、子犬を迎える前にペットショップなどで既に何回か接種されている場合もあり、これらによって費用が大きく変わります。

犬の販売価格

ペットショップから ブリーダーから
小型犬 ¥213,833 ¥195,797
中型犬 ¥200,845 ¥181,000
大型犬 ¥259,772 ¥253,409

犬を迎えたルートとしてはペットショップが最も一般的で、次いでブリーダーからの購入が続きます。犬の大きさ別では、小型犬はペットショップから迎えた比率が62%で最も高い割合を占め、大型犬はペットショップ(39%)とブリーダー(34%)の比率が僅差でした。

その他の迎え入れ方法としては、「友人からの譲渡」や「譲渡会・保健所などでの譲渡」などもあります。

不妊手術も視野に入れる

お金,出費,犬,費用,飼い主,飼い方

犬に不妊手術を受けさせる場合は手術費、入院費、薬剤費などがかかります。不妊手術は必ず受けなければならないものではありませんが、病気予防や望まぬ妊娠を避けるために受ける方が望ましいとされています。

※犬の不妊手術については、こちらの記事をご覧ください。

【獣医師監修】犬の避妊・去勢のメリットとデメリット
https://cheriee.jp/dogs/20437/

費用に関しては以下の通りです。

去勢手術(オス)

  • 小型犬:¥30,000~¥50,000
  • 大型犬:¥50,000~¥70,000

避妊手術(メス)

  • 小型犬:¥40,000~¥60,000
  • 大型犬:¥60,000~¥80,000

去勢手術や避妊手術は基本的にペット保険の補償対象外であるため、費用は高額になります。しかし、自治体によっては飼い犬の不妊手術に補助金が出るところもありますので、お住まいの自治体の情報をチェックしてみてください。

意外に多い!予想外の出費

お金,出費,犬,費用,飼い主,飼い方

人間と同様、犬も一緒に暮らしていると想定外の出費があります。それぞれの事情によって出費が大きく異なるため、一概に具体的な金額を挙げることは難しいですが、以下に飼い主たちの声をまとめました。

いたずらによる家具などの破損

  • ソファ、カーテンなどが破損されて思わぬ出費になる
  • 子犬の頃に家具やじゅうたんなどをことごとくかんでしまったので、ほとんどのものを買い替えた
  • 家の壁紙や家具がボロボロになった
  • 家電のコードがかみちぎられて捨てた
  • リモコンをかみ砕かれた
  • じゅうたんにおしっこをされてクリーニング代がかかった

思いがけないケガや病気

  • 混合ワクチンで副反応が出て、病院に駆け込み費用がかさんだ
  • 誤飲で胃に穴が開いて緊急手術をして入院した
  • 散歩の時に蜂に刺されて休日診療でみてもらった
  • 虫歯が悪化して全身麻酔で抜歯をした

愛犬の健康のために必要になったこと

  • 老犬になってペットシートやオムツ代がかかるようになった
  • 運動できるように庭を整備した
  • 暑さが苦手なので、ひんやりするシートなどの暑さ対策のグッズの購入

まとめ

お金,出費,犬,費用,飼い主,飼い方

犬を飼うには本当にお金がかかります。生涯でかかる費用を計算してみると、飼うのを諦めようと考える人もいるでしょう。もちろん、軽はずみな気持ちで飼って欲しくはありませんが、「お金がかかるから」という理由で簡単に諦めてしまうのは、少し寂しいことです。

一緒に暮らしていると、「お金がかかるなあ」と感じることもあるかもしれませんが、一緒に過ごす楽しい時間は何ものにも代えがたいものです。

具体的にかかるお金を知ることは、「本当に犬が飼いたいのか」というご自身への問いかけになります。「お金はかかる。それでも飼いたい!」と思えた時、人は目の前の愛する者のために力を尽くせるのではないでしょうか。

参考サイト

改訂履歴
2024/04/19 記事の構成を変更、情報を更新
2019/05/18 内容を修正
2017/08/21 初版公開

【ハムスターと一緒に暮らす】3年間でいくらかかるの?

小さくて魅力的なハムスター。「一緒に暮らしたい!」と思う方も少なくないのではないでしょうか。

ハムスターと一緒に暮らす計画を立てる上で、知りたい情報の1つは費用だと思います。

こちらの記事では、ハムスターを飼うと、何にどれくらい費用がかかるのかご紹介します。

ハムスターを3年飼ったら約6万円

会計
ハムスターの平均寿命は、種類によって異なりますが、約2〜3年間と言われています。

もし、平均寿命である3年間、一緒に暮らしたら、約6万円かかると考えられます。

どのようなことにこの費用がかかるのか、詳しく見ていきましょう。

ハムスターを迎えるための費用

ケージ内ハムスター
ハムスターをお家に迎える代表的な方法はこちらです。

  • ペットショップやホームセンター等で購入
  • 里親になる

里親になる場合は、お金がかからない事が多いです。

ペットショップやホームセンター等で購入する場合のお値段は、約1000〜3000円です。種類によっては、1000円未満であったり、3000円を超える場合もあるかもしれませんが、1万円を超える事は滅多にありません。

犬や猫などと比べると安いと感じるかもしれませんが、命を預かることには変わりありません。責任をもって、最後まで育てられるという方は、1度家族になるハムスターと実際に会ってから決断することをおすすめします。

飼う前〜飼い始めにかかる準備の費用は約1万円!

ハムスターベイビー
飼う前〜飼い始めの時には、以下の物を準備すれば、すぐに一緒に暮らす事ができます。

準備するもの 値段
飼育ケージ 約3000〜4000円
巣箱 約500〜1000円
回し車 約1000〜2000円
床材 約300〜1000円
トイレ 約300〜1000円
トイレ砂 約500〜2000円
砂浴び場 約300〜500円
砂浴び砂 約200〜1000円
給水ボトル 約200〜1000円
餌皿 約200〜1000円
ペット用ヒーター(冬) 約1500〜3000円
ごはん 約500〜1000円

(※ここであげている値段は、あくまで目安ですので、物によってはお値段が大きく違う場合もあります。)

大体1万〜1万5千円くらいで、揃える事ができます。一緒に暮らすハムスターに合ったものを選びましょう。

飼育ケージ

ハムスターを飼うためには、まず、飼育ケージが必要です。

1つ1つにこだわりたい方は、シンプルなものがおすすめです。

1つ1つ中に置くものを揃えるのが大変だと感じる方には、回し車や給水ボトル等がセットになっているケージもありますので、そういったものを検討されてみてはいかがでしょうか。

巣箱

ハムスターは、狭い場所が好きで、安心できると言われています。ハムスターが安心できる場所として、巣箱を置いてあげましょう。

回し車

回し車は、運動不足とストレス対策で必要になります。

ハムスターは夜行性なので、音がうるさくないものがおすすめです。また、ハムスターのサイズに合ったものを選んであげましょう。

床材

ハムスターのケージの床には、床材を敷いてあげる必要があります。

床材には、ウッドチップ(広葉樹・針葉樹)や紙、土等の種類があります。お金をかけたくない場合は、新聞紙等、不要な紙を細かく切って代用することもできます。

こまめに取り替える消耗品なので、1度にたくさん買った方がお得な場合もあります。

トイレ

ハムスターはトイレを覚えてくれることもあります。安心して排泄する事ができるトイレを置きましょう。中にはトイレ砂を入れます。

トイレ砂

トイレ砂には様々な種類があります。なんと、消臭機能を持った砂もあります。ハムスターに合ったトイレ砂を用意してあげましょう。

砂浴び場 

ハムスターも砂浴びをします。これは、主に身体を清潔にするためや、ストレス解消のため、爪を研ぐために行います。砂浴び用の砂を入れ、ハムスターが実際に砂浴びをする場所を用意してあげます。

砂浴び砂

砂浴びに必要になりますので、砂浴び用の砂は、トイレの砂とは分けて用意しましょう。

給水ボトル

ハムスターの水分補給のために必要です。ケージについているものが一般的です。

ごはん

主食はペレットで、副食として野菜等をあげます。餌皿に入れて、ケージの中に置いてあげましょう。

餌皿 

ごはんを入れる容器です。

ペレットの他に、野菜等をあげることを考えると、1つではなく2つ以上用意しておくと便利です。乾燥している食べ物とそうでない食べ物は分けましょう。

ペット用ヒーター(冬) 

ハムスターは寒さに弱い生き物なので、室温を調整したり、ペット用のヒーターを活用しましょう。

飼い始めてから毎月かかる費用は約1500円

キンクマ
飼い始めてからは、足りなくなった以下のものを買い足していきます。

  • ごはん 
  • 床材 
  • トイレ砂 
  • 砂浴び砂 
  • 光熱費(気候によって変動が激しいので省略)

ハムスターは体が小さいので、ごはんを食べる量はそこまで多くはありません。2ヶ月に1度買い足すくらいでちょうど良い事が多いです。その事をふまえると、一月あたり、かかっても1500円程度であると考えられます。

また、暑い夏や寒い冬は、ハムスターのためにエアコンなどで温度調節をする必要があります。その光熱費は、暮らしている環境によって異なりますので、今回1か月間の費用の中には含めていません。

予想外の出費の可能性も。

計算する女性
ハムスターも生き物ですから、突然予想外のトラブルが起こることもありえます。

例えば、病気や怪我をしてしまったときには、治療費がかかります。また、ハムスターのような小動物を扱える動物病院は非常に少ないため、近所に診てもらえる病院がないかを事前にチェックしておくと良いでしょう。

予想外の出費も視野に入れて考える事が大切です。

ハムスターとの幸せな毎日のために。

床材からひょっこり
犬や猫と比べると安価だと感じる方も多いようですが、それでもある程度のお金はかかります。

ただ、ハムスターとの生活は、お金には代えがたい素敵な時間です。

ハムスターと飼い主さんの幸せのために、「最後まで責任をもって共に暮らせるか」を、お金のことも視野に入れながら、検討することをおすすめします。

犬を飼う前に確認しておきたい5つのこと

犬が飼いたい!と思っても、「ただでさえ忙しいのにちゃんと飼えるだろうか」と不安に思う人も少なくないのではないでしょうか。

そこで、飼う前に一度自分の胸に聞いて見るべき5つの問いをご用意いたしました。「犬を飼うって大変、って聞いたけど実際どう大変なの?」がわかるようになるはずです。

お金がかかりますけど大丈夫ですか?

お金

ペットを飼うには、お金が本当にかかります。
例えば犬を飼った場合、その生涯費用は最低でも180万円を超える計算が出ています(平均寿命15年を元に計算した場合)。

飼い始めて最初に用意するゲージやリード。畜犬料と呼ばれる登録費や最初に受けるべき混合ワクチン。そして、毎月かかる食事代(年50,000円前後)。シーツなどの日用品(年15,000円前後)。トリミング(1回5,000円〜10,000円前後)、病気の予防薬(年23,000円前後)、臨時の治療費(年58,000円前後)など…(参考:ペットにかける年間支出調査

こうやって書き出してみただけでも、様々なことにお金がかかることがわかります。

愛する我が子のため、と
自分にかけるお金を減らしてまで、あなたはお金をかけることができますか?

自分の時間がなくなりますけど大丈夫ですか?

時計
犬を飼い始めると、お世話に多大な時間をかけることになります。

その最たるものは毎日の散歩ではないでしょうか。小型犬であっても、1日30分程度の散歩は必須ですし、柴犬などの中型犬になると1日2回となってきます。

読者の方は、お仕事を頑張るキャリアウーマンだったり、お子さんがいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

疲れて帰ってきてから、散歩に連れて行けますか?
眠たい目をこすって、朝散歩に連れて行けますか?
雨の日も、外に出たいとはしゃぐ愛犬を連れて行けますか?

旅行に行けなくなりますが大丈夫ですか?

旅行

犬を飼っていて大変なこととしてよく聞かれる「簡単に旅行に行けない」という悩み。愛犬を家に置いて、長期の旅行にはなかなか行けません。毎食のごはんが必要ですし、世話をする人がいなかったらシーツを交換する人もいません。

ペットシッターやペットホテルという手段もありますが、まだまだ日本では浸透していないのが現実です。かつ、当たり前ですがお金がかかります。

私は、生まれてからずっと家族の一員として犬がいましたが、飼っていない家に比べると、家族旅行の回数は圧倒的に少なかったと思います。

海外旅行や遠出の旅行をいっぱいしたい!という人も多いと思います。
愛犬のために、旅行へ簡単に行けなくなりますけど大丈夫ですか?

15年間、ずっと一緒にいられますか?

時計

シェリーを読んでくださっている方の中には、「殺処分問題」を聞くと胸が痛くなる方も多いのではないでしょうか。平成27年度の殺処分された犬・猫の数は82,902匹にのぼります。
(参考:犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況

飼うことを、途中でやめることはできません。

犬猫共に平均寿命は15歳前後となっています。その15年間、あなたの身になにが起きるかわかりません。結婚や離婚、離職や再就職、出産などライフステージの移り変わりも激しいでしょう。また、突然アレルギーが発症することもなくはありません。

あなたを取り巻く環境やあなた自身に変化が起こっても、あなたは飼い続けられますか?

しつけがうまくいかなくっても、なかなか言うことを聞いてくれなくっても、うまく歩けなくなっても、あなたは愛し続けられますか?

いつか訪れる死に立ちむかえますか?

花

犬や猫も人間と同じで、いつか亡くなります。どんなに愛した我が子でも、その最期の時は訪れます。

「ペットロス」と言う言葉がありますが、本当に悲しみのどん底に突き落とされた気持ちになることでしょう。その時、その悲しみに立ち向かえますか?

愛していたら、なんでもできる

犬と猫

と色々書いてみましたが、本当に愛していたら目の前の子のために、自然となんでもやってあげたくなるのではないでしょうか。

上記のようなネガティブなことというのは、人間なるべく考えたくないものです。しかし、飼う前に一度深く自問自答するかしないかで、その後のペットと過ごす時間が変わってくると思うのです。

今、本気で飼っているときのことを脳内でイメージできた人は、きっと大丈夫でしょう。その固い決意をした自分は、今後大変なことに出会った時に強い味方となってくれるはずです。

実際、飼ってみないとわからないという気持ちもわかります。飼ってて、「こんなに大変なのか!」と思うことも、時にはあるかもしれません。私はしつけをうまくすることができず、噛まれたり引っ掻かれたこともあります。しかし、後で振り返った時、それを乗り越えられたときのことが、1つ1つの良き思い出となるのではないでしょうか。
帰宅したら、ものすごく喜んで自分を迎えてくれる。ちょっとしたいたずらに、クスッと笑ってしまう。そんな毎日の1つ1つも良い思い出となります。

そして、きっと後で思うのです。「もう、ペットのいない生活は考えられない」と。

どんなことがあっても大丈夫!と思えたら、さぁ愛する我が子を迎えに行きましょう。