冬の寒さが命取りに!低コストでできるハムスターの寒さ対策8選

いよいよ冬本番になってきました。皆さんのおうちでは、冬の寒さ対策は万全でしょうか。

特にハムスターを飼っているご家庭では、ハムスターの命を守るために冬の寒さ対策をしっかりしてあげる必要があります。
本記事では、低コストでできる効果的な寒さ対策を中心に、ハムスターのための冬の寒さ対策を8つご紹介します。

寒さは、命を落とす危険性さえある

寒さ ハムスター 冬 対策

ハムスターは、暑さにも寒さにも弱い生き物です。ハムスターが生活する上での室温は、20〜26℃が適温と言われています。

10℃以下の寒さが続いてしまうと、擬似冬眠という状態になってしまい、そのまま死んでしまうこともあるので細心の注意が必要です

また、ハムスターは、寒暖差が激しいと体調を崩してしまうことがあります。1日の中で10℃以上の寒暖差があると体調を壊しやすいので、こちらも併せて対策しましょう。

寒さ対策は9月から対策を始めるって本当?

寒さ ハムスター 冬 対策

ご紹介した通り、ハムスターは寒さに弱いだけでなく、気温差によって体調を崩してしまうことがあります。

そのため、だんだんと冷え込んでくる9月の終わりごろから朝晩の寒さ対策を始めるのが良いでしょう。もちろん各地域や各家庭によって寒さの状況が異なるので、あくまで目安として覚えておきましょう。

また、飼い主さんが寒いと感じなくても、ハムスターの動きが鈍るなど寒がっている様子が見られたら、できるだけ早く寒さ対策を行いましょう。日頃からハムスターの様子を観察することがとても大切です。

ハムスターの寒さ対策8選

寒さ ハムスター 冬 対策

それでは早速、ハムスターの具体的な寒さ対策を見ていきましょう。

1.温度計を設置する

これは寒さを改善するための直接的な対策ではありませんが、寒さ対策をする上でまず取り付けたいものです。

先述した通り、ハムスターが生活するには、20〜26℃の環境を保つことが大切です。寒さの感じ方は人それぞれですから、飼い主さんの感覚の他にも温度計を頼りにすることで正しい温度管理をしましょう。

温度計は、できればハムスターのケージとお部屋の2ヶ所に設置することをおすすめします。

2.ケージの置き場所を変える

暖かそうだからという理由で、直射日光のあたる場所にケージを置くのはやめましょう。温度差に弱いハムスターは、寒暖差によって体調を崩してしまいやすいからです。

また、窓辺付近やドアの近く、床の上などの低い位置も冷たい外気が入りやすいので避けるようにしましょう

3.小動物用ヒーターを使う

小動物用ヒーターは、比較的安いものも多く効果が高いため、愛用している飼い主さんも多いようです。
様々な種類が出ておりますが、大きく分けて2つのタイプがあります。

1つは、ケージ下に敷くなどが出来る広範囲のパネルヒーター、もう1つはハムスターが中に入ったり上に乗ったり出来るようなドームタイプ、置くタイプです。

①パネルヒーター

みどり商会
¥2,295 (2022/05/16 13:27:01時点 Amazon調べ-詳細)

愛用者も多いこちらのヒーターは、かなりの優れものです。電気代が安いのも嬉しいところですね。広範囲を温めることが可能で、サイズも選べます。自動で温度を制御する機能もあり、加えて自己消火性機能も付いているので安心です。

ヒーターの上に直接ケージを乗せてしまうと熱くなり過ぎてしまうので、すのこを間に挟むなどの工夫をオススメします

また、ケージ全体にヒーターを当ててしまうと暑くなり過ぎた場合にハムスターの逃げ場がなくなってしまいます。ヒーターを当てるのはケージの3分の1〜半分くらいにしましょう

②ドームタイプ、置くタイプ

マルカン
¥2,100 (2022/05/15 15:11:08時点 Amazon調べ-詳細)

マルカン
¥2,500 (2022/05/16 13:43:59時点 Amazon調べ-詳細)

安くて簡単に設置できるドームタイプは、見た目も可愛いものが多いのでインテリアにもなります。

4.床材をたっぷり入れる

ハムスターのケージや寝床に、床材をたっぷり入れてあげましょう。夏場の3倍以上ぐらい、ハムスターが潜った時にすっぽりと隠れるほどの量を入れてあげることをオススメします。

ただし、綿の床材や綿製品は、ハムスターの手足に絡まってしまうおそれがあるだけでなく、誤って飲み込んでしまった場合に腸閉塞を起こしてしまうこともあり、大変危険なので避けましょう。


5.エアコンをつける

王道の温度管理といえばエアコンですよね。

室内温度を一定に保つことができますし、年間を通じて適温を保つことができます。エアコンの設定温度は、22度〜24度に設定しましょう。

6.ダンボールや毛布でケージを包む

部屋の温度を暖かく保ったり、ヒーターでケージの中を温める方法ももちろん有効ですが、ケージの中や周辺の環境に工夫を凝らせば、安いコストで温度管理ができます。

具体的には、次のような工夫ができます。まずは家にあるもので試してみるのも良いでしょう。

  • ダンボールでケージを包む
  • 毛布や布をケージにかける
  • 断熱シート、コルクマットを活用する

7.寝袋を作ってあげる

ハムスターのケージの中に、もこもこで暖かい寝袋を入れてあげましょう。
寝袋は専用のものを買っても良いですし、毛布などで作ってあげても良いでしょう。素敵なデザインの寝袋を選べば、ハムスターのケージもあっという間におしゃれな冬仕様に!

ミニアニマン
¥556 (2022/05/15 15:11:09時点 Amazon調べ-詳細)

8.ケージを変えてみる

通気性の良い金網型のケージの代わりに、プラスチック製や木製のケースを使用することで保温効果が高まります。


ハムスターの寒さ対策の注意点

寒さ ハムスター 冬 対策

ハムスターの寒さ対策をするにあたって、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

温度の逃げ場を作る

ヒーターなどをケージ全体に使用してしまうと、ハムスターが暑いと感じた時に逃げる場所がなくなってしまいます。
ケージの中に、ヒーターなどが当たらない涼しめの場所を作ってあげましょう。

ホッカイロを直接入れるのは危険

ハムスターが寒くないようにと、ケージの中にホッカイロを入れる飼い主さんもいます。その際、ホッカイロを直接入れてしまうとかじられてしまい危険なので、もし使う場合には「ホッカイロケース」に入れてから使うようにしましょう。

ホッカイロは普段使いにはあまり向きませんが、本格的な寒さ対策へのつなぎや、ハムスターを病院に連れて行く時などに便利です。

マルカン
¥447 (2022/05/15 15:11:10時点 Amazon調べ-詳細)

コードをかじられないように

ヒーターなど、コードがついたグッズを使う際にはハムスターにコードをかじられないように十分注意する必要があります。
コードがケージの中に入らないようにしたり、コードカバーで覆うなどの対策をしましょう。

貝沼産業
¥1,760 (2022/05/16 13:27:04時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

寒さ ハムスター 冬 対策

ハムスターにとって、冬の寒さは命取りにもなるほど危険なものです。
「まだそれほど寒くないから大丈夫だろう」と油断することなく、早いうちから寒さ対策をしましょう。

ハムスターの寒さ対策で注意すべきことをしっかり理解した上で、大切なハムスターのために暖かい住環境を整えてあげたいですね。

うさぎの暑さ対策5選!夏を乗り切る秘訣と必須グッズ

今年も暑い夏がやってきましたね。うさぎは暑さと湿気にとても弱い生き物です。しっかり対策をしなければ、熱中症にかかってしまうなど命の危険もあります。

こちらの記事では、大切なうさぎが、日本の暑い夏を乗り切るために役立つ「暑さ対策」をご紹介します。

うさぎが快適に過ごせる環境って?

うさぎが快適に過ごせる環境とは?
うさぎはどのような環境であれば、快適に過ごせるのでしょうか?

うさぎは、体を体毛で覆われている上に、汗をかかないので体温調節が難しい動物です。そんなうさぎに適した気温と湿度は以下の通りです。

  • 気温 : 15度〜26度
  • 湿度 : 40%〜60%

暑い夏の日は、35度を超える気温の日もある日本。日本の夏は、うさぎにとって暑すぎることがわかります。

耳でわかるうさぎの気持ち

うさぎの体温が心配になったら、うさぎの耳に触れてみてください。

うさぎは暑くなると、耳を立て、耳に張り巡らされている血管を外気で冷やすことによって体温を調整しています。うさぎの耳が熱くなっていたら、うさぎが暑いと感じている証拠です。

うさぎの夏の暑さ対策5選

うさぎの夏の暑さ対策
うさぎと過ごす日本の夏は、しっかりとした暑さ対策が必要です。そこで、どのような対策が考えられるのでしょう?

ここでは効果的な対策方法をご紹介していきます。なお、うさぎの暑さ対策はいくつか組み合わせて行うことをおすすめします。

夏の暑さ対策その1: ケージは日陰に

健康のために、うさぎが陽にあたる事は大切ですが、ずっと日光に照らされ続けると、暑さが増し続け、熱中症になるリスクが大きくなってしまいます。

そのため、太陽の位置が移動しても、直射日光が当たらない場所にうさぎのケージを置きましょう。朝は陽が当たっていなくても、陽が沈む頃にはケージ全体が直射日光に照らされる…、なんてこともあり得るので、置く場所には十分に気をつけてください。

夏の暑さ対策その2: 氷水を置く

普段のお水とは別に、氷水を少し、お皿に入れて置いてみましょう。
うさぎが暑さを感じたときに、冷たい水を飲むことができます。

夏の暑さ対策その3: 保冷剤をケージの側に

保冷剤や凍らせたペットボトルを3つほど、タオルで包んでうさぎのケージの上や横に置いてあげましょう。大きいケージだと、効果があまりないのでオススメできませんが、小さいケージであれば少しずつ熱を吸収してくれます。

また、ケージの下に隙間がある場合は、百円ショップで売っているタッパーなどで氷を作り、そのままケージの下に置いてみましょう。ケージ内に小屋がある場合は、小屋の下に置いてあげると、冷たい空気が小屋の中にとどまりやすく、効率の良い暑さ対策になります。

夏の暑さ対策その4: 冷却マットを使う

実は、うさぎなどの小動物専用の冷却マットがあります。警戒してしまう場合があるので、さりげなく置いてあげましょう。

慣れてきたら、自然と冷却マットの上で涼むようになるでしょう。

ハイペット
¥2,536 (2022/05/16 13:44:00時点 Amazon調べ-詳細)

夏の暑さ対策その5: ゆるやかな風が通るように

エアコンと一緒に扇風機を使うことで、冷たい空気が循環しやすくなります。

うさぎは汗をかかないので、扇風機の風に当たるだけでは涼しく感じません。暑さ対策のためには、くれぐれもエアコンや冷却マットなどと併用し、扇風機は冷たい空気の循環用に使ってくださいね。

なお、扇風機で直接うさぎに風を当てるのではなく、壁に向かって風をあてたり、扇風機を上に向けて首振りさせるなどの工夫をしてあげると良いです。

28度超えたら「エアコン」

エアコン室外機
うさぎは基礎体温が高いので、28度を超える暑さだと体温調節をすることが困難になります。
そして、30度を超えると、うさぎの熱中症リスクはとても大きくなり、健康状態を保つことはとても難しいと言われています。

ですから、夏に28度を超えるような場合は、迷わずエアコンを使用しましょう

上記で紹介した5つの方法だけでは、28度超えの暑さをしのぐことは難しいでしょう。なお、エアコンをつける場合には、うさぎのケージに風が直接当たらないようにしてあげてくださいね。

電気代節約のために

エアコンだけに頼るのではなく、のれんやグリーンカーテンで熱を入れないようしたり、既にご紹介した5つの対策(保冷剤や冷却マットなど)を試すことで、暑さを防ぐことでエアコン代を節約できます。

また、10年以上同じエアコンを使っているという方は、エアコンを買い換えるだけで電気代が安くなることもあります。それくらい、最近のエアコンには性能の良いものもたくさんあります。

「長時間エアコンを付けっ放しにすることに、抵抗がある…」という方もいるかもしれません。しかし、エアコンは稼働させる時に最も電気を使います。ですから、つけたり消したりを繰り返すよりは、付けっ放しにしておいたほうが経済的な場合も少なくありません。

温度計によるチェックは必須

温度計によるチェックは必須
うさぎ専用の温度計をケージのすぐそばに置いて、常に数値で温度を知れるようにしてみましょう。

温度計には、1日の最低気温と最高気温を記録してくれるものもあります。うさぎをお留守番させることが多い方は、いない間にどこまで気温が上がったのかわかるので、こういった温度計がオススメです。

ThermoPro湿度計デジタル 温湿度計室内 LCD大画面温度計 最高最低温湿度表示 タッチスクリーンとバックライト機能あり 置き掛け両用タイプ マグネット付, 2パック TP55
ThermoPro

お留守番させるような場合は、念の為、エアコンをつけていくほうが良いでしょう。急に外の気温が上がってしまうようなことがあっても、室温が適温になっていれば、心配せずに済みます。

愛しいうさぎのために

人参を食べているうさぎ
どんなに気をつけていても、うさぎが暑さでぐったりしていたら要注意。

できることは全てやる。これで温度管理が失敗することはなくなるでしょう。それでも、万が一、熱中症のような症状がみられたら、すぐに獣医師に相談しましょう。

いつも愛くるしい姿をみせてくれるうさぎに、少しでも快適にこの夏を過ごしてもらいましょう。何より健康で長生きができるように、紹介した暑さ対策の方法をぜひ試してみてくださいね。