犬のルーツをたどる!野生のオオカミからイエイヌ化した歴史

犬には様々な種類があります。犬の先祖はオオカミと言われていますが、これだけ多くの犬種が存在することから、一種類のオオカミから進化した確率は低いと言われています。

主に、アメリカアカオオカミ(北アメリカ)、タイリクオオカミの亜種であるインドオオカミやヨーロッパオオカミ、チュウゴクオオカミの4種類が、今の犬(イエイヌ)の先祖とされています。

今回は、もともと野生のオオカミが、どのように人間に飼われるようになったのか、歴史を追ってみたいと思います。

イエイヌの起源とされるオオカミたち

アメリカアカオオカミ

アメリカアカオオカミ
アメリカ合衆国、ノースカロライナ州に生息するオオカミです。かつてはタイリクオオカミの亜種とされたり、コヨーテとタイリクオオカミとの交雑種とされたこともありましたが、現在は純粋種として保護が進められています。

また、名前に赤と入っていますが、他のオオカミと比べて特別体毛が赤いということもないようです。

他のオオカミとの違いとしては、耳が縦に長いという特徴を持っています。

インドオオカミ

インドからペルシャ、中東アジア地域にかけて生息しているタイリクオオカミの亜種です。

暖かく乾燥した気候の中で生活するため、他の寒冷な地域のオオカミに比べて、体毛が短く体つきはほっそりとしています。

ヨーロッパオオカミ

ユーラシア大陸に広く分布するタイリクオオカミの亜種です。体毛は白色、浅黄色、柿色、灰色、黒色で混合した色をしています。

日本国内では、多摩動物公園にて10頭ほどの群れで生活するヨーロッパオオカミを見ることができます。

チュウゴクオオカミ

別名チベットオオカミとも呼ばれる、タイリクオオカミの亜種です。

オオカミとしては中型で、朝鮮半島や中国、ロシア南西部、モンゴルなどに分布しています。チベットやネパールなどのヒマラヤ地方にも分布しており、毛色や習性などは他のオオカミと大きく変わることはないようです。

日本国内では、大阪の天王寺動物園で飼育されているチュウゴクオオカミを見ることができます。

オオカミからイエイヌへ

ハスキーっぽい犬
オオカミが人間の定住地の近くに住むようになったとき、自然にイエイヌへの道を選んだ可能性が高いと言われています。

人間がオオカミを自ら家畜化しようとしたというよりは、オオカミの生存戦略として人間と共生する道を選んだと言うとわかりやすいかもしれません。

オオカミたちの生存戦略

オオカミたちは食料を獲るために、自分たちで獲物を捕らえる必要がありました。しかし、人間の近くにいれば、食べ物の残りものにありつけます。加えて、人間のお手伝いをすると、餌を貰えるかもしれません。

このように、自らが選択して、人間のそばに寄り添い、イエイヌ化した可能性が高いと言われているのです。

野生の犬は本来あまり吠えない

大型だったオオカミはやがて小型化し、人間社会に同化していきました。その後の選択育種によって、犬はよく吠えるようになり、垂れ耳や特殊な尻尾の形など、野生犬には見られない特徴も出てきました。

意外かもしれませんが、野生犬はあまり吠えません。吠えることで、自分たちの居場所が敵からわかってしまいます。

また、獲物を狙うときも、吠えてしまっては逃げられてしまいます。

犬は吠える生き物というのは既に定着していますが、実は吠えるという行動は、人間が番犬になってもらおうと、遺伝的に選択して強化した特性なのです。

大型のイエイヌの秘密

実は、現在の大型犬は一度小型化した犬種を再度大型化されたものと言われています。

このようにして、人間は様々な特徴を持った犬種を生み出してきたのですね。

最後に

白いオオカミ
現在のおうちで飼われている愛犬が、かつては上記のようなオオカミだった…なんて想像もつかないかもしれません。

犬種によっては、人間の非常に細やかな選択育種の結果、とても同じオオカミから派生したとは思えない特徴を持つ犬もいます。

改めて犬のルーツであるオオカミを紹介してきましたが、犬と人間の長い歴史を知るきっかけになればと思います。

【犬の進化】ダーウィンの進化論から見る犬の起源

人間の相棒、犬。犬は人間が飼いならした最初の動物だと言われています。

でも皆さん、犬の祖先って気になりませんか?
チャールズダーウィンの進化論によると、生き物は昔からずっと同じ体質を持っているのではなく、長い期間に渡って体質変化をしつづけていると言われています。

ということは犬も進化をしてきたって事ですよね?今回は犬の進化について紹介します。犬が大好きな皆さんには、知っておいて損はない情報ですよ。

世界最古の犬の化石

a book written about dogs
現在見つかっている最古の犬の化石は紀元前7,000-紀元前6,700年と推定されており、なんと驚く事に、日本の神奈川県夏島貝塚で見つかっているんです!アフリカやヨーロッパではなく、日本で、というのが、意外ですよね。

紀元前7,000-紀元前6,700ですと、日本では縄文時代早期。それは、私たちの祖先が、狩猟生活をしていた時代です。

犬の化石から見る進化論

evolution wolf
現在の科学調査では、犬は2万年前から4万年前人類によって飼いならされたオオカミの集団から、進化した可能性が高いと言われています。

シベリアのアルタイ山脈の洞窟では、推定3万3千年前のオオカミが発見されています。オオカミの化石としては、これが世界最古です。

この発掘されたオオカミの骨のDNAを分析すると、この動物が本来のオオカミよりも近代的な犬にもっとも密接に関連していることが分かったのです。このオオカミが犬の初期進化の決定的な証拠を見せています。

オオカミって人間に飼われていたの?

最初の犬が、すでに2万年前から4万年前に進化していたとするならば、オオカミが家畜化された結果、現在の犬に進化していった可能性が高いと考えられています

いつ、どのように、オオカミを家畜化したかは未だ解明されておらず、謎のままです。

科学者の推測によると、オオカミが古代の狩猟採集民(=人間)を追いかけて、ゴミや食べかす、残飯を拾い集めて生きていたところを、偶然、人と接触し、それがきっかけとなって一緒に生活し始めたのではないかと考えられています。

つまり、簡単に言ってしまえば、犬の先祖であるオオカミはハイエナのような役割をしていたが、後に人間と行動を共にすることを選択し、一緒に生活を始めたという事ですよね。

犬に進化した経緯

現在では絶滅してしまったと言われているオオカミから犬へと進化を遂げた理由は、自然淘汰にあると言われています。

自然淘汰ってなに?

evolution of dog
皆さん、「自然淘汰」という言葉をご存知ですか?

自然淘汰とは英語で“Natural Selection (ナチュラルセレクション)”と言い、人類学用語の一つです。この言葉は、生物が環境の変化に応じて体質の変化を遂げていく事を意味します。

かの有名なイギリスの生物学者、チャールズ・ダーウィンが作った言葉で、彼が提唱した“ダーウィンの進化論”にこの言葉が多く出てきます。
この自然淘汰の観点から犬の進化論を見ると、犬が私たち人間の相棒である理由が分かってきます

オオカミが人間に接触

オオカミが人間に寄り添う
当時のオオカミは、人間のいわゆる“残飯処理班”だったと述べましたが、オオカミなのでもちろん、自分たちで獲物を捕獲することもしていました。

一方、人類はというと、進化を遂げて行くにつれ、知能が高まり、調理という技を取得しました。そして人類は狩猟で得た食料を加工し始めます。そうして、鼻が利くオオカミたちは生臭い肉から、加工された肉に興味を示すようになり、人間に引き寄せられていったのではないかと考えれています。

そうして、オオカミが人間の居住地に侵入し、人間の近くで生活をするようになりました。もちろんオオカミにとって、人間の近くで暮らす事は大変なリスクです。いつ、捕らえられ、食べられてしまってもおかしくはありません。

人間はオオカミを利用

犬と一緒に狩猟する人間
オオカミの特性は高い狩猟能力と臭覚にあります。賢い人間がそのことに気づかない訳はありません。しかも、すぐ傍にその特性を生かせる動物がいたのです。

こうして、人間はオオカミを狩りに同行させるようになり、そしてオオカミは人間の生活に欠かせないパートナーとなっていったのです

オオカミの能力は人間と生活していくと共に変化していき、必要のない能力は消え、人間が必要とする能力を、環境に順応しながら増やしていったと考えられているのです。この論理がまさに自然淘汰です。

犬の種類が多い理由とは

たくさんの種類の犬たち
自然淘汰の理論で考えると、現在の犬の種類がとても多い理由が伺えますね。犬の種類は、全部で400とも500とも言われているんです。

犬は種類によって様々な長所短所を持っています。これも人間と共に生活をしてきたことで生まれた特色だと思います。ある意味、現在の犬は人間によって作られた動物とも言えます。

もしかしたら、今の犬種も100年後には変わっているかもしれません。100年後も存在しているかもしれませんし、存在していないかもしれません。

しかし、それだけ古くから一緒に付き合ってきたパートナーであるからこそ、いつの時代も犬は人間の相棒として、傍に寄り添い続けて欲しいものです。