猫と暮らすと癒されて健康になる?!飼い主さんのメリットを紹介

猫を飼っていると「癒される」と多くの飼い主さんが思っているのではないでしょうか。猫の柔らかく温かい体に触れているだけで、心が落ち着きますよね。

実際に、猫が人間の健康や心にもたらすさまざまなメリットについて研究が進んでいます。今回は人が猫と暮らすメリットについての研究を紹介、解説します。

猫といると癒されて幸福感が高まる

猫,最新研究,癒し,オキシトシン,コミュニケーション,高齢
大きなメリットは「猫に癒される」ことでしょう。猫を撫でるなどの触れ合いによって「オキシトシン」というホルモンが放出されると考えられています。そのため、気持ちが落ち着いたり不安が軽くなったりすることが期待できるのです。

オキシトシンは、分娩時に子宮を収縮させたり母乳の分泌を促したりする働きがあることで知られていました。さらに人と人の触れ合いや愛着、社会活動に深く関係するホルモンでもあり、ストレスの緩和や不安の軽減にも関与しています。

2015年には、「人と人」だけでなく「人と犬」との間でもオキシトシン分泌されることが報告されています。この報告により、信頼関係にある人と犬ではアイコンタクトが増え、双方にオキシトシンが分泌されることが判明しました。

猫の場合も、撫でて触れることでオキシトシンが分泌されると考えられています。ただし、飼い主側の一方的で強引な触れ合いでは、効果はないかもしれません。猫も人もリラックスしていることが重要でしょう。

子どもたちの心を癒す猫

猫,最新研究,癒し,オキシトシン,コミュニケーション,高齢
猫は子どもの情操教育や命の教育、コミュニケーションにも良いといわれています。

たとえば、不登校や引きこもりの心配がある子どもにとっても猫は大きな存在です。
実際に不登校の子どもたちを受け入れている長野県動物愛護センター「ハローアニマル子どもサポート」では、猫をはじめとする動物の存在が子どもたちの心理状態の改善や自我の安定に役立つと報告しています。

「子どもサポート」にいる動物は、長野県内の保健福祉事務所から引き継いだ犬や猫、センターが飼育するウサギやモルモット、ヤギなどです。特に、勝手で自由気ままな行動をする猫が、緊張している子どもたちをなごませる存在になっています。

同センターの所長は、

「同じ空間にただいるだけでいいのだ」
(引用:松澤 淑美 【医学系】動物が人を癒すメカニズム~人と動物の絆~ バイオフィードバック研究 2021 年 48 巻 2 号 p. 67-71

と述べています。
犬のようにアイコンタクトやお手などは必要ないので、無理に仲良くなろうと思わなくてもいいところがポイントのようです。

コミュニケーションをとる猫

しかし、「ミケ」という猫だけは、自分から子どもにコミュニケーションを取っていると報告しています。数多くの施設見学者のなかから、ひきこもりなど支援の対象になる子どもを見分けて真っ先にすり寄って甘えるとか。「ミケ」に甘えられた子どもたちは「また来たい」と話すそうです。

「ミケ」は瀕死の状態で保護された猫。その猫が、ひきこもりの子に一歩踏み出す勇気を与えるというのも不思議なものを感じます。もちろん同センターでは、犬も子どもたちを元気にする大切な存在です。

高齢者の孤独感が消失して情緒が安定する

猫,最新研究,癒し,オキシトシン,コミュニケーション,高齢
高齢者の方にとっても、猫は元気を与えてくれます。一般社団法人ペットフード協会によると65歳以上の高齢者へのアンケート結果では、犬や猫を飼っているグループの方が飼っていないグループに比べて「通院回数が少ない」「孤独感やストレスを抱えていない」という回答が多くありました。

「情緒が安定するようになった」という回答は、犬を飼っている高齢者の40%に対し猫を飼っている高齢者は49%と大きく上回っています。

高齢の方にとっても、猫は孤独感やストレスを解消するコンパニオンアニマルといえるでしょう。一人暮らしの高齢者の方が猫を飼うことは、大きなメリットがあると考えられます。しかし、高齢の方の突然の入院などトラブル発生時の課題が残ります。

飼い主さん自身が、ペットシッターなどあらかじめトラブル発生時に来てくれる人を探しておくなど準備も必要です。近所の人や友人知人など、周囲の声掛けなども欠かせません。

猫を飼うと健康上のメリットが期待できる

猫,最新研究,癒し,オキシトシン,コミュニケーション,高齢
猫の飼育が、人の健康にもメリットをもたらすといわれています。ここでは2つの研究結果をご紹介します。

猫を飼うと血圧が下がる

「高血圧症の治療を受けているニューヨークの株式仲買人が、猫や犬を飼ったところ血圧が安定した」というニューヨーク州立大学による研究結果が、1999年アメリカ心臓協会の年次大会で発表されました。

この実験に参加したのは、喫煙歴がなく高血圧の症状(140/90/ml以上)がある男性24人、女性24人の株式仲買人です。彼らは過去5年間一人暮らしをしており、ストレスにさらされる仕事を行っています。ペットは飼育していません。無作為で薬のみの治療を行うグループと、猫や犬を飼うグループに分けそれぞれ半年間過ごしました。

半年後、ストレスがかかる暗算やスピーチなどのテストを行いました。犬や猫を飼っていないグループは薬物治療で血圧が下がっていたものの、テストによって血圧が上昇しました。

一方、犬や猫を飼っていたグループでもテストによって血圧は上昇しました。しかし、犬や猫を飼っていないグループに比べて、上昇した値は半分程度だったのです。

仕事では、緊張するシーンが多くストレスもたまりやすかったでしょう。犬や猫と暮らすことで緊張感がほぐれた結果、血圧も上がりにくくなったとも考えられます。

心疾患や脳卒中による死亡リスクが減る

アメリカで、「猫の飼育によって心臓発作の死亡リスクが約30%低下する」という研究報告が2009年に発表されました。

猫を飼っている人や猫を飼っていた人、犬を飼っている人、飼っていない人など4,435人を20年間追跡したところ、「猫を飼っていない人に比べ猫を飼っている、あるいは飼っていた人は心筋梗塞などで死亡するリスクが低い」という結果が得られました。

興味深いのは、ペットを飼ったことのない人よりも、かつて猫を飼ったことがある人のほうが死亡リスクは低いという結果です。猫の存在はそれだけ人にとって大きなものなのでしょう。

猫との暮らしで癒されるとストレスが減る、不安が少なくなるといったメリットが心臓病など深刻な病気を減らすのかもしれません。

猫の動画を見るだけでも癒される?

猫,最新研究,癒し,オキシトシン,コミュニケーション,高齢
興味深いことに、猫の動画を見るだけでも気持ちが前向きになり、エネルギーが高まるという研究報告があります。これは2015年インディアナ大学の研究者が約7,000人を対象に調査したものです。参加者らは、猫の動画を見たあと「不安やいら立ち、悲しみなどが少なくなった」「エネルギッシュで前向きになった」など報告しています。

「やるべきことを先延ばしにした罪悪感よりも猫の動画を見た喜びの方が大きい」などの意見もありました。仕事中に動画を見ても、猫の動画ならそれほど罪悪感がないのかもしれません。ちなみに参加者のうち約36%が猫好きで、60%が猫と犬どちらも好きということでした。

住宅事情などで猫を飼えない人も、猫の動画を見ることで元気になれそうです。

猫への依存し過ぎに注意しよう!

猫,最新研究,癒し,オキシトシン,コミュニケーション,高齢
猫との暮らしには、これまで見てきたようにさまざまなメリットがあります。一方で、猫への依存し過ぎにも注意が必要です。常に猫が心配で短時間の外出しかできなくなるなど、自分自身の生活がままならない状態になる恐れもあります。

いつでもべったり一緒だと、猫も飼い主さんに依存するようになりがちです。そうなると、ちょっとした留守番でも大きなストレスになり「鳴き続ける」「粗相をする」などの行動を起こすかもしれません。

ペットに依存しやすい人は、対人関係のトラブルを持ちやすく幸福感が低めという報告もあります。

猫は自分に癒しをくれるだけでなく、「家族など人々とのコミュニケーションにも役立つ」と言われていますので、人間関係を円滑にすることにも目を向けることで依存するリスクは減ります。もともと猫は単独行動をする動物です。猫からもらうたくさんのメリットに感謝しつつ、ほどよく距離感を保って生活するといいですね。

【最新研究】長時間離れ離れになった犬は飼い主との再会で涙を流す?

人は感動したときやうれしいことがあったときなどに、うれし涙を流すこともあるでしょう。家族や友人と久しぶりに再会し、涙を流した経験がある方もいるかもしれません。

人間では当たり前のように感じる「うれし涙を流す」という行為ですが、このたび発表された研究により、犬も飼い主と長時間離れ離れになったあとに再会すると、涙を流す可能性があることがわかりました。

「犬が涙を流すとはどういうこと?」と疑問に思う方も多いかもしれません。この記事では、「犬が飼い主と再会した際の犬の変化」を調査した論文の内容を簡単にお伝えします。

涙の役割とは

犬,最新研究,オキシトシン,涙,涙液量,幸せホルモン
涙は上まぶたの裏側にある涙腺から分泌され、まばたきをすることで目の表面に広がります。

涙には以下の役割があります。

  • 目の乾燥を防ぐ
  • 目に酸素や栄養を供給する
  • 感染を防ぐ
  • 目の表面の傷を治す
  • 目の表面をなめらかにする

涙の分泌量は「オキシトシン」というホルモンに関係しています。オキシトシンは「幸せホルモン」や「愛情ホルモン」とも呼ばれており、人同士や動物とのスキンシップによって分泌が増えることもわかっています。

実験と結果①飼い主と長時間における分離後の涙液量の差

犬,最新研究,オキシトシン,涙,涙液量,幸せホルモン

Increase of tear volume in dogs after reunion with owners is mediated by oxytocinより

飼い主と一緒にいるときと、5時間以上離れてから再会したときの犬の涙液量を調査した結果、再会した時の方が涙の分泌量が平均15.9%増加したことがわかりました。

また、飼い主以外でも同様の実験を行ったところ、再会後の涙液量に変化がないことから、犬は飼い主と特別な絆を築いていることがわかります。

実験と結果②オキシトシン分泌量と涙液量の関係

犬,最新研究,オキシトシン,涙,涙液量,幸せホルモン

Increase of tear volume in dogs after reunion with owners is mediated by oxytocinより

オキシトシンが涙液量に関係があることを調べるため、オキシトシンを犬に点眼しました。すると、オキシトシンの点眼前に比べて涙液量が増加することがわかりました。

これにより、飼い主との分離後に再会することで、オキシトシンの分泌量が増加し、涙液量が増加した可能性が考えられます。

実験と結果③イヌが目を潤ませることによる人間への作用

犬,最新研究,オキシトシン,涙,涙液量,幸せホルモン

Increase of tear volume in dogs after reunion with owners is mediated by oxytocinより

犬が目を潤ませることで、人にどのような作用があるのかを調査した実験です。人工の涙を点眼する前のイヌと点眼したあとのイヌを撮影し、その写真を人間が見るとどのような印象を受けるのか比較を行いました。

その結果、涙を点眼して目を潤ませた写真の方が、人は良い印象を受けることがわかりました。

考察

犬,最新研究,オキシトシン,涙,涙液量,幸せホルモン
今回の実験により、

  • 飼い主との分離再会後に涙液量が増加した
  • オキシトシンを点眼した犬は涙液量が増加したことから、オキシトシンが涙液量に関連がある

ことがわかりました。つまり、犬は飼い主との再会によりオキシトシンが分泌され、涙液量が増加したことが示唆されたということです。

また、人は目を潤ませた犬に対して良い印象を受けることから、犬が人に選ばれるようになるというある意味の「生き残り戦略」を取っているのではないかと考えられます。

かつて、ウルウルした目のチワワが出ているCMをきっかけにチワワの人気が爆発的に上がりました。このチワワが人気になったのも、潤んだ目によって守ってあげたいという人間の本能に訴えるものだったのかもしれませんね。

長時間のお留守番が多い場合は見直しを

犬,最新研究,オキシトシン,涙,涙液量,幸せホルモン
再会の際に犬が涙を流しているという実感がない方もいると思いますが、お出かけから帰ってきた時に、愛犬が玄関で熱烈に帰宅を歓迎してくれるということもあるでしょう。

今回の実験により、飼い主と5時間離れただけでも、目を潤ませるほどの情動の変化があったことがわかりました。人にとって「たった5時間」であっても、飼い主とのコミュニケーションが大好きな犬にとっては「5時間も放置された」と考えているかもしれません。

もちろん、犬によっては人との密なコミュニケーションを好まない子もいますが、愛犬の様子をよく観察しながらストレスのない環境を整えてあげてください。

まとめ

犬,最新研究,オキシトシン,涙,涙液量,幸せホルモン

これまでの研究により、動物は目を保護したり痛みのために涙を流すことはわかっていましたが、犬は飼い主との再会によって涙を流すことがわかりました。人にとって大したことのない時間であっても、犬にとっては長時間飼い主と会えずに寂しい思いをしているのかもしれません。

もし、仕事などで長時間家を空けざるをえないという場合は、一緒にいられるときにたくさん甘えさせてあげてくださいね。そして、可能であれば寂しい思いをさせない工夫をしてあげてください。

問題行動の原因にも?!犬の「退屈」と「運動不足」を解消しよう

愛犬が問題行動を抱えている場合、その原因を解明するのはプロのドッグトレーナーでもない限りとても困難です。「飼い主との関係性」、「犬の性格や癖」、「住環境」など、いろいろな要素が複雑に絡み合い、問題行動となっている可能性が高いと考えられます。

しかし、「ドッグトレーナーにお願いするのはハードルが高い」と感じる方も多いのではないでしょうか。

今回は、犬の問題行動の原因になりやすい、犬の「退屈」「運動不足」に焦点をあてて、対策をご紹介していきます。トレーナーに依頼する前に、ぜひチェックしてみて下さい。

①犬の退屈対策

オキシトシン,コントラフリーローディング効果,ストレス,問題行動,犬,退屈,運動不足,飼い方
一日のうちで犬がどのくらい暇な時間を過ごしているかは、その犬の「飼い方」「年齢」「体力」「性格」などによって大きく差が生じるため、残念ながらはっきりとはわかりませんが、多くの方が「自分の愛犬は暇そうにしているな」と感じたことがあるのではないでしょうか。

しかし、犬に退屈な思いをさせないように一日中遊んであげるのは、現実的に無理があります。また、犬によっては常に人と一緒ではなく一人の時間がほしい子もいますし、飼い主のかまい過ぎによって犬の自立心が育たず、他の問題行動を起こす可能性が出てきます。

ある程度は犬が一人で暇つぶしをしてくれるように、知育玩具などを使って一人遊びが出来るように習慣化させましょう。

犬のフードは食器からあげるべき?!

オキシトシン,コントラフリーローディング効果,ストレス,問題行動,犬,退屈,運動不足,飼い方
多くの家庭犬は、食器を使ってフードを食べているのではないでしょうか。食器から食事を摂るという習慣は、人間からみれば当たり前の行為ですが、犬から見ればそうとも限りません。

犬の退屈対策として、いつものフードを食器ではなく知育玩具に入れて、数回に分けてあげてみます。暇つぶしだけでなく、胃が拡張してねじれる「胃拡張・胃捻転症候群」の原因になる「早食い・一気食い」の予防が出来るというメリットもあります。

犬の精神科医も食事の時に使うように勧めていたコング

Kong(コング)
¥1,760 (2023/02/07 14:04:16時点 Amazon調べ-詳細)

大型犬はこちらの方がおすすめ

Kong(コング)
¥1,889 (2023/02/07 14:04:17時点 Amazon調べ-詳細)

苦労してエサを食べることで得られる「コントラフリーローディング効果」とは

オキシトシン,コントラフリーローディング効果,ストレス,問題行動,犬,退屈,運動不足,飼い方
知育玩具でフードを食べることをおすすめした飼い主の中には、「食べにくくして、意地悪しているみたいでかわいそう」とおっしゃる方もいました。しかし、食べにくくすることにはメリットがあると科学的に証明されています。

1963年に動物心理学者のグレンジェンセンの研究により、「動物は食事を苦労せずに得るよりも、なんらかの対価(労力)を払って得ることを好む」ということが明らかになり、「コントラフリーローディング効果」と名付けられました。これは犬だけではなく人間を含むほとんどの動物に当てはまります。

飼い主から簡単にもらったフードより、知育玩具などを使って苦労して得たフードの方が、犬にとっては価値のあるものになるということですね。知育玩具を使うことによって退屈対策だけでなく、いつものフードの価値が上がる効果が期待できます。

②運動不足対策

オキシトシン,コントラフリーローディング効果,ストレス,問題行動,犬,退屈,運動不足,飼い方
犬の運動不足も問題行動の原因になっている場合が多く見られます。こちらも犬の「年齢」「体力」「性質」などによって異なるため、愛犬にとって適切な運動量を見極める必要があります。

一般的に「小型犬は一日30分程度の散歩」、「大型犬は一日1時間程度の散歩を2回」となどど言われていますが、この説はあくまで目安です。「トイプードルの運動による消費カロリーの目安は一日〇〇カロリー」というような、具体的な数値は明示されていません。

「うちの犬は運動不足かも」と思った方は、まずは動物病院で健康診断を受けることをおすすめします。例えば、後ろ足を触ろうとすると咬む犬の場合、「後ろ足の関節に問題があった」などということは珍しくありません。

まずは健康であることを確認してから、運動不足の対策をしていきましょう。

犬の運動不足を解消するには、散歩の時間を増やすべき?!

オキシトシン,コントラフリーローディング効果,ストレス,問題行動,犬,退屈,運動不足,飼い方
犬の運動不足を解消法を考えた時、多くの方が「散歩の時間を長くしよう」と考えるのではないでしょうか。しかし、忙しい毎日の中で、「これ以上散歩の時間を取れない」という方もいらっしゃると思います。

筆者はそういったご相談者さんには「散歩の時間を少し減らして、その分犬と遊ぶ時間を増やしましょう」と、ご提案しています。

「散歩」と「飼い主との遊び」には、それぞれ次のようなメリットがあります。

散歩のメリット

  • 気分転換、心身のリフレッシュ効果
  • 様々な刺激を受け、ストレス解消や社会化につながる

飼い主との遊びのメリット

  • もってこい遊び、引っ張りっこなどは犬の運動量が多い
  • 飼い主との信頼関係を築くことが出来る

「犬の運動=散歩」と考えている方が多いのですが、それぞれのメリットを上手く組み合わせ、「散歩」と「飼い主との遊び」の両方を取り入れてみて下さい。

飼い主との遊びで犬のオキシトシンが増える

オキシトシン,コントラフリーローディング効果,ストレス,問題行動,犬,退屈,運動不足,飼い方

犬と飼い主が見つめ合うことで、幸せホルモンとも呼ばれる「オキシトシン」が、犬も人間も増えるというのは有名な話ですが、犬が飼い主と遊ぶことで犬のオキシトシンが増えるという実験結果があります。

アメリカの神経経済学者ポール・ザック博士は、犬が飼い主と「遊ぶ前」と「遊んだ後」のオキシトシンのレベルを計測したところ、「遊んだ後」のオキシトシンが57%上昇したと報告しています。

参考:
Cats vs. Dogs: Who loves us more?/neogen

飼い主との遊びが犬にとって単に運動不足解消だけではなく、ストレス軽減に繋がる効果があることがわかる実験結果ですね。

まとめ

オキシトシン,コントラフリーローディング効果,ストレス,問題行動,犬,退屈,運動不足,飼い方
問題行動の原因になりやすい「退屈」と「運動不足」について解説しましたが、冒頭でもお話した通り、様々な要素が絡み合って問題行動の原因になっているのが実情です。

まずは、「退屈していないか」、「運動不足ではないか」をチェックしてみて、それでも問題行動が直らないようであればドッグトレーナーや獣医師に相談してみてはいかがでしょうか。

オオカミには真似できない!進化の過程で得た犬の「愛され目力」とは

犬好きのみなさんは、犬に見つめられると「かわいい!」「愛おしい!」と感じますよね。

実は犬の眼差しは、進化の過程で人間の好みに合わせて発展したことをご存知ですか?
また、犬と人間が見つめ合うと双方で「幸せホルモン」であるオキシトシンの濃度が高まることも実証されています。

今回は、人間との生活の中で長い時間をかけて培われた犬の「愛され目力」について、さまざまな実験・研究結果を元にご紹介します。

オオカミにはない犬の目の周りの筋肉

犬の眼差し

イギリス・ポーツマス大学の研究者たちは、イギリスのシェルターに保護されている犬27匹と、動物園で飼われているハイイロオオカミ9匹の比較実験を行いました。

愛され目力を作り出す筋肉

犬とオオカミの顔の筋肉組織を比較したところ、両者の筋肉組織は似通っていますが、目の周りの筋肉だけは犬の方が発達していることがわかりました。

その筋肉とは、眉の内側を上に引き上げる筋肉で、目を大きく見せたり、悲しげな子犬のような表情を作り出すことができます。

人間との交流でその力を発揮する

同研究は、人間との交流の際、人間を見つめて眉頭をあげるという行動を頻繁に行うのは、犬だけであることも解明しました。

なお、犬は犬でもオオカミに近いシベリアンハスキーには眉の筋肉の発達は見られなかったということです。

また、シェルターに保護されている犬の中でも、とくに眉の筋肉を使って人間を悲しげに見つめる犬ほど、引き取り手がより早く見つかることもわかりました。

犬の愛され目力は人間との生活で発達した

家畜

長い歴史を持つ犬と人間の関係

オオカミが家畜として人間に飼われるようになった過程には諸説あり、昔から多くの研究者がその歴史を探ってきました。

オオカミが家畜化して犬になったのは、今から約3万〜1万5000年前と言われています。はっきりとした時代や進化の経緯、具体的な場所等は未だに謎に包まれていますが、人間と犬が長きにわたって生活を共にしてきたことは確かです。

人間好みに発達した犬の愛され目力

ポーツマス大学の研究チームは、人間が長い歴史の中で好ましいと感じる犬、かわいいと感じる犬を選別して飼ってきた結果、ほぼ全ての犬が愛らしい表情を作れるようになったと考えています。

つまり、人間がオオカミを家畜化して一緒に生活することがなければ、この表情筋は発達しなかったと言っても過言ではありません。

犬の愛され目力が人間の好みに沿って発達してきたことを考えると、私たち人間が犬たちを「なんてかわいいんだろう」と愛おしくなるのも納得です。

「愛おしさ」を作り出すオキシトシン

愛

犬の愛おしい目の表情が人間との生活によって形成されたことがわかりましたが、実は人間が犬と見つめ合ったり触れ合ったりすることで生まれる「愛おしさ」を生物学的に裏付ける研究がいくつか報告されています。

麻布大学の菊水教授(2015年)は、人間と犬が見つめ合ったり触れ合ったりすると、双方でオキシトシンの濃度が高まることを実証しました。

オキシトシンは母子の絆を強くする

オキシトシンは多様な脊椎動物種が分泌するホルモンで、メスが妊娠出産する際に濃度が高くなり、養育行動の活性化に貢献するとされています。

マウスの母子を用いたある実験では、母子の間でオキシトシン神経系の刺激を介した「ポジティブ・ループ」が形成されることがわかりました。

ポジティブ・ループとは、「妊娠出産で母親のオキシトシン神経系が活性化→母親の養育活動の促進→養育を受けた子どものオキシトシン神経系が活性化→子どものアタッチメント行動(泣く、甘える)の促進→母親のオキシトシン神経系をさらに活性化・・・」というループのことを言い、母子間の生物学的な絆をさらに強くします。

オキシトシンは人間と犬の絆も強くする

その後の実験で、犬と人間の間にもマウスの母子のようなポジティブ・ループが存在することが発見されました。

犬が人間を見つめる行為は、マウスの実験で言うところの、子どもが母親にとる「アタッチメント行動」にあたります。犬に見つめられた人間は、オキシトシン神経系の活性化により、犬を撫でる、話しかけるなどの「養育活動」を行います。養育活動により犬のアドレナリンが活性化し、さらにアタッチメント行動をとり・・・といったような具合です。

オオカミと人間の間には視線とポジティブ・ループの関係が見られなかったことからも、犬が人間との長い関係の中で、人間との絆を築くスキルを身につけたことは想像に難くありません。絆を強化するポジティブ・ループによって、犬と人間の信頼関係・協力関係はより強いものになっていったのでしょう。

犬好きでない場合はその効果も薄い

ここまでで、人間と犬が見つめ合ったときに生まれる「愛おしさ」は、ホルモンレベルで説明できることがわかりました。これは全ての人間に共通することなのでしょうか?

なんと、犬好きでない人と犬が見つめ合ってもオキシトシン神経系は刺激されず、オキシトシン濃度はほとんど上昇しないそうです。

オキシトシンのさらなる効果

hammock

オキシトシンは、「幸せホルモン」や「思いやりホルモン」と呼ばれることもあり、高濃度化することで養育活動やアタッチメント行動の促進以外にもさまざまなメリットがあると言われています。

例えば、ストレス解消、感染症予防、学習意欲の向上、心臓の機能を上げる、社交的になるなどがオキシトシンの効果です。

犬好きの人が犬と見つめ合うだけでこんなにいいことがたくさんあるなんて、とても素晴らしいと思いませんか?これにより、人間は精神的、肉体的にもポジティブな影響を与えられ、より充実した生活ができることが科学的にも証明されているのです。

犬の愛され力は進化の証

眼差し

犬は人間との長い歴史の過程で、さまざまな進化を遂げてきたことがわかりました。

目の周りの筋肉の発達により、犬は人間に「かわいい」と思わせるような眼差しを作れるようになりました。
また、犬と人間が見つめ合うことで双方のオキシトシン神経系が活性化し、ポジティブ・ループによって絆を築けるようになりました。

犬の愛され力は、人間好みに進化した眼差しと、「幸せホルモン」オキシトシンによるものだったんですね。これからも人間と犬が、お互いの幸せを作れるような関係であり続けられますように。