柴犬?オオカミ?オーストラリアに生息するディンゴとは

オーストラリアに生息しているディンゴという動物を知っていますか?日本ではあまり馴染みのない動物ですが、柴犬のような見た目をしており、何も知らなければ犬と言われても疑うこともないでしょう。

今回は、ディンゴという動物の生態とディンゴが抱える問題についてご紹介していきます。

ディンゴとは

ディンゴ,オーストラリア,野犬,柴犬,イエイヌ,遺伝子,純血種
ディンゴはオーストラリアとその周辺に生息する野生動物です。食肉目イヌ科に分類され、柴犬によく似た外見をしています。

ディンゴは8300年ほど前にインドネシアで飼われていた犬を起源とし、4000〜8000年ほど前に人間の手によってオーストラリアに運ばれました。

原住民のアボリジニの狩猟を手伝いながら一緒に暮らしつつ、次第に野生化していき、オーストラリア内陸部に広がると、さまざまな地域で異なる外見や行動を示すようになりました。

その後、オーストラリアでの個体数が増え、他の地域では見られなくなったことから、現在はオーストラリアの固有種として考えられています。

ディンゴの特徴

オーストラリア全域に生息するディンゴは、その生息地によって毛色や体の大きさは多少異なります。しかし、一般的なディンゴの体長は100cmほど、体重は10〜15kgほどです。体の大きさの割にスマートで、筋肉質な体つきをしています。

オオカミの性質をもつため、獰猛で、基本的に人間には懐かないとされ、単独、または10頭ほどの群れで生活しています。

ディンゴはイエイヌの仲間ではない

ディンゴ,オーストラリア,野犬,柴犬,イエイヌ,遺伝子,純血種
これまでディンゴは「野生化した犬」だと考えられてきました。しかし、実際には、人に飼い慣らされたイエイヌが野生化によって別の種になるという複雑な過程を辿っていることが判明しました。

遺伝子解析

2014年に行われた遺伝子解析の結果では、ディンゴはイエイヌとは異なる固有種であることがわかっています。

この研究では、1頭のディンゴと、5犬種(ボクサー、ジャーマンシェパードドッグ、バセンジー、グレートデーン、ラブラドールレトリバー)、グリーンランドオオカミのゲノムを比較しました。その結果、どの種ともゲノムの構造が異なり、また、グリーンランドオオカミよりも犬のほうがより近いこともわかりました。

参考:https://www.science.org/doi/10.1126/sciadv.abm5944

ディンゴによる被害

ディンゴ,オーストラリア,野犬,柴犬,イエイヌ,遺伝子,純血種
ディンゴは羊などの家畜を襲い、毎年多くの金銭的な被害を出しています。1885年には牧羊が盛んなオーストラリア南東部に全長5614kmのフェンスを設けて家畜を保護してきたものの、その影響でディンゴの捕食から逃れた野生のカンガルーや野ウサギが増え、農作物への被害も深刻になっています。

かつてオーストラリアには、ディンゴの他にフクロオオカミやタスマニアデビルといった肉食獣も生息していましたが、圧倒的な勢力を誇ったディンゴがオーストラリアにおける生態系のトップに君臨しました。その結果、食性が競合する両者はオーストラリア本土から絶滅し、タスマニアデビルは現在もタスマニア島に生息しているものの、フクロオオカミを絶滅させる一因となってしまいました。

一方で、増え過ぎたキツネやカンガルーの数を抑制し生態系の安定に不可欠であるという考え方もあり、議論が続けられています。

人を襲うこともある

ディンゴはもともと警戒心の強い動物で、人に懐くことはありません。

しかし、オーストラリア東部に位置するフレーザー島では、多くのディンゴが生息しており、長らく人と交流があるためあまり人を警戒しません。もちろん、人を警戒しないからといって凶暴な性格は変わりませんが、犬のようなかわいらしい見た目をしているため、観光客が近づいたり餌を与えたりしてしまうことがあります。

その結果、フレーザー島ではディンゴによる事件が多発しており、2001年には9歳児が襲撃されて死亡するという事件も起こっています。

SNSなどではディンゴに近づいて撮影された写真も多くアップされていますが、相手は野生のオオカミだと考え安易に近づかないことが大切です。

純血のディンゴが減少?

ディンゴ,オーストラリア,野犬,柴犬,イエイヌ,遺伝子,純血種
イエイヌとは遺伝子的には異なる生物であるものの、近い遺伝子をもつ両者は交配して子孫を残すことが可能です。そのため、イエイヌとの交配(ディンゴ・ハイブリッド)が進み、純血種は絶滅の危機に瀕していると考えられてきました。

しかし、2023年に発表された研究によると、ビクトリア州では87.1%、イエイヌとのハイブリッドが多いと考えられていたニューサウスウェールズ州とクイーンズランド州では59%が純血種種であることがわかりました。

今まで考えられていたよりも純血種が多いという結果が出たものの、純血のディンゴを守るためにどうすれば良いか考えていく必要があります。

最後に

ディンゴ,オーストラリア,野犬,柴犬,イエイヌ,遺伝子,純血種
オーストラリアに生息するディンゴは、柴犬そっくりで、大変かわいらしい見た目をしています。しかし、ディンゴは獰猛で人や家畜に危害を与える恐れがあるため、安易に近づかないことが大切です。

遺伝的に近い生き物であるイエイヌとの交配が進み、純血種が減少しつつあります。種を守るために私たちに何ができるかを考えていかなければいけません。

散歩をしないと罰則!?ペットを「知覚・感情を持つもの」として扱ったオーストラリアの新法律

2019年9月、オーストラリアの首都キャンベラとその周辺地域で、ペットに関する新しい法律が発効されました。

新法はオーストラリアで初めて、公式にペットを「知覚や感情がある生き物」として扱い、その権利を守るために生まれたものです。具体的には、1日最低1回の犬の散歩義務や、動物のケガや病気に対する人間の責任などを明示しています。

本記事では、新法の内容とその経緯、そして散歩が犬にとって重要な理由を解説していきます。

ACTの新法が定めたこと

カンガルー
今回ご紹介する新法はACT(Australian Capital Territory)と呼ばれるオーストラリア首都特別地域で発効されたもので、オーストラリアの全地域で効力を持つものではありません。ACTは、オーストラリアの首都キャンベラとその周辺を含む連邦の直轄領(準州)のことを言い、オーストラリアで最も都市化が進んでいる地域です。

犬の散歩義務化

「犬の散歩などを怠り、運動を24時間以上させないでいた場合、飼い主は犬に2時間の運動をさせるか、さもなくば罰金最高4000豪州ドル(約29万2000円)を科す」

犬の散歩を法律で義務付けることに驚いた方もいらっしゃるかもしれませんが、犬の散歩義務化を定めたのはACTが初めてではありません。例えばイタリアのトリノでは、条例で犬の散歩を1日3回以上することが義務付けられており、違反すると500ユーロ(約6万円)の罰金が科されます。

車の中に閉じ込めるのもNG

「動物を車の中に閉じ込めた場合には、1年以下の懲役または罰金$16000(約118万8000円)、またはその両方を科す」

特に夏の時期は、車内の温度は急激に上がります。たとえ健康被害なく済んだとしても、閉じ込められた動物は暑さに耐え苦しまなければなりません。飼い主以外にも、車内に動物が閉じ込められているのを発見した場合は、直ちに関係機関に通報するよう呼びかけています。

動物のケガや病気への責任

新法は、適切な食事や清潔な生活空間、必要なお手入れや治療を行わなかった場合にも罰則を科しています。例えば、伸びすぎた毛が原因で患った目の感染症や、ノミが原因の皮膚病を放置していた場合も罰則の対象になります。

また、動物(カンガルーを含む)をケガさせてそれを通報をしなかった場合も同じです。

新法のベースになったのは「動物にも感情がある」こと

感情
今回の新法発効においてACTは、オーストラリアの連邦管轄領で初めて、動物を”sentient being” 「知覚、感情を持つもの」として扱いました。ACTは、動物は「同情と共に扱われるに値し」「人間にはペットの心と体の健康をケアする義務がある」としています。

ACT政府のクリス・スティール内閣大臣は、「動物に意識・感覚があることは科学的に証明されている」「ペットの飼い主なら、彼らが感情を持っていることを知っているはず」と話しました。

感情ある生き物への人間の責任

「知覚、感情を持つ生き物」は、散歩にいけないとストレスを感じますし、ケガや病気をすれば苦しみます。また、散歩をしないことや病気やケガを放置しておくことは、ペットの肉体的な意味でも、精神的な意味でも健康を害します。

ペットの生活は飼い主によってコントロールされているため、心や体の健康状態は飼い主次第と言えます。まさに、ACTの新法は、人間が担う「知覚、感情を持つ生き物」に対する心身の健康管理を定めたものと言えるでしょう。

犬にとって散歩が大事な理由

散歩
犬の散歩は新法で義務化されましたが、そもそもなぜ散歩は犬にとって大事なのでしょうか?「心」と「体」の健康という視点から考えてみましょう。

運動不足によるストレスを防ぐ

犬は先天的に、運動への欲求が高い生き物です。犬は「感情を持つ生き物」ですから、欲求が満たされなければ当然ストレスが溜まります。これまでに数々の研究で、散歩が犬のストレス解消になることが証明されています。

日光浴や外の世界とのつながり作りも

犬は人間と同じように、日光を浴びることでセロトニンの分泌が促進されます。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、これが不足すると自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れると、ストレスが溜まりやすくなったり、攻撃的になったりします。

また、室内の運動だけでなく、刺激の多い屋外を散歩することで、「外の世界を見たい(嗅ぎたい)!」「他の犬や人とコミュニケーションをとりたい!」といった犬の欲求を満たすことができます。

体力・体型維持

人間と同じように、犬も運動不足が原因で肥満になります。肥満になると、ただ見た目がぽっちゃりして見えるだけでなく、人間と同様にさまざまな病気のリスクも高まります。また、足腰に負担がかかりやすくなるためヘルニアのリスクも高まります。

終日室内で寝て過ごし、あまり筋力を使わないでいると、老犬になってから思うように動けなくなり、ひどい場合は寝たきりになってしまいます。運動ができなくなれば、犬はストレスを感じてしまいます。犬は走ったり、何かの仕事をすることに喜びを感じる動物でもあります。

犬の運動不足のサイン

犬の運動不足のサインには次のようなものがあります。

  • 家の中で走り回る
  • 常にソワソワしている
  • 攻撃的になる
  • 体中を舐め回す

日本では散歩をしなくても罰せられることはありませんが、散歩が犬にとって重要であることに変わりはありません。犬が上のような行動をとっていたら、散歩が足りていないサインかもしれません。散歩時間を見直すことを考えましょう。

とあるドッグトレーナーは「犬が起こすトラブルの多くは、運動不足が原因で生じたものである」という意見を述べています。それほど犬にとっての運動不足は精神的な苦痛なのかもしれません。犬の運動不足についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご参照ください。

犬が攻撃的なのは運動不足のせいかも!?悪影響と解消方法について考えよう

大切なのはペットへの理解

compassion
今回は、オーストラリアACTで発効された、ペットに関する新法律をご紹介しました。

新法からは、動物を「知覚、感情のある生き物」として受け止めることで彼らの権利を守ろうというACTの積極性がうかがえます。一方、飼い主が散歩に行っていないことやケガを放置していることは、誰にも気づかれなければ罰せられませんから、実質的にはこの新法はザル法と言えるかもしれません。しかし、法律で積極的にペットの権利を守ろうという姿勢は、ペットに対する人々の理解を深めるのに役立つのではないでしょうか。

日本には散歩義務などの法律はありませんが、海外の法律成立の経緯を知ることはペットのことをもっと理解するきっかけになります。もちろん、法律を作るべきか否かという議論も大切ではありますが、もっと大事なことは、ペットの飼い主それぞれがペットのことをよく理解し、ペットへの責任を果たすことです。

「知覚、感情のある生き物」であるペットたちが、人間のよきパートナーとしていつも幸せを感じられますように。

ドッグ・ビーチってどんなところ?オーストラリアの「ベイビュー・ドッグ・パーク」から

日本ではあまり聞きなれない「ドッグ・パーク」や「ドッグ・ビーチ」ということば。こういった「ドッグ・パーク」や「ドッグ・ビーチ」は、オーストラリアにはたくさん存在します。それは一体どのようなところなのでしょうか?

筆者がオーストラリアに旅行した際、機会があり、現地に住んでいる友人にシドニー郊外のドッグ・パークを案内してもらいました。そこには、自然の中でのびのびと楽しく遊んでいる犬たちの姿がありました。

今回は、そんなドッグ・パーク、ドッグ・ビーチに関する海外情報をお届けします。

シドニー郊外のベイビュー・ドッグ・パークのロケーション

ドッグ・パーク
ベイビュー・ドッグ・パークは、シティと呼ばれるシドニーの中心部から車で1時間ほどのところにあります。入り組んだ湾の奥まったところにあるため、波はほとんどなく、海というよりは湖のような穏やな水辺が広がっています。

ロウランド保護区という自然のままの公園の中で、子供連れの家族が芝生の広場で寝転がったり、サッカーをしたり、海岸の岩場でカニを探していたり。そんな光景が見られる場所です。また、海辺にはボートクラブがあり、個人所有のボートやレンタルのボートがたくさん浮かんでいます。

犬だけじゃなく、人も楽しめるドッグ・ビーチとは?

ドッグ・パーク
広場の先にある林の中の遊歩道を抜けると、砂浜が広がっています。そこではたくさんの犬たちがリードを外して自由に水に入って泳いだり、ボールを追って走ったりしていました。

「ドッグ・ビーチ」と聞くと、漠然と「犬のためのビーチ」をイメージしてしまい、犬だけが泳いでいる場所と想像してしまいがちです。しかし、ここでは犬だけでなく、小さな子供から大人まで、自由に海に入って一緒に遊んでいます。

つまり、犬も人も、分け隔てなく、一緒に楽しむことができる場所だったのです。いわゆるドッグランのように柵で覆われていることもありません。駐車場から広場、海岸へと仕切りはなく、一般的な海浜公園のような場所です。

自然の中でイキイキと自由に走り回る犬たち

ドッグ・パーク
私がビーチに行ったのは、4月のお昼の12時半ごろ。気温は25度で、お天気も良く、半袖でも少し暑いくらいでした。

犬たちには暑すぎるのではないかと思いましたが、ビーチにはとても気持ち良さそうに走り回る犬たちの姿や、海に体を浸して、ゆったりリラックスしている犬たちの姿をあちらこちらで見ることができます。

どうやら、犬たちも暑くなったら、自ら海に入って体をクールダウンさせている様子です。リードでつながれることなく、自由に砂浜を走り回ったり、海に入ったりしている犬たちは本当にイキイキとしています。

レンタルボートで釣りを楽しんだり、犬洗いサービスも

ドッグ・パーク
犬や人が遊んでいる砂浜のすぐ横にはボートハウスがあります。ボートに乗って釣りなどに出かける男性や、釣ってきた魚をさばいている人もいます。船着き場のそばには魚をさばく台が設置されており、その場ですぐに調理ができるようになっています。

また、砂浜を上がったところにある芝生の広場には、犬用のバスタブを積んだ車が停めてあり、犬を洗うことができるようになっています。

残念ながら、料金は不明でしたが、海水でぬれた犬をそのまま連れて帰るよりも、シャンプーしてから帰る方が飼い主にとっては良いですよね。ビーチと駐車場の間にある広場に犬洗い屋さんがいるという配置は、飼い主目線からもよく考えられているなと感心します。

このように、犬がリフレッシュできるだけでなく、ちゃんと飼い主のことも考えられており、人も犬もお互いが楽しめるように設計されています。これがベイビュー・ドッグ・パークの最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

なぜビーチそばの公園内はリード着用がルールなのか?

ドッグ・パーク
海の付近では、リードフリーの状態で犬たちは遊んでいました。しかし、どこでもリードフリーにして良いというわけではありません。

ドッグ・パークの内でありながら、林の遊歩道などには「DOGS MUST BE ON A LEASH」、つまり「犬は必ずリードにつないでください」と書かれた看板が立っています。ビーチはリードを外していいのに、なぜ林の中はダメなのでしょうか?

その答えは、「林の中には野生動物がいるため」でした。犬たちは悪気がなかったとしても、犬を放してしまうと、野生動物に危害を加えてしまう恐れがあります。オーストラリア固有の動物も多く、自然や野生動物を大切にしているオーストラリアらしい考え方ですね。

犬と一緒に生活を楽しむオーストラリアのドッグライフ

ドッグ・パーク
ドッグ・パークは、犬だけが楽しむ場所ではなく、人間だけが楽しむ場所でもなく、子供から大人までが犬と一緒に自然の中で遊べる公園でした。自然の中で体を動かす犬たちは本当に気持ち良さそうにしており、人や他の犬にほえたりすることなく、自由に遊んでいて、街中で見かける犬たちよりも幸せそうに見えました。

本来、ほとんどの犬種は、都会の街中で暮らすためではなく、海や山などの自然の中で人間と暮らすために作られています。例えば、ラブラドールレトリバーなど、レトリバー系の犬たちは撃ち落とした鳥などをくわえて回収させるために作られた犬です。そのため、海に投げ込まれたボールを見ると、喜んで追っていき、そして海に入って回収してきます。

しかし、日本には、海で泳いだことのないラブラドールレトリバーもたくさんいることでしょう。私たちが犬の幸せを願うのであれば、犬という生き物がどんな時に心の底から楽しいと感じ、幸せを感じるのかを考えてあげることが大切ではないでしょうか。そして、その気づきを与える手段の一つとして、オーストラリアのような自然の中で犬と過ごせる施設が少しずつでも日本にも増えていけばいいなと願っています。