【東京・三鷹】愛犬もニコニコ!犬の保育園「HOT」さんにインタビュー

犬を初めて飼った時に最初に戸惑うのは犬のしつけではないでしょうか。インターネット上には多くの情報が載っているものの、まずは何からすれば良いのかわからないという飼い主さんも少なくないでしょう。

人や物、環境などさまざまなものに慣れる「社会化」は犬がストレスなく生活していくためにはとても重要で、成長の早い子犬に対して行うのがもっとも効果的とされています。しかし、初めて犬を飼う人にとっては、ハードルが高いと感じることもあるかもしれません。そんな時に頼りになるのがプロのトレーナーです。

今回は、私たちシェリーが提供する犬の保育園向け予約システム「シェリービジネスポータル」をご利用頂いており、子犬の社会化に力を入れている東京都三鷹市にある犬の保育園「HOT」でお話を伺いました。

犬の保育園HOTができるまで

犬,保育園,トレーニング,しつけ,HOT,パピー,カウンセリング,レッスン
HOTのオーナー兼トレーナーである馬場禅樹(ばば・しずき)さんは、幼少期から犬を飼っており、犬は非常に身近な存在でした。

ドッグトレーナーになりたいという夢を叶えるため、まずは知識と経験を積むことを決意した馬場さんは、ペットショップで店員として働きながらトレーナーのスクールに通い、資格を取得しました。約5年間にわたりショップの店長を務め、子犬の世話や栄養管理についても学びました。

その後、トレーナーとしての経験を積みながら、店舗の運営にも携わり、独立したいという思いがさらに強くなっていったそうです。

そして、2022年5月に念願であった犬の保育園HOTを東京都三鷹市に立ち上げました。

犬の保育園HOTでできること

犬,保育園,トレーニング,しつけ,HOT,パピー,カウンセリング,レッスン
犬の保育園HOTでは、日中に一時的に預かる保育園以外にも、パピー教室やカウンセリング、個別レッスンなども行っています。

保育園

日中に犬を預け、さまざまなものに慣れる「社会化」とエネルギーの発散をメインに、飼い主さんのお悩みや愛犬に合わせたトレーニングを行うコースです。

単にトレーニングを行うだけでなく、他の保育園生の犬との交流を通して、犬との正しい関わり方を学べます。犬同士の関わりには、散歩中やドッグランが思い浮かびますが、距離感がつかめずにトラブルになることも少なくありません。そのため、プロのドッグトレーナーによる安全管理が大変心強いです。

カウンセリング

初めてHOTを利用する場合は、まずはカウンセリングからとなります。

愛犬と一緒に来店し、お悩みや不安などを伝えることで、愛犬に適したアドバイスを受けることができます。口頭でのアドバイスのみではなく、実践的なトレーニングを希望する場合は、カウンセリング後に個別レッスンのコースを申し込む必要があります。

個別レッスン

実践的なトレーニングをトレーナーから学びたい方向けのメニューです。犬、飼い主、ドッグトレーナーの三者で45分間のマンツーマントレーニングを行います。

愛犬へのトレーニングだけでなく、飼い主さん自身もトレーニングの方法を学び、家でも継続的に実践することが大切です。個別レッスンでは成犬の利用も可能です。

パピー教室

生後5か月以内の子犬を対象に行われるレッスンで、愛犬にとって重要な社会化トレーニングの方法の基礎を学べます。

月に一回程度開催しており、先着4組までですので、興味のある方はホームページをこまめにチェックしておきましょう。

犬の保育園HOTのおすすめしたいポイント

犬,保育園,トレーニング,しつけ,HOT,パピー,カウンセリング,レッスン
お店に足を運び、直接お話を伺って感じた、HOTをおすすめしたいポイントをご紹介します。

パピー期の社会化を大切にしている

犬の社会化は、パピーの時期に行うことが一番効果的であり、人と一緒に暮らしていくためには欠かせません。HOTでは、この時期を重視しています。

犬の保育園と聞くと、仕事や用事などで家を空ける時間に預けて、夕方にお迎えに行くというイメージがあるかもしれません。しかし、HOTを利用している人の半数近くが、家を空けていなくても、定期的に社会化のために預けているとのことです。

習得率を考えると、週に3〜4回通うのが理想的ですが、疲れ過ぎたり飼い主さんとの時間が減ってしまうのは好ましくありません。そのため、家庭の状況や犬の性格などを考慮しながら、登園回数を決めることが重要だとおっしゃっていました。

犬の飼い主さんにとって心強い存在

私たちがインタビューで訪れた際、ちょうどペットのフード選びについて相談に来られた方がいました。インターネットには情報が過剰で、愛犬のお悩みに対して適切な答えが見つからない場合も少なくありません。しかし、直接会話をすることで、適切なアドバイスを得ることができます。この方はスタッフがおすすめしたフードを購入して帰られました。

このように、愛犬のことで不安を感じた時に、気軽に相談できるお店があるだけで、犬の飼い主さんにとって心強い存在になっていると感じました。お店がガラス張りで外から中の様子が見えるため、入りやすいというのもポイントです。

馬場さんのうれしかったエピソード

犬,保育園,トレーニング,しつけ,HOT,パピー,カウンセリング,レッスン
ペットショップで勤務していたときに、自分が担当して販売した犬の飼い主さんと現在でも連絡を取り合っているそうです。10年以上前にパピーで販売した子が現在シニアになっていて、その子の一生を見ていられるというすてきなお話を伺いました。

他にも、独立した時についてきてくれたり、わざわざ自分の名前で検索して相談してくれたことも印象的なできごととのことで、人との繋がりがうれしいとおっしゃっていました。

多くの飼い主さんが、馬場さんを信頼して連絡を取ったり、大切な犬を預けている様子がわかり、馬場さんの人柄の良さも伺えるエピソードですね。

犬の飼い主さんに伝えたいこと

犬,保育園,トレーニング,しつけ,HOT,パピー,カウンセリング,レッスン
馬場さんは、たくさんの犬がより豊かな生活を実現できるよう、時間やお金もかけて、愛犬に合いそうないろいろなことにチャレンジしてほしいとおっしゃっていました。

インターネットにも情報はたくさん載っていますが、プロのトレーナーに直接教えてもらい、正しい知識を身につけるのはとても大切です。

愛情をもって接するのはもちろんのこと、愛犬が健康に過ごせるように、プラスαでできることをぜひ探してほしいとのことでした。

最後に

犬,保育園,トレーニング,しつけ,HOT,パピー,カウンセリング,レッスン
犬の保育園HOTは、「犬への愛情が溢れていて、犬も飼い主さんも笑顔になれる空間」だと感じました。オーナーの馬場さんも、トレーナーのなかじまさんも、雰囲気がとてもやわらかく、すべての犬が楽しそうに過ごしていました。

愛犬がストレスなく過ごせるようになるためにも、そして無駄吠えなどで飼い主さん自身が悩んでしまわないためにも、子犬の頃から社会化教育をすることはとても大切なことです。

犬の保育園HOTでは、犬と飼い主さんが幸せに暮らせるよう手助けをしてくれます。決して気軽に利用できる金額ではないかもしれませんが、その価値は計り知れません。ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

住所:〒181-0013 東京都三鷹市下連雀2-5-16 1F
電話:0422-26-9837
営業時間:9時30分~17時30分
定休日:月曜・木曜日(一部例外あり)
HP:https://hot-dognursery.com/
予約サイト:https://place.cheriee.jp/be060869-7da4-439c-967f-0899d9df346f
※ 事前ご予約制
※ 2024年4月15日現在、新規入園の受け入れを停止しています。なお、個別レッスンやカウンセリングは可能ですので、気になることがあればぜひ問い合わせてみてください。

犬を飼う前にプロに相談!「飼う前カウンセリング」のすすめ

犬の「飼う前カウンセリング」をご存知ですか?これは犬を飼う前にプロに相談できるサービスです。

一度犬を迎え入れると、子犬から飼う場合は10年から20年間一緒に暮らすことになります。これから先の20年を犬と共に幸せに過ごしていけるのかどうか、飼う前に専門家のアドバイスを聞くことはとても有意義なはずです。

今回は、犬を迎える前にぜひ受けて欲しい「飼う前カウンセリング」についてご紹介します。

「飼う前カウンセリング」を受けるメリット

犬,飼う前,カウンセリング,ライフスタイル,ドッグスクール,動物の自由,生活

犬を飼うと大変なことを飼う前に把握できる

犬を飼う前は、かわいい犬との楽しい暮らししか想像できないかもしれません。
しかし、人に対する攻撃行動や無駄吠えなどの問題行動は、「飼った後」に初めて分かるものです。

こうした問題行動の予防や対処法を知らなければ、飼い主さんだけでなく犬にとっても大変なストレスになってしまいます
「飼う前カウンセリング」で事前に犬の問題行動などについて学んでおけば、飼うこと自体を見直せるかもしれませんし、実際に飼った後もストレスが小さくて済みます。

飼い主さんに最適な犬が分かる

犬を飼った後に「思っていたのと違う」と感じてしまう場合、それは飼い主さんの年齢、家族構成、ライフスタイルや、どのように犬と暮らしたいのかという希望と、実際に飼った犬の特性や気質との「ミスマッチ」が考えられます。

飼い主のライフスタイルとの不一致の例

  • 吠える習性の犬種を集合住宅で飼ってしまう
  • マンションで飼うことの許されていないサイズの犬を飼ってしまう
  • しつけや世話の難しい犬種を一人暮らしの人が飼ってしまう
  • 充分な散歩ができない環境なのに、多くの運動量が必要な大型犬やとても活発な犬種を飼ってしまう
  • 世話が行き届かないのに多頭飼いをしてしまう

飼う前の情報が不十分だったために、飼い主さんが世話やしつけに疲れてしまったり、犬にとって不適切な環境で過ごし続けることになってしまってはいけません。

自分のライフスタイルに合った犬はどんな種類なのか、自分は犬とどのように生活していきたいのかなど、犬を飼う前に正しい知識を身につけ、納得した上で迎え入れることで、問題行動を未然に防ぎ、犬とより良い関係を築くことができるのです。

「飼う前カウンセリング」はどこで受けられるの?費用は?

犬,飼う前,カウンセリング,ライフスタイル,ドッグスクール,動物の自由,生活
「飼う前カウンセリング」は、動物病院やドッグスクールなどで行われています。

すべての動物病院やドッグスクールで行われているわけではないので、一度、近隣の施設についてホームページなどで確認してみることをおすすめします。

カウンセリングは1時間で2000円前後のところが多いです。最低でも1時間は見積もって相談に臨みましょう。

「飼う前カウンセリング」のタイミングと準備しておくこと

犬,飼う前,カウンセリング,ライフスタイル,ドッグスクール,動物の自由,生活

こんな時にカウンセリングを受けよう

犬を飼う前の方なら、犬を飼うのが初めての方でなくても、どんな人でもカウンセリングを受けることができます。

①初めて犬を飼う、または久しぶりに犬を飼うとき
②犬を飼うかどうかまだ迷っているときや、どの犬種にするか迷っているとき
③決めている犬種の注意点やしつけの方法を知りたいとき
④犬を飼う前に何を揃えておけば良いのか知りたいとき
⑤すでに犬を飼っているが、新たに他の犬を迎え入れたいとき

カウンセリングを行うまでに考えておくこと

カウンセラーの方とスムーズに話ができるように、以下のことをまとめてから相談に行くことをお勧めします。

①なぜ犬なのか?なぜその犬種を飼いたいのか?
②犬を飼う目的は?(犬と一緒にどんな生活を送っていきたいのか?犬に何を求めるのか?)
③犬を迎える家族構成、住宅環境はどうなのか?
④犬にかけられる費用はどれくらいか?(予防や医療費、エサ代、トリミング代、保険料など)
⑤犬に関わることのできる時間はどれくらいもてるのか?

動物の5つの自由と飼い主のライフスタイル

犬,飼う前,カウンセリング,ライフスタイル,ドッグスクール,動物の自由,生活

「5つの自由(The Five Freedoms for Animals)」とは国際的に認められた、動物が人道的に扱われるための考え方です。

これは動物の基本的なニーズを満たし、動物が快適に、安心して安全に暮らすことができているかを確かめるための指標にもなります。5つの自由は下記の通りです。

  1. 飢え・渇きからの自由: 種類、健康状態、年齢に合ったフードと新鮮な水を与える。
  2. 痛み・病気・怪我からの自由: 怪我や病気をした際には適切な治療を受けさせる。怪我や病気の予防を行う。
  3. 不快からの自由: 清潔で安全な環境と快適と思える場所の提供。
  4. 本来の行動が取れる自由: 動物の本能や習性に沿った行動ができるように工夫をする・
  5. 恐怖・抑圧からの自由: 身体的・精神的な恐怖や抑圧を受けないように、適切な対応を行う。

動物にとって、日常的にこれらの自由を享受できない時間が続くことがないように、飼い主側が対応することが大切です。しかし、飼い主のライフスタイルが合わないとどうしても対処しきれない場面が出てきてしまうかもしれません

だからこそ、飼い主のライフスタイルと犬の特性をマッチさせることが重要になります。自分のライフスタイルに合う犬種がいないと分かった時には、飼うことを諦めるのも、不幸な結果を招かないための1つの選択肢です。飼い始めてからでは後戻りはできません。

まとめ

犬,飼う前,カウンセリング,ライフスタイル,ドッグスクール,動物の自由,生活

飼う前カウンセリングによって、あなたが一目惚れした犬は、もしかしてあなたのライフスタイルには合わないと判断されるかもしれません。
これはとても悲しいことですが、あなたとあなたの新しい家族が、共に生涯幸せであるかどうかを一番に考えて、不幸な不一致を防ぐようにしましょう。

犬を飼うと、それまでのライフスタイルは大きく変わることになります。引越しをするなど、犬のためにライフスタイルを変えることが難しい人が大半だと思います。従って、犬を飼う場合には、自分の生活パターンに適した犬を選ぶことが必要になります。

「飼う前カウンセリング」を受けることによって、今から迎え入れようとしているワンちゃんのことをじっくりと考えることができます。加えて、「犬を飼うということ」を家族でしっかりと話し合うきっかけにもなるのではないでしょうか。

大切な家族を失った人たちを救う!ペットロスカウンセラーとは?

皆さんの中にも家族を失ったときの深い悲しみと喪失感を経験したことがある方がいらっしゃるかもしれません。ペットを飼う以上、逃れることのできない問題である「死」。その悲しみを共有し、ケアしてくれる職業がペットロスカウンセラーです。

今回の記事では、世間ではまだあまり知られていないペットロスカウンセラーという職業について詳しく紹介していきます!

ペットロスって何?

部屋の窓

ペットロス症候群とは

ペットロスは直訳すると「愛玩動物喪失」となる精神疾患で、大切な家族である愛するペットを亡くしてしまったことで感じる大きな喪失感や深い悲しみが原因で起こります。ペットを失えば誰でも悲しみにくれてしまうと思いますが、その程度が重いようならば精神疾患と診断されるのです。

ペットロスに当てはまりませんか?

最近ペットを失った方で、もし以下の条件に当てはまるならば、あなたもペットロスかもしれません

  • 食欲がなく体重が大きく減少した。
  • 何をするにも無気力である。
  • 自殺願望がある。
  • 自傷行為を繰り返す。

もし、一つでも当てはまり、すぐに回復しないようであれば、あなたも以下で紹介するペットロスカウンセラーにかかった方がいいかもしれません。

ペットロスカウンセラーとは

ベッドの上で食事

どんなことをするのか

ペットロスカウンセラーとは、ペットが亡くなり、、精神的に病んでしまったり、その悲しみから深く落ち込んでしまった飼い主に適切に対処し、そこから抜け出すためにカウンセリングするお仕事です。飼い主の辛くて苦しい状況を、無理せず話せる範囲でゆっくりと話してもらい、心を健康な状態に戻す手助けをします。

どうすればなれるのか

ペットロスカウンセラーになるためには、ペットロスに関する基礎的な知識はもちろんのこと、相談者に安心感を与えたり、相談に対して適切なアドバイスを送るスキルなどが必要となります。

知識やスキルを持っている証明となる資格があれば、より相談者から信頼してもらえたり、相談者に安心感を与えることができるでしょう。ペットロスカウンセラーになりたいと考えているかたは、是非資格取得も検討してみてください。

必要な知識

ペットロスカウンセラーは、ペットロスに関する基礎知識はもちろんのこと、動物医療ソーシャルワークやカウンセリングに関する知識も習得していなければいけません。また現在老齢ペットを買っている人のために、ペットの死に対する心の準備のお手伝いもできる必要があります。

活躍できる場所

ペットロスカウンセラーは、まだまだ世間的な認知度の低い職業であるため、本業としての給餌を見つけるのは容易ではないことが多いです。しかし、ペットの葬儀会社やペットショップ、動物病院などと契約してフリーとして働いている方は少なくないようです。

現在ペット人口は増加の一途を辿っているので、今後徐々にペットロスカウンセラーに対する需要が高まり、雇用先が増えていくのではないでしょうか。

ペットロスカウンセラーの資格の種類

犬の本
ペットロスカウンセラーに関する資格は現在5つ存在します。ここでは、それらについて紹介します。

ペットロス・ハートケアカウンセラーTM

メンタルケア学術学会認定の資格です。資格試験を受けるには指定の講座受講が必要となります。

アニマル・ペットロス療法士TM

ペットロス・ハートケアカウンセラーTMの上位資格となります。喪失感と悲しみを乗り越えた飼い主さんが、次のステップに進む手助けをするために必要なことを学びます。

ペットロス検定

ペットの別れに関しての全般的な知識や考えについて問う検定で、どなたでも受けることができます。1〜4級が存在します。

ペットロス・パラ(凖)カウンセラー養成講座

日本ペットロス協会認定の養成講座です。講座を受講し終えると、ペットロス・パラカウンセラー4級証が交付されて、本協会準会員として登録可能です。

ペットロスケアアドバイザー

日本ペット技能検定協会が主催する資格です。ペットロスを正しく理解し、相談者とその周囲への対応を適切に行うことができる者としての証明になります。協会指定のカリキュラム終了後に受験可能です。

避けては通れないこと


ペットという家族との別れは、ペットを飼う限り、避けては通れない道です。ペットの死後、飼い主を悲しみの淵から救う職業は、必ず必要とされるはずです。また、それによって救われる方が多く存在するのも事実です。もし、ペットだけではなく、飼い主さんや飼い主さんのその後についても興味が湧いたなら、ペットロスの勉強を行うだけでなく、資格の取得まで目指してみてはいかがしょうか?