塩素系漂白剤は危険だった?!ペットに無害なカビ掃除

気がついたら窓枠やお風呂場など、家のいたるところに生えているカビ。実は、人間もペットも、カビが原因で引き起こされる病気があります。詳しくは下記の記事をご覧ください。

カビが原因で愛犬が病気に?梅雨時期から夏にかけては気をつけよう

塩素系漂白剤は強力で除菌・消臭効果も強いので、カビ掃除には効果バツグン。そのため、使っているご家庭も多いのではないでしょうか。ですが、塩素はペットにとって有害な物質なのです。病気にならないようにするためのカビ掃除が、逆に害をもたらしていたら、元も子もないですよね。

そこで、今回は塩素系漂白剤のペットへの影響や、ペットに無害な掃除方法についてご紹介します。

塩素系漂白剤の影響

犬 カビ
塩素系漂白剤には、3〜6%の次亜塩素酸ナトリウムが含まれています。この次亜塩素酸ナトリウムは、強アルカリ性で、酸化性が強く腐食作用があります。そのため、触れると皮膚が溶けてしまったり、飲んでしまうと胃に穴があき、時には死に至ることも。

塩素系漂白剤の入ったボトルを犬の手の届くところに置いたまま飼い主さんが外出し、犬がボトルをかみ穴を開けてしまい、塩素系漂白剤をなめて死んでしまったという事例もあります。また、塩素系漂白剤が揮発することで発生するガスの影響も無視はできません。これが原因で「せき」をするようになった猫もいるのだとか。

人間よりも体が小さいペットですから、塩素系漂白剤による影響も人間より大きいのです。

酸素系漂白剤

酸素
ここからは、塩素系漂白剤に取って代わる、ペットに無害な掃除方法を見ていきましょう。

まず、代表的なものは酸素系漂白剤です。酸素系漂白剤は、過炭酸ナトリウムが主成分となっています。過炭酸ナトリウムは、水と酸素に分解されるので非常に安心です。

ペットに有害である塩素系漂白剤ほどではないものの、家庭で使うには十分な漂白力があります。ただし、安全とは言っても酸素系漂白剤には脱脂性があり、素手で触ると手が荒れてしまう点には注意してください。こちらもペットが直接触れてしまうと、思わぬ事故につながりますので、ペットの手の届かない所に置くようにしましょう。

こちらでご紹介している動画では、酸素系漂白剤で洗濯槽のカビ掃除をする方法が詳しく解説されています。

なお、こちらの動画で使用されている「シャボン玉 酸素系漂白剤」は、YouTubeの動画や他サイトでも多く紹介されている、非常におすすめの酸素系漂白剤です。

粉末の商品なので、液体のものよりもお得ですし、粒子が細かいので、汚れがきれいに取れます。そして、匂いも少ないので、わんちゃん用の洋服の汚れ落としなどにもいいでしょう。

乳酸系カビ取り剤

掃除
次に、乳酸を用いたカビ取り剤をご紹介します。

漂白剤ではないので、漂白力は弱いですが、カビを退治して予防する力があるようです。匂いもきつくなく、素手で触っても大丈夫なので、ペットにとっても人間にとっても安心・安全という点はメリットでしょう。

熱湯

熱湯
最後は、旧来から使われていた熱湯について見ていきましょう。

カビは、下記の条件でよく繁殖すると言われています。逆手に取ると、カビは、これ以外の環境が弱点ということです。

  • 温度20〜30℃
  • 湿度65%以上
  • 皮脂などの、カビにとっての栄養分

カビは50℃以上の熱でタンパク質が変性すると言われています。そのため、カビが気になる部分に熱湯をかけるとカビを退治できます。お湯は注ぎ始めてからどんどん温度が下がるので、50℃より少し高めの60℃くらいのお湯がちょうどいいでしょう。高すぎる温度にしてしまうと、熱湯をかけたタイルなどが傷ついてしまうので、その点は気をつけてください。

カビは湿度を好むので、熱湯をかけてカビを殺したあとはスクイジーで水気をとったり、しっかりと換気して湿度を下げましょう。お風呂やキッチンなど、使ったあとの一手間で圧倒的にカビが生えなくなります。しかし、熱に強い種類のカビもおり、熱湯が効果的ではないこともあります。そのような場合でも、乾燥はカビの大きな敵ですので、カビが生えやすい場所の湿度を下げることでカビを予防できます。

最後に

猫 カビ
これまで紹介してきたように、塩素系漂白剤の他にもカビの掃除方法はさまざまなものがあります。これまで紹介した薬剤が動物や人間に害がないとは言っても、体内に入ったり触ってしまった場合、全く健康に害がないとは言い切れません。熱湯も直接触れると危ないですよね?

実際に使用する場合は、ペットの様子を見ながら使用するようにしてください。そして、どの方法であっても、その取り扱いには十分な注意をし、絶対にペットの手の届くところには置かないようにしましょう。かかる時間や手間、値段もそれぞれ違ってくるので、ご自身とペットの生活習慣や体質にあった掃除方法を試してみてください。

ジメジメした梅雨の時期はカビも繁殖しやすい時期です。家中のカビをきれいさっぱりとさせて、ペットも飼い主さんも気持ちよく過ごしていけるおうちづくりを目指していきたいですね。

カビが原因で愛犬が病気に?梅雨時期から夏にかけては気をつけよう

梅雨から夏にかけては気温も湿度も高くなり、カビが繁殖しやすい時期です。この時期、人間もカビが原因で夏型過敏性肺炎という病気にかかったりしますが、犬の場合はどうなのでしょうか。

カビは呼吸によって体内に吸い込まれたり、直接皮膚に触れることで病気を引き起こします。カビの生えやすい条件、カビが原因の病気、防カビ方法について詳しく見ていきましょう。

カビが原因でかかる犬の病気

保護されて家で過ごす犬
人がカビ菌のせいで夏型過敏性肺炎にかかるように、犬にもカビが原因でかかってしまう病気があります。

白癬症

白癬症は真菌というカビの一種によって起こる犬の病気です。犬が白癬症にかかると毛が途中で切れて短くなったり、被毛の一部が剥げてしまったりします。

予防法は、シャンプーをこまめに行い、清潔にしてあげることです。円形脱毛が見られたり、皮膚の一部をかゆがっている様子が見られたら、かかりつけの動物病院で診てもらうようにしましょう

クリプトコッカス症

空気中に浮遊するカビ菌を吸い込むことで起こる病気です。クリプトコッカス菌は土中に多く含まれている菌なので、散歩中に吸い込んでしまい、症状が出るケースがあります。

この病気にかかると鼻水やくしゃみをするようになり、悪化すると肺炎のような症状も見られるようになるため、早いうちに治療を受けることが重要です。

マラセチア

マラセチアはもともと犬の皮膚や耳の中にいる菌ですが、免疫力の低下によって皮膚病として発症します。耳あかが増える、皮膚が炎症を起こすなどの症状が見られます。

予防方法としてはマラセチアの予防専用のシャンプーを使うのが効果的です。動物病院で処方してもらうのが良いでしょう。以下のような、マラセチアのシャンプーも販売されています。こういった商品は、処方が無くても買えてしまいますので、あくまで自己責任で使うようにしましょう。

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症はカビの一種である真菌が皮膚に付着することによって起こる皮膚病です。この病気は他のペットや人にも感染するため、早期発見・早期治療が重要です。

梅雨の時期にはカビに注意


梅雨の時期から夏にかけては気温も湿度も高く、蒸し暑くなります。この時期にはカビに要注意。特に、カビが繁殖しやすい具体的な条件や、場所を見ていきましょう。

カビが生えやすい場所

カビの繁殖は風通しが悪く、湿気がたまる場所で活発になります。特に、掃除の行き届きにくい場所には気をつけましょう。室内でカビの生えやすい場所は次のようなところです。

  • 台所、トイレ、お風呂などの水回り
  • 押入れやタンスなどの収納
  • タンス、本棚、冷蔵庫などの裏側
  • マットレスや敷き布団の裏側

カビが生えやすい条件

実はカビ菌というものは常に空気中を漂っています。それらは条件がそろうと繁殖し、目に見えるぐらいにまで増えます。カビが爆発的に繁殖してしまう条件は以下の3つです。

  • 25〜28度の気温
  • 70パーセント以上の湿度
  • ホコリ、汚れ、ダニなどの栄養分

カビの予防方法


カビの繁殖を防ぐには、カビの繁殖条件である高い湿度、高い温度、豊富な栄養を取り除いてあげる必要があります。

湿度

カビの繁殖条件で最も簡単に対策が可能なのは湿度の条件です。カビの菌は湿度60パーセント以下になるとほとんど繁殖できなくなります。

人間が快適だと感じる湿度は一般的に40〜60パーセントですので、カビの繁殖条件となる湿度とは重なりません。頻繁に換気することで、室内に湿気がこもるのを防ぐことができます。外の湿度が高い場合には部屋を閉じ、除湿機やエアコンのドライ機能をオンにすると良いでしょう。

温度

カビ菌が最も繁殖しやすくなる温度は25〜28度だといわれています。とはいえ真夏に室温を25度以下に下げるというのは難しいですし、夏風邪の原因ともなってしまいますので、温度よりは湿度に注意して室内の空気を整えてあげると良いでしょう。

エアコンのドライ機能を使うことで、体感温度も下がり、湿度も下がりますので、まさに一石二鳥。個人的におすすめの設定です。

栄養

カビの繁殖に必要な栄養源は、食品の食べカスやホコリなどです。ですので、こまめに掃除を行うことが一番の対策になるでしょう。特に、湿気の源となる水回りの掃除は怠らないようにしましょう。ここを清潔に保つことが大事です。

まとめ

部屋
梅雨の時期から夏にかけては蒸し暑く、とても過ごしづらい時期です。やる気も削がれて、掃除をするような気力が起こらなくなってしまうかもしれません。

しかしながら、人間の健康もペットの健康も害する可能性があるのが湿気。少々つらい季節ですが、病気になって余計に辛い思いをするよりは、喝を入れてできるだけこまめに掃除するようにしましょう。

また、カビが繁殖するのをできるだけ防ぐために、湿度は60パーセント以下に保つように工夫すると良いでしょう。先程も申しましたが、個人的におすすめなのは、エアコンのドライ設定です。この嫌な季節、人もペットも健康を保ちながら、うまく乗り切っていきましょう。