災害時にも役立つ!愛犬とやっておきたい「クレートトレーニング」

クレートとは、硬い素材でできた犬や猫などが入れる屋根付きの持ち運び可能なケースのことです。

愛犬がクレートの中でストレスをあまり感じずに過ごせるようになると、おでかけや災害時などに役立ちます。一方で、ご自宅でクレートを使っている方は少ない印象です。

今回は、クレートのメリットと、愛犬がクレートを安心して使えるようになるためのクレートトレーニングの方法をご紹介します。

クレートの4つのメリット

クレート.トレーニング,クレートトレーニング

クレートを使うことのメリットは多く、安心して愛犬が使えるようになって欲しいもののひとつです。ここではクレートのメリットを具体的に見ていきます。

①どこにいても落ちつける

クレートが愛犬にとって安心して落ち着ける場所になると、旅行や帰省など自宅以外の場所に行った際にもクレートがあると落ち着きやすくなります。
はじめての場所や慣れていない場所で緊張しやすい子は、安心できる場所があることで精神的な負担も減ります

②避難時に使える

地震や台風などでいつ避難所生活になるかわかりません。愛犬と一緒に避難所へ行けた場合であってもフリーで過ごせることはあまりなく、クレートやケージに入ることが避難の条件になることも多いようです。

この時にクレートが使えると愛犬も落ち着きやすくなり、同時に飼い主さんも安心できるでしょう。逆に愛犬がクレートに慣れず吠え続けていたら、愛犬も飼い主さんも不安やストレスが増えるだけでなく、周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

③車や電車移動でも使える

移動する際にもクレートは使えます。特に車移動で万一事故が起きた際、シートベルトでクレートが固定されていれば、愛犬が飛び出たり直接物がぶつかることも防げます

電車やバスなどの公共交通機関で使用する際は周りの方への配慮やルールに従うことは必須ですが、周りに多くの人がいたり音がしても、落ち着いて目的地まで行けるでしょう。

④来客時にも使える

家の中でも来客時や掃除中など一定の時間落ち着いて欲しい時もあるでしょう。そのような時にもクレートが使えると、飼い主さんにとって都合が良いことが多いはずです。

クレートの2つのデメリット

クレート.トレーニング,クレートトレーニング

メリットの方が多いクレートですが、デメリットも紹介します。

①愛犬がクレートで落ち着けるようになるための練習が必要

「クレートは犬が入る場所」と知っているのは人だけで、犬からすると、はじめは入るのも怖い謎の物体です。怖いイメージから安心して落ち着いて眠れるようになるまでは、個体差はありますが多くのトレーニング時間を要します

さらに、クレートを動かしたり、周りがどんな状況でも落ち着いていられるようにするにはもっと時間がかかると思っていいでしょう。
しかし、多くの時間をかけてでも慣れた方が後々飼い主さんも愛犬もメリットが多いです。

②持ち運びが大変

クレートは硬い素材でできており、重さも多少はあります。電車移動でクレートを使えるのは小型犬くらいが現実的でしょう。

車移動であれば犬のサイズに関わらず使用できるのでおすすめです。

愛犬に合ったクレートの選び方

ミニチュアダックスフンド,クレート.トレーニン,クレートトレーニング
クレートを選ぶ際の3つのポイントを紹介します。

①愛犬がフセをしても前脚・後脚がクレートに触れずに伸ばせる
②愛犬が四つ脚で立っても頭がクレートの屋根部分に当たらない
③愛犬がクレート内で水平方向に一回転できる

まずはこの三点を基準に選んでいただき、加えて愛犬が入った状態でクレートを持ち上げた際に、クレートが歪まないかもチェックしたいポイントです。

クレートトレーニングのやり方

クレート.トレーニング,クレートトレーニング
クレートに慣れるクレートトレーニングは二段階あります。

一つ目はクレートそのものに入る練習、二つ目はクレートの中で落ち着いていられるようにする練習です。

クレートに入る練習

クレート.トレーニング,クレートトレーニング
①愛犬が見ている所でクレート内におやつを置き、そのおやつを目掛けて愛犬が自らクレートに全身入れるように繰り返します。なかなか全身が入らない場合には、クレートの手前におやつを置いて、徐々に全身入れるように目指します。

愛犬が見ていない時にクレート内におやつを入れておきます。愛犬がそのおやつに自分で気付き、クレートに入っておやつを食べる経験を何度も繰り返します。

この二つの手順を繰り返し、クレートはおやつが食べられる場所と学習してもらいます。
  

クレートで落ち着く練習

クレート.トレーニング,クレートトレーニング
①愛犬がクレートに入ったらフセをしてもらい、おやつをあげます。扉を2、3秒閉めてすぐに扉を開けます。

②少しずつ扉を閉める時間を延ばし、まずは5~15分間入っていられるようにします。その際、クレート内で知育玩具で遊べるようにし、知育玩具遊びが終わる前に扉を開けておきます

※知育玩具を使用する際は、噛み壊しによる誤飲をしないよう注意しましょう。

十分な発散をして眠そうなタイミングでクレートに入ってもらい、扉を閉めて少しの時間でもクレートで眠れるようにします。周りの環境も静かで落ち着いた状態にし、愛犬が興奮しないようにします。

愛犬が寝たら、起きる前にクレートの扉を静かに開けておき、愛犬が目を覚ましたらすぐに出られるようにしておきます

愛犬が好きれあればバスタオルや冬はブランケットなどをクレートに敷くのもおすすめです。ただし、愛犬がタオル類を噛む癖がある場合には、誤飲防止のため敷くのはやめましょう

④ ③のクレートに入っている時間を徐々に伸ばすことに加え、周りの状況に関わらずクレートに入れば眠れるようにしていきます。

ポイント
各手順を何度も繰り返すことが大切です。数回できたからといってすぐに次の手順に進むと、クレートに対する警戒心が強くなり失敗の原因になります。

クレート練習の注意点

クレート.トレーニング,クレートトレーニング
クレート練習をする上で、特に注意したい点をご紹介します。

①クレートの扉をすぐに閉めない

クレート練習を始めて、すんなりクレートに入れた場合もすぐに扉を閉めるのはNGです。クレートに閉じ込められたという印象を与えると、その後クレートを警戒しやすくなります。

扉を閉めるのは、練習を重ねてからにしましょう。

②練習は愛犬のエネルギー消費をしっかりしてから

クレートに入って落ち着いてもらうには、事前のエネルギー消費も大切です。エネルギーが有り余っている時にクレートに入って落ち着いてもらうのは難しいことが多く、クレートから出たいという気持ちが強くなり、失敗しやすいです。

運動やおもちゃ遊びの後にやると、クレート内でも落ち着きやすくなり成功経験を積みやすくなります。

③落ち着ける環境作りも大切

クレートで落ち着く段階の練習になった際は、周りの環境も成功するか否かに影響が出てきます。人が近くを何度も通ったり、来客、大きな音がするなど騒がしいと落ち着きにくくなります。

愛犬が落ち着きやすい環境を作りましょう。

④愛犬が吠える前に扉を開ける

クレート練習が扉を閉める段階まで来た際の注意点です。クレートの扉を閉める際も、愛犬が吠える前に扉を開けて出られるようにしましょう。吠える状態まで扉を閉め続けると、愛犬にとってクレートのイメージがどんどん悪くなります。

愛犬が落ち着いていても扉を開けて出られるようにし、閉じこめられている感を与えないようにするのがおすすめです。

まとめ

クレート.トレーニング,クレートトレーニング
愛犬がクレートを使えるとおでかけ時や災害時などにもメリットは多いですが、クレートは購入したら愛犬がすぐに落ち着けるわけではなく練習が必要です。

クレート練習は根気も必要ですが、しっかり練習をすれば愛犬の成長も感じられるはずです。うまくいかない場合は、失敗を繰り返して愛犬も飼い主さんもクレートが嫌になる前にプロのトレーナーを頼るのもいいでしょう。

お出かけや有事に備えて、クレート練習をしてみてはいかがでしょうか。

折りたためる!拡張できる!おすすめ猫用キャリーバッグ4選

猫用キャリーバッグ、いろんなタイプのものがあって選ぶのが大変ですよね。ハードなケースタイプやソフトなカバンタイプ、背負えるリュックタイプなど様々な種類のものがあります。

飼い主さんによって、何を重要視するかでどのタイプを選ぶかは変わってきますよね。

今回はそれぞれのタイプの特徴や、おすすめキャリーバッグをご紹介していきたいと思います。

キャリーバッグを選ぶときのポイント

リュックサック
キャリーバッグを選ぶときに、素材や機能の他に気をつけたいポイントがあります。

通気性がいいこと

猫をキャリーバッグに入れたとき、中で猫が息苦しく感じたり不快に感じたりしないように、通気性のあるものを選びましょう。

掃除や洗濯などがしやすいこと

猫によっては、いつもと違うシチュエーションに不安を感じ、キャリーバッグの中で粗相をしてしまうこともあります。ハードタイプのものであればしっかり拭き取れば大丈夫ですが、ソフトタイプのものだと素材に染み込んでしまうこともあります。

底板だけを取り外せるものなど、お手入れしやすいかどうかも気にすると良いかもしれません。

入り口の作りがしっかりしている

移動中に猫がキャリーバッグから脱走してしまうのは避けたいですよね。どの商品も色々と工夫を凝らしているものですが、猫も意外と器用に手先を使って抜け出してしまうこともあります。

しっかり閉まるか、簡単に開けられないしくみになっているかなども気にする必要があります。

開閉部が大きく開き、猫を出し入れしやすい

猫をキャリーバッグに入れるだけで一苦労、という飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんね。

入り口が大きく開くことや、ワンタッチで出し入れしやすい作りのものがおすすめです。

どんな種類のものがあるの?

バッグを持ち壁際に並ぶ5人

素材

  • ハードタイプ
  • ソフトタイプ

ハードタイプは、素材にプラスチックや金属などが使われているため丈夫です。猫の体重がかかって底板がへたったりしないので、安定感があります。

それに対してソフトタイプは、折りたためるため、かさばりにくいことや、洗濯しやすいなどのメリットがあります。

持ち方

  • 手提げタイプ
  • ショルダータイプ
  • リュックタイプ

車移動が基本の方は、手提げタイプでも良いでしょう。しかし、徒歩での移動などの可能性がある場合は、3kg以上または6kgほどもある猫を入れたキャリーバッグを片手で持ち歩くのは意外と負担が大きいため、ショルダータイプやリュックタイプが良いかもしれません。

おすすめキャリーバッグ

リッチェル キャンピングキャリーダブルドア


素材:ハード
持ち方:手提げ、ショルダーベルト別売
特徴:丈夫、出入りしやすい(開閉部2つ)、手入れしやすい(水洗い可能)、シートベルト固定可能

プラスチック製品の総合メーカー、リッチェルのキャリーバッグです。ペット用品の他にもベビー用品や家庭用品なども手がけているメーカーならではの堅実な作りで、安心感があります。

リッチェル 折りたためるキャンピングキャリー


素材:ハード
持ち方:手提げ、ショルダーベルト別売
特徴:折りたためる、丈夫、出入りしやすい、手入れしやすい(水洗い可能)、シートベルト固定可能

こちらもリッチェルの商品です。ボックス型で、不要時は綺麗にぺたんこに折りたたんで収納することができます。旅行などにも便利かもしれません。

Lentoo 拡張できるキャリーバッグ


素材:ソフト
持ち方:手提げ、ショルダー
特徴:折りたためる、拡張できる、飛び出し防止リード付き

こちらは、折りたたんで収納もできて、なんと側面のジッパーを開けばスペースを拡張できるという優れものです。

最大まで拡張すれば、猫が横になってくつろいだり、移動もできる程度まで広げることができ、ちょっとした猫用簡易テントのようになります。緊急避難の際にも役に立つかもしれません。

liomise 宇宙船カプセル型ペットバッグ


素材:ハード
持ち方:リュックタイプ
特徴:丈夫、デザイン性あり、拡張できる、底面マット取り外し可能、ドーム部分交換可能

宇宙船を思わせる、透明ドームのついたカプセル型のキャリーリュックです。

個性的で可愛いデザインのキャリーバッグをお求めの方におすすめ!ドーム部分のみが壊れてしまった場合でも、部品を交換することができる仕様になっているので、長く使えて経済的ですね。

Pettom ペットキャリーリュック


素材:ソフト
持ち方:リュックタイプ
特徴:洗濯可能、底面マット取り外し可能、飛び出し防止フック付き

一見普通のリュックサックにも見えるデザインの、ペットキャリーリュックです。いかにも猫用キャリーというデザインが苦手な方におすすめです。

機能はきちんと「猫用」です。メッシュ仕様で通気性があり、内部には飛び出し防止用のフックも付いているので安心です。

まとめ

リュックサックを背負った女性
キャリーバッグを選ぶ際は、飼い主さんの生活スタイルなどの都合もありますが、何より猫にとって不快ではないかどうかを気にしてあげてくださいね。

大事な猫ちゃんが使うものですので、キチンと実物を見た上で購入することをオススメします。特に、キャリーバッグは通気性が重要になってくるため、大きさなども含めて実際に見てからの購入が安心です。また、使う場面をキチンと考えましょう。例えば、猛暑の時は中に熱気が籠もってしまうことも考慮の上、お出かけの時間帯も配慮してあげたいですね。

折角のお出かけ、大事な猫ちゃんになるべく負担をかけないようにして、楽しくお出かけしましょう。