【ギネス世界記録】びっくり&かわいい!世界記録を持つ動物たち

4万件以上の多種多様な記録が登録されている「ギネス世界記録」。その中には様々な動物の記録もあり、びっくりするようなものや、思わずほっこりしてしまうようなかわいいものもあります。

今回はそんなギネス世界記録から、犬や猫以外のいろいろな動物たちの記録をご紹介します。

のろまとは言わせない「足が速いカメ」

youtube,うさぎ,ウシ,カメ,ギネス世界記録,クリッカートレーニング,モルモット
イギリスのダーラムにあるアミューズメントパークに住むリクガメの「バーティ」は秒速28cmで歩き、世界で一番足が速いカメの称号を手にしました。

のろまと言われるカメが早く歩く様子がこちら。

ペットでカメを飼ったことがある方の中には「ウチのカメの方が早い!」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

ペットとして飼われることが多い「ミドリガメ」や「クサガメ」は半水棲亀で、カメのイメージに反して動きが早く、寿命は20~30年程。
対して、バーティのような「リクガメ」は基本的に陸上のみで生活し、動きが遅い分寿命は長く、約30年~60年程です。バーティはリクガメの中で一番早く歩けるということですね。

強面ながら心優しい「長い角をもつウシ」

youtube,うさぎ,ウシ,カメ,ギネス世界記録,クリッカートレーニング,モルモット
世界で最も長い角を持つウシは、アメリカのアラバマ州に住むオスのウシの「ポンチョ」。左右の角先から角先までの長さはなんと323.74cmもあります。人間が2人分くらい、軽自動車の車体程の長さになります。

そんなポンチョの立派な角はこちら。

ポンチョはテキサスロングホーンという品種のウシで、本来であれば角は伸びるのと同時に上向きにカーブしていきます。しかし、ポンチョは成長しても角が上向きにならず、横に緩やかなカーブを描く形をしていました。そして、角の長さを計測したところ、前記録保持者の角の長さを2.748cm 超え、ギネス世界記録を更新しました。

立派な角を持つため強そうに見えますが、実は優しい性格のポンチョ。地元の人気者で、会いに来る人たちはりんごやにんじんなどのポンチョの大好物を持ってきてくれるのだそう。

飼い主のジェラル・ポープさんは、普段から地域貢献への想いが強く「この地域はアラバマのなかで最も貧しい場所の1つですが、世界一のロングホーンのいる場所だと胸を張って言えるようになりました。」と語っています。

大きな角で地域の誇りになり、優しい性格で人と人を繋げるポンチョは、いろいろな意味で貴重な存在となっています。

マルチな才能も「ダンクシュートをきめるうさぎ」

youtube,うさぎ,ウシ,カメ,ギネス世界記録,クリッカートレーニング,モルモット
アメリカ、カリフォルニア州に住むホーランドロップという種類のうさぎの「ビニ」は1分間にバスケットボールのダンクシュートを7回決め、世界記録を樹立しました。飼い主はビニと一緒にボールと箱を使って遊んでいた時に、ダンクシュートをやるというアイディアを思いついたそうです。
さらにビニはダンクシュートだけでなく、「ジャンプ」や「絵を描く」などの芸もこなし、マルチな才能を見せてくれます。

そんなビニのダンクシュートの様子がこちら。

一生懸命動き、合間におやつを食べる姿は何とも可愛らしいですね。

ダンクシュートをきめるモルモットも!

ハンガリーのドムボーバールで暮らすモルモットの「モリー」は、30秒間に4回ダンクシュートを決め、ギネス世界記録を打ち立てました。

モリーは元々体を動かしたり、スポーツをしたりするのが大好きで、バスケットボールも楽しんで遊んでいるそうです。それだけでなく、飼い主と一緒に遊んだり、トリックをしたりするのも大好きなのだそう。

モルモットは、このような遊びや運動で刺激を受け、より健康で幸せに生きられると言われています。

まるで犬のよう「トリック(芸)をこなすうさぎ」

youtube,うさぎ,ウシ,カメ,ギネス世界記録,クリッカートレーニング,モルモット
フィンランドのトゥルクに住むターウィは1分間に20もの芸を披露し、ギネス世界記録に認定されました。その技は「ハイタッチ」や「回転」、「ハードルジャンプ」など犬が行うような技もあれば、「カードを引く」、「紐を切る」など一風変わったものもあります。

そのトリックを披露している姿がこちら。

大人しいイメージがあるうさぎですが、ターウィは賢く機敏にトリックをこなしています。

飼い主のアイノさんはターウィを飼い始めた頃から、今まで接してきたうさぎの中でも最も活発で賢いことに気付き、ギネス世界記録に挑戦できるかもしれないと思ったそうです。

指で押すとカチッと音がする「クリッカー」という道具を使って成功したことを伝え、その直後にターウィの好物のニンジンや乾燥バナナを与えるという方法で教えました。しかし、ターウィはあまりに元気すぎたため、集中させるのには一苦労だったそうです。忍耐強くじっくりトレーニングし、だんだんとトリックが上達していきました。

アイノさんはこの記録を通じて、うさぎの能力をより多くの人に知ってもらいたいと願っているそうです。また、ペットたちの秘めた能力を引き出せるのは飼い主だけだとも語っています。

まとめ

youtube,うさぎ,ウシ,カメ,ギネス世界記録,クリッカートレーニング,モルモット
今回は様々な動物たちの世界記録をご紹介しました。

特にうさぎやモルモットとなどの動物のトレーニングは難しく、とても根気が必要だったのではないかと思います。ただ、飼い主も一緒に楽しんで取り組む姿勢は素晴らしく、動物に対する愛情もよく伝わってきました。

世界記録とまではいかずとも、ペットと一緒に楽しめる遊びを生活の中に取り入れていきたいですね。

プロ御用達!簡単に犬のしつけができるクリッカーとは?

「クリッカー」をご存知でしょうか?パソコンのマウスをクリックする人のこと?ではありません。
わんちゃんのしつけやトレーニングをする際に使う道具のことで、こういうもののことです。ちなみに、私も全く同じものを使っていたりします。

PetSafe
¥1,450 (2024/06/20 20:21:05時点 Amazon調べ-詳細)

ホームセンター等でも数百円で売られているので、実物を見てから手に入れることもできます。今回は、しつけの初級編として、この「クリッカー」を用いたトレーニング方法を紹介します。

クリッカーとは?

なんだろう?
トレーニング方法はいくつかありますが、最も一般的なものは「褒めて伸ばす」方法です。この方法であれば、ごく普通の飼い主さんでも実行しやすいからです。

犬に何かを覚えさせる時、それができたらたくさん褒めてあげて、「いい思い」をさせてあげます。クリッカーはその「褒める」行為に使用します。この「褒める」という行為、それだけでも奥が深く、難しい行為でもあります。
例えば、褒める時に「よし!」という人もいれば、「いい子だねー!」という人もいます。もしかすると、「最高だぜ!」という人もいるかもしれません。飼い主の気分によって、声のトーンも変わってしまうかもしれません。敏感で賢い犬や動物は、そういう違いもわかってしまうため、そんな小さな違いであっても「ん?わたしは今、褒められているのかな?それとも何か違うことをしたのかな?」と混乱してしまうことがあるのです。

そんな時、クリッカーを使用することで、毎回「カチッ」という同じトーン、同じ周波数の音が出ます(もちろん、壊れたら買い替えましょうね)。これにより、飼い主が発する言葉のように感情や言い方による違いに左右されず、「あ!今わたしは褒められている!この行動すると褒められるんだ!また同じことしよう!」という理解をすることができるのです。

クリッカーの使い方

ソファにペットと一緒に座る女性
今すぐにでもできる、とても簡単なものです。1つ目が確実にできるようになったら、2つ目をやるというように、1つ1つ確実に習得していきましょう。

1. クリッカーの音がすると、良いことがあると覚えてもらう

「クリッカーの音=良いことがある前触れ」ということを覚えさせます。そのために、クリッカーを鳴らしたら、すぐに小さなご褒美(おやつ)をあげて、自由な言葉でたくさん褒めてあげます。賢い動物たちは、これを10回もやれば、すぐに覚えます。まずは、これを2日から3日ほど続けましょう。
この時、クリッカーの音が鳴ったら、良いことがあるということを途切れさせてはいけません。つまり、間違って鳴らしてしまった場合でも、必ずご褒美をあげてください

2. 指示に従わせ、できたらクリッカーを鳴らす

例えば、「おすわり」を覚えさせる場合、それが出来たらクリッカーを鳴らし、その後ですぐにご褒美をあげます。
「おすわり!」と言って、座ったとします。それを確認したら、すぐにクリッカーを鳴らします。そして、クリッカーを鳴らしたら必ずご褒美をあげて、そして褒めてあげます。これを数日繰り返します。もちろん、「おすわり!」と言って座らないこともあります。その場合は、一度トレーニングを中断します。当然ですが、できていないので、クリッカーは鳴らしてはいけません。ご褒美もあげません。

3. クリッカーの音を徐々に減らす

「おすわり!」が出来ても、クリッカーを鳴らさないようにします。ご褒美もあげません。その代わり、たくさん褒めてあげます。
まずは、2回やってみたとして、1回目はクリッカーを鳴らしてご褒美をあげます。でも2回目はクリッカーを鳴らしません。それになれたら、3回に1回しかクリッカーを鳴らさない。そんな風に徐々に間隔を空けていきます。
途中でできなくなってしまったら、ステップの2に戻って、もう一度やり直しましょう。ステップ2が確実になってから、またやればきっとできるようになります。

4. クリッカーを使わなくてもできるようにする

最後です。クリッカーの音を鳴らさない、ご褒美もあげない。でも、指示に従うようにするところまで、ステップ3の間隔を空けていきます。
ちゃんとナデナデして、人間の愛情表現で褒めてあげることは大事です。クリッカーを鳴らさず、ご褒美をあげることはやめても、必ず褒めてあげてください。これだけは、クリッカーなしでできるようになっても、ずっと続けていきましょう。

むすびに

飛び上がって喜びたい気分
クリッカーの「カチッ」という音が鳴れば良いことが起こる前兆である、ということを記憶させることがポイントです。
それさえ覚えてしまえば、その後、色んなトレーニングすることができます。最初のうちはなかなか言うことを聞いてくれないと思います。が、わんちゃんや猫ちゃんは、人間が思っている以上に賢い動物です。辛抱強く繰り返すことで、すぐに、そして必ず覚えます。

プロのトレーナーも利用しているこの手法。騙されたと思って、一度トライしてみてください。
少なくとも1週間以上は継続してトレーニングすることが必要ですが、賢いわんちゃんはすぐに覚えてくれるので、結構楽しいものですよ。