猫を叱らないしつけ「クリッカートレーニング」の方法と注意点

猫を飼っているみなさんは、「クリッカートレーニング」というトレーニング方法をご存知でしょうか?
クリッカートレーニングとは、クリック音とおやつを上手に使うことで、猫のしつけや芸を教えるためのトレーニングです。犬のトレーニングで使われるため、犬の世界ではよく知られています。

元気がよすぎる猫を落ち着かせたり、寝てばかりの高齢猫に刺激を与える効果も期待できます。ハイタッチやおすわりができるようになるかもしれません。

クリッカーを使い、1日10分程度のトレーニングで、猫と楽しくコミュニケーションを取ってみませんか?

クリッカートレーニングとは?

猫,クリッカートレーニング,しつけ
クリッカートレーニングとは、「カチッ」というクリック音とおやつなどの報酬を結び付け、望ましい行動を教えるトレーニングです。

どんなしつけができるの?

例えば、クリッカートレーニングで、飼い主さんの元へ来る「おいで」を教えたとします。家具で爪とぎをしようとしている猫でも、クリック音と「おいで」を認識すると、おやつをもらえると思って家具から離れてくれます。猫を叱らずに爪とぎをやめさせられるのです。

このように、トレーニングを行うことで猫は「クリック音」「おやつ」を関連付けて覚えるようになり、うまくいけばハイタッチやおすわり、障害物ジャンプなどもできるようになります。

クリッカートレーニングの魅力

クリッカートレーニングは猫を支配するものではなく、楽しくコミュニケーションを取りながら、猫の好奇心を刺激するものです。
叱ってしつける必要もないので、お互いにストレスもたまりにくいでしょう。

クリッカートレーニングの参考動画

実際にクリッカートレーニングをしている様子を動画で見ることで、まずはイメージをつけましょう。

引用:YouTube
“Cat Agility, CASHMERE TRICKS AND TARGET TRAINING !!!”by Daniel King

クリッカートレーニングのメリット

猫,クリッカートレーニング,しつけ

1. トレーニングはどんな猫もできる

クリッカートレーニングは、子猫はもちろん、成猫や高齢猫にもできます。元気がよすぎる猫や、攻撃的な猫など、どんな性格の猫に対してもできるトレーニングです。

2. 叱らなくてすむ

「望ましい行動」を音とおやつで強化するトレーニングなので、飼い主さんは叱る必要がなく、お互いにストレスがたまりにくい方法です。例えば、パソコンのキーボードで寝そべるなど猫の困った行動も、叱らずにケージに入るように誘導すればいいのです。
さらに、トレーニングを通して猫とコミュニケーションをとる機会も増やすことができます。

3. 猫の知的好奇心を刺激する

猫はいつも寝てばかりで、刺激がなくても大丈夫と思うかもしれません。しかし、猫は狩りをしたい本能もありますし、好奇心も旺盛です。
クリッカートレーニングをすることで、どうしたらおやつが手に入るのかを自ら考えるようになるため、猫への適度な刺激となるでしょう。

4. 運動不足を解消する

クリッカートレーニングをすると、おやつをもらうために必然的に体を動かすようになります。
部屋を移動したり、ジャンプをしたりすれば運動不足も解消できます。

クリッカートレーニングで用意するもの

猫,クリッカートレーニング,しつけ

クリッカー

インターネットやペットショップで購入できます。

StarMark
¥800 (2022/11/26 19:10:37時点 Amazon調べ-詳細)

猫を誘導する際に使います。菜箸やペンなどでかまいません。指でもできますが、棒があると咬まれる心配がありません。攻撃性のある猫は棒を使うと安全です。

おやつ

猫の好きなおやつやフードを用意します。一口で食べられる小さめのおやつがおすすめです。おやつで太らないように、ご飯の量を調整し、1日に与える量をあらかじめタッパー等に入れておくと与え過ぎを防げます。

おやつを入れるウエストポーチ

クリック音と同時におやつを与える必要があるので、すぐ取り出せるウエストポーチがあると便利です。

TOMMYFIELD ウエストポーチ 犬用トレーニングポーチ 犬 散歩 おやつ 2個 セット
TOMMYFIELD

落ち着ける環境

猫と飼い主さんが1対1になれる静かな場所でトレーニングをしましょう。
他の動物やお客さんがいる、テレビが点けっぱなしなどでは気が散ってしまいます。お皿に入ったままのフードも片付けてください。

クリッカートレーニングの手順

猫,クリッカートレーニング,しつけ

まずはクリッカーに慣れさせる

まずは、「クリッカーを鳴らしたらおやつを与える」を何度か繰り返して、クリッカーに慣れさせましょう。

①慣れてきたら棒を使う

慣れてきたら、指や棒を猫の前に出してみて、指や棒の匂いを嗅いだり、鼻を付けたりした瞬間にクリッカーを鳴らしましょう。そして、鳴らした直後に猫にすかさずおやつを与えます。

②離れた場所で棒を見せる

①を繰り返すと、猫は指や棒を見せるだけで近づいてくるようになります。
今度は、離れた場所で指や棒を猫に見せ、近づいて鼻を付けたらすかさずクリッカーを鳴らしておやつを与えてください。

③声かけ合図も混ぜる

②までできるようになったら、「おいで」と声をかけて指や棒を見せます。
テーブルに乗った猫も、指や棒の誘導で移動するようになり、「おいで」の声かけで飼い主さんの方に来るようになるでしょう。

④「お手」を教えてみよう

猫はおやつが欲しくて、指や棒に前足で触ろうとするようになります。
飼い主さんは指や棒を、片方の手のひらに付けて猫に見せます。そして、猫が前足を出した瞬間にクリッカーを鳴らしておやつを与えます。
何度か繰り返したら、「お手」と声で合図もし、クリッカーを鳴らしておやつを与えましょう。うまくいくと、猫は声掛けだけで「お手」ができるようになります。

クリッカートレーニングの注意点

猫,クリッカートレーニング,しつけ

1. 空腹時に行う

空腹時に行えば、おやつが欲しくて猫は一生懸命トレーニングに参加してくれます。

2. トレーニングは短時間

猫の集中力はそれほど長くありません。5~10分程度が適切です。

3. ゆったりした気持ちで

焦ったりイライラしたりすると、猫に伝わります。ゆったりした気持ちで楽しみながらトレーニングをしてください。

4. 無理強いしない

誰でも気乗りしない日はあります。猫が乗ってこないときは、休憩しましょう。

5. クリック音が苦手な猫もいる

クリック音を嫌がる猫には、「いいこ」など声かけで代用します。その場合は、猫を驚かさないように小さな声でトレーニングしましょう。

6. おやつに乗ってこない猫もいる

猫のなかには、それほどおやつに執着しない子もいます。その場合は、大好きなおもちゃなどで代用してみてください。

7. トレーニングが終わったら片付ける

トレーニングが終わったら、クリッカーや棒、おやつは片付けてください。放置してある棒に鼻を付けて、おやつが出てこないとトレーニング効果が薄まってしまいます。

まとめ

猫,クリッカートレーニング,しつけ

クリッカートレーニングは、クリック音とおやつを関連付けて、猫に望ましい行動や芸を覚えさせるトレーニングです。猫の知的好奇心を刺激し、運動不足も解消します。

飼い主さんとコミュニケーションも取れ、絆も深まるでしょう。猫と楽しみながら、クリッカートレーニングにチャレンジしてみてください。

プロ御用達!簡単に犬のしつけができるクリッカーとは?

「クリッカー」をご存知でしょうか?パソコンのマウスをクリックする人のこと?ではありません。
わんちゃんのしつけやトレーニングをする際に使う道具のことで、こういうもののことです。ちなみに、私も全く同じものを使っていたりします。

ホームセンター等でも数百円で売られているので、実物を見てから手に入れることもできます。今回は、しつけの初級編として、この「クリッカー」を用いたトレーニング方法を紹介します。

クリッカーとは?

なんだろう?
トレーニング方法はいくつかありますが、最も一般的なものは「褒めて伸ばす」方法です。この方法であれば、ごく普通の飼い主さんでも実行しやすいからです。

犬に何かを覚えさせる時、それができたらたくさん褒めてあげて、「いい思い」をさせてあげます。クリッカーはその「褒める」行為に使用します。この「褒める」という行為、それだけでも奥が深く、難しい行為でもあります。
例えば、褒める時に「よし!」という人もいれば、「いい子だねー!」という人もいます。もしかすると、「最高だぜ!」という人もいるかもしれません。飼い主の気分によって、声のトーンも変わってしまうかもしれません。敏感で賢い犬や動物は、そういう違いもわかってしまうため、そんな小さな違いであっても「ん?わたしは今、褒められているのかな?それとも何か違うことをしたのかな?」と混乱してしまうことがあるのです。

そんな時、クリッカーを使用することで、毎回「カチッ」という同じトーン、同じ周波数の音が出ます(もちろん、壊れたら買い替えましょうね)。これにより、飼い主が発する言葉のように感情や言い方による違いに左右されず、「あ!今わたしは褒められている!この行動すると褒められるんだ!また同じことしよう!」という理解をすることができるのです。

クリッカーの使い方

ソファにペットと一緒に座る女性
今すぐにでもできる、とても簡単なものです。1つ目が確実にできるようになったら、2つ目をやるというように、1つ1つ確実に習得していきましょう。

1. クリッカーの音がすると、良いことがあると覚えてもらう

「クリッカーの音=良いことがある前触れ」 ということを覚えさせます。そのために、クリッカーを鳴らしたら、すぐに小さなご褒美(おやつ)をあげて、自由な言葉でたくさん褒めてあげます。賢い動物たちは、これを10回もやれば、すぐに覚えます。まずは、これを2日から3日ほど続けましょう。
この時、クリッカーの音が鳴ったら、良いことがあるということを途切れさせてはいけません。つまり、間違って鳴らしてしまった場合でも、必ずご褒美をあげてください

2. 指示に従わせ、できたらクリッカーを鳴らす

例えば、「おすわり」を覚えさせる場合、それが出来たらクリッカーを鳴らし、その後ですぐにご褒美をあげます。
「おすわり!」と言って、座ったとします。それを確認したら、すぐにクリッカーを鳴らします。そして、クリッカーを鳴らしたら必ずご褒美をあげて、そして褒めてあげます。これを数日繰り返します。もちろん、「おすわり!」と言って座らないこともあります。その場合は、一度トレーニングを中断します。当然ですが、できていないので、クリッカーは鳴らしてはいけません。ご褒美もあげません。

3. クリッカーの音を徐々に減らす

「おすわり!」が出来ても、クリッカーを鳴らさないようにします。ご褒美もあげません。その代わり、たくさん褒めてあげます。
まずは、2回やってみたとして、1回目はクリッカーを鳴らしてご褒美をあげます。でも2回目はクリッカーを鳴らしません。それになれたら、3回に1回しかクリッカーを鳴らさない。そんな風に徐々に間隔を空けていきます。
途中でできなくなってしまったら、ステップの2に戻って、もう一度やり直しましょう。ステップ2が確実になってから、またやればきっとできるようになります。

4. クリッカーを使わなくてもできるようにする

最後です。クリッカーの音を鳴らさない、ご褒美もあげない。でも、指示に従うようにするところまで、ステップ3の間隔を空けていきます。
ちゃんとナデナデして、人間の愛情表現で褒めてあげることは大事です。クリッカーを鳴らさず、ご褒美をあげることはやめても、必ず褒めてあげてください。これだけは、クリッカーなしでできるようになっても、ずっと続けていきましょう。

むすびに

飛び上がって喜びたい気分
クリッカーの「カチッ」という音が鳴れば良いことが起こる前兆である、ということを記憶させることがポイントです。
それさえ覚えてしまえば、その後、色んなトレーニングすることができます。最初のうちはなかなか言うことを聞いてくれないと思います。が、わんちゃんや猫ちゃんは、人間が思っている以上に賢い動物です。辛抱強く繰り返すことで、すぐに、そして必ず覚えます。

プロのトレーナーも利用しているこの手法。騙されたと思って、一度トライしてみてください。
少なくとも1週間以上は継続してトレーニングすることが必要ですが、賢いわんちゃんはすぐに覚えてくれるので、結構楽しいものですよ。