うさぎに必要なグルーミングとは?爪切りとブラッシングのやり方

うさぎと暮らしている中で、「爪が伸びているな」「毛が抜ける量が多いな」と感じたことはありませんか?

爪が伸びていたり毛が絡まったりしていると、怪我や病気につながることがあります。うさぎの健康のためにも、定期的に爪切りやブラッシングなどのグルーミングを行いましょう。

今回は、うさぎに必要なお手入れである、爪切りとブラッシングについてご紹介します。

【うさぎのグルーミング①爪切り】

うさぎ,グルーミング,爪切り,ブラッシング

うさぎに爪切りが必要な理由

野生のうさぎは、外を走り回っているうちに爪が少しずつすり減り、ちょうど良い長さに保たれています。しかし、屋内飼いのうさぎはなかなか自然に爪が削れないため、長く伸びてしまいます。

うさぎの爪が長いままだと、ケージや床の隙間、タオルやカーペットに爪を引っ掛けて怪我をする危険性があります。また、毛づくろいのときに皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。

そのため、1〜2ヶ月を目安に切りましょう。

うさぎの爪切りのやり方

うさぎ,グルーミング,爪切り,ブラッシング

うさぎ用の爪切りを用意しましょう。

ミニアニマン
¥588 (2022/10/01 00:22:36時点 Amazon調べ-詳細)

膝の上などに乗せ、もしうさぎが暴れて落ちても安全な高さで行いましょう。また、爪を切る前に、指の間の毛をハサミでカットするとやりやすくなります。

慣れないうちは二人で行うことをおすすめします。一人がうさぎを包み込むように抱っこし、爪を切りたい足を軽く抑えます。そしてもう一人が爪を切るとスムーズにできます。

<ポイント>
怯えてしまう場合は、爪を切っているところが見えないように顔を隠してみるのも効果的。

どのくらい切って大丈夫?

うさぎ,グルーミング,爪切り,ブラッシング

うさぎの爪は、途中から神経と血管が通っています。そのため、短く切りすぎないように注意が必要です。

白い爪の場合、血管が薄いピンクに透けて見えます。黒や茶色の爪の場合は、ライトを当てると見やすくなります。血管より2-3mm先を目安に切りましょう。
一気に切るのではなく、少しずつ切ると失敗しにくいです。

もし出血してしまったら

万が一、爪を深く切ってしまっても、落ち着いて対応してあげてください。
うさぎは爪から出血すると痛みや違和感によって、歩き方がおかしい、興奮しやすいなどの状態になります。飼い主さんは慌てず、まずはうさぎを落ち着かせてあげましょう。

【止血方法】
血が出ている爪を確認し、清潔なガーゼでやや強めに患部を抑えて、数分間圧迫止血をします。
血が止まり、うさぎの元気を確認できたら、ひとまず危険な状態ではありません。数日間様子を見てあげてください。

当日や数日後に以下の症状が見られる場合は、動物病院を受診してください。
放っておくと、傷口から感染症にかかる恐れがありますので、早めに対応しましょう。

  • 大量に出血している
  • 圧迫止血をしても血が止まらない
  • 再び出血する
  • 元気がない
  • 歩き方が不自然

【うさぎのグルーミング②ブラッシング】

うさぎ,グルーミング,爪切り,ブラッシング

うさぎにブラッシングが必要な理由

室内飼いのうさぎは、屋内でのんびりと過ごすことが多いため、毛が抜けず体の表面に溜まりやすいです。

毛が伸びすぎてしまうと、毛づくろい時に抜け毛をたくさん飲み込んでしまい、胃や腸で毛が固まってしまう「毛球症」になってしまうことがあります。毛球症になると、食欲不振、元気消失、便の量の減少がみられます。

また、毛が絡まったり新しい毛が生えなくなったりしてしまい、皮膚病の危険もあります。特に長毛種は注意が必要です。

スキンシップにもなるため、なるべく毎日ブラッシングをしてあげると良いでしょう。

うさぎの換毛期

うさぎは春と秋の年に2回、夏毛と冬毛に入れ替わるための換毛期があります。大量の毛が抜ける時期なので、特に換毛期はしっかりとブラッシングをしてあげましょう。

うさぎのブラッシングのやり方

うさぎ,グルーミング,爪切り,ブラッシング

ブラッシングには、うさぎ専用のブラシやコームを使いましょう。

まずは、膝の上で抱っこし、リラックスした状態にしてあげます。最初にグルーミングスプレーをもみこんであげると、静電気防止になりブラッシングがやりやすくなります。

そして、毛流れに沿ってブラッシングをします。最初は背中などのうさぎが嫌がりにくい場所から始め、徐々に足やお腹に移りましょう。

ブラシの種類

うさぎ用のブラシは主に4種類あります。それぞれの特徴をご紹介します。目的によって使い分けてみてくださいね。

  • 獣毛ブラシ→毛流れを整える
  • スリッカー→奥のふわふわした毛が取れやすい
  • ラバーブラシ→表面の抜け毛が取れやすい
  • コーム→顔まわりやお尻まわりなど、細かい部分に。毛玉ほぐしにも

ミニアニマン
¥445 (2022/10/01 00:22:36時点 Amazon調べ-詳細)

アドメイト (ADD. MATE)
¥705 (2022/10/01 00:22:37時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

うさぎ,グルーミング,爪切り,ブラッシング

病院やサロンでなくても、おうちでお手入れができれば、よりこまめに気遣ってあげることができます。少しずつ慣らしてあげることで、ストレスも受けにくくなるでしょう。

うさぎの健康と安全のためにも、ご紹介したやり方で定期的なグルーミングをしてあげてくださいね。

うちの猫、毛づくろいしないけど大丈夫?その理由と対策をご紹介

猫は習慣的に毛づくろいをするものですよね。猫の毛づくろい(グルーミング)は本能行動で、起きている時間の30%以上を費やしているといわれています。

しかし、猫が突然毛づくろいをしなくなることがあるのをご存知でしょうか?また、中には元からほとんど毛づくろいをしない猫もいます。

その理由は何なのでしょうか?また、そのような場合に飼い主にできることは何でしょうか?今回は、猫が毛づくろいをしない理由とその対策についてご紹介します。

猫の毛づくろい(グルーミング)の役割

猫,毛繕いしない,理由,対策

身体を舐めて綺麗にするというイメージのある毛づくろいですが、それだけではなく様々な役割があります。

身体を綺麗に保つ

被毛を舐めることで抜け毛を除去し、毛並みを整え、毛玉を防いでいます。すでに毛玉がある場合は、舐めるだけでなく噛んで整えることも。
また、被毛に付いた汚れやノミダニなども取り除きます。

体温調節

夏場などの暑い時期は、唾液で被毛を濡らし蒸発させることで、体温を下げる効果もあります。

リラックス効果

毛づくろいには、気持ちをリセットしたりストレスを軽減したりする効果があります。
何か失敗した時や嫌なことがあった時などに、身体を舐めることで気持ちを落ち着かせます。
また、すでにリラックスしている時にも毛づくろいをします。

猫同士のコミュニケーション

猫同士で毛づくろいをする場合は、アログルーミングと呼ばれます。
主に自分では舐めることのできない頭や首、耳の後ろなどを舐めることで信頼や愛情表現をします。

今までしていたのに、急に毛づくろいしなくなった理由とは?

猫,毛繕いしない,理由,対策

「今までは毛づくろいをしていたのに突然しなくなった」という場合には、いくつかの原因が考えられます。

毛づくろいというのは猫にとって欠かせない日々の行動です。それをしなくなるということは、猫に何らかの異常が起きているサインである可能性があります。

1.老化

猫も歳を重ねるごとに体力が低下し、それまで頻繁に行っていたことをしなくなることがあります。その影響で、毛づくろいをすることが減っていると考えられます。
また、老化によって体に対して気を遣う余裕がなくなってしまうことも理由として挙げられます。

最近毛づくろいを見なくなったなと思う場合は、愛猫がシニア期に突入しているサインかもしれません。

2.肥満

太り過ぎが原因で、毛づくろいをしたくてもできなくなっている場合があります。
身体に脂肪が付きすぎてしまい、体を曲げて顔を舐めたい場所に近づけることが困難になってしまいます。

肥満は様々な病気の原因にもなるため、肥満気味の愛猫が毛づくろいをしなくなった場合は、健康的な食事や運動を心がけるようにしましょう。

3. 病気

老化だけでなく、病気による体力の低下や体調不良が原因の可能性もあります。

毛づくろいをしなくなる病気の1つとして、口腔内の何らかのトラブルが考えられます。感染症や歯周病による口内炎などが原因で、毛づくろいをしたくても口の中が痛くでできないことがあります。

4.ストレス

ストレスが溜まると、毛づくろいの回数が減ったり全くしなくなったりすることがあります。
猫はストレスが溜まると、脱毛や皮膚が赤くなるくらい毛づくろいをすることがありますが、中には逆にストレスによって毛づくろいをしなくなる猫もいるのです。

元から毛づくろいをしない猫もいる

猫,毛繕いしない,理由,対策

毛づくろいの頻度や長さ、上手さは猫によって個体差があります。毛づくろいはするけれど、部分的にしかしない猫もいるようです。

そして、稀ではありますが、中には元から毛づくろいをほとんどしない猫もいます。元から毛づくろいをしない猫はどのような理由が考えられるのでしょうか?

1.長毛種

短毛種より長毛種の方が毛づくろいの頻度が低い傾向にあります。これは、口の中で長い毛が絡まるのを嫌がるためだといわれています。

2.オス猫(未去勢・外飼い)

未去勢で外飼いのオス猫の場合、発情期に相手を探したりテリトリーのマーキングをしたりして放浪をする習性があり、その間はあまり毛づくろいをしないようです。

3.毛づくろいの習慣ができていない

早いうちから親猫と離れて暮らしていると、毛づくろいが習慣化しないことがあります。毛づくろいしてもらったり毛づくろいをしている猫を見たりする機会がなく、やり方を学ぶことがないためです。

毛づくろいをしない猫の対策

猫,毛繕いしない,理由,対策

それでは、毛づくろいをしない猫に対して、飼い主さんは何をしてあげられるでしょうか?

毛づくろいしなくなった原因を探る

病気や肥満、ストレスがないか考え、何か気になることがあれば動物病院に連れていきましょう。老化が原因の場合は、シニア猫のための住環境を整えるなどをしてあげましょう。

猫の代わり毛づくろいをする

病気などが原因で毛づくろいをしない場合も、元々毛づくろいをしない猫の場合でも、飼い主さんが代わりに身体を清潔に保ち、ブラッシングをしてあげることが必要です。

  • 排泄後や食後にお尻や口周りをペット用のウエットティッシュで拭く
  • 毛玉ができないようにこまめにブラッシングをする
  • 汚れや臭いがひどいようならシャンプーをする

毛づくろいができない愛猫の代わりに飼い主さんがケアをしてあげましょう。

毛づくろいを促す

元々毛づくろいをあまりしない猫に無理強いさせることはできません。しかし、身体を清潔に保つためにも、毛づくろいをしてもらうよう促すことはできるかもしれません。

他の猫が毛づくろいをしているのを見せる人肌程度の温かい濡れたタオルで身体を拭くなどを試してみると良いでしょう。

子猫の場合は、成長すれば自然とやるようになることもあります。新しくおうちに迎え入れたばかりの猫は、時間が経って環境に慣れてから毛づくろいを始めることもあります。

まとめ

猫,毛繕いしない,理由,対策

毛づくろいは猫にとってとても大切な習慣です。急にしなくなった場合は、何かしらの異常がある可能性があるため注意が必要です。

また、元々毛づくろいをしない猫の場合、無理にさせることはせず、気長に自然としてもらうまで待つようにしましょう。

どちらの場合でも、猫が自分から毛づくろいをしないと不衛生・毛玉の原因となってしまいます。飼い主さんが代わりに身体を清潔にし、ブラッシングをしてあげましょう。

【クイズ】天気予報になる?猫がグルーミングを行う意味

猫がグルーミングをする姿はとてもかわいらしく、つい見入ってしまうことも多いでしょう。しかし、グルーミングには生命や健康を維持するための大切な役割があることを知っていましたか?

本記事では猫のグルーミングについてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、猫のグルーミングクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 日本の言い伝えで、猫が顔を洗うとどんな天気になるといわれている?
正解です!
不正解です!
正解は「雨」です。
猫が顔を洗うことと雨が降ることの間には因果関係があると科学的に示されています。

雨雲が近づき湿度が高くなると、猫のひげに水滴がつき重くなってしまいます。すると猫は、ひげの手入れをしてハリを取り戻すために、頻繁に顔を洗うようになるのです。

また、湿度が高くなると猫の顔にいるノミが活発に動き出すため、猫はかゆみを感じて顔を洗うこともあります。
Q.2 猫がグルーミングを行う理由として誤っているのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「美味しいにおいがするため」です。
猫のグルーミングは、気化熱を利用して体温を下げたり、熱が外に逃げないように保温する役割があります。

また、毛についた汚れや毛玉を取り除いたり、食後にグルーミングをして体をきれいにします。

さらに、ストレスを感じた時や、不安になったときなどに、そのストレスを発散しようとしてグルーミングすることもあります。
Q.3 猫のグルーミングについて誤っているのはどれ?
正解です!
不正解です
正解は「高齢になるとグルーミングが増える」です。
猫にとってグルーミングは大切なライフワークのひとつで、起きている時間の約30%はグルーミングに費やしているといわれ、1日に2.5時間ほど行っている計算になります。しかし、高齢猫の場合、筋肉の衰弱や痴呆によって力がなくなり、体をグルーミングしなくなることがあります。

過剰なグルーミングは、皮膚病によって感じるかゆみを和らげている可能性があります。毛が抜けてしまったり、かゆみを感じているそぶりを見せたら動物病院を受診しましょう。

また、猫はグルーミングの際に被毛を飲み込んでしまうことがあります。通常であれば便とともに体の外に排出されますが、量が増えると開腹手術が必要な場合もあります。猫が飲み込む毛の量を減らすためにも、ブラッシングは定期的に行いましょう
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
猫が顔を洗うと雨が降るのは本当だった!グルーミングの驚くべき理由
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

猫が顔を洗うと雨が降るのは本当だった!グルーミングの驚くべき理由

「猫が顔を洗うと雨が降る」という言い伝えを聞いたことはありますか?猫が顔を洗うのはグルーミングの一種で、実は猫が顔を洗うことと雨が降ることの間には因果関係があると科学的に証明されています。 猫のグルーミングをする姿はとてもかわいらしいですが、グルーミングには生命や健康を維持するための大切な役割があります。 今回は、猫がグルーミングを行う理由と、過剰なグルーミングを起こす原因について解説していきます。

猫のグルーミングとは?

猫,毛繕い,グルーミング,雨,病気,皮膚病,ストレス グルーミングとは毛繕いのことで、猫にとって大切なライフワークの一つです。 猫は1日の大半を寝て過ごしており、平均睡眠時間は16〜18時間とされています。 起きている時間の約30%をグルーミングに費やしていると言われている猫は、1日に約2.5時間ほどグルーミングをしています。

なぜ猫はグルーミングを行う?

猫,毛繕い,グルーミング,雨,病気,皮膚病,ストレス そもそも猫のグルーミングは何のために行われているのでしょうか。ここでは、猫がグルーミングを行う理由を4つご紹介します。

1. 健康を維持するため

猫はグルーミングをすることで、毛についた汚れや毛玉を取り除いています。 毛玉や汚れが溜まってしまうと皮膚病の原因となってしまうため、猫はグルーミングによりこれを防いでいるのです。 また、体を舐めることで身体中の血行が良くなったり、唾液の持つ殺菌効果により感染症を予防することができます。

2. 体温調節のため

また、猫はグルーミングをすることで体温を調節しています。 暑い時は体を舐め、毛についた唾液が蒸発する時の気化熱を利用して体温を下げています。 気化熱には16℃程度の冷却効果があると言われており、夏場にグルーミングをしていたらそれは体温を下げるためでしょう。 また、冬場にはグルーミングによって毛の間に空気を含ませ、熱が外に逃げないよう保温しているとされています。

3. 体をきれいにするため

猫のグルーミングには体をきれいにする効果があります。そのため、食後などは特に、顔を洗っている様子を見ることができます。 これは、体をきれいにして、においを消すためでもあります。 狩りをして生活していた頃の名残とも言われており、獲物が逃げないように自身から出るにおいを消そうとしているのです。

4. リラックスするため

猫はストレスを感じた時や不安になった時にグルーミングをし、そのストレスを発散しようとします。 こうした行動は「転位行動」と呼ばれ、猫の場合は爪研ぎやグルーミングなどがこれに該当します。 そのため、もしひっきりなしに顔を洗ったりグルーミングしていたら、ストレスを解消しようとしているのかもしれません。

猫が顔を洗うとは本当に雨が降るのか

猫,毛繕い,グルーミング,雨,病気,皮膚病,ストレス 古くから伝わる「猫が顔を洗うと雨が降る」という言葉ですが、果たして猫は本当に雨を予知しているのでしょうか。 実は、猫が顔を洗うことと雨が降ることの間には因果関係があると科学的に示されています。 雨雲が近づき湿度が高くなると、猫のひげに水滴がつき重くなってしまいます。すると猫は、ひげの手入れをしてハリを取り戻すために、頻繁に顔を洗うようになるのです。 また、湿度が高くなると猫の顔にいるノミが活発に動き出すため、猫は痒みを感じて顔を洗うこともあります。 つまり、猫が顔を洗うと雨が降るのではなく、雨が降りそうな天気に猫が顔をよく洗うという方が正しいのかもしれません。

過剰なグルーミングは注意!

猫,毛繕い,グルーミング,雨,病気,皮膚病,ストレス

1. 強いストレスを感じている

猫のグルーミングにはストレスの解消を目的とする場合があります。 もし、猫が頻繁にグルーミングをしているようであれば、強いストレスを感じているのかもしれません。 急な環境の変化や騒音など、ストレスの原因が明確な場合はすぐに取り除いてあげましょう。 また、猫が落ち着けるような場所を用意してあげることも重要です。

2. ノミやダニがついている

体にノミやダニがついており、痒く感じているために過剰にグルーミングをしてしまっている可能性があります。 あらかじめ予防薬を投与しておくことで、ノミ、ダニの寄生は予防できます。 また、ブラッシングでも、ある程度除去することができるため、定期的にしてあげましょう。

3. 皮膚病を患っている

皮膚病によって感じる痒みを和らげるためにグルーミングをしている場合もあります。 毛が抜けてしまっていたり、床や壁に体を擦り付けるような仕草を見せていたら、痒みを感じてしまっているサインなので、動物病院を受診しましょう。 グルーミングを無理に辞めさせるとストレスを感じてしまい、むしろ過剰なグルーミングの原因となってしまうため、気をつけましょう。

猫がグルーミングをしなくなったら?

猫,毛繕い,グルーミング,雨,病気,皮膚病,ストレス 猫が頻繁にグルーミングをしていたら、病気やトラブルのサインかもしれないことはすでにお伝えした通りです。一方で、猫がグルーミングをしなくなった場合も、病気などの可能性があります。 猫にとってグルーミングは生活に欠かせませんが、何らかの異常が起きている場合、グルーミングをしなくなることがあります。

1. 高齢のため

高齢の猫の場合、グルーミングをするのが億劫になってしまう場合があります。 筋肉の衰弱や痴呆によって、体をグルーミングをする力が出なくなってしまうのです。

2. 口内炎などの疾患のため

口内を怪我していたり口内炎があったりすると、グルーミングをしたくても口に痛みを感じてできないというケースもあります。 よだれや口臭、食事時の異変などが見られたら動物病院を受診しましょう。

毛球症に気をつけよう

猫,毛繕い,グルーミング,雨,病気,皮膚病,ストレス 猫はグルーミングの際に、被毛を飲み込んでしまうことがあります。 通常であれば便とともに体の外に排出されますが、量が増えると口から吐き出すことがあります。さらに量が増えて大きな毛玉になると口から吐き出すことができなくなります。その場合、内視鏡を使って摘出したり、開腹手術をしたりする場合もあります。 猫が飲み込む毛の量を少しでも減らすために、定期的にブラッシングをしてあげましょう。換毛期は特に念入りにしてあげてください。

まとめ

猫,毛繕い,グルーミング,雨,病気,皮膚病,ストレス 今回は、猫が行うグルーミングについてご紹介しました。 昔からの言い伝え通り、猫が顔を洗うことと降雨には実際に関係があるようですね。 猫のグルーミングの理由は様々ありますが、過剰にグルーミングをしている場合には病気などの可能性も考えられます。また、逆にグルーミングをしなくなってしまうと、汚れや毛玉により皮膚疾患の原因になってしまう場合もあるため、よく観察するようにしてあげてください。

愛猫の毛がゴッソリ抜けてしまってる!猫の脱毛の原因まとめ

猫の抜け毛には、季節の変わり目に被毛が生え変わる生理現象である「換毛」と、ストレスや病気が原因で毛が抜け落ちてしまう「脱毛」があります。健康な猫でも生理的に毛が抜けており、毛が抜けているからといって必ずしも病気が原因とは限りません。 しかし、飼い猫を撫でているときに毛が禿げている部分を見つけてしまったりするととても心配になってしまいますよね… この記事では猫の毛が抜けてしまう主な原因をまとめています。是非参考にしてください。

病気

皮膚糸状菌症

皮膚の角質や毛などに含まれるケラチンという成分を餌にする皮膚糸状菌が毛に侵入すると起こる病気で、侵入された皮膚は脆くなり途中から切れるようになります。 人間の足によく現れる水虫を起こすものと同じ菌で、カビの皮膚病です。もし飼い主さんが水虫にかかってしまった場合は、猫にうつらないように清潔に保ってできるだけ早く治すようにしましょう。

アレルギー性皮膚炎

人間だけでなく犬もアレルギーにかかります。ノミや花粉、そして食餌に含まれる成分などに対してアレルギーになってしまうと、それらの原因物質に触れたり口に含んだりすることでアレルギーの症状を発症します。 激しい痒みを伴うため、後ろ足でところかまわず引っ掻いたり、皮膚をどこかに擦り付けたりしているうちに毛が抜けたり切れたりしてしまいます。 犬や猫のアレルギーについてはこちらの記事を参考にしてください。
ペット好きのための、犬アレルギー/猫アレルギー対策とは?

疥癬症

疥癬に感染している他の動物から感染する病気で、この病気の原因は目に見えないくらいの小さなダニです。 ダニが犬の皮膚の中に潜って移動するときに皮膚中にフンなどをしますが、その排泄物に対して体が激しく炎症反応を起こして、その痒みに伴いフケや脱毛が生じます。

日光性皮膚炎

病院 毛の白い猫によく起こると言われていますが、強い直射日光を浴びたときに日光性皮膚炎を起こしてしまうことがあります。 発症すると皮膚が炎症を起こしてしまい、耳先や頭部の毛が抜け落ちたり、ひどい時には耳、鼻、口周りの皮膚がただれてしまうこともあります。

内分泌疾患

毛を作る過程には各種のホルモンが関係しています。そのホルモンのバランスが崩れると毛の発育が止まり、そして新しい毛が生えるのもまちまちになってしまうので結果として脱毛症になります。 主に高齢の猫によく見られる疾患で、副腎皮質機能や性ホルモンのバランスが変化することが原因となりやすいです。痒みは少なく、左右対称に近い状態の脱毛が見られます。

ストレス

原因

病気のサイン、信号 猫のストレス性脱毛症の原因として多いのは、家族構成の変化や環境変化によるストレスから起こるものです。 猫は何らかの理由でストレスを感じると、それが原因で過剰にグルーミングを行うことがあります。 ザラザラした舌で舐めやすい四肢や下腹部、横腹などの体毛を取り除くことをグルーミングと言いますが、これを過剰に行ってしまうと特定の場所の毛が抜け落ちてしまいます。 ペットホテルや見慣れない場所へと旅行に行ったとき、引っ越しをしたり餌やトイレの場所を模様替えしたときなど、人間にとっては些細な出来事や変化にも猫は強いストレスを感じてしまう場合があることを頭に留めておいてください。

対策

ストレスの原因を特定し、それを改善することが何よりも重要です。症状が現れる前と後とで何か変化したものや新しい出来事などを突き止め、できるだけ早く猫のストレスを取り除いてあげましょう。 予防歩法としては、何よりも猫にストレスを感じさせないことです。猫のリラックスできる環境を整え、きちんと健康管理をし、そして適度にスキンシップをとるようにしましょう。

換毛期

猫は換毛期を通して外の気候に合わせて体温調節できるように被毛の暑さを調節しています。 猫の換毛期は春の三月ごろと秋の11月ごろの二回というのが一般的で、冬毛から夏毛へ、そして夏毛から冬毛へというようなサイクルで生え変わっていきます。 猫は換毛期にもグルーミングをし、お腹の中に多くの毛が溜まると毛玉として吐き出すことがあります。 しかし、老猫になってくると毛玉を吐き出すことができなくなってしまい、毛球症になってしもうことがあります。ですので、老猫を飼っている場合は換毛期は特にしっかりとブラッシングしてあげて、飲み込む毛玉がなるべく少なくなるようにしてあげましょう。

最後に

落ち葉に埋もれる猫 飼い猫の毛がゴッソリ抜けていたり、部分的に禿げていたりするのを見つけてしまうととても不安になりますよね。 今回は猫の脱毛の原因をまとめました。飼い猫に脱毛が見られたときは是非この記事を活用してみてください!

デブ猫ちゃんに危険信号!肥満が原因で起こる病気や症状とは。

猫の肥満はあっという間。

上流階級な猫 可愛くおねだりされると、ついついあげたくなっちゃう気持ち、わかります。しかし、猫が太るのはとても簡単です。人間もそうですが、痩せるのは大変なのに太るのはあっという間なんですよね。 この記事では、肥満が及ぼす影響についてみていくので、そんなついついあげちゃう気持ちが引き締まると思います(^^)

1. 毛がボロボロになる

腕を舐める猫 猫は太ると、脂肪が邪魔をしてグルーミングができなくなります。グルーミングをしないことによって毛艶が悪くなったり、グルーミングできないことがストレスになってしまいます。 結果的に、肥満と関係なさそうな皮膚病にまでなってしまうケースも少なくありません。ボロボロの毛になった愛猫を見たくはないですよね。

2. 足腰を痛める

関節炎

手をあげる猫 体重が増えるということは、その重みを足が支えることになります。猫は上下運動が好きな動物です。遠くへジャンプしたり、高いところから降りてくる時には、その衝撃を足の関節が受け止めます。 猫の肥満は、足の関節へ大きな負担を強いることになり、関節炎を招きます。

椎間板ヘルニア

キャットステップを上がる猫 猫は犬に比べてヘルニアになりにくいと言われています。しかし、肥満の猫ちゃんの場合、そのヘルニア発症率が高まるとされています。 肥満が椎間板に負担をかけ、圧力が加わることで変形してしまうのです。ヘルニアが進行すると、だんだんと歩くことが困難になっていきます。

3. トイレに行かなくなる

猫だけど質問ある?

尿路疾患

猫は太ると、動くことが面倒なのでトイレに行く回数が減ります。トイレを我慢することは腎臓を酷使することに繋がります。 おしっこを我慢してしまって、尿路結石や膀胱炎など様々な尿路疾患の原因になります。

4. 他にも怖い病気がたくさん

脂肪肝

エキゾチックショート(猫) 肝脂肪(肝リピドーシス)は太り気味の猫に発症しやすい病気です。ホルモンの異常などから、肝臓に脂肪が多く溜まりすぎている状態です。 命に関わる病気で、食欲や元気がなかったり、数日間ご飯を食べていない場合には、病院に行くことをオススメします。重度の場合には、黄疸や痙攣などが起きる場合があります。

糖尿病

猫だけど質問ある? 肥満の猫ちゃんは、糖尿病にかかりやすいと言われています。 糖尿病は、糖分を細胞に取り込む際に動くはずの「インスリン」が正常に機能してくれなくなります。そのため、取り込んだ糖分を細胞が吸収してくれず、血液を流れて尿として出てきてしまいます。 糖尿病の猫ちゃんは、トイレの回数が増える、水を多く飲む、ご飯をよく食べるようになるなどの症状が現れます。この段階の時に病院へ行きましょう。さらに進行すると、食欲がなくなったり、合併症状が起きてしまいます。

猫の肥満を甘く見ないで!

撫でてたら気持ちよさそうに寝た猫 デブ猫ちゃんは確かに可愛いです。でも、それによって不健康になってしまうのは、猫ちゃんも飼い主さんも嫌ですよね。 猫の健康管理ができるのは、飼い主さんなんです。だから、肥満を甘く見ずに、日々の健康管理をしっかりとしてあげてくださいね。 猫の肥満の原因が知りたい!という方は、この記事も役にたつはずです。
猫が太ってきた!ご飯の回数と量が原因かも?【デブ猫対策】