かつて与えられていた仕事から知ろう!日本で人気の5犬種の特徴

犬は「ペット」というカテゴリーから「家族」というより飼い主にとって身近な存在になり、人が世話をして犬をかわいがり、人に癒しをくれる存在になりつつあります。

しかし、犬種によっては歴史を辿ると使役犬として人から仕事を与えられており、犬種の特徴を活かしながら働いていました。

今回は、日本の街中でも見かけることの多い5犬種にかつて与えられていた仕事や歴史を紹介します。

追いかけて吠えることが仕事のダックスフンド

使役犬,ハーディング,猟犬,ミニチュアダックスフンド

ダックスフンドは、スタンダード・ミニチュア・カニンヘンの3種類のサイズがあります。日本ではミニチュア・カニンヘンを飼っている人が多いですが、彼らにはアナグマ狩りがメインの狩猟犬獲物を見つけて追い込むハウンド犬という二つの仕事が与えられていました。

短い足が活きるアナグマ猟

ダックスフンドといえば短い足が特徴で、その短い足を活かしてアナグマ猟に用いられています。アナグマ猟では狭い穴にもぐってアナグマを追い立て、さらにその場に留まらせる役割があり、肉食であるアナグマにひるむことなく対応できるメンタルのタフさ、勇敢さもダックスフンドには必要となります。

アナグマ猟にダックスフンドを使う猟師はヨーロッパでは減ってきていますが、現在でもアナグマ猟にダックスフンドを用いる猟師も残っているようです。

地上で猟の手伝いをするハウンド犬

ダックスフンドはハウンド犬としてシカ狩りの手伝いもしており、特に北ヨーロッパで活躍していました。

ハウンド犬は、獲物の足跡を探しだし、獲物を追いかけながら吠えて、猟師に居場所を伝えます。その吠え声を頼りに猟師が獲物を仕留めるのが一連の流れです。

声が大きく、吠えやすい子が多いダックスフンドの性質は、彼らが与えられていた仕事からなんとなく理解できるのではないでしょうか。

かわいいだけではない水中で活躍するプードル

使役犬,ハーディング,猟犬,プードル

プードルの中でも日本で見かけることの多いトイ・プードルは、小さく人形のようなイメージが強いかもしれません。しかし、元々プードルは水中で活躍する水猟犬でした。水猟犬は、猟師が川や湖に撃ち落とした鳥を泳いで取りに行くなど、水中で人が出すコマンドに従いながら様々な役割を果たしていました。

水猟犬として活躍していたのはスタンダード及びミディアムプードルであると考えられています。プードルの人と密接な関わりを求める点や、高い学習能力が水猟犬として活躍できたゆえんでしょう。

水猟以外にも鋭い嗅覚を活かし、トリュフを探し当てる仕事をしているプードルもいます。現在この「トリュフ犬」は、訓練の仕方や採取の際に顔に大きな器具を付けて行うこと、採取時以外は劣悪な環境で飼育されているといったことが指摘され、一部では反対の声も上がっています。

様々な仕事をこなすミニチュアシュナウザー

使役犬,ハーディング,猟犬,ミニチュアシュナウザー
ミニチュアシュナウザーは、かつてドイツの農民に飼われ、番犬や納屋、馬小屋などでネズミなどの害獣退治をしていました。

さらには、犯人の追跡や災害救助、麻薬探知や不審者の制圧などを行う警備犬としても活躍をしており、高い警戒心がありながらも人としっかりと関係性を築ける点や、優れた嗅覚、学習能力、身体能力の高さなど、ミニチュアシュナウザーの特性を活かした役割を担っています。

仕事ではありませんが、ジャンプ力や柔軟性、活発さを活かし、アジリティやドッグダンス、フライボールなどのドッグスポーツにも向いています

狩猟が得意な柴犬

使役犬,ハーディング,猟犬,柴犬
柴犬の「柴」は「小さい犬」を意味し、高い警戒心と忠実さ、俊敏さ、優れた嗅覚を持っています。これらの特性を活かし、かつて柴犬はキツネや、ネズミ、イタチ、モグラなどの小獣猟や鳥猟犬として、獲物の追跡や回収をしていました。また、番犬として家や農地を守る役割も担っていました

番犬の役割を担っている柴犬は現在の日本でもまだいると思いますが、数は少ないものの日本で警察犬の試験に合格した柴犬や、北欧では猟犬として現在も活躍している柴犬もいるようです

アナグマ猟のために生まれたジャック・ラッセル・テリア

使役犬,ハーディング,猟犬,ジャックラッセルテリア
ジャック・ラッセル・テリアは、短足で小柄な体格でありながら、優れた運動能力や強いメンタルを持っており、かつてオーストラリアではアナグマ猟で活躍をしていました。アナグマの巣穴に入り、アナグマを逃がすことなく追い詰め、地上にいる猟師に伝えるのがジャック・ラッセル・テリアの役目でした。

アナグマ猟に適した犬種として、狭く小さなアナグマの巣穴に入れるよう短足で、凶暴なアナグマに立ち向かっていけるよう強靭な精神を持ったジャック・ラッセル・テリアが作出されました。

まとめ

使役犬,ハーディング,猟犬,ジャックラッセルテリア
かつて犬たちには様々な役割が与えられており、その仕事が効率よくできるよう品種改良がされ、現在のような姿になっている犬種もあります。

愛犬の犬種がどんな役割を持って生み出されたかを知ると、吠えが多いことや素早く動くものを追いかけるなど、納得できる行動があるかもしれません。犬種の特性と愛犬の性格を理解して、愛犬に適したトレーニングや運動ができる機会をしっかり作ってあげられるといいですね。

【犬種クイズ】映画によく登場するジャックラッセルテリアの雑学

テレビやCM、映画などでよく目にするジャックラッセルテリア。小さくてかわいらしい見た目から、日本でも根強い人気を誇ります。

今回はそんなジャックラッセルテリアの特徴と魅力をクイズ形式でご紹介していきます。

それではさっそく、ジャックラッセルテリアクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 ジャックラッセルテリアの名前の由来は?
正解です!
不正解です!
正解は「品種改良した牧師の名に由来」です。
19世紀半ばにテリアを品種改良した、イギリスのジャック・ラッセル牧師の名に由来します。
当時はフォックステリアと呼ばれていましたが、狩猟能力が高いことからハンターらに評価され、牧師の名を取ってジャックラッセルテリアと呼ばれるようになりました。
Q.2 ジャックラッセルテリアの特徴として「誤っている」のは?
正解です!
不正解です!
正解は「華奢な体格をしている」です。
体格はとても筋肉質で、犬種図鑑では「極めて活動的な筋肉のかたまりである」と紹介されています。

ジャックラッセルテリアが国際畜犬連盟に正式な犬種と登録されたのは2003年のことです。なお、生みの親であるジャック・ラッセル牧師が狩りのフィールドこそ輝ける場所であると考えていたことから、イギリスのケネルクラブには登録されていません。

もともと猟犬として改良されたことから、頑固で執着心も強く、気に入ったおもちゃを手放さないこともあります。負けず嫌いで、好奇心も強いですが、飼い主にはとても献身的な性格をしています。
Q.3 ジャックラッセルテリアが特に注意したい病気として「適切でない」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「遺伝子疾患」です。
ジャックラッセルテリアは比較的新しい時代に、狩猟を目的として作られた犬種であることから、ほかの犬種に比べて遺伝性疾患は大変少ないようです。

運動が好きなジャックラッセルテリアは、過度な運動で膝に負担がかかり膝蓋骨脱臼を患ってしまうことがあります。滑りやすい床などでも膝に負担がかかりますので注意してください。

また、皮膚の病気が多いといわれているため、お手入れの時にはしっかりと乾かしてあげてください。さらに、垂れ耳という特徴から、外耳炎が進行して聴覚障害を引き起こすこともありますので定期的なケアを心がけましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
【犬図鑑】テレビや映画で大活躍!ジャックラッセルテリアの特徴と魅力
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

テリア犬32種から注目の8種を厳選して紹介!

ヨークシャー・テリアや、ジャック・ラッセル・テリア、ワイアー・フォックステリアなど、名前に「テリア」とつく犬の種類は結構多いですよね。 テリアとは、犬種のグループの名前で、ジャパンケネルクラブ(JKC)を含む国際畜犬連盟による犬種の分類では第3グループに属します。JKCは全部で32種類をテリアとして公認しており、小型犬から大型犬まで体格も豊富で、被毛の長さもさまざまです。 今回はそんなたくさんの種類がいる「テリア犬種」についてご紹介していきます。

「テリア」の由来は?

テリア 犬種 由来 テリア犬の「テリア」は「Terrier」と書き、語源はラテン語で「地」を意味する「terra」に由来します。フランス語で「獲物を穴の中まで追いかける能力」という意味もあります。 テリア犬種は攻撃的な性格と穴を掘る能力に長けていたことから、巣穴にいるネズミやキツネ、アナグマ、カワウソなどの狩猟犬として活躍してきました。そのため「テリア」と呼ばれるようになったのです。 テリア犬は現在では、コンパニオン・アニマルとして人気の種類です。しかし、このような背景もあり、噛むことが好きな(人を咬むのではなく、ものを噛むことを好む)子が多いでしょう。

テリアの歴史

テリア 犬種 歴史 テリア犬種は、ハウンドという犬種を改良して生まれ、他の犬種と比べて鼻が長いのが特徴です。 ダックスフンドをはじめとする、穴に潜ることを得意とする犬の多くはヨーロッパの国々で作り出されました。テリアも同様で、世界中のほとんどのテリアはイギリスが原産の犬種です。 狩猟犬として活躍してきた一方、テリアは農家のコンパニオン犬としても愛され、建物に害をなす小型の害獣を駆除してきました。また、テリアはネズミ捕り競技などのスポーツにも用いられてきた犬です。

テリアの代表犬種

ジャック・ラッセル・テリア

愛らしい表情とともに、鋭く知的な表情を兼ね備えているジャック・ラッセル・テリア。非常に活発で機敏で活動的なテリアです。ジャック・ラッセル・テリアと言えば、とにかく元気な犬というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 ジャック・ラッセル・テリアは犬として小型犬に分類されますが、柔軟で筋肉質な身体が特徴的で、その運動神経は計り知れません。 ジャック・ラッセル・テリアの被毛はスムースコート、ラフコート、ブロークンコートと3種類の毛質があり、それぞれ抜け毛の量やお手入れの仕方がそれぞれの種類によって異なります。 ジャック・ラッセル・テリアについてはこちらの記事で詳しく取り上げています。
【犬図鑑】テレビや映画で大活躍!ジャックラッセルテリアの特徴と魅力

日本テリア

日本テリアは、機敏でハツラツとした性格の日本生まれのテリア犬種です。 その名の通り日本テリアの原産国は日本で、1700年代にオランダから長崎に渡来したスムース・フォックス・テリアを日本的に改良して生み出されました。 日本テリアは”お雪テリア”、”ミカド・テリア”などの愛称で呼ばれ、抱き犬として愛育されてきました。スマートで輪郭の引き締まった小型犬で、被毛は2mm程度と非常に短い種類です。

ノーフォーク・テリア

かわいらしい表情と、短い脚が特徴的のノーフォーク・テリアは、最も小さいテリア犬種の一つです。小さな「いたずらっ子」と言えるその性格は、愛らしく、平和を好みます。コンパクトですが丈夫な体格をしており、機敏で恐れ知らずな犬です。 ノーフォーク・テリアは番犬としても優秀で、見知らぬものや異常な物音に対して吠える習性があります。

ブル・テリア

「犬界の剣闘士」と呼ばれているブル・テリア。『トイ・ストーリー』に登場する悪役シドの愛犬であるスカッドもこの種類です。筋肉質な体格と、利口な表情が特徴的で、卵形の頭部とつぶらな瞳がとても愛らしい犬種です。 ブル・テリアは情熱と勇気を持ち合わせており、飼い主によく従います。頑固なところもあるブル・テリアですが、特に人間とはいい関係になりやすい種類です。 どの犬もそうですが、ブル・テリアは育て方によっては危険な場合があるため、しっかりコントロールできるように必ずトレーニングをしましょう。飼育上級者向けの犬種と言えるでしょう。

エアデール・テリア

「キング・オブ・テリア」、すなわちテリアの王様と呼ばれるエアデール・テリアは、テリア犬の中で最も大きい種類です。針金のようなワイアーヘアーが特徴的なテリア犬です。 エアデール・テリアは外向的で、注意深く、攻撃的ではありませんが、怖いもの知らずな性格の犬です。

スコティッシュ・テリア

スコティッシュ・テリアは名前の通りスコットランド原産の犬種です。小型犬ながら、がっしりとした体格をしています。 ディズニー映画『わんわん物語』に登場するジョックもスコティッシュ・テリアです。映画でも紳士的なイメージを持った犬でしたが、威厳があり、控えめでとても利口な性格です。勇敢ですが、攻撃的ではありません。 スコティッシュ・テリアの被毛の色はさまざまな種類が認められていますが、ブラック一色が定番です。

ベドリントン・テリア

ベドリントン・テリアは子羊のような見た目と、くさび型の頭にフサフサとした被毛が乗っているという独特なトリミング方法が特徴的な犬種です。日本には100頭もいないくらい希少な種類だと言われています。 ベドリントン・テリアは普段は温厚でおっとりしていますが、興奮すると勇ましくなります。また、テリアの中では異質な体型をしている種類で、グレーハウンドのように脚が長く、高速で走ることができます。

ワイアー・フォックス・テリア

ワイアー・フォックス・テリアはイギリス原産の犬で、キツネ狩りに用いられていたことからこの名前がつきました。 元気で好奇心が旺盛ですが、とても賢い犬です。警戒心が強く、慣れない人には近づきません。 ワイアー・フォックス・テリアの被毛は固く、その名の通りワイアー(針金)のような触り心地です。脚は長く、体長とほぼ同じ長さでスクエア型の体格をしています。

人気者「テリア」と楽しいワンコライフを!

テリア 犬種 コンパニオン犬 テリアの魅力は、個性豊かな風貌と、勝気で活発な「テリアキャラクター」です。 テリアはさまざまな犬種の中でも種類が多く、本当にたくさんの子がいます。そして、基本的にはどの犬も人間の良きパートナーになれるコンパニオン犬です。 テリアは周囲をひっかき回すのが大好きな犬なので、家族みんなを盛り上げてくれるでしょう。 みなさんもお気に入りのテリアを見つけてみてくださいね!

犬の耳だけで分かりますか?犬種当てクイズ!

犬は種類によってさまざまな耳の形をしています。見る人が見れば、耳の形や色だけでその犬種が当てられてしまうかも!?

犬が好きな人には簡単な問題ばかりかもしれませんが、ぜひ挑戦してみてください!
Q.1 この耳をもつ犬の種類は?
正解です!
不正解です!
正解は「パピヨン」です。
パピヨンのような耳をバタフライイヤーといいます。
その名の通り、蝶が羽を広げたような耳をしています。パピヨンの大きな耳と飾り毛はとてもかわいらしく美しいですよね。
ちなみに「パピヨン」はフランス語で「蝶」という意味があり、マリー・アントワネットが命名したとも言われています。
Q.2 この耳をもつ犬の種類は?
正解です!
不正解です!
正解は「柴犬」です。
柴犬のように、ピンと直立している耳をプリックイヤーといいます。
ポメラニアンやシベリアンハスキーも同じような形状をしており、ピンと立った耳がチャームポイント。
柴犬の中でも特に小さな個体を豆柴と呼ぶこともありますが、日本犬保存会やジャパンケネルクラブでは豆柴を犬種として認めておらず、血統書には単に「柴犬」と表記されます。一方で、アジア愛犬連盟では豆柴が公認されており、世界でも注目を浴びています。
Q.3 この耳をもつ犬の種類は?
正解です!
不正解です!
正解は「ウェルシュコーギー」です。
ウェルシュコーギーやチワワのような耳をバットイヤー(こうもり耳)と呼びます。
耳の付け根の幅と間隔が広く、前を向いている様子がこうもりの羽のように見えることから名付けられました。
ウェルシュコーギーには、耳が大きくがっちりした体型のカーディガンと、耳も小さく体型も小柄なペンブロークの二種類が存在し、日本ではペンブロークが大半を占めています。かつては同一犬種とされていましたが、現在では別の犬種として登録されています。
Q.4 この耳をもつ犬の種類は?
正解です!
不正解です!
正解は「ブルドッグ」です。
ブルドッグのような形の耳をローズイヤーといいます。
途中から折れた耳が後方にねじれ、裏返しに折りたたまれています。この様子がバラの花のように見えることから命名されました。

13世紀から18世紀のイギリスで、牛と犬を戦わせるブルベイティングという見世物が流行しており、ブルドッグは牛と戦う闘犬として改良されました。当時は体重が60kgもあったとされています。
動物愛護の観点からブルベイティングが禁止され、ブルドッグは一時期絶滅の危機にひんしましたが、一部の愛好家たちが存続のために、体を小さくし、おとなしい性格になるように改良を重ね、今のような穏やかなブルドックが生まれました。
Q.5 この耳をもつ犬の種類は?
正解です!
不正解です!
正解は「ジャックラッセルテリア」です。
ジャックラッセルテリアのような耳の形をボタン耳といいます。
ボタン耳は、途中で折れている半立ち耳の中でも、コリーなど耳先だけが少し折れているとは異なり、耳の穴を覆うほど垂れているのが特徴です。
ちなみに2012年に日本で公開されたフランス映画『アーティスト』に出演し話題となったアギーという名前の犬もジャックラッセルテリアです。
問正解/ 問中
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【犬図鑑】テレビや映画で大活躍!ジャックラッセルテリアの特徴と魅力

小さくて可愛らしい見た目から、日本でも根強い人気を誇るジャックラッセルテリア。 テレビやCM、映画などで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。その見た目と相反して、とんでもない運動神経を持ったわんちゃんなのです。 今回は、そんなジャックラッセルテリアの特徴と魅力についてご紹介します!

狐狩り愛好家の牧師が生み出した犬種

ジャックラッセルテリア,犬,犬図鑑,犬種,飼い方 19世紀半ば、狐狩りが趣味だったイギリスのジョン・ラッセル(別名:ジャック・ラッセル)牧師は、狩りのお供にぴったりな犬種を作るため、テリア種をビーグルやボーダー・テリア等と交配しました。 そこで生まれたのが、当時フォックステリアと呼ばれていた犬種です。 その後、フォックステリアは2つの系統に分かれます。ラッセル牧師から継承した真横から見て正方形に近い体型をした、パーソンラッセルテリア。オーストラリアでコーギー等と交配され、脚が短くて長方形に近い体型となったのが、現在のジャックラッセルテリアです。 世界的に公認されたのは2000年、日本では1995年。意外ですが、比較的新しい犬種と言えるでしょう。

「筋肉の塊」?!ジャックラッセルテリアの特徴

ジャックラッセルテリア,犬,犬図鑑,犬種,飼い方 胴体部は体高よりも長くなっており、脚は短め。まっすぐな尻尾はやや白をベースに大きな斑が入る毛色で、耳は垂れ耳と半直立耳があります。 体格はとても筋肉質で体高23〜30cm、体重4〜7kg。小さくて可愛らしい姿をしていますが、犬種図鑑では「極めて活動的な筋肉のかたまりである」と紹介されています。

毛質は3種類

毛色はホワイトがベースで、そこにブラックまたはタンのマーキングがあります。 そんなジャックラッセルテリアの毛質は3種類あります。

スムースコート

ジャックラッセルテリア,犬,犬図鑑,犬種,飼い方 全身にぴったりと張り付くような硬い毛で、最長3cmと短毛。 3種類の中で一番抜け毛が多いと言われています。換毛期には大量の毛が抜け落ちます。そのため、トリミングの必要はありませんが、ブラッシングは欠かせません。 毛が短いため、ジャックラッセルテリアの特徴である筋肉質でたくましい体型が顕著に現れる人気の高い毛質です。

ラフコート

ジャックラッセルテリア,犬,犬図鑑,犬種,飼い方 ほんの少しウェーブのかかった2.5cm〜5cmほどの長い毛で、毛量が豊富です。 手入れをしないと全身フワフワの毛に覆われてしまい、時には絡まってしまうこともあります。スリッカーブラシを使ったり、手ですいてあげたりと、日々の手入れが必要になってきます。

ブロークンコート

ジャックラッセルテリア,犬,犬図鑑,犬種,飼い方 スムースコートとラフコートが混ざったような毛質です。 テリアらしい硬めのワイヤーヘアーで、長い毛と短い毛両方が生えています。部分的に特徴が出ていると見分けがつきますが、なかなか判断しづらいこともあります。

「憎めない!」ジャックラッセルテリアの性格

ジャックラッセルテリア,犬,犬図鑑,犬種,飼い方 天真爛漫で勇敢、エネルギッシュでとても活動的です。負けず嫌いで、好奇心旺盛なため、何か楽しいことはないかと探索し、遊ぶことも大好きです。 鳥や猫などを見つけると咄嗟に捕まえようとしたり、地面に穴を掘ったりと本能のままに体が動いてしまうところがあります。夢中になると周りが見えなくなるため、交通事故や穴に落ちたりといった事故が多い犬種でもあります。お散歩の際は、細心の注意が必要です。 また、頑固で執着心も強く、気に入ったおもちゃを手放さないことがあるほどです。これも猟犬特有の性格です。 そんなジャックラッセルテリアですが、愛情深く、家族にも知らない人にも慣れ親しんで接します。特に、飼い主にはとても献身的で何かあれば絶対に助けるんだ、という頼もしい性格です。

ジャックラッセルテリアの気をつけたい病気

ジャックラッセルテリア,犬,犬図鑑,犬種,飼い方
  • 皮膚疾患
  • 膝蓋骨脱臼
  • レッグ・ペルテス・パーセス病(足をひきずる、足に力が入らない)
  • 聴覚障害
ジャックラッセルテリアは比較的新しい時代に、実働を目的として作られた犬種だけに、他の犬種に比べて遺伝性疾患などは大変少ないようです。しかし、作出に使われた犬種の持つ遺伝的素因を引き継いだ面が見受けられます。 特に、レッグ・ペルテス・パーセス病、膝蓋骨脱臼などが起こりやすい骨格的な素因を持つ場合、成長期や激しい運動に伴って状態を悪化させることがあります。 皮膚に関しては、シャンプー後やお散歩後の足のお手入れ時に生乾きにならないよう、しっかりと乾かすことが大切です。また、足の肉球を舐めて皮膚が荒れてしまうこともあるので、こまめなチェックをしましょう。

最後に

ジャックラッセルテリア,犬,犬図鑑,犬種,飼い方 ジャックラッセルテリアは室内飼育が理想的です。庭で放し飼いにしていたら、土を掘って柵を潜り、脱走してしまったという事例もあります。 また、とにかく動き回りたい犬種ですので、毎日の散歩はもちろんのこと、ボール遊びやフリスビーなど、追いかける遊びで体力を使えるように配慮してあげましょう。特に、ジャックラッセルテリアの場合、運動不足はストレスとなり、イタズラや無駄吠えを誘発する可能性があります。散歩はリードをしっかりと持ち、事故や怪我を防ぐように心がけましょう。 豊富な体力と優れた運動神経を持つジャックラッセルテリアは、しつけを怠ると手のつけられない犬になってしまう可能性があるため、わんちゃん初心者の方には扱いの難しい犬種と言えるかもしれません。 個体差による性格の違いもありますが、まずは犬種から見られる特性をよく理解し、十分な信頼関係を築ければ、映画のように最高の相棒となってくれるに違いありません。