【クイズ】猫の被毛の特徴とは?知っておきたい基礎知識

猫の見た目を大きく左右する被毛。短毛や長毛は見ればわかると思いますが、シングルコートやダブルコートオーバーコートやアンダーコートという言葉をきちんと理解できていますか?

本記事では、猫の被毛についてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、猫の被毛クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 猫の毛について「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「短毛でダブルコートの猫はいない」です。
日本でよく飼われている短毛の猫種の多くがダブルコートです。オシキャットやベンガルなどの猫種が短毛でシングルコートの被毛をもちますが、こちらの方が比較的珍しいです。

アンダーコートには体を保温する役割があり、換毛期にアンダーコートが抜けることで夏場の暑さに対応しています。

ダブルコートは上毛のオーバーコートと下毛のアンダーコートで構成されますが、シングルコートの場合はオーバーコートのみでアンダーコートは生えていません。そのため、シングルコートの猫には換毛期が無いとされていますが、まったく抜けないというわけでもありません。

また、毛量が多くても抜け毛が多いとは限らず、長毛でシングルコートの猫より短毛でダブルコートの猫の方が抜け毛は多い傾向があります。
Q.2 次の猫のうち、短毛種なのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ロシアンブルー」です。
ロシアンブルーは短毛のダブルコートで、細く滑らかな被毛をもちます。

ペルシャ、メインクーン、ラグドールはいずれも長毛種です。被毛が絡みやすいので、毎日ブラッシングをしてあげてください。
Q.3 次の猫のうち、長毛種なのはどれ?
正解です!
不正解です
正解は「ソマリ」です。
ソマリは「ロングヘア・アビシニアン」とも呼ばれ、短毛種のアビシニアンを改良して生まれた長毛の猫種です。

シャム、シンガプーラは短毛のシングルコート、アビシニアンは短毛のダブルコートです。シングルコートの猫は冬の寒さ対策を忘れずに。ダブルコートの猫は普段からブラッシングをし、換毛期にはしっかりケアしてあげましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
猫の毛の種類が多くてよく分からない!知っておきたい基礎知識
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

飼うならどっち?ゴールデン・レトリバーとラブラドール・レトリバー

大型犬の中でも特に人気の犬種と言えば、レトリバーですよね。街で見かけることも珍しくありません。 レトリバーには、ゴールデン・レトリバーとラブラドール・レトリバーがいますが、みなさんはこの2つの犬種の違いをご存知ですか? 今回の記事では、ゴールデン・レトリバーとラブラドール・レトリバーの見分け方や、性格の特徴、飼う前に覚悟しておきたいことなどをご紹介します。

そもそも「レトリバー」とは

ゴールデン・レトリバー,ラブラドール・レトリバー,違い,比較,犬,犬種 両者に共通する「レトリバー(retriever)」という名前には、「回収者」や「取り戻す者」という意味があります。 元々はどちらも水鳥の狩猟犬で、ハンターが撃ち落とした鳥を、レトリバーが泳いで取りに行き、ハンターの元に持って戻る役割を果たしていました。獲物を回収して来るので、「レトリバー」と呼ぶんですね。 水鳥猟の名残で、レトリバーは水遊びが大好きな犬種です。プールや海に連れて行くと、とても喜ぶでしょう。

一番わかりやすい見分け方は「被毛」の違い

ゴールデン・レトリバー,ラブラドール・レトリバー,違い,比較,犬,犬種

被毛の長さ

ゴールデン・レトリバーはふわふわの「長毛種」なのに対し、ラブラドール・レトリバーは艶のある「短毛種」です。いずれの犬種もダブルコートなので、季節の変わり目は抜け毛が多くなります。

被毛の長さで注意点も変わる

長い被毛を持つゴールデン・レトリバーは、寒さには強いですがに暑さにはかなり弱いという特徴があります。夏場の温度管理には細心の注意を払いましょう。 一方、短毛のラブラドール・レトリバーは、寒さから身体を守るために、たくさん食べて脂肪をつけようとします。適切な食事量を考えて与えないと、肥満になりやすいので注意が必要です。

被毛の色

  • ゴールデン・レトリバー:クリーム、ダーク・ゴールド、ライト・ゴールド、ゴールデンなど、基本的にはゴールド系の色のみ
  • ラブラドール・レトリバー:イエロー、黒、チョコレートなど、暗い色もある

先祖も違う!両者は親戚関係ではない

ゴールデン・レトリバー,ラブラドール・レトリバー,違い,比較,犬,犬種 見た目は似ていますが、ゴールデン・レトリバーはスコットランドが原産、ラブラドール・レトリバーはカナダが原産とされており、その歴史は全く異なります。 ゴールデン・レトリバーは、1850年代頃〜1990年代にいたるまで、ニューファンドランド、ウェイビーコーテッド・レトリバー、イリッシュ・セッター、ツウィード・ウォーター・スパニエルなど、様々な犬種の交配を繰り返して今の形に至りました。 一方、ラブラドール・レトリバーは、ニューファンドランドとセント・ジョンズ・レトリバーの交配種と言われています。 どちらの犬種もニューファンドランドの血は入っているものの、原産地も異なり、親戚関係にはありません。

性格は似てる?

ゴールデン・レトリバー,ラブラドール・レトリバー,違い,比較,犬,犬種 もちろん、個体差はありますが、一般的な性格の特徴は両者とも似ていると言えます。 どちらの犬種も、忠実で賢く、穏やかな性格をしているため、盲導犬や警察犬、麻薬探知犬などの使役犬としても幅広く活躍しています。社交的で優しいので、家庭犬としても抜群の人気を誇ります。

オスとメスの性格の違い

どちらの犬種も、オスよりもメスの方が穏やかな性格だと言われているので、初心者はメスの方が比較的飼いやすいかもしれません。

ラブラドール・レトリバーは色で性格が違う?

ゴールデン・レトリバーよりも被毛の色のバリエーションが多いラブラドール・レトリバーですが、色によって性格が違うとも言われています。 具体的には、イエローはおとなしく、チョコは活発、黒は大胆な性格が特徴とされます。
性格は個体によって異なり、しつけの仕方や生活環境によっても変わってきます。色による性格の違いは、人間の血液型と同様に迷信とも言われます。あくまで参考程度に考えてください。

ゴールデンとラブラドール、飼うならどっち?

ゴールデン・レトリバー,ラブラドール・レトリバー,違い,比較,犬,犬種 「レトリバーを飼いたいけど、ゴールデンとラブラドールどちらを飼おうかな?」と迷っている方のために、選択のポイントをまとめました。

1. 色の好みで選ぶ

ふわふわで美しいゴールド系の色が好きならゴールデン・レトリバーを、艶のある短毛や暗い色が好きならラブラドール・レトリバーがオススメです。

2. 被毛の長さと生活環境の関係

ゴールデン・レトリバーは毛が長い分、抜け毛の掃除やブラッシングの手間が比較的多くなります。特に、マンションに住んでいる場合は、エレベーターや通路などに長い毛が落ちてしまうと迷惑になる可能性があるため、その意味ではラブラドール・レトリバーの方がいいかもしれません。 また、保温力に優れたゴールデン・レトリバーは寒い地域に向いていますが、日本では真冬が極寒でも真夏は暑くなる地域も多いので、注意が必要です。 10〜20年間一緒に暮らすことを考え、見た目だけでなく実生活のことも考慮しましょう。

どちらの犬でも、飼うには覚悟が必要!

ゴールデン・レトリバー,ラブラドール・レトリバー,違い,比較,犬,犬種 介助犬などを務めることの多いレトリバーは、穏やかな性格で飼いやすいイメージがあるかもしれません。 しかし、運動量が豊富でやんちゃな一面もあり、しつけの仕方によってはイタズラ好きな犬や、よく吠える犬になってしまいます。大型犬なので、飼い主さんの言うことを聞かない犬に育つと、手に負えなくなってしまいとても大変です。 ちなみに、なんでも咥えて持ってくるのはご愛嬌。レトリバーとしての血が騒ぐためです。こう言った歴史的な背景も学んでおくと、しつけでやめさせるべきなのか、ある程度は仕方のないことなのかが判断しやすくなりますね。

しつけは子犬の時期が肝心!

子犬のうちはいたずらが多い傾向にあり、ソファなどの大型家具であっても噛んで破壊してしまうことがあるので覚悟が必要です。 しつけが十分でない状態で成犬になってしまうとさらに大変なので、しつけに自信がない場合はドッグ・トレーナーにお願いしましょう。

運動量が多く、お金もかかる

大型犬なので、運動量も多くなります。散歩は、毎日2回、1回1時間を基本とし、時々ドッグランにも連れて行ってあげましょう。 また、当然ですが、小型犬に比べて食べるエサの量も多いです。大型犬は特にお金がかかると考えておきましょう。

通院や介護が大変

大型犬は抱っこをするのも一苦労なので、病院に連れて行ったり、介護をするのがとても大変です。 飼い主さんが高齢になってしまうと余計大変なので、10〜20年後もきちんとお世話ができるかよく考えてから飼いましょう

小さい子供がいる家は目を離さないで

小さい子供がいる家庭では、そうでない家庭よりもさらにしつけが重要です。また、しつけがしっかりできていて普段穏やかな犬でも、子供に突然咬み付いてしまう事故が少なからず起きています。 「こんなに優しい犬が咬むわけない」などと油断せず、小さい子供と犬を遊ばせるときは絶対に目を離さないようにしましょう

まとめ

ゴールデン・レトリバー,ラブラドール・レトリバー,違い,比較,犬,犬種 今回は、ゴールデン・レトリバーとラブラドール・レトリバーの違いや性格などをご紹介しました。 どちらも大きくて優しい犬という印象がありますが、しつけを間違えると手に負えなくなるというリスクもあり、飼うには小型犬よりも一層強い覚悟が必要になります。 お金や時間、スペースや年齢的な余裕はあるか、しつけの仕方がある程度分かっているかなどを慎重に考慮した上で、飼育を検討してください。子犬から飼うなら、10〜20年間一緒に暮らすことを見通して、最後まで責任を持って飼育する覚悟を持ちましょう。

北欧の猫「ノルウェージャン・フォレスト・キャット」の特徴と飼い方

新しい猫を迎えるにあたって、見た目や性格、飼いやすさなどから猫種を選ぶ方が多いでしょう。 フワフワで豪華な被毛と、穏やかな性格が特徴の猫がお好みの方におすすめなのが、北欧出身の美しい猫、「ノルウェージャン・フォレスト・キャット」。 今回は、ノルウェージャン・フォレスト・キャットの特徴と生活環境、お手入れ方法やかかりやすい病気などについて詳しくご紹介します。 これから猫を飼おうと思っている方はぜひ、ノルウェージャン・フォレスト・キャットがご自身の好みに合っているか、お世話はきちんとできそうか、飼育を検討する際の参考にしてくださいね。

ノルウェージャン・フォレスト・キャットってどんな猫?

ノルウェージャン・フォレスト・キャットは、比較的大きめのサイズで、長くてフワフワの毛が魅力的な猫です。 基本情報は、以下の通りです。
  • 原産国:ノルウェー
  • サイズ:大きめ(3-9kg)
  • 被毛:中毛〜長毛(ダブルコート)
  • 平均寿命:12–16歳
  • 性格:温厚で遊び好き
それでは、ノルウェージャン・フォレスト・キャットの具体的な特徴や性格、飼い方などを詳しく見ていきましょう。

ノルウェージャン・フォレスト・キャットの身体的特徴と性格

身体的特徴

ノルウェージャン・フォレスト・キャットは、大きめでがっしりとした身体と、長くて美しいダブルコートの被毛が特徴的な猫です。 獲物を捕るのに適した大きな足と爪を持ち、キリッとしたアーモンド型の目と、すっと引き締まった鼻と顎が美しい顔立ちをしています。

毛色

毛色や模様は、同じノルウェージャン・フォレスト・キャットでも個体によって異なり、ブラック、ホワイトなどの単色や、シルバー、ブラウンが混ざったバイカラータビー柄などがいます。季節によって、毛色のトーンが変わることもあるようです。

長い時間をかけて成長する

身体の基礎は1年でできあがりますが、その後筋肉がさらに発達し、完全に成長しきるのには3〜5年ほどかかると言われています。

性格

ノルウェージャン・フォレスト・キャットの性格はとても穏やかで、飼い主さんにも従順。知らない人や子供、他のペットに対してもフレンドリーで、人と遊ぶのも大好きです。 そのため、子供がいる家庭にもおすすめの猫種です。 好奇心が旺盛な上、賢さと勇敢さも兼ね備えているため、少しいたずら好きの猫や簡単な芸を覚えられる猫もいるようです。

ノルウェージャン・フォレスト・キャットの歴史

ノルウェージャン・フォレスト・キャットは、遠い昔からノルウェーを中心に「スコウガット(森林の猫)」として親しまれてきた猫で、北欧神話にも登場します。 一般的に寒さに弱いとされる猫ですが、ノルウェージャン・フォレスト・キャットが北欧の寒さを生き抜けたのは、やはりそのたくましい身体と長くて密度の高い被毛のおかげです。

ノルウェーの人々との暮らし

昔のノルウェーの人たちと暮らしていたノルウェージャン・フォレスト・キャットは、農場で飼われたり、バイキングの船に一緒に乗ったりして、ネズミの駆除役として人々に重宝されてきました。

戦争による危機と戦後の復活

その後、第二次世界大戦の影響で個体数が激減。一時は絶滅の危機にまで追いやられます。 しかし戦後、ノルウェージャン・フォレスト・キャットを愛する人たちの力によって、再び数を増やしました。 1970年代にはヨーロッパの「国際猫協会」にノルウェージャン・フォレスト・キャットが品種登録され、世界中にファンを持つ人気の猫となりました。

ノルウェージャン・フォレスト・キャットの生活環境

キャットタワーは必須

ノルウェージャン・フォレスト・キャットは、あまり走り回ったりせず、運動量もそこまで多くはありません。 しかし、運動能力は高く、高い所にのぼるのが大好き。そのため、キャットタワーなどを用意しておきましょう。 体重もあり、サイズも大きい猫なので、壁に固定できる丈夫なキャットタワーを選びましょう。

棚の上に危険なものを置かない

キャットタワーを用意していても、棚などの上にのぼりたがるかもしれません。 そのため、棚の上など猫がのぼりそうなところに、危険なものや割れ物がないか確かめておきましょう。 特に、置物や趣味のグッズなど、大切なものは絶対に置かないでください。 また、棚の上にホコリがたまっていると猫の被毛に付いてしまうので、猫を迎える前に棚の上を清潔にしておきましょう。

ノルウェージャン・フォレスト・キャットの食事

がっしりとした体格のノルウェージャン・フォレスト・キャットは、肥満になりやすいとも言われています。 そのため、くれぐれも食べ物を与えすぎないようにしましょう。 人間の食べ物は与えず、猫用のおやつも適量を守ってあげてください。 ごはんやおやつの適量は個体によって異なるので、よく分からない場合は獣医師さんに相談しましょう。

毛玉ケアのごはんを選ぼう

被毛が長くて毛球症になりやすいので、毛の排出を促す機能を持ったごはんを選んであげると良いです。

ノルウェージャン・フォレスト・キャットのお手入れ

ブラッシングの頻度

ノルウェージャン・フォレスト・キャットは長い被毛が特徴的ですが、実際にはセミロング程度です。 さらに長い毛を持つペルシャ猫などと比べると比較的お手入れが楽ですが、それでも週に3〜4回はブラッシングをしましょう。

換毛期はしっかりブラッシングを

換毛期にあたる春と秋は、被毛が一気に抜け落ちます。 この時期には、特に念入りにブラッシングをしてあげましょう。

ノルウェージャン・フォレスト・キャットが気をつけるべき病気

毛球症

猫は、自分の身体を舐めて毛づくろいをします。 ノルウェージャン・フォレスト・キャットのように長い被毛を持った猫は、毛づくろいのときに飲み込んだ毛がお腹の中で毛玉になって、「毛球症」を起こしやすくなります。 毛球症になると、嘔吐や便秘、食欲不振などをひき起こします。症状が軽ければ薬で治せますが、重症になると胃を切開する手術が必要となります。 対策としては、日頃から丁寧にブラッシングを行うこと、換毛期には特に念入りにお手入れしてあげることが重要です。

糖原病(Ⅳ型)

肥満になりやすいノルウェージャン・フォレスト・キャットは、先天的に糖尿病にもなりやすいと言われています。 糖尿病の症状は、多飲多尿・体重減少から始まり、さらに進行すると嘔吐や下痢を引き起こします。 対策として、日々の食事管理を徹底するほか、体重や飲んだ水の量、おしっこの量などを毎日こまめにチェックすることで、異変にいち早く気づくことが重要です。

まとめ

今回は、美しくて長い被毛が魅力的なノルウェージャン・フォレスト・キャットについて、性格や飼い方、病気などをご紹介しました。 温厚で人にも懐きやすいため、ペットとしても飼いやすい猫と言えるでしょう。 ただし、ブラッシングや食事管理など、日々のお手入れや健康管理は徹底する必要があります。 猫のお世話をしっかりする余裕と覚悟があって、「猫とたくさん遊びたい」「フワフワの猫を飼いたい」と思っている方は、ノルウェージャン・フォレスト・キャットの飼い主に向いているかもしれません。

【犬クイズ】犬の雪遊びで注意したい雪玉って何?

本格的に寒くなり、雪遊びの季節に入ってきました。

「犬は喜び庭駆け回り」という歌詞もあるように、犬は雪が大好きです。犬が雪の中ではしゃぎながら遊ぶ姿は、犬好きにはたまらないですよね。

しかし、雪遊びには思わぬ危険もあります。今回は、犬と雪遊びをするときに注意したいことをクイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、犬の雪遊びクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬の雪遊びで特に注意してあげたいことは?
正解です!
不正解です!
正解は「肉球のトラブル」です。
雪遊びのトラブルとしてとても多いのが、雪遊び中の肉球の怪我。
雪に隠れた草木や氷の破片などで、知らない間に肉球を切ってしまった、ということもよくあるでしょう。また、長時間寒さにさらされていると、しもやけになってしまいます。

これらを防ぐために、雪遊びをするときは滑りにくく、防水加工の施してある靴や靴下を履かせてあげてもいいかもしれません。
Q.2 犬の雪遊びで厄介な「雪玉」とは何のこと?
正解です!
不正解です!
正解は「被毛にくっついた雪」です。
犬の毛に雪が付くと、周りの蒸気や雪の水分が固まります。これを繰り返すことで、雪が毛にびっしりと付いてしまうことを雪玉と呼びます。
顔周りやお腹、足に大量の雪玉ができ、遊んでいるうちに重くなって動けなくなってしまうこともあり、そのままにしておくと犬の体が冷えすぎてしまう危険性もあります。

雪玉ができてしまった場合は、無理に取ろうとすると犬の被毛が抜けてしまったり、皮膚を痛めてしまう可能性があるため、暖かい室内でお湯を使ってゆっくりと一つずつ溶かしてあげましょう。
Q.3 寒さが苦手な「シングルコート」である犬種は?
正解です!
不正解です!
正解は「マルチーズ」です。
アンダーコートがなく、上側の被毛のみの一層構造になっている犬種のことをシングルコートと呼びます。被毛がオーバーコートとアンダーコートの2層に分かれているダブルコートと比べると、シングルコートは毛量が少なく寒さが苦手な子も多いため注意してあげてください。

個体差もありますが、雪への興味よりも寒さのほうが勝ってしまい、すぐ家に帰りたがる子もいるようなので、愛犬の様子を確認しながら遊ばせてあげてください。
問正解/ 問中
今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
犬も大好きな雪!これだけは知っておきたい雪遊びの時の注意点
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

猫の毛の種類が多くてよく分からない!知っておきたい基礎知識

ペットショップの店員さんの紹介や、ペット関連サイトで、「ダウンコート」や、「ダブルコート」などという聞きなれない言葉が出てくることがありませんか? そんなとき、これから紹介する猫の毛に関する基礎知識があれば、より深くその内容を理解することができるでしょう。 今回の記事では猫の毛の種類について紹介していきます!

性質の違いによる分類

猫には性質の違う3種類の毛が生えています。長く硬い上毛は一つの毛穴から一本ずつ、短く柔らかい下毛は一つの毛穴から数本まとまって生えています。

ガードヘア<上毛>

プライマリーヘアや、オーバーコートとも言います。皮膚を保護するための毛で、水を弾き、紫外線をブロックします。 写真のように、人間が外出するときに着るコートのような役割を果たしています!

オーンヘア<下毛>

芒毛とも言います。2種類ある下毛のうち、ダウンヘアよりやや長く硬いです。紫外線や水の遮断、そして保温という役割を持ちます。 人間が下着の上、スーツの下に着るワイシャツのような役割を果たしています!

ダウンヘア

アンダーコート、アウターコートとも言います。2種類ある下毛のうち、より短く柔らかいほうを指しています。暑さを防ぐ断熱、寒さを防ぐ保温の役割を持ちます。 人間が肌の上に直接着る生地の薄い肌着やタンクトップのような役割を果たしています!

生え方の違いによる分類

飛び乗ってる猫 上で性質の違う3種類の毛を紹介しましたが、すべての猫に3種類全てが生えているわけではありません。それぞれの猫種によって生え方が異なるのです。 以下では、毛の生え方による4つの分類を紹介します。

短毛種

短毛種とはその文字の通り、被毛の短い種類の猫を指します。具体的な猫種をあげると、アメリカンショートヘア、アビシニアン、ロシアンブルー、ブリティッシュショートヘア、バーミーズ、シャム、シャルトリュー、ジャパニーズボブテール、エキゾチックショートヘアなどです。

ダブルコート

Meowed by 9GAGさん(@meowed)がシェアした投稿

アメリカンショートヘアやロシアンブルーが短毛種のダブルコートの代表的な猫種です。日本に生息している猫の多くが短毛種のダブルコートです。 人間でいうと薄いTシャツの上に薄い外着を羽織っているような状態です。

シングルコート

短いガードヘアのみ、もしくはダウンヘアやオーンヘアのみの被毛を持ちます。シャム猫が、短毛種のシングルコートの代表的な猫種です。 人間でいうとパーカーのみ、もしくはTシャツのみを着ているような状態です。

長毛種

その文字の通り、被毛の長い種類の猫を指します。具体的な猫種をあげると、ノルウェージャンフォレストキャットやペルシャ、メインクーン、ラグドール、シベリアンなどです。

ダブルコート

Leo.さん(@leo.iida)がシェアした投稿

長くボリュームのあるガードヘアと、同じくボリュームのあるオーンヘアやダウンヘアの両方を持ちます。ペルシャ猫が長毛種のダブルコートの代表的な猫種です。 人間でいうと、セーターの上にロングコートを羽織っているような状態です。

シングルコート

Καttさん(@theycallmekatt)がシェアした投稿

オーンヘアやガードヘアのような下毛がなく、ガードヘアのみを持ちます。比較的柔らかく、そして長いガードヘアが絹のようで豪奢な毛流れを作っています。ターキッシュアンゴラ、ターキッシュバン、メインクーンが長毛種のシングルコートの猫種です。 人間でいうと、ロングコートのみを羽織ったような状態です。

最後に

撫でられてる猫 猫の毛の種類やその性質によって、毛並みの手入れの仕方は大きく変わってきます。 猫を飼っている方や、これから飼おうと思っているみなさん。猫の毛の手入れについて調べたり、ペットショップの店員に聞いたりするときに、ぜひこの記事を参考にしてください!