総合栄養食?療養食?ペットには正しい知識で正しいフードを!

ペットフードは、大切なペットの健康を維持する上で大切な役割を果たします。それぞれのペットに適した栄養を与えることが重要ですが、目的によっていくつかの種類に分類されていることはご存じですか?

正しい知識を持たずにフードを与えていると、必要な栄養素が不足してしまうこともあります。ペットが少しでも長く健康でいられるよう、ペットに与えるフードについて十分に理解しておきましょう。

今回はペットフードの分類と療養食について解説していきます。

ペットフードの分類

ペットフード,総合栄養食,間食,おやつ,療養食,サプリメント,栄養,チモシー,ドッグフード,キャットフード,不正咬合
ペットフードは、「ペットフードの表示に関する公正競争規約」において、その目的から以下の4種類に分類されています。

  • 総合栄養食
  • 間食
  • 療養食
  • その他の目的食

それぞれ、役割や含まれている栄養素が異なっているため、誤った与え方をしてしまうと、ペットの健康が脅かされてしまう可能性もあります。それぞれ一体どのような役割があるのか詳しく見ていきましょう。

総合栄養食

総合栄養食は、毎日の主食として与えることができ、そのフードと水だけで健康を維持できるよう、栄養パランスが整えられています。

基本的には総合栄養食のみで十分な栄養素が得られます。

間食

いわゆるおやつのことで、ご褒美やペットとのコミュニケーション手段として利用できます。ジャーキーやガム、魚肉製品、ジェル状のおやつなど、さまざまなタイプのものがあります。

与えすぎると栄養バランスが崩れ肥満につながるため、1日に与える量をしっかり管理する必要があります。

療養食

療養食は、特別に栄養バランスが調整されたフードのことです。病気の治療だけでなく、これ以上症状を悪化させないために与えることがあります。

療養食は獣医師の指導のもとで与えることが推奨されています。最近はさまざまな療養食も販売されていますが、フードの変更を希望する場合は、かかりつけの獣医師に相談しましょう。

その他の目的食

総合栄養食、療法食、間食のいずれにも当てはまらないものを「その他の目的食」といいます。総合栄養食ではないフードや栄養補給を目的としたサプリメントなどを指し、「副食」や「栄養補完食」などと表記されていることがあります。

療養食の種類

ペットフード,総合栄養食,間食,おやつ,療養食,サプリメント,栄養,チモシー,ドッグフード,キャットフード,不正咬合
療養食といっても、病気によって栄養バランスが異なるため、違う病気用の療養食を与えてしまうと、必要な栄養が不足してしまう危険があります。それぞれの病気によってどのように栄養素が違うのか見ていきましょう。

なお、これらは一般的なものを紹介しています。フードによって細かい部分に違いがありますので、獣医師の指示に従うようにしてください。

皮膚疾患の療養食

皮膚疾患は、皮膚のバリア機能が低下し、細菌などが入り込んで炎症を起こしたり、皮膚が荒れたりすることで引き起こされます。

皮膚疾患用の療養食には、皮膚の炎症を抑制する効果があるオメガ3脂肪酸や、皮膚のバリア機能を維持するオメガ6脂肪酸が強化されています。また、アレルギーが原因の可能性もあるため、食物アレルギーの原因になりにくい原材料を使用しています。

腎臓病用の療養食

腎臓病用の療養食はタンパク質やリンの含有量を抑えています

リンは健康な動物にとってはとても重要な栄養素ですが、腎臓病を患うと血液中のリン濃度の調節がうまくできず、リンの濃度が高くなり腎臓への負担がさらに高まるため、腎臓病を患っている場合には摂取を控える必要があります。

心臓病の療養食

心臓病を患っている動物にとって、ナトリウムを摂取しすぎてしまうと心臓への負担がさらに高まります。そのため、心臓病用の療養食はナトリウム量が制限されています。

尿路結石用の療養食

尿路結石の原因は、マグネシウムやカルシウム、ナトリウムなどのミネラルです。そのため、尿路結石用の療養食にはこれらの栄養素が制限されています。

肥満用の療養食

体重を減らそうとしてフードの量を減らしてしまうと、他の重要な栄養素が不足してしまいます。そのため、肥満用の療養食は低カロリーながら必要なタンパク質やビタミン、ミネラルを十分に摂取できるよう調整されています。

回復食

病気の回復期や手術後などに与える療養食で、カロリーと栄養素を多く含んでいます。

異なる動物のフードは与えない

ペットフード,総合栄養食,間食,おやつ,療養食,サプリメント,栄養,チモシー,ドッグフード,キャットフード,不正咬合
ドッグフードとキャットフードは見た目もよく似ており、犬にキャットフードを、猫にドッグフードを与えてもいいのでは?と考える人もいるかもしれません。しかし、必要な栄養素は動物によって異なるため、その動物専用のフードを与えなければいけません。

例えば、食事やサプリメントからの摂取が必要な必須アミノ酸だけ見ても、犬は10種類なのに対し猫は11種類です。他にも、肉食動物である猫は犬よりも多くタンパク質を摂取する必要があります。また、体内でビタミンCを合成できないモルモットは、食事からビタミンCを摂取しなければいけません。

このように、必要な栄養素は動物によって異なるため、専用のフードを与えることが大切です。

最後に

ペットフード,総合栄養食,間食,おやつ,療養食,サプリメント,栄養,チモシー,ドッグフード,キャットフード,不正咬合
人に飼育されているペットは自分で食事を選ぶことはできません。飼い主が正しい知識を持たずに餌を与えてしまうと、栄養失調になってしまったり、逆に肥満になってしまったりします。

何のために与えているか、与えているフードの種類や量は適切かどうかを改めて確認してみましょう。

【クイズ】ペレットだけではダメ?うさぎの食事で気をつけたいこと

うさぎが健康に生きていくためには、適切な食事を適量与えなければいけません。場合によっては命に関わることもあるため、飼い主はしっかり把握しておく必要があります。

今回は、うさぎの食事についてクイズ形式でご紹介します。自信がある人も不安な人も改めて確認しましょう!
Q.1 うさぎの食事の説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「水分補給のため果物は常に置いておく」です。
りんごやイチゴなどの果物はうさぎも喜んで食べます。しかし、与えすぎると下痢になったり肥満になったりしてしまうため、常に食べられるようにしておくのではなく、ご褒美や楽しい刺激として与えると良いでしょう。

ペレットはうさぎが1日に必要な栄養が含まれた「総合栄養食」です。そのため、栄養素だけ考えればペレットだけでも問題ありません。しかし、栄養以外の様々な理由から、チモシーも一緒に与える必要があります。

ペレットやチモシーで栄養は十分であるため、生野菜は必ずしも与えなければいけないというわけではありません。おやつとして少量与える程度にしましょう。
Q.2 うさぎにチモシーを与えなければいけない理由として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「うさぎのにおいを消臭するため」です。
チモシーにはうさぎのにおいを消臭する効果はありません。においが気になる場合は、掃除をしっかり行い、うさぎにも使える消臭剤で対策しましょう。

繊維質は腸内細菌のバランスを整え、消化管の動きを活発にする役割があるため、うさぎにとって最も重要な栄養素でもあります。繊維が不足すると、消化管の動きが悪くなり、「食滞」という病気になり、場合によっては命に関わることもあります。

うさぎの歯は毎日伸び続けます。固い牧草を食べ続けることで、適度に歯が削られ、健康的な歯を維持することができますが、伸びっぱなしで削れないと、噛み合わせが悪くなる「不正咬合」になってしまいます。不正咬合は歯が頬の内側や舌を傷つけ、痛みからうまくご飯を食べられなくなってしまい、衰弱していってしまいます。

歯をたくさん使ってペレットよりも硬いチモシーをモグモグと食べ続けることで、うさぎにとってはストレス解消となります。
Q.3 うさぎが食べるチモシーの説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「1番刈りがもっとも柔らかい」です。
牧草の一種であるチモシーの中でも、春から夏にかけての最初の時期に刈り取られた「1番刈り」は、繊維質が豊富で固いという特徴があります。うさぎの健康のためには繊維質が多い1番刈りがおすすめですが、柔らかくて美味しい2番刈りを好む子が多いようです。

うさぎがいつでも好きなときに食べられるように、チモシーは常に食べられるようにしてあげましょう。ペレットや野菜ばかりを与えすぎてしまうとチモシーを食べなくなってしまうこともあるため、適量を守って与えるようにしましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
ペレットだけはNG!うさぎに「牧草」が必要不可欠な3つの理由
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

チモシーってこんなに種類がある!ペットの好みを探してあげよう

モルモットやウサギの飼育には欠かせないチモシー。実はチモシーにも種類があり、栄養量やペットの食いつきが異なります。チモシーを与えているけどあまり食べてくれないと感じる場合は、ペットの好みと合っていない可能性があります。 この記事では、チモシーの種類とチモシーを与えるべき理由について解説していきます。

チモシーとは

チモシー,牧草,うさぎ,モルモット,小動物,不正咬合,栄養,肥満 チモシーはイネ科の多年草で、牧草として広く普及しています。もともとはヨーロッパ原産で、アメリカには牧草として伝わり、日本には明治初期に北海道に導入されました。 チモシーは、げっ歯類やウサギなどのエサとしても用いられ、収穫する時期や生産されている地域、プレスの方法によってさまざまな種類があります。

刈る時期の違い

チモシー,牧草,うさぎ,モルモット,小動物,不正咬合,栄養,肥満 チモシーは刈る時期によって、固さや栄養素が異なります。まずは一番刈りを与えてみて、食いつきが悪ければ二番刈り、三番刈りと変えていくのがおすすめです。

一番刈り

種をまき、芽が出て最初に育ってきた茎や葉を刈り取ったものを一番刈りといいます。茎が固くて長く、栄養が豊富で、繊維質を多く含んでいるため、ペットが喜んで食べるようであれば一番刈りを与えると良いでしょう。

二番刈り

一番刈りをしたあとに、残った株から再び伸びてきた茎や葉を刈り取ったものを二番刈りといいます。一番刈りと比べると、繊維質が少なく、茎は細くて柔らかいです。

三番刈り

二番刈りをしたあとにさらに成長した分を刈り取ったものを三番刈りといいます。チモシーは刈れば刈るほど茎や葉がやわらかくなり、ペットも喜んで食べます。一方で、栄養や繊維質は減っています。 しかし、チモシーから栄養を摂るというよりは、チモシーを食べるという行為自体に意味があるため、ペットが喜んで食べるものを与えてあげてください。

産地の違い

チモシー,牧草,うさぎ,モルモット,小動物,不正咬合,栄養,肥満 チモシーは産地によっても異なります。ペットによって好みは様々ですので、普段与えているチモシーの食いつきが悪い場合は、産地を変えてみるといいかもしれません。

アメリカ産

日本で販売されているチモシーのうち、多くはアメリカ産です。茎がしっかりしており、固いチモシーを好む子におすすめです。

カナダ産

アメリカ産よりも若干柔らかく、葉も多く混じっています。また、穂も小さめです。固すぎるのはあまり好きではないという子におすすめです。

北海道産

カナダ産と同じくらいか、それより少しやわらかいです。青々としている外国産のものとは異なり、枯れたような茶色をしています。独特な香りがあり、好きな子はハマります。

プレスの回数の違い

チモシーは、収穫したままの状態では保管や運搬に不便なため、機械により圧縮されます。一度圧縮したものをシングルプレス、二度圧縮したものをダブルプレスといい、固さに違いが生じます。
シングルプレス…茎や葉、穂が少しだけ潰れていて、適度な固さがある ・ダブルプレス…茎・葉・穂がよく潰れていて、シングルプレスよりもやわらかい

チモシーの役割

チモシー,牧草,うさぎ,モルモット,小動物,不正咬合,栄養,肥満 ペットには専用のペレットだけ与えていればいいのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし、齧歯類やウサギが健康に暮らしていくためにはチモシーなどの牧草を必ず与える必要があります。 では、小動物においてチモシーなどの牧草にはどのような役割があるのでしょうか。

肥満の防止

ウサギは常に何かを食べて胃腸を動かす必要があります。12時間以上何も食べない状態が続くと、胃腸内の食べ物が異常発酵してガスが溜まり、命に関わることがあります。 しかし、ペレットなどの栄養がありすぎるものを食べすぎてしまうと肥満の原因にもなってしまいます。低カロリーのチモシーであれば、肥満を気にせず安心して与えられるでしょう。

不正咬合の防止

モルモットなどのげっ歯類やウサギは歯が一生伸び続けるという特徴があります。そのため、牧草を食べることで歯を削り、歯並びを整えています。しかし、何らかの原因で歯並びのバランスが崩れてしまい、歯が伸びすぎて噛み合わせが悪くなることがあります。これを不正咬合といいます。 ペレットや野菜は、げっ歯類やウサギにとってとてもやわらかいエサであるため、歯は削れず、不正咬合を予防できません。 不正咬合は完治が難しく、時には全身麻酔による手術も必要になります。体の小さいモルモットやウサギが不正咬合になってしまうと命に関わるため、予防のためにも毎日好きなだけ牧草を食べられるようにしてあげましょう。

チモシーの与える時のポイントと注意点

チモシー,牧草,うさぎ,モルモット,小動物,不正咬合,栄養,肥満

与える量は好きなだけ

チモシーは低カロリーで繊維質が多いため、与える量に制限はありません。むしろ健康のためにたくさん食べた方が良いので、足りなくならないようにしてあげましょう。 なお、鮮度が落ちたり、うんちやおしっこなどで汚れたチモシーは食べないことが多いため、ケージを掃除するタイミングでチモシーも入れ替えてあげましょう。

チモシーだけでは栄養不足に

チモシーには栄養がほとんどなく、必要な栄養はペレットから摂る必要があります。ペットがチモシーばかりを食べていてペレットを食べない場合は、栄養が不足してしまうため、まずは獣医師に相談して指示を仰ぎましょう。

うんちの量もチェック

チモシーをたくさん食べる分には問題ありませんが、食べている量に比べてうんちが極端に少ない場合は要注意です。胃腸の動きが悪くなる「うっ帯(たい)」を起こしているかもしれませんので、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

最後に

今までなんとなくチモシーを与えていた人も多いかもしれません。チモシーは刈るタイミングによって栄養や食感が大きく変わるため、あまり食べないようであればいろいろなチモシーを試してみましょう。 モルモットやウサギなどの小動物が健康に生きていくためには、チモシーなどの牧草を必ず食べさせる必要があります。チモシーを与えることの重要性を今一度確認し、愛するペットが健康でいられるようにしてあげましょう。