【クイズ】見た目もざまざま!32種類いるテリアの雑学

単に「テリア」といっても、ジャパンケネルクラブに登録されているだけで32種類のテリアが存在します。見た目も大型犬から超小型犬などもさまざまで、原産国も異なるため、よく知っているテリアもいれば、全く知らないテリアもいるでしょう。

今回はテリアという犬種について、クイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、テリアクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 「テリア」とは、ラテン語で何という意味がある?
正解です!
不正解です!
正解は「大地」です。
「テリア」とは、ラテン語で「大地(terra)」という意味があります。その名の通り、主に地中に生息する小動物を狩るために改良された品種で、ネズミ、アナグマ、キツネなどの猟犬として活動していました。

ちなみに、「テリトリー(territory)」や「テラス(terrace)」も同じ語源です。
Q.2 テリアの中で、超小型犬に分類され、被毛の美しさから「動く宝石」とも呼ばれるのは、次のうちどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ヨークシャー・テリア」です。
ヨークシャー・テリアは平均体高は18㎝~23㎝、平均体重は2㎏~3㎏で、チワワに次いで小さな犬種とされています。 ただし、様々な犬種を交配させており歴史が比較的浅いことから、個体差も大きく、体重が2kgに満たない個体もいれば、5kgを超える個体もいるようです。

被毛は絹のように繊細で美しいことから「動く宝石」と称されています。
Q.3 テリアの仲間のうち、実際に存在しないのは、次のうちどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「シベリアン・テリア」です。
日本テリアは日本原産のテリアの一種で、1700年代にオランダから渡来したスムース・フォックス・テリアと小型の在来犬の交配により誕生しました。しかし、第二次世界大戦により数が激減したことをきっかけに日本での知名度は低くなり、絶滅も危ぶまれています。

アイリッシュ・テリアはアイルランド原産のテリア犬です。テリアの中では比較的大型の部類に入り、全身が赤茶色一色なのが特徴です。性格は勇敢で闘争心も高いですが、人間に対しては忠実で穏やかなため、家庭犬としても人気が高い品種です。

オーストラリアン・テリアは、1880年頃にオーストラリアで複数のテリアを複雑に交配して作られました。地面に潜って獲物を捕らえるだけでなく、畑を荒らすの野ウサギや、毒ヘビを捕まえる作業犬としても人気が高く、日本でも密かに人気があります。
問正解/ 問中
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

テリア犬32種から注目の8種を厳選して紹介!

ヨークシャー・テリアや、ジャック・ラッセル・テリア、ワイアー・フォックステリアなど、名前に「テリア」とつく犬の種類は結構多いですよね。 テリアとは、犬種のグループの名前で、ジャパンケネルクラブ(JKC)を含む国際畜犬連盟による犬種の分類では第3グループに属します。JKCは全部で32種類をテリアとして公認しており、小型犬から大型犬まで体格も豊富で、被毛の長さもさまざまです。 今回はそんなたくさんの種類がいる「テリア犬種」についてご紹介していきます。

「テリア」の由来は?

テリア 犬種 由来 テリア犬の「テリア」は「Terrier」と書き、語源はラテン語で「地」を意味する「terra」に由来します。フランス語で「獲物を穴の中まで追いかける能力」という意味もあります。 テリア犬種は攻撃的な性格と穴を掘る能力に長けていたことから、巣穴にいるネズミやキツネ、アナグマ、カワウソなどの狩猟犬として活躍してきました。そのため「テリア」と呼ばれるようになったのです。 テリア犬は現在では、コンパニオン・アニマルとして人気の種類です。しかし、このような背景もあり、噛むことが好きな(人を咬むのではなく、ものを噛むことを好む)子が多いでしょう。

テリアの歴史

テリア 犬種 歴史 テリア犬種は、ハウンドという犬種を改良して生まれ、他の犬種と比べて鼻が長いのが特徴です。 ダックスフンドをはじめとする、穴に潜ることを得意とする犬の多くはヨーロッパの国々で作り出されました。テリアも同様で、世界中のほとんどのテリアはイギリスが原産の犬種です。 狩猟犬として活躍してきた一方、テリアは農家のコンパニオン犬としても愛され、建物に害をなす小型の害獣を駆除してきました。また、テリアはネズミ捕り競技などのスポーツにも用いられてきた犬です。

テリアの代表犬種

ジャック・ラッセル・テリア

愛らしい表情とともに、鋭く知的な表情を兼ね備えているジャック・ラッセル・テリア。非常に活発で機敏で活動的なテリアです。ジャック・ラッセル・テリアと言えば、とにかく元気な犬というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 ジャック・ラッセル・テリアは犬として小型犬に分類されますが、柔軟で筋肉質な身体が特徴的で、その運動神経は計り知れません。 ジャック・ラッセル・テリアの被毛はスムースコート、ラフコート、ブロークンコートと3種類の毛質があり、それぞれ抜け毛の量やお手入れの仕方がそれぞれの種類によって異なります。 ジャック・ラッセル・テリアについてはこちらの記事で詳しく取り上げています。
【犬図鑑】テレビや映画で大活躍!ジャックラッセルテリアの特徴と魅力

日本テリア

日本テリアは、機敏でハツラツとした性格の日本生まれのテリア犬種です。 その名の通り日本テリアの原産国は日本で、1700年代にオランダから長崎に渡来したスムース・フォックス・テリアを日本的に改良して生み出されました。 日本テリアは”お雪テリア”、”ミカド・テリア”などの愛称で呼ばれ、抱き犬として愛育されてきました。スマートで輪郭の引き締まった小型犬で、被毛は2mm程度と非常に短い種類です。

ノーフォーク・テリア

かわいらしい表情と、短い脚が特徴的のノーフォーク・テリアは、最も小さいテリア犬種の一つです。小さな「いたずらっ子」と言えるその性格は、愛らしく、平和を好みます。コンパクトですが丈夫な体格をしており、機敏で恐れ知らずな犬です。 ノーフォーク・テリアは番犬としても優秀で、見知らぬものや異常な物音に対して吠える習性があります。

ブル・テリア

「犬界の剣闘士」と呼ばれているブル・テリア。『トイ・ストーリー』に登場する悪役シドの愛犬であるスカッドもこの種類です。筋肉質な体格と、利口な表情が特徴的で、卵形の頭部とつぶらな瞳がとても愛らしい犬種です。 ブル・テリアは情熱と勇気を持ち合わせており、飼い主によく従います。頑固なところもあるブル・テリアですが、特に人間とはいい関係になりやすい種類です。 どの犬もそうですが、ブル・テリアは育て方によっては危険な場合があるため、しっかりコントロールできるように必ずトレーニングをしましょう。飼育上級者向けの犬種と言えるでしょう。

エアデール・テリア

「キング・オブ・テリア」、すなわちテリアの王様と呼ばれるエアデール・テリアは、テリア犬の中で最も大きい種類です。針金のようなワイアーヘアーが特徴的なテリア犬です。 エアデール・テリアは外向的で、注意深く、攻撃的ではありませんが、怖いもの知らずな性格の犬です。

スコティッシュ・テリア

スコティッシュ・テリアは名前の通りスコットランド原産の犬種です。犬にしては小さいですが、がっしりとした体格です。 ディズニー映画『わんわん物語』に登場するジョックもスコティッシュ・テリアです。映画でも紳士的なイメージを持った犬でしたが、威厳があり、控えめでとても利口な性格です。勇敢ですが、攻撃的ではありません。 スコティッシュ・テリアの被毛の色はさまざまな種類が認められていますが、ブラック一色が定番です。

ベドリントン・テリア

ベドリントン・テリアは子羊のような見た目と、くさび型の頭にフサフサとした被毛が乗っているという独特なトリミング方法が特徴的な犬種です。日本には100頭もいないくらい希少な種類だと言われています。 ベドリントン・テリアは普段は温厚でおっとりしていますが、興奮すると勇ましくなります。また、テリアの中では異質な体型をしている種類で、グレーハウンドのように脚が長く、高速で走ることができます。

ワイアー・フォックス・テリア

ワイアー・フォックス・テリアはイギリス原産の犬で、キツネ狩りに用いられていたことからこの名前がつきました。 元気で好奇心が旺盛ですが、とても賢い犬です。警戒心が強く、慣れない人には近づきません。 ワイアー・フォックス・テリアの被毛は固く、その名の通りワイアー(針金)のような触り心地です。脚は長く、体長とほぼ同じ長さでスクエア型の体格をしています。

人気者「テリア」と楽しいワンコライフを!

テリア 犬種 コンパニオン犬 テリアの魅力は、個性豊かな風貌と、勝気で活発な「テリアキャラクター」です。 テリアはさまざまな犬種の中でも種類が多く、本当にたくさんの子がいます。そして、基本的にはどの犬も人間の良きパートナーになれるコンパニオン犬です。 テリアは周囲をひっかき回すのが大好きな犬なので、家族みんなを盛り上げてくれるでしょう。 みなさんもお気に入りのテリアを見つけてみてくださいね!