総合栄養食?療養食?ペットには正しい知識で正しいフードを!

ペットフードは、大切なペットの健康を維持する上で大切な役割を果たします。それぞれのペットに適した栄養を与えることが重要ですが、目的によっていくつかの種類に分類されていることはご存じですか?

正しい知識を持たずにフードを与えていると、必要な栄養素が不足してしまうこともあります。ペットが少しでも長く健康でいられるよう、ペットに与えるフードについて十分に理解しておきましょう。

今回はペットフードの分類と療養食について解説していきます。

ペットフードの分類

ペットフード,総合栄養食,間食,おやつ,療養食,サプリメント,栄養,チモシー,ドッグフード,キャットフード,不正咬合
ペットフードは、「ペットフードの表示に関する公正競争規約」において、その目的から以下の4種類に分類されています。

  • 総合栄養食
  • 間食
  • 療養食
  • その他の目的食

それぞれ、役割や含まれている栄養素が異なっているため、誤った与え方をしてしまうと、ペットの健康が脅かされてしまう可能性もあります。それぞれ一体どのような役割があるのか詳しく見ていきましょう。

総合栄養食

総合栄養食は、毎日の主食として与えることができ、そのフードと水だけで健康を維持できるよう、栄養パランスが整えられています。

基本的には総合栄養食のみで十分な栄養素が得られます。

間食

いわゆるおやつのことで、ご褒美やペットとのコミュニケーション手段として利用できます。ジャーキーやガム、魚肉製品、ジェル状のおやつなど、さまざまなタイプのものがあります。

与えすぎると栄養バランスが崩れ肥満につながるため、1日に与える量をしっかり管理する必要があります。

療養食

療養食は、特別に栄養バランスが調整されたフードのことです。病気の治療だけでなく、これ以上症状を悪化させないために与えることがあります。

療養食は獣医師の指導のもとで与えることが推奨されています。最近はさまざまな療養食も販売されていますが、フードの変更を希望する場合は、かかりつけの獣医師に相談しましょう。

その他の目的食

総合栄養食、療法食、間食のいずれにも当てはまらないものを「その他の目的食」といいます。総合栄養食ではないフードや栄養補給を目的としたサプリメントなどを指し、「副食」や「栄養補完食」などと表記されていることがあります。

療養食の種類

ペットフード,総合栄養食,間食,おやつ,療養食,サプリメント,栄養,チモシー,ドッグフード,キャットフード,不正咬合
療養食といっても、病気によって栄養バランスが異なるため、違う病気用の療養食を与えてしまうと、必要な栄養が不足してしまう危険があります。それぞれの病気によってどのように栄養素が違うのか見ていきましょう。

なお、これらは一般的なものを紹介しています。フードによって細かい部分に違いがありますので、獣医師の指示に従うようにしてください。

皮膚疾患の療養食

皮膚疾患は、皮膚のバリア機能が低下し、細菌などが入り込んで炎症を起こしたり、皮膚が荒れたりすることで引き起こされます。

皮膚疾患用の療養食には、皮膚の炎症を抑制する効果があるオメガ3脂肪酸や、皮膚のバリア機能を維持するオメガ6脂肪酸が強化されています。また、アレルギーが原因の可能性もあるため、食物アレルギーの原因になりにくい原材料を使用しています。

腎臓病用の療養食

腎臓病用の療養食はタンパク質やリンの含有量を抑えています

リンは健康な動物にとってはとても重要な栄養素ですが、腎臓病を患うと血液中のリン濃度の調節がうまくできず、リンの濃度が高くなり腎臓への負担がさらに高まるため、腎臓病を患っている場合には摂取を控える必要があります。

心臓病の療養食

心臓病を患っている動物にとって、ナトリウムを摂取しすぎてしまうと心臓への負担がさらに高まります。そのため、心臓病用の療養食はナトリウム量が制限されています。

尿路結石用の療養食

尿路結石の原因は、マグネシウムやカルシウム、ナトリウムなどのミネラルです。そのため、尿路結石用の療養食にはこれらの栄養素が制限されています。

肥満用の療養食

体重を減らそうとしてフードの量を減らしてしまうと、他の重要な栄養素が不足してしまいます。そのため、肥満用の療養食は低カロリーながら必要なタンパク質やビタミン、ミネラルを十分に摂取できるよう調整されています。

回復食

病気の回復期や手術後などに与える療養食で、カロリーと栄養素を多く含んでいます。

異なる動物のフードは与えない

ペットフード,総合栄養食,間食,おやつ,療養食,サプリメント,栄養,チモシー,ドッグフード,キャットフード,不正咬合
ドッグフードとキャットフードは見た目もよく似ており、犬にキャットフードを、猫にドッグフードを与えてもいいのでは?と考える人もいるかもしれません。しかし、必要な栄養素は動物によって異なるため、その動物専用のフードを与えなければいけません。

例えば、食事やサプリメントからの摂取が必要な必須アミノ酸だけ見ても、犬は10種類なのに対し猫は11種類です。他にも、肉食動物である猫は犬よりも多くタンパク質を摂取する必要があります。また、体内でビタミンCを合成できないモルモットは、食事からビタミンCを摂取しなければいけません。

このように、必要な栄養素は動物によって異なるため、専用のフードを与えることが大切です。

最後に

ペットフード,総合栄養食,間食,おやつ,療養食,サプリメント,栄養,チモシー,ドッグフード,キャットフード,不正咬合
人に飼育されているペットは自分で食事を選ぶことはできません。飼い主が正しい知識を持たずに餌を与えてしまうと、栄養失調になってしまったり、逆に肥満になってしまったりします。

何のために与えているか、与えているフードの種類や量は適切かどうかを改めて確認してみましょう。

災害に備えてペット用品もローリングストックを考えよう!

災害大国である日本は、普段から非常食などを備えておく必要があり、実際に防災グッズを用意している家は多いでしょう。しかし、なかなか使う機会がないと、いざという時に賞味期限が切れていたなどのトラブルが起こる可能性があります。

そこで近年取り入れられているのが「ローリングストック」という方法です。

この記事では、ペット用品のローリングストックについて解説していきます。平常時こそ、防災意識を高めて災害に備えましょう。

ローリングストックとは

ローリングストック,防災,非常食,避難,ドッグフード,キャットフード,ミネラルウォーター
ローリングストックとは「回転させて備蓄する」という意味があり、災害に備えて食品を長期間備蓄するのではなく、定期的に消費しつつ買い足していくという方法です。

最近はローリングストックという考え方が浸透しているため、すでに行っているという家庭も少なくないかもしれません。しかし、ペットのためのローリングストックはできているでしょうか。

ペット用品をローリングストックすることで、いざ必要になったときに賞味期限が切れてしまっていたり、保管している間にペットの嗜好が変わって食べなくなってしまったということを予防できます。また、定期的に場所を確認することになるため、どこに置いたかわからなくなってしまったということもなくなるでしょう。

ローリングストックを推奨するもの

ローリングストック,防災,非常食,避難,ドッグフード,キャットフード,ミネラルウォーター
では、主にどんなものをローリングストックしていけばいいのでしょうか。具体的には以下のものが挙げられます。

  • フード
  • おやつ

生きるために必要不可欠な消耗品は、ローリングストックの対象と考えて良いでしょう。賞味期限が短かったり、嗜好が変わりやすいフードだけでも効果的です。

ローリングストックのやり方

ローリングストック,防災,非常食,避難,ドッグフード,キャットフード,ミネラルウォーター
普段与えているフードを多めに購入しておき、日常的に餌を与えて減った分を新たに購入して補充していきます。購入するタイミングが遅くなるとローリングストックではなくなってしまいますので、ストックを常に切らさないことが重要です。こうすることで賞味期限が切れてしまうことなく安心して備蓄できます。

大きなパックのフードは、災害時に持ち運びやすいように、少量のパックも用意しておくと便利です。

フードは何日分用意すればいい?

環境省によると、5日〜7日分程度は必要とされていますが、できれば3週間分くらいあると安心です。

なぜなら、2011年の東日本大震災の初期にはペット用の物資を運ぶ車が緊急車両として認められず、ガソリンが不足していたなどの理由も重なり、避難所によっては半年ほどペット関連の物資が届かなかったところもあったためです。

首都直下型地震が発生した場合、物流が麻痺してしまい、支援物資が何日も届かないことが想定されています。

特殊な環境だからこそ食べ慣れているものを

もしペット用の支援物資がすぐに届いたとしても、食べ慣れていないものだと、ペットが食べないことも考えられます。避難所に届けられるのは安価なフードの場合もあり、普段から良いフードを与えているとグレードの低いフードは喜びません。

場合によっては、フードが合わずお腹を壊してしまうこともあるでしょう。

避難所生活はそれだけでも大きなストレスです。大変なときだからこそ、食べ慣れたものを与えて安心させてあげてください

特殊なフードは多めにストックを

通常のフードであれば、どうにかしてまかなえるかもしれません。しかし、子犬やシニア用、療養食などの少し特殊なフードを与えている場合、非常時には手に入りにくいため、特に多めに備蓄しておくことをオススメします。

また、常備薬については主治医と相談してみましょう。

ミネラルウォーターに注意

非常用の水としてミネラルウォーターを備蓄している方も多いでしょう。しかし、硬水と軟水をしっかり意識していますか?

硬水のミネラルウォーターにはカルシウムやマグネシウムなどが多く含まれており、飲み過ぎると尿結石症を引き起こす原因にもなります。一時的であれば大きな問題はありませんが、尿結石症を患っている子は症状を悪化させてしまう可能性もあります。

また、日本の水道水は軟水であるため、硬度の高いミネラルウォーターでは嫌がって飲まないこともあります。

もしすでに備蓄してあるミネラルウォーターがあれば今一度確認しておきましょう。これから購入するという方は、ぜひ軟水を選んでください。

最後に

ローリングストック,防災,非常食,避難,ドッグフード,キャットフード,ミネラルウォーター
いつ起こるかわからないからこそ、普段から防災意識を高める必要があります。どのように避難するか、何を持っていかなければいけないかなどを日頃から考えておくのも飼い主の責任です。特に多頭飼育をしている場合は、しっかりシミュレーションしておきましょう。

避難所生活はペットにとっても大変なストレスがかかります。そんな中で食べ慣れていないフードは食べられないかもしれませんし、療養食や薬がないとペットの健康に関わってくるため、事前の準備がとても大切です。

ペットのためにも、無駄を出さず気軽にできるローリングストックを始めてみてはいかがでしょうか?

ペットフードの肉副産物・ミールミート・肉骨粉は悪いもの?

ペットフードのパッケージに「肉副産物」「ミートミール」「肉骨粉」などと書いてあると「よくないもの」「粗悪品」と思って購入をためらっていませんか?ヒューマングレードと書いたペットフードでなくてはダメと思っていないでしょうか?

実は肉副産物・ミートミール・肉骨粉などは決して悪いものではありません。

今回は、肉副産物・ミールミート・肉骨粉は安全なのか、ヒューマングレードのペットフードとは何かについて解説します。

肉副産物、ミートミール、肉骨粉とは

犬,猫,ドッグフード,キャットフード,ペットフード,肉副産物,ミールミート,肉骨粉,ヒューマングレード
肉副産物、ミートミール、肉骨粉とはどのようなものでしょうか?詳しく説明していきます。

1. 肉副産物

肉副産物とは、家畜の肝臓や脾臓、腎臓、肺、胃腸、骨、脂肪組織などのことです。

「副」という文字のせいか「肉ではない体によくないもの、食べられないもの」といった印象を受けるかもしれません。しかし、肉副産物の部位はビタミンやミネラルが豊富で栄養価が高く、むしろ犬や猫にとって重要な栄養素を得られます

野生時代の犬や猫たちが獲物の内臓まで食べていたことを考えれば、副産物を食べるのは理にかなっているといえるでしょう。

2. ミートミールとは

「ミートミール」とは、血液や被毛、ひづめ、角、反すう動物の胃内容物、フン尿を「除去した」動物組織を加圧、加熱処理して粉状にしたものです。そのため、ミートミールには毛皮やひづめはもちろんフン尿など排泄物は混在していません。ペットたちにとって、高タンパクで有用な原料だといえます。

原料になる動物は、牛・豚・ヤギ・羊などの家畜です。家畜以外の動物が混ざらないように厳重な管理下で製造しています。

「家禽ミール」は鶏や七面鳥など家禽を乾燥処理した原材料です。また、魚介類を原料にした「魚粉」もあり、製造工場では魚粉以外の動物性たんぱく質は使用できません。

3. 肉骨粉(ミートボーンミール)とは

ミートミールに骨を加えて粉状にしたもので、タンパク質に加えてカルシウムなども豊富に含みます

肉骨粉と聞くと、BSE(牛海綿状脳症)が心配になるかもしれませんが、BSE(牛海綿状脳症)汚染国の牛由来の肉骨粉は使用することはありません。現在は、原料とともに収集先、製造方法、輸送についても国が厳重に規制を行っています。

粉状にするメリット

加熱処理後に粉状にすることで、栄養が凝縮されており原材料に均一にまぜやすいといったメリットがあります。そもそも水分が含まれないので腐敗などのリスクが低く、流通もしやすい点もメリットです。

肉副産物・ミールミート・肉骨粉について心配は不要

肉副産物・ミールミート・肉骨粉の原料は、人間の食用である家畜を利用すると定められています。つまり、豚肉ならモモ肉やバラ肉などは人間用とし、内臓肉などはペット用にします。

病気で死んだ家畜や交通事故に遭った野生動物などの肉が原料として混入することはありえないため心配は無用です。日本には、愛がん動物用飼料(ペットフード)の安全性の確保に関する法律「ペットフード安全法」によって製造方法や成分規格が定められ、市販のペットフードの安全が確保されています。

ペットフードの原材料|一般社団法人ペットフード協会 (petfood.or.jp)

問題のあるペットフードは流通されない

犬,猫,ドッグフード,キャットフード,ペットフード,肉副産物,ミールミート,肉骨粉,ヒューマングレード
市販のペットフードは、規格や基準を満たし製造または輸入されたものです。もちろん誰でも気軽にペットフードを作ったり輸入したりできるものではありません。法人、個人を問わず、事前に各都道府県の農林水産省地方農政局に届け出をする必要があります。

ペットフードがペットフード安全法に則って作られているかどうか、国と独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)が製品の品質チェックの抜き打ち検査を行っています。もしも問題のあるペットフードが見つかった場合は、回収・廃棄の命令が下されます。

人とペットで食べる部位を取り合い?

犬,猫,ドッグフード,キャットフード,ペットフード,肉副産物,ミールミート,肉骨粉,ヒューマングレード
ペットフードは、肉副産物である内臓肉や魚の血合い肉など人間があまり食べない部位を原材料にしてきました。例えば、魚の血合い肉は見た目が悪く人間用には加工されていませんが、猫には適していたため猫用フードに利用されていました。人とペットは家畜や魚をシェアしていたため、ペットフードの価格も抑えられていたといえます。

しかし、最近は飼い主さんのニーズも高まっていることから、人間が食べる部位を原料にした「ヒューマングレード」のペットフードが増えています。今では人とペットが原料について競合するようになっているということです。

家畜や魚などは、人間にとってもペットにとっても大変貴重な資源です。将来どのように食べていくのか考えていかなければいけません。

ペットフードの原材料|一般社団法人ペットフード協会 (petfood.or.jp)

まとめ

犬,猫,ドッグフード,キャットフード,ペットフード,肉副産物,ミールミート,肉骨粉,ヒューマングレード
ペットフードの原料である、肉副産物・ミールミート・肉骨粉に対してネガティブなイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし実際は、家畜の肝臓や脾臓、腎臓、肺、胃腸、骨、脂肪組織などを加工したもので決して体に悪いものではありません。

むしろ、栄養価が高くペットにとっては有用な原料であり、加工しやすいといった利点もあります。ペットフードの原料は、ペットフード安全法によって管理されているので心配する必要はありません。

これまでは、内臓肉などをペットたちが食べ、モモ肉などは人間が食べて畜産物をシェアしていました。近年は、本来は人間が食べる部位もペットフードになっています。貴重な資源である家畜や魚介類を、今後人間とペットでどう食べていくか考える必要があるでしょう。

【獣医師監修】犬のお腹が鳴る理由とは?考えられる病気と生活習慣

お腹のキュルキュルという音は「腹鳴(ふくめい)」と言います。人間でもお腹を壊したときなどに鳴ることがありますよね。

しかし、腹鳴があるからと言って必ずしも体調不良というわけではありません。それが正常か、そうでないかを見分けることは非常に重要です。

今回は犬の腹鳴について解説します。

体調不良による腹鳴

犬,腹鳴,腸閉塞,寄生虫,ドッグフード,早食い,運動不足,ストレス
まず紹介するのは、体に何らかの異常があるときの腹鳴です。

腸閉塞、胃捻転、異物など、すぐに対処しなければならないものが含まれています。腹鳴の他に何か徴候がないかを、しっかりと確認しなければなりません。愛犬の様子をよく観察しましょう。

膵炎

【症状】
連続した嘔吐、下痢、元気消失、食欲不振、腹痛、腹鳴など。
【原因】
高脂血症、肥満、脂肪の多い食事、内分泌疾患(副腎皮質機能亢進症、糖尿病、甲状腺機能低下症)などが危険因子となる。
【備考】
急性膵炎は、胆嚢炎や胆管炎を引き起こすことも多く、黄疸が見られることもある。

腸閉塞

【症状】
元気消失、食欲不振、嘔吐、下痢、腹痛、口からの糞臭など。
【原因】
異物の誤飲(プラスチック片、布、ひも、植物の種、おもちゃなど)、腫瘍、ポリープ、腸重積、腸ヘルニア、重度の便秘など。
【備考】
原因として最も多いのは異物誤飲であるため、いたずらされそうなものには気をつける。

胃腸炎

【症状】
嘔吐、下痢、元気消失、食欲不振、腹痛、腹鳴など。
【原因】
細菌、ウイルス、寄生虫などの感染、食物アレルギー、中毒、薬剤など。
【備考】
正確な原因の解明には内視鏡検査が必要となることがあるが、動物の体に大きな負担となるため、まずは治療をして反応を見る診断的治療が行われることが多い。

消化管内寄生虫(犬回虫、瓜実条虫など)

【症状】
食欲低下、下痢、血便、腹鳴など。
【原因】
犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫などの寄生虫の感染による。
【備考】
多頭飼育の場合には集団感染に注意しなければならない。感染は主に感染犬の排泄物からの経口感染やノミを介しての感染となるため、予防に努める。

胃拡張・胃捻転症候群

【症状】
急激なショック症状(虚脱、循環不全など)、えずき、腹鳴、腹部膨満、流涎など。
【原因】
多量の飲水や食事摂取、食事直後の運動などが原因となる。
【備考】
緊急疾患であるため、迅速な処置が求められる。食後の発症が多いため注意。大食いや早食いの癖がある場合には、食事を数回に分けるなどの工夫が求められる。

消化管内異物

【症状】
嘔吐、吐血、元気消失、食欲不振、腹痛など。
【原因】
おもちゃ、大きい種、とうもろこしの芯、ビニール、プラスチック片、布などを誤飲することによる。
【備考】
小さいものであれば便として排泄されることもあるが、ある程度の大きさのものの場合は内視鏡や外科手術によって異物を摘出する必要がある。

生理的範囲内での腹鳴

犬,腹鳴,腸閉塞,寄生虫,ドッグフード,早食い,運動不足,ストレス
病気ではないものの、生活習慣や環境によって腹鳴が現れることがあります。

また、これらの原因の他にも、ただの消化音も腹鳴に含まれます。何か思い当たることがないか確認し、もし原因があるなら取り除いてあげましょう。

空腹

お腹が空いている時にお腹が鳴るのは当たり前のことですよね。前回の食事の時間を確認し、もし時間が経っているようなら軽く食事を用意してあげましょう。あるいは1日2回の食事回数であるなら、1日3回に増やしてあげるのもいいでしょう。

空腹による腹鳴であれば、愛犬の元気や食欲は普段通りのはずです。

フードが合っていないことによる消化不良

消化不良が起こっていても腹鳴が現れることがあります。

特に、ライフステージ(シニア期への転換、避妊/去勢後など)の変化ではフードを切り替えることが多いでしょう。フードを切り替える場合は、いきなりではなく、今まで食べていたものに新しいフードを混ぜながら徐々に行いましょう

また、フード切り替えにあたって、食物アレルギーにも注意しなければなりません。腹鳴の他に嘔吐や下痢といった消化器症状や、痒みなどの皮膚症状が発現しないかを十分に確認しましょう。

ストレス

引っ越しなどの環境の変化によって、愛犬が生活にストレスを感じると腹鳴が現れることがあります。これは自律神経が乱れるためで、散歩や一緒に遊ぶなどしてストレスを解消してあげましょう。

また、日頃から愛犬にストレスを与えないような環境を整えることも重要です。

早食いや大食い

食事と一緒に空気を大量に飲み込んでしまうことで、腹鳴が起こります。また、大量の食事による食物の異常発酵によって、体内でガスが産生されることでも腹鳴が起こります。おならやゲップが多いことで判断できることもあります。

空腹時間が長いことで早食いになっている可能性もあるので、食事回数を見直すのもいいかもしれません。

運動不足

運動不足は食欲低下や、胃腸機能の低下を引き起こします。腸が正常な働きをしない時には、お腹が鳴ることがあります

ストレス解消も含めて、定期的な散歩によってしっかりと運動の習慣をつけましょう。

まとめ

犬,腹鳴,腸閉塞,寄生虫,ドッグフード,早食い,運動不足,ストレス
腹鳴を始めとする消化器系の異常は、犬において最も一般的な動物病院受診理由です。また、愛犬と一緒に生活をしていて気づきやすい徴候でもあります。

しかし、それが正常かそうでないかを判断するのは困難なこともあります。放っておくと良くない疾患が隠れていることも少なくありません。

気になることがあれば、それがどんなに小さなことでも動物病院に相談しましょう。

【獣医師監修】歯周病だけじゃない!犬の口臭で気をつけたい疾患とは

ふと愛犬の口が臭うと感じたことはありませんか?ヒトではオーラルケアに関心が集まり、歯周病の予防や口臭のケアに対するグッズもたくさんあります。

では、犬における口臭は普通のことなのでしょうか。実は犬の口臭もまた、見過ごしてはならない病気の徴候である可能性があります。

今回は、犬の口臭で考えられる疾患について解説します。

犬の口臭で考えられる疾患とは

犬,口臭,歯周病,腫瘍,腎不全,肝不全,ドッグフード
犬の口臭の原因は、主に口腔内疾患と内臓疾患が考えられます。

口腔内疾患

  • 歯周病(歯肉炎、歯周炎など)
  • 口腔内腫瘍

内臓疾患

  • 胃炎
  • 腎不全
  • 肝不全
  • 腸閉塞

それぞれの疾患について詳しく見ていきましょう。

口腔内疾患

犬,口臭,歯周病,腫瘍,腎不全,肝不全,ドッグフード
口臭が認められた時にまず考えなければならないのは、口の中の異常です。特に歯周病は犬において非常に一般的な疾患です。

自分で歯みがきをする習慣がない犬にとって、食べたものが歯垢や歯石に変わるのは当たり前のことです。歯石の除去には全身麻酔が必要であり、愛犬にとって負担の大きい治療が必要になります。

さらに、口腔内の腫瘍も口臭の原因となり得ます。子犬の時から歯みがきを習慣づけ、口の中をしっかりと確認するクセをつけておくといいかもしれませんね。

歯周病(歯肉炎、歯周炎など)

【症状】
口の痛み、口臭、食欲不振など。カリカリのフードを食べなくなった、噛むおもちゃで遊ばなくなることも多い。
【原因】
歯に歯石が沈着し、そこで細菌が繁殖することによる。
【備考】
犬の唾液は弱アルカリ性であり、歯垢が歯石に変化するのがヒトより早い(2~3日程)。歯周ポケット(歯の付け根の隙間)に歯石が沈着していることも多いため、歯石の除去は全身麻酔を伴うことが一般的。また歯石除去後は歯の表面がザラザラになり、再び歯石が沈着しやすいため、ポリッシング処置によって磨くことも重要。

口腔内腫瘍

【症状】
口の痛み、出血、嚥下困難、口臭など。
【原因】
口の中における各種腫瘍の発生。この腫瘍が自壊、出血し周囲に炎症をもたらすことでニオイが生じる。
【備考】
口腔内腫瘍としては悪性黒色腫、扁平上皮癌、線維肉腫などが多い。腫瘍が大きくなれば肉眼的にも発見は容易だが、それよりも前に何らかの異常を感知することが重要。

内臓疾患

犬,口臭,歯周病,腫瘍,腎不全,肝不全,ドッグフード
口の中だけでなく、消化器を始めとする各種内臓疾患においても口臭が発生することがあります。それは過度に分泌された消化液によるものであったり、解毒できない毒素が体内を巡ることによります。

口腔内に異常がない場合や、口臭以外の症状が現れている場合には注意が必要です。特に、嘔吐などの症状は、口臭よりも先だって現れることも少なくありません。

胃炎

【症状】
嘔吐、元気消失、食欲不振、吐血、腹痛など。
【原因】
微生物(細菌、ウイルス、寄生虫など)の感染、食物アレルギー、質の悪い食事、中毒など。
【備考】
嘔吐後には胃酸が口腔内に付着するため、口から酸っぱいニオイがすることがある。例えば留守中に嘔吐した後、その吐物を食べてしまった場合でも口のニオイで何かを感知することができるかもしれない。

腎不全

【症状】
元気消失、食欲不振、嘔吐、脱水、多飲多尿、貧血など。重症化すると乏尿、無尿、痙攣、体温低下、尿毒症などが見られて危険。
【原因】
細菌やウイルスの感染、腎血流量の低下(心不全、ショックなど)、免疫疾患、尿結石など。
【備考】
尿毒症ではアンモニアのような口臭が起こることがある。

肝不全

【症状】
食欲不振、嘔吐、黄疸、腹水貯留、神経症状など。
【原因】
急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変など。
【備考】
コッカー・スパニエルやラブラドール・レトリーバーは遺伝的に銅を排泄する機能が低いことがあり、慢性肝炎に罹患しやすいと言われている。口臭は肝臓で解毒されるべき毒素が体内を循環することによって起こることがある。

腸閉塞

【症状】
元気消失、食欲不振、嘔吐、下痢、腹痛など。
【原因】
異物の誤飲(プラスチック、ひも、植物の種、布など)、腫瘍、腸重積、重度の便秘など。
【備考】
腸の閉塞によって口から糞臭がすることがあるが、それよりも前に嘔吐や腹痛の症状が現れることが多い。また腸穿孔を起こすと腹膜炎やショックなど激烈な症状を呈し、非常に危険である。

フードの劣化

犬,口臭,歯周病,腫瘍,腎不全,肝不全,ドッグフード
病気以外に口臭が現れる原因として、フードが古くなっていることが考えられます。口が臭うなと感じたときは、まずフードの賞味期限を確認しましょう。

海外で作られたフードは賞味期限の表示が「日/月/年」の順番になっているので確認の際には注意してください。フードが古いものではないのに口臭がする場合には、動物病院を受診したほうがいいかもしれません。

まとめ

犬,口臭,歯周病,腫瘍,腎不全,肝不全,ドッグフード
口臭に関してあまり深刻に考えない方も多いと思います。しかし、やはりいつもと違うことには何か原因があり、そこには病気が隠れていることも少なくありません。

中には放置することでどんどん悪化していくような体の異常もあるかもしれません。たかが口臭と思わず、何か気になることがあれば気軽に動物病院に相談してください。

【クイズ】今こそ再確認!愛犬にドッグフードを正しく与えてる?

愛犬が健康的に生きていくために必要不可欠なのがドッグフードです。しかし、いつものルーティンだからとなんとなく与えているだけでは、かえって犬に負担がかかってしまうかもしれません。ドッグフードの与え方に問題がないか、改めて確認してみましょう。

今回は、ドッグフードについて、クイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、ドッグフードクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 「総合栄養食」と呼ばれるドッグフードの説明はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ドッグフードと水だけで健康を維持できる」です。
ドッグフードを目的別に分類すると、「総合栄養食」「間食」「療養食」「その他」の4つに分けられます。

「総合栄養食」とは、毎日の主要な食事として与えることを目的としており、これと水だけで健康を維持できるようなバランスのとれたフードのことです。
Q.2 ドッグフードを与える際に注意したいこととして「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「毎日決まった時間に与える」です。
ドッグフードを毎日同じ時間に与えている場合、いつもの時間に食事が摂れないと犬はストレスを感じます。また、時間が決まっていると、その時間の前からそわそわし始めてしまうため、意識的に時間をバラした方が良いでしょう。

一度にたくさんのフードを摂取すると胃腸に負担がかかってしまうため、一般的には1日に2回以上に分けて与えるのが望ましいとされています。子犬や老犬は3〜5回など、さらに回数を増やすのがおすすめです。

置きエサをすると、犬はいつでもご飯を食べられると思い、思ったように食べなくなってしまうことがあります。また、ずっと置いておくことでフードが酸化し、劣化してしまうため、30分ほどしたら片付けましょう。その際、残したフードの量をチェックしておき、次の食事の時に多く与えて一日の摂取量を変えないようにしてください。

犬は腸拡張や腸捻転を起こしやすいため、運動の前後1時間は食事を避けましょう
Q.3 ドッグフードを変更するときに気を付けることとして「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「前のフードを完全に食べ切ってから一気に変更する」です。
食べ慣れたフードを突然変えてしまうと、犬が食べてくれなくなったり、消化器系に負担がかかったりする場合があります。フードを切り替える場合は、今まで使っていたフードに新しいフードを混ぜて使うようにし、少しずつ新しいフードの割合を増やしていきましょう

犬は、成長過程によって必要な栄養やエネルギーが異なります。ライフステージに合わせてフードを選択してあげてください。

食べないからといって頻繁にフードの種類を変えてしまうと、「食べなければもっと美味しいご飯を食べられる」と学習してしまいます。フードの変更は慎重に行いましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
その方法は間違っているかも!正しいドッグフードの与え方とは?
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

ドッグフードの酸化に要注意!病気のリスクと対策方法とは

1度開封したドッグフードは、食べ切るまでに何日間かかっていますか? 2週間以内という方もいれば、1ヶ月以内、中には4ヶ月以上かかるという方もいるかもしれません。 大容量のドッグフードは割安なのが魅力的ですが、その反面、「酸化が進んでしまう」というデメリットがあります。 酸化したドッグフードを与え続けてしまうと、下痢や嘔吐の原因や、時には大きな病気の原因になってしまうこともあり、侮れません。 今回の記事では、ドッグフードが酸化しやすい理由や、病気のリスク、酸化を防ぐ方法などをご紹介します。

そもそも食品の「酸化」とは

ドッグフード,酸化,病気,保管 一般的に「酸化」とは、「電子を失う反応」と説明されます。 いまいちピンとこないかもしれませんが、クギやコインが錆びるのも酸化の一例で、結構身近にあるものです。 食品の酸化は、食品に含まれる油分やフレーバー成分などと空気中の酸素が反応することで起こり、風味が落ちるだけでなく、健康に悪影響を及ぼすこともあります。

ドッグフードが酸化しやすい理由

ドッグフード,酸化,病気,保管

ドッグフードの成分

ドッグフードには、特に酸化しやすい油分が多く含まれています。また、種類にもよりますが、ドッグフードに含まれることが多いタンパク質やフレーバー成分も酸化しやすいため、全体的にドッグフードは酸化しやすいものと考えましょう。 特に、トウモロコシなどの原料を使用したフードは価格が安い反面、酸化しやすいです。 また、健康に配慮してオメガ3脂肪酸を含んだドッグフードを選ぶ飼い主さんも多いようですが、サーモンオイルなどの脂肪酸も酸化しやすい成分です。

酸化防止剤は危険?

ドッグフードの酸化を抑えるため、酸化防止剤を使用しているものもありますが、化学合成酸化防止剤は継続的に摂取すると「がん」になりやすいとされているので、注意が必要です。 ローズマリー、トコフェロール(ビタミンE)、アスコルビン酸(ビタミンC)などの天然酸化防止剤であれば安心ですが、特にトコフェロールは酸化を防ぐ効果が弱いことに留意しましょう。 また、特に素材にこだわった高級ドッグフードでは、酸化防止剤を使用していないものもあるため、保存方法等に十分配慮する必要があります。

海外製のドッグフードに注意

素材の品質や栄養面を考慮して、海外製のドッグフードを選ぶ飼い主さんも多いでしょう。 もちろん、フードそのものの品質は良いものも多いでしょうが、湿度の高い日本の気候を配慮したパッケージでないと、すぐに酸化が進んでしまう恐れがあります。 海外製のドッグフードを与える場合は、開封後は密閉容器に移し替えるなどの工夫をした方が良いかもしれません。

酸化したドッグフードが愛犬の健康に及ぼす影響

ドッグフード,酸化,病気,保管

酸化したドッグフードを食べ続けると

酸化が進んだドッグフードを継続的に与えてしまうと、嘔吐や下痢、腹痛、食欲不振など、消化器系の症状が現れることがあります。 さらに症状が進むと、肝機能低下や膵炎、腎泌尿器障害、動脈硬化、アトピー性皮膚炎などの病気のリスクが高まります。

酸化によって栄養が損なわれる

「総合栄養食」と書いてあるドッグフードは、ドッグフードと水を与えていれば、それで必要な栄養が基本的には全て補うことができます。 しかし、ドッグフードの酸化が進むと、栄養素が損なわれてしまい、犬が栄養不足に陥ってしまう恐れがあります。

ドッグフードの酸化を防ぐ方法

ドッグフード,酸化,病気,保管

1. 長くても1ヶ月で食べきれる量を購入する

ドッグフードは、大容量のものを選ぶと割安ですが、何ヶ月間も開け閉めを繰り返すとどんどん酸化していってしまいます。 少し高く感じてしまうかもしれませんが、ドッグフードはできれば2週間以内、長くても1ヶ月以内で食べ切れるサイズのものを選びましょう。 少しずつ小分けになっているドッグフードを選ぶのもおすすめです。

2. 冷暗所で保管する

ドッグフードは、直射日光の当たらない冷暗所で保管するのが鉄則です。 ただし、たとえ夏場であっても、冷蔵庫にドッグフードを入れておくのはNGです。これは、冷蔵庫内と外の温度差が大きいために保存容器に結露が発生しやすく、カビが生えたり、フードが劣化しやすくなるからです。 なお、ウェットフードの場合は、開封後は冷蔵庫で保管し、数日以内に使い切る必要があります。

3. 容器はしっかり密閉する

ドッグフードは、密閉容器に入れたり、小分けにしたりして、空気に触れる時間を極力減らすことが重要です。 ドッグフード専用の保存容器でも、中には密閉性が低いものもあります。 ゴムパッキング付いているものや、真空保存ができるものなど、密閉性の高いものを選びましょう。
エビス(Ebisu)
¥300 (2024/05/27 06:15:26時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ドッグフード,酸化,病気,保管 愛犬の健康のために、品質の高いドッグフードを選ぶ飼い主さんは増えています。 その一方で、ドッグフードの酸化にも気をつけないと、せっかくこだわって選んでも結果的に愛犬の健康を害してしまうリスクが高まってしまいます。 できるだけすぐに食べ切れるサイズのドッグフードを選び、保管方法を工夫することで、ドッグフードの酸化を防ぎ、愛犬の健康を守っていきましょう。

その方法は間違っているかも!正しいドッグフードの与え方とは?

毎日愛犬に与えているドッグフード、正しく与えられているでしょうか?誤った与え方をすると、思うように食べてくれなかったり、肥満に繋がってしまったりすることもあります。 この記事では、ドッグフードの正しい与え方についてご紹介します。あまり深く考えてこなかった方も、ちゃんと考えているという方も、ぜひご一読ください。

ドッグフードの種類

犬,ドッグフード,餌,種類,総合栄養食,ライフステージ,カロリー,おやつ,早食い,肥満 ドッグフードを目的別に分類すると、以下の4つに分けられます。
・総合栄養食:毎日の主要な食事として与えることを目的とし、これと水だけで健康を維持できるようなバランスのとれたフード ・間食:おやつなど、限られた量を与えるフード ・療養食:栄養的な補助が必要な犬に合わせて、栄養成分の量や比率が調整され、治療を補助する目的で用いられるフード ・その他:上3つに該当せず、特定の栄養の調整やカロリー補給、嗜好性増進を目的に与えるフード
今回は、この中でも「総合栄養食」「間食」についてお伝えします。

ドッグフードを与えるときの8つのポイント

犬,ドッグフード,餌,種類,総合栄養食,ライフステージ,カロリー,おやつ,早食い,肥満 普段何気なく与えている毎日の食事。誤った与え方をしてしまうと、犬に負担をかけてしまいます。 ここでは、ドッグフードを与える際に気をつけたいポイントを解説していきます。

1. 1日の給餌量を守る

愛犬が欲しがるからと、1日の給餌量を超えて与えてしまうと肥満の原因になってしまいます。肥満は万病の元ですので、犬の健康のためにも多く与えることはやめましょう。 その分、一緒に遊んだりマッサージをしたりするなどして、別の部分で欲求を満たしてあげましょう。

2. 1日に2回以上に分けて与える

犬種やライフステージにもよりますが、一般的には1日に2回以上に分けて与えるのが望ましいとされています。 一度にたくさんのフードを摂取すると、胃腸に負担がかかってしまいます。また、犬にとって食事は楽しみな時間ですので、1日に複数回あったほうが喜んでくれるでしょう。

3. なるべくバラバラの時間に与える

食事の時間が毎日きっちり決まっていると、仕事などで帰宅が遅くなりいつもの時間に食事が摂れないと犬はストレスを感じます。 また、時間が決まっていると、その時間の前からそわそわし始めてしまいます。そうなると、例えば朝起きて餌を要求する時間がどんどん早くなって飼い主さんが寝不足になってしまうこともあります。 意識的に時間をバラすように心がけましょう。

4. 置きエサはしない

いつでも食べられるようにと、ドッグフードをお皿に入れっぱなしにするのはよくありません。 置きエサをすると、犬はいつでもご飯を食べられると思い、思ったように食べなくなってしまうことがあります。また、ずっと置いておくことでフードが酸化し、劣化してしまいます。 食べ残していても、30分ほどしたら片付けましょう。その際、残したフードの量をチェックしておき、次の食事の時にいつもより多く与えて一日の摂取量を変えないようにしてください。

5. ライフステージに合わせたフードを

犬は、成長過程によって必要な栄養やエネルギーが異なります。現在飼育している犬のライフステージに合わせてフードを選択してあげてください。 また、食事を与える回数も重要です。胃が小さく少しずつしか食べられない子犬は1日4回〜5回成犬は2回、消化機能が衰えてきたシニア犬は3〜4回を目安に、食事回数を調整してあげてください。

6. フードを変更するときは時間をかけて

先ほど、ライフステージに合わせてフードを選択するとお伝えしましたが、食べ慣れたフードを突然変えてしまうと、犬が食べてくれなくなったり、消化器系に負担がかかったりする場合があります。 フードを切り替える場合は、前のフードに新しいフードを混ぜて、少しずつ新しいフードの割合を増やしていきましょう。犬にもよりますが、完全に新しいフードに切り替えるには一週間ほどかけてゆっくりと慣らしてあげることをおすすめします。

7. 運動の直前・直後は避ける

犬は腸拡張や腸捻転を起こしやすいため、運動の前後1時間は食事を避けましょう

8. おやつをあげすぎない

おやつは、1日の総摂取カロリーの20%を超えないように気をつけましょう。 おやつをあげすぎると、ドッグフードを食べなくなり栄養も偏りますので、おやつはあくまでおやつとして与えて下さい。1日分のおやつをタッパーなどにいれて保管しておくと与えすぎを防げます。

こんなときはどうする?

犬,ドッグフード,餌,種類,総合栄養食,ライフステージ,カロリー,おやつ,早食い,肥満

犬が太ってきた/痩せてきた

ドッグフードのパッケージの裏などに書かれている給餌量を目安に与えましょう。しかし、あくまで参考値のため個体差はあります。 体重が増えた、もしくは減った場合は、給餌量が適切ではない可能性があるため、獣医師に相談しましょう。また、病気が原因で体重が増減した可能性もあります。

早食いをしてしまう

食欲があるのはいいことですが、早食いは食べ過ぎて肥満に繋がったり、消化不良を引き起こしたりするなど、良いことはありません。 常習的に早食いをしてしまう場合は、ドライフードをふやかして与える、一日の給餌回数を増やす、フードの粒を小さくするなどして対策しましょう。 また、中に凹凸がある餌入れを活用することで早食いを防止できる上、トレーニングにもおすすめです。

今まで食べていたフードを食べなくなった

原因は以下が考えられます。
  • 季節の変化に追いついていない
  • ストレスで食欲がない
  • 口の中が痛い
  • 食べなければもっと美味しいエサが出てくると思っている
  • 歯が弱り、フードが噛めない
急に食べなくなった場合は、体調不良が疑われますので、動物病院に連れて行きましょう。 食べないからといって頻繁にフードの種類を変えてしまうと、「食べなければもっと美味しいご飯を食べられる」と犬が学習してしまいます。フードの変更は慎重に行いましょう。

まとめ

犬,ドッグフード,餌,種類,総合栄養食,ライフステージ,カロリー,おやつ,早食い,肥満 食事は犬が健康的に生きていくためにもっとも大切なことです。しかし、飼い主の不注意や不適切な管理でストレスを与えてしまったり、肥満になってしまったりすることもあります。 愛犬の成長過程に合わせて、適切なフード、量、回数を考慮し、健康でいられるようしっかり管理してあげてください。