【クイズ】盲導犬候補の子犬を育てるボランティアとは?犬に関わるボランティアについて知ろう

犬のボランティアと一言にいっても、物資や金銭的な支援をしたり、保護犬の一時預かりや受け入れたりなどさまざまなものがあります。
そこで、今回は盲導犬候補となる子犬を育てるボランティアについてフォーカスしてみました。

クイズを通して、盲導犬に関するボランティアについて学んでみましょう!
Q.1 盲導犬候補の子犬を育てるボランティアのことを何という?
正解です!
不正解です!
正解は「パピーウォーカー」です。
盲導犬候補の子犬を育てるボランティアのことをパピーウォーカーといいます。
ソーシャライザーは、将来聴導犬や介助犬の候補となる子犬を育てるボランティアのことです。
Q.2 日本初の盲導犬であるチャンピイの犬種は何?
正解です!
不正解です!
正解は「ジャーマン・シェパード」です。
街中では、盲導犬としてラブラドール・レトリバーをよく見かけますが、国産の盲導犬第1号のチャンピイはジャーマン・シェパードでした。
ラブラドール・レトリバーとゴールデン・レトリバーを掛け合わせた犬も盲導犬としてよく活躍しています。
Q.3 パピーウォーカーになるための条件で「不適切」なものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「現在、犬を飼育している」です。
現在犬を飼育している人はパピーウォーカーになることはできません。盲導犬候補となる子犬に、十分なゆとりと時間を確保し、愛情を注いであげるためです。
盲導犬になると車に乗る機会も多く、車に乗る練習も必要であることから、車を持っていることも必要な条件のひとつです。

日本盲導犬協会では、パピーウォーカーになるための基本条件を以下のように掲げています。
 
  1. 移動手段として、車を持っていること
  2. 月1回、各訓練センターで開催されるレクチャーへの参加
  3. 室内飼育ができること
  4. 留守にする時間が少ないこと
  5. パピーのしつけを、家族みんなで取り組むことができること
  6. 今、犬を飼っていない人
  7. 集合住宅の場合は、管理者から承諾を得ていること
  8. ドッグフードや日用品、治療費(ワクチンや狂犬病注射は除く)などの金銭的負担を了承できること
  9.  
問正解/ 問中
今回はこちらの記事から問題を作成しました。
詳細が知りたい方はこちらも読んでみてください!
【犬のボランティア】パピーウォーカーになるには。
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

犬にまつわるボランティア7つ【盲導犬編】

動物が大好きだから、動物に関わるボランティアが何かしたいなぁ…という方、必見です。今回は、盲導犬に関わるボランティア活動を紹介いたします。知らなかった、という活動もきっとあると思います。皆さんが何か一歩を踏み出すきっかけになりますように。

1.引退犬飼育ボランティア

伏せをするラブラドール 引退した盲導犬を引き取って、ゆったりと共に暮らすボランティアです。引退後の盲導犬は、一般の犬と同じように家庭でのんびり暮らします。犬種は、ラブラドール・レトリバーかゴールデン・レトリバー、もしくは二つのMIXです。10歳前後で盲導犬を引退します。 引退犬の引き受けには条件が2つあります。
  • 室内飼育ができること
  • 留守がちでないこと
今までたくさん働いてきた盲導犬たちに、「ありがとう」と「お疲れ様」の心で新たな生活をスタートさせてあげられる方が適しているかと思います。
盲導犬としてのトレーニングをしっかり経験してきた犬たちですので、非常に賢く、しっかりしつけされており、とても飼いやすいというのもメリットの1つでしょう。

2.キャリアチェンジ犬飼育ボランティア

盲導犬の候補犬たちは全員が盲導犬になれる訳ではありません。訓練をしたけれど性格的に難しい(元気すぎる、臆病すぎるなど)、身体的に懸念がある子たちは、盲導犬ではない道に進みます(キャリアチェンジ)。その後、それぞれに合った環境で暮らします。また、盲導犬PRや介助犬として活躍することもあります。 キャリアチェンジ犬飼育ボランティアの条件は3つです。
  • 室内飼育ができること
  • 留守がちでないこと
  • 節度のある愛情をもって飼育できるご家庭

3.パピーウォーカー

ラブラドールたち 盲導犬のボランティアとして一番有名なのはこちらではないでしょうか。盲導犬候補犬を1歳までの10ヶ月間育てるボランティアです。盲導犬として必要な、人と生活することを好きになってもらい、愛情たっぷり育てることが大事です。しつけの観点から言っても、この時期は社会化のためのトレーニングが必要とされる時期であり、犬にとって非常に重要な一年でもあります。自分の育てた犬が、立派にユーザーさんのもとで活躍していると思ったら、嬉しいですよね。 こちらの記事で、パピーウォーカーの魅力と、どうやってなるのかについて書いてあります。
自分の育てた犬が立派に活動…犬を飼う1つの選択肢「パピーウォーカー」

4.繁殖犬ボランティア

ラブの子犬 盲導犬としての資質を持ったお父さん犬・お母さん犬と、繁殖犬引退の日まで一緒に暮らすボランティアです。ある時期、協会に受け渡して交配を行い、終わったらまたボランティアさんのお家に戻るという流れになっています。繁殖は基本的には協会側がやることですので、そういう経験がない人でも心配は無用です。 繁殖犬ボランティアをする条件は以下の5つです。
  • 神奈川訓練センター近郊に住んでいて、移動手段として車を持っていること
  • 室内飼育ができること
  • 留守がちでないこと
  • 多頭飼育をしていないこと
  • 集合住宅に住んでいる方は、管理人から許可を得ていること

5.ケンネルボランティア

ラブの子犬1 盲導犬の訓練センターなどで、盲導犬のお世話を全般的に助けるボランティアです。具体的には、犬舎の掃除・洗濯・散歩・お手入れなど。 こちらから、ケンネルボランティアでパピーたちのお世話をしている方の体験談が読めます。大変ながらも、元気で可愛いパピーたちに愛を注いでいる様子が読み取れます。 https://www.moudouken.net/volunteer/report/no020.php

6.イベントボランティア

create 訓練センターの見学会や、盲導犬PRイベントでの活動をします。イベント開催ごとに募集をするようなので、気軽に始めて、関わることができるボランティアなのではないでしょうか。

7.裁縫ボランティア

縫い物 盲導犬が着る服を自宅で作るボランティアです。布や必要なパーツ等は協会から支給されます。自分の得意分野でボランティアに参加することができます。

ボランティアという形で犬に関わるという選択

あなたは7つ全て知っていたでしょうか?盲導犬は目の見えない人にとって本当に大きい存在です。 ですが、現在、盲導犬育成費用の9割は寄付によって成り立っているなど、たくさんの人の暖かい気持ちによって協会は存在しています。ボランティアに参加するなら、せっかくなら自分の好きなことや得意やことで参加したいですよね。犬が大好き!なあなたに、ぜひおすすめです。 ■盲導犬協会公式HP https://www.moudouken.net/ ■今回ご紹介したボランティアの体験レポート https://www.moudouken.net/volunteer/report/

自分の育てた犬が立派に活動…犬を飼う1つの選択肢「パピーウォーカー」

皆さんは、パピーウォーカーをご存知でしょうか?「パピーウォーカー」とは、盲導犬候補の子犬を生後2ヶ月から約1年間、愛情をたっぷり注いで育てる人たちのことです。ボランティアになりますが、自分が育てた犬が盲導犬として立派に巣立って行くのはなんとも誇らしいことだと思いませんか。今回は、犬を飼う一つの選択肢として、パピーウォーカーをご紹介したいと思います。

何をするの?

愛情たっぷりに育てる

夕日にハート パピーウォーカーは、パピー(子犬)を盲導犬訓練の協会に戻るその日まで育てるのが役目です。盲導犬になるためには、人が大好きであることが大切な条件の1つになります。そのため、パピーウォーカーがたっぷり愛情を注ぐ役割を担います。人間も同じですが、幼少期にたくさん愛してもらうということがどれだけ大切なことでしょうか。子犬が盲導犬として立派に活動できるかは、パピーウォーカーからの愛を受けられるかが大きく関わっています。

人間と生活することを学ばせる

ノートに青いペン3本 パピーウォーカーが預かることになる生後2ヶ月〜1年というのは、子犬にとって「社会化」がキーとなります。この時期に、たくさんの人間社会の出来事を体験することが、今後の犬の性格や特性を作っていきます。幅広い年代の人や犬に会い、慣れない場所や様々な環境を経験させることが重要になります。また、ある程度のマナーを身につけさせることも役目の1つです。様々な出来事を大好きなパピーウォーカーと乗り越えて行くことで、人間と暮らすことの喜びを知り、人との信頼感や絆が築かれます。

どんないいことがあるの?

最高に誇らしい気持ちになれる

草原で笑う女性 パピーが訓練のために協会に戻った後、立派な盲導犬になるべく訓練が開始されます。その後選ばれたパピーが盲導犬として実際に目の見えない方の元で立派に活動を始めます。自分の育てた犬が、誰かの目となり、かけがえのない存在になる。飼い主にとって、これほど誇らしいことはないのではないでしょうか。お別れした後も、自分の育てた愛犬が、今日もどこかで頑張っていると思ったら、自分も頑張ろうという気持ちにもなれると思います。協会に戻った後に会うことはできませんが、絆は永遠です。自分の心の支えとなり、自分の誇りとなるでしょう。

家族で愛犬を立派に育て、送り出すという経験ができる

海辺の家族 家族が一丸となって、パピーの応援隊となり愛情たっぷりに育てることになります。これは、家族の絆をより一層深く強めてくれるのではないでしょうか。また、お別れが寂しいという意見もありますが、家族でこの経験を乗り越えることに価値がある、という意見もあります。もちろんパピーはまぎれもなく家族の一員ですが、パピーを育てるという意味で家族が協力をして、一つの目標に向かって走る機会はなかなかないのではないでしょうか。

時間が限られてるからこそ、思い出をたくさん作るようになる

地図上にたくさんの写真 「約1年間しか一緒に過ごせないなんて短すぎるよ…」と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、お別れを認識できるからこそ、有効に使えるのが時間というものではないでしょうか。ここでは、実際にパピーウォーカーをされている方の体験談をご紹介したいと思います。 仙台にお住いの安藤さんご一家は、1頭目のパピーを送り出し、2頭目のパピーを育てている最中だそう(このレポート書いている時点)。安藤さんご一家は、「パピーが旅立つその日までにやっておきたいこと100」を決め、一つ一つ楽しんでいるとのこと。 https://www.moudouken.net/volunteer/report/no014.php なんて素敵なアイディアなのでしょうか。確かに、1年間という期間はあまりにも短いとおっしゃる方も多いでしょう。ですが、短いからこそ濃い時間を過ごすことができるのではないでしょうか。

自分の育てた犬が活躍する、そんな素敵な経験を!

パピーウォーカーについて興味をもった方はぜひこちらもみてみてください
【犬のボランティア】パピーウォーカーになるには。
また、詳しい内容は日本盲導犬協会のHPをご参照ください。 パピーウォーカーになることは、素晴らしい経験だと思います。パピーを育てること自体が社会貢献ですし、パピーと過ごしたかけがえのない時は一生の思い出になるでしょう。ぜひ、犬を飼う時の選択肢の一つにしてみてください。

【犬のボランティア】パピーウォーカーになるには。

「パピーウォーカー」とは、盲導犬候補の子犬を生後2ヶ月から約1年間、愛情をたっぷり注いで育てる人たちのことです。この素敵な役割を自分もやりたい!と思ったら、どうしたらなれるのでしょうか? パピーウォーカーって、何?どんなことをしているのかよくわからないな、という人は、まずはこちらをご覧ください。
自分の育てた犬が立派に活動…犬を飼う1つの選択肢「パピーウォーカー」

どうやったらなれるの?

受け入れる日までの流れ

ラブの子犬1 パピーウォーカーになるためには以下の6つのステップが必要になります。
  1. 登録申込書を記入し、協会へ返送
  2. 説明会に参加し、面談を行う 月一回行われている説明があるので、そちらに参加し、詳しいお話を聞くことができます。また、簡単な面談も行われます。
  3. 説明を受けた上でパピーウォーカーになることを希望する場合、パピー委託希望者として登録される 子犬の出産状況や登録順などもあるため、希望後すぐにやってくるとは限りません。もし待機中に何かあれば(受け入れられなくなった、引越しをするなど)相談することも可能です。
  4. 連絡を待つ 受け入れの日の1ヶ月前には連絡が届くようです。
  5. 委託前の準備 実際に受け入れる前に訓練センターを訪れ、子犬の育て方などのレクチャーを受けます。ケージなどの必要なものも貸し出してくれるそう。
  6. 委託式 ワクワクの委託式!必要な書類の作成だけでなく、今後1年間の説明や実際にやってくる子犬との接し方、しつけ方法についてレクチャーを受けます。

パピーウォーカーになるための条件

お手をする犬 パピーを受け入れるためには、8つの条件があります。そんなに厳しい条件ではありませんので、確認してみましょう。
  1. 移動手段として、車を持っていること
  2. 月1回、各訓練センターで開催されるレクチャーへの参加
  3. 室内飼育ができること
  4. 留守にする時間が少ないこと
  5. パピーのしつけを、家族みんなで取り組むことができること 
  6. 今、犬を飼っていない人
  7. 集合住宅の場合は、管理者から承諾を得ていること
  8. ドッグフードや日用品、治療費(ワクチンや狂犬病注射は除く)などの金銭的負担を了承できること

愛情をたくさん注いであげましょう!

パピーウォーカーの役目は、パピーに愛情を注ぐことと、人間の生活を教えることです。自分が育てた犬が、立派に誰かの役に立つことは嬉しいことです。ぜひ、パピーウォーカーに興味を持った方は、こちらの公式HPをご覧ください。 https://www.moudouken.net/volunteer/puppy-walker.php