【2024年最新】東京のハリネズミカフェおすすめBEST8を徹底比較!

近年、爆発的な人気のハリネズミ。中でもハリネズミカフェはTVやSNSなどでも取り上げられており、見ていて「飼いたいなぁ」と思ったことのある人も多いのではないでしょうか。今回は、そんなハリネズミに気軽に会いに行ける都内のハリネズミカフェ8店舗をご紹介します。

実際に飼い始めようと思っている方にもハリネズミカフェはおすすめです。飼い始める前に、ハリネズミはどんな生き物なのか?また、ハリネズミがどんなものを食べるのか?など、少しでも多くの情報収集をしておくことで、実際に飼いはじめた後のイメージが掴みやすくなるからです。

そして、ハリネズミカフェと言っても、単に展示しているだけのお店から、実際に触れ合い、そして購入できるお店まで、お店によって特色が異なります。この記事で自分の好みにあったお店を探す参考にしてください。

①「世界初、初心者におすすめ」なHARRY


HARRYは、世界初のハリネズミ専門カフェです。国内に増えてきているハリネズミカフェですが、その先駆けでもあります。いち早くハリネズミと触れ合える空間を作り出したお店がHARRYだと言えるでしょう。

HARRYには、いくつかの店舗(原宿、原宿テラス、渋谷、横浜、浅草)がありますが、実はお店によって出会える動物が異なります。コツメカワウソやチンチラ、フェネックにうさぎなど、さまざまな小動物たちと実際に触れ合うことのできる店舗もあるのです。「ハリネズミだけではなく、他の動物とも触れ合ってみたい!」という方は、そういった店舗を訪れるのも良いでしょう。

HARRYの店舗はどこの店舗に行っても目を引くデザインが魅力的。店舗ごとに作りが違うため、全ての店舗をめぐっても店舗ごとに違った楽しみがあります。ドリンクはセルフサービスで利用可能。また、アルコールを除いた飲食物の持ち込みもOKとのこと。

HARRYは、ハリネズミ初心者の方や初めてハリネズミカフェを訪れる方におすすめのハリネズミカフェです。どの店舗も人気のため、予約をしてからお店を訪れましょう。

料金
30分/1430円(税抜)〜(原宿駅前店)
住所
東京都渋谷区神宮前1-13-21 シャンゼール原宿2号館4F(原宿駅前店)
営業時間
11:00-19:00(原宿駅前店)
公式HP
http://www.harinezumi-cafe.com

②「ドールハウス×ハリネズミ」のちくちくCAFE


ちくちくカフェは渋谷駅から徒歩2分の場所にあるハリネズミカフェです。ここのお店のポイントは、ドールハウス×ハリネズミのかわいさです。

キッチンやリビング、ベッドルームや和室といった、さまざまなシチュエーションで生活をしているハリネズミたちを見ることができます。子供の頃に、シルバニアファミリーで遊んだことのある方も多いと思いますが、それに近い世界観かもしれません。

その様子を見ているだけでも、うっとりと癒されます。もちろん、手に乗せてスキンシップをしたり、餌をあげたりと、かわいいハリネズミたちと触れ合うこともできます。メルヘンチックな癒しの空間でハリネズミとゆったりとした時間を過ごしたい人におすすめのハリネズミカフェが、ちくちくカフェです。

料金
30分/1430円、60分/2640円
TEL
03-6450-6673 (予約専用)
メールアドレス
info@hedgehog.cafe
住所
東京都渋谷区渋谷1-13-5 大協渋谷ビル2F
営業時間
11:00-18:00(受付は17:30まで)
公式HP
https://hedgehoghome.cafe/

③「本来のハリネズミの姿」が見られる午前2時のハリネズミさん


午前2時のハリネズミさんは、他のハリネズミカフェとは一線を画しており、名前のとおり日本初の夜行性であるハリネズミのための作り込みをしています。お部屋が真っ暗になっており、昼夜逆転の空間を作り出すことにより、日中にはまず見られないハリネズミの活動的な姿を見ることができます

そして、ハリネズミだけでなく、デグー、モルモット、フクロモモンガ、ハムスター(キンクマ、ゴールデン)、チンチラなど、さまざまな動物たちがいるのも嬉しいポイント。

料金も他店に比べて安いのもおすすめポイントの1つ。「ハリネズミメインの動物カフェとして、お値段、サービスともに自信を持ってご案内しております」とのことなので、他店に行ったことがある人も、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

午前2時のハリネズミさんは、ハリネズミのペットホテルとしても利用できるとのことなので、ハリネズミを飼っている方のためのハリネズミカフェと言えるかもしれません。

料金
30分/1200円、60分/2300円(ドリンク持込可)
おやつ 1セット300円
TEL
070-6436-3314
住所
東京都豊島区池袋2-35-4 池袋ロイヤルウエスト2F
営業時間
12:00-18:00
公式HP
https://shojisad0.wixsite.com/2amhh

④「飼育を考えているなら」バー併設のはりねずみ屋ぽった


はりねずみ屋ぽったは、飯田橋にあるハリネズミ専門のカフェです。二階にあるふれあい広場で、お酒も飲むことができるという大人向けのハリネズミカフェ。夜にはバーも開店します。

そして、はりねずみ屋ぽったはグッズ販売の他に、ハリネズミの販売もしています。ペットショップなどで安易に買ってしまうのではなく、ふれあい広場で飼い方や様々な事情をスタッフの方に相談してみるのがおすすめ。例え小動物であっても、人間と同じ命ある生き物。大切に育て、終生飼養をするためにも、ハリネズミの生態をよく理解し、そして疑問点は全て解消した上で、実際に飼育し始めるのが良いでしょう。

ただ、どうしてもやむを得ない事情で飼うことができなくなってしまった場合、飼っていたハリネズミを引き取ってくれるアフターサポートもついています。ハリネズミを飼育しようか考えている人におすすめのカフェが「はりねずみ屋ぽった」でしょう。

料金
大人30分/1900円、子供(4歳〜小学生)30分/1400円(ワンドリンク付き)
TEL
070-5369-8103
住所
東京都千代田区飯田橋1丁目11−4 potta2F
営業時間
月木金:19:00-23:00(完全予約制)、土日:14:00-19:00
公式HP
https://pottachick.jimdo.com/

⑤「コツメカワウソにも出会える」コツメイト


コツメイトは池袋サンシャイン通りにある動物カフェ。ハリネズミだけでなく、コツメカワウソとフクロモモンガにも出会えます

コツメカワウソは絶滅が危惧されていることから、2019年にワシントン条約により国際取引が禁止されました。そのため、すでに飼育している場合を除き、日本では動物園か水族館でしか見ることの出来ない貴重な動物です。

コツメイトは、ハリネズミだけでなく、他にも珍しい動物たち、特にコツメカワウソと触れ合いたいという方におすすめのハリネズミカフェです。

料金
大人30分/1300円、中学生以下30分1000円
TEL
03-6907-2668
住所
東京都豊島区東池袋1丁目29−4成田ビル5階
営業時間
11:00-19:00
公式HP
https://ktm-kawaii.com/

⑥「こだわりのドリンク」でゆったりした時間を満喫できるハリネズミパラダイス

ハリネズミパラダイスは「ハリネズミのいるカフェ」をコンセプトとした、カフェ色の強いハリネズミカフェです。多くの動物系カフェとは異なり、ドリンクに力を入れており、コーヒーや紅茶にこだわっています。美味しい飲み物を頂きながら、ハリネズミたちとゆったりとした時間を楽しめます。

ペットボトルのドリンクや自動販売機のドリンクでは物足りない、でもハリネズミとも触れ合いたいというグルメな方におすすめのハリネズミカフェがハリネズミパラダイスです。

秋葉原、浅草、川崎、江ノ島に店舗があります。

料金
10分毎220円(浅草店のみ10分毎330円)(秋葉原店)※ワンオーダー制
TEL
03-6271-7930
住所
東京都千代田区外神田4-4-10(秋葉原店)
営業時間
平日11:00-20:00(L.O. 19:30)、土日祝10:00-20:00(L.O. 19:30)
公式HP
http://hari-para.com/

⑦「フクロウとも触れ合いたい」ならあうるぱーく


あうるぱーくでは、ハリネズミだけではなくフクロウとも触れ合えます。なんと餌やりだけでなく、フライト(鷹匠)体験もできるのだとか。他のハリネズミカフェでも、フクロウは同じ夜行性の動物で人気があるため一緒に見られることが多いのですが、フライトを体験できるハリネズミカフェは、あうるぱーくだけかもしれません。

あうるぱーくは、おしゃれなインテリアの中で静かな動物たちと時間を過ごしつつも、人間とフクロウとのコミュニケーションを楽しみたいというアクティブな方におすすめなハリネズミカフェです。

料金
時間無制限で大人/1700円、高校生以下/1200円
TEL
03-3984-1097
住所
東京都豊島区西池袋3-30-11泰共フラットビル2F
営業時間
11:00-18:00(最終入店受付17時20分)
公式HP
https://www.owlpark.tokyo/

⑧「まるで小さな動物園」なアニマルルームいけもふ


アニマルルームいけもふには、たくさんの種類の動物がおり、室内はまるで動物園のよう。ハリネズミに加えて、フェネック、ミーアキャット、プレーリードッグ、うさぎ、チンチラ、モモンガ、フクロウや爬虫類まで、多くの動物やエキゾチックアニマルが飼育されています。

少しでも多くの種類の小動物と出会い、そして触れ合いたいという方におすすめするのが、アニマルルームいけもふです。東京のど真ん中にあり、交通の便が良いのも嬉しいポイントですね。

料金
平日60分/1800円(小学生未満900円)、土日祝60分/2000円(小学生未満1000円)
TEL
03-5396-7751
住所
東京都豊島区東池袋1丁目29−4成田ビル6階
営業時間
平日14:00-18:00(最終受付17:00)、11:00-19:00(最終受付18:00)
公式HP
http://www.ikemofu.jp/

ハリネズミカフェに行く上で注意したいこと

注意したいポイント

ハリネズミは夜行性

ハリネズミは夜行性のため、日中は寝ている動物です。そのため、昼間にハリネズミカフェに行っても、うとうとしているか、寝ている場合も多いです。夜行性であるということを知らずに行ってしまうと、「ハリネズミとのふれあいを望んで行ったのに、みんな寝てるじゃないか!」となってしまいます。また、無理やり起こすと針を立てる場合もあります。

起きているハリネズミと触れ合いたい場合には、「午前2時のハリネズミ」などがおすすめです。

ちょっとお高め

お値段の相場として、30分1000円を超えるところが多いです。触り方のレクチャーなどをしてくれるお店ですと、最初のうちは30分があっという間に経ってしまうことも。

また、カフェといっても、ハリネズミや他の小動物の展示、触れ合いをメインにしているため、持ち込み可や自動販売機での飲み物を頼めるところが多く、飲食にこだわっているお店はそう多くはありません。

飲食の質も同時に求める方は、「ハリネズミパラダイス」などが良いでしょう。

餌は虫ちゃん

一般的なハリネズミカフェでは、餌はオプションで購入できる場合が多く、その場で与えることができます。ハリネズミの餌は、虫(ワーム)の場合が多いため、虫が苦手な方は注意してください。そして、虫が苦手な方は、ハリネズミの飼育は難しいでしょう。そういった実際の飼育に関することがわかるのも、ハリネズミカフェの良いところかもしれませんね。

「もっとハリネズミと触れ合いたい」という方は、餌の購入をおすすめします。餌を食べるために、うとうとしていたハリネズミたちが起きてくることもあるからです。

予約はした方が良い

近年、様々なメディアで取り上げられており、人気が急上昇していることもあり、ハリネズミカフェはとても混雑しています。ハリネズミの体調を考慮して、入場規制などをしているお店も多いため、予約をした方がスムーズに入店できます。予約をしなくても入れることもありますが、その場合は入店待ちの行列に並ぶことになるかもしれません。

特に、ハリネズミカフェは外国人から人気があり、連日海外から訪れているお客様が多く見られるようです。できることなら、予約をしてから行きたいところです。

世界中が注目するハリネズミ


ハリネズミカフェは日本だけでなく、海外からも注目をされています。その結果、外国から旅行してきたお客様も多いと言います。「かわいいハリネズミ、実際に飼うのは難しいけれど、触れ合いたい!」そんなあなたも、ぜひハリネズミカフェで癒されてみてはいかがでしょうか。

そして、ハリネズミカフェは自分で飼うことを検討されている方にもおすすめです。実際の生態をハリネズミカフェでよく観察し、そしてスタッフの方から飼育に関するアドバイスなどを頂いてから飼育を始めることで、ペットショップなどで購入していきなり飼い始めるよりも絶対に飼いやすいでしょう。

改訂履歴
2024/01/12 最新の情報を更新
2020/09/26 コロナ対策と営業時間の変更を追加
2019/11/23 店舗情報を追加
2018/12/27 初版公開

【池袋・アニマルルーム】珍しい動物と触れ合える「いけもふ」の魅力をご紹介

ペットは飼えないけれど、動物が大好きで触れ合いたい。ちょっと珍しいペットを飼ってみたいけれど、飼う前に実際に触ってみたい。そのような方にオススメな動物と触れ合えるお店が東京・池袋にあります。

このたびシェリー編集部では、池袋にある「アニマルルームいけもふ」を取材してきました。この記事では、「アニマルルームいけもふ」ならではの魅力や触れ合える動物についてレポートしていきます。

「アニマルルームいけもふ」の魅力

いけもふ
「アニマルルームいけもふ(以下、いけもふ)」は、テレビや雑誌などで何度も取り上げられ、多くのお客さんが訪れる人気のお店です。

詳しくお伝えする前に、まずはいけもふの魅力について簡単にご紹介します。

  • 立地が良く、観光や買い物ついでに行ける
  • プレーリードッグやフェネックなど珍しい動物がたくさんいる
  • 動物との距離が近い
  • 多くの動物と触れ合える
  • 写真は取り放題
  • 小動物だけでなく、フクロウや爬虫類とも触れ合える
  • 清潔感があり動物の匂いが気にならない
  • スタッフの方が親切
  • 非日常を味わえる

このように動物好きにとっては魅力あふれるいけもふはどのような場所なのか、これから詳しくご紹介していきます。

「アニマルルームいけもふ」への行き方

いけもふ
いけもふは、JR池袋駅東口からサンシャイン方面に歩き、東急ハンズ池袋店のはす向かいに立つビルの6階にあります。看板を目印にビルに入り、階段やエレベーターを利用して6階まで上がるといけもふに到着です。

駅から5分程度のところにあり、周りにもサンシャインなどがありますので、観光ついでに訪れてみてはいかがでしょうか。

「アニマルルームいけもふ」の料金システム

いけもふ料金案内
いけもふでは、店内に入るときに滞在時間を選び、先にお金を支払います。延長するよりも長めの時間で入る方がお得ですので、「長居したくなっちゃうかも」という方はあらかじめ長めの時間を設定しておきましょう。また、混雑している時は延長できない場合もあるので、やはり少し長めの時間を設定して入室するほうが良いでしょう。

なお、予約は受け付けていませんので、時間に余裕をもって来店するようにしてください。

【料金システム 1名様】
・45分  1,500円(小学生未満750円)
・60分  1,800円(小学生未満900円)
・90分  2,100円(小学生未満1,050円)
・120分  2,500円(小学生未満1,250円)
・延長料金15分 400円(小学生未満200円)
※2019年11月現在

「アニマルルームいけもふ」店内の様子

いけもふケージ
店内に入るとたくさんのケージが目に入ります。全体的にきれいで、動物の匂いは気になりません。

筆者が訪れたのは平日の開店直後でしたので、スペースには十分余裕がありましたが、休みの日のお昼以降は多くのお客さんが訪れ、店内も混雑します。お目当ての動物とゆっくり触れ合いたい場合は、平日もしくは休日の開店直後に行くことをオススメします。

いけもふフクロウ
「小動物コーナー」とは別に「爬虫類コーナー」と「ふくろうコーナー」もあり、時間内であれば自由に行き来できます。普段触れ合えない動物を間近で見られる貴重な機会ですので、ぜひ多くの動物と触れ合ってみてください。

「アニマルルームいけもふ」でできること・できないこと

いけもふ
いけもふでは、「OK」と掲示されている動物は抱っこしたり触れ合うことができます。せっかくの機会ですので遠慮なくスタッフさんに声をかけてみましょう。

タイミングによっては「休憩中」の表示が出ていることがあります。その場合は眺めたり写真を撮ることはできますが、触れ合うことはできません。他の子と触れ合うようにしましょう。「NG」マークの子も近くで見たり写真を撮ったりすることは可能です。

抱っこができない動物でも、タイミングによりお散歩や食事をしている様子を間近で見られる場合もあります。動物の体調に配慮しながら実施しているため、事前の告知はなく、リクエストなどもできません。運良くお目当ての動物とお近付きになれたらいいですね。

チンチラを抱っこ

いけもふチンチラ
チンチラは陶器製のおうちに入れた状態で抱っこしました。やさしく触ると、柔らかくてふわふわな毛並みに癒されます。元気な子だと、おうちの中から体を乗り出してくることもありますが、逃げ出さないように気をつけましょう。

ハリネズミを抱っこ

いけもふハリネズミ
最近人気のハリネズミを膝に乗せて触れるのも魅力の一つ。ハリネズミを抱っこする際は、膝の上にシートを敷き、ケガの防止のために手袋をつけるので安心です。店内には多くのハリネズミがいるので、取り合いになったりすることもなく、好きなだけ触れ合うことができます。

ハリネズミといえば丸まっているイメージが強いですが、筆者が抱っこしたハリネズミは元気に動き回っていました。個体によって性格に違いがありますので、元気な子や大人しい子など希望があれば伝えるといいでしょう。

ウサギのお散歩

いけもふウサギ
とても大きなウサギのフレミッシュジャイアント。お散歩タイムには店内を自由に歩き回り、その間は触ることができます。
他にはプレーリードッグ、キンカジュウ、イングリッシュアンゴラに「お散歩」マークがついており、なかなか触れ合う機会のない動物もお散歩中は触ることができます。

プレーリードッグの食事見学

いけもふプレーリードッグ
タイミング次第ではプレーリードッグがご飯を食べている様子を間近で見ることができます。両手で餌を食べている姿がとても可愛く、その場にいる全員が魅了されてしまいます。

普段動物園でしか見かけないプレーリードッグをこんなに間近で見られるのも、いけもふならではの魅力です。

フクロウとの触れ合い

いけもふフクロウ
いけもふにはさまざまな種類のフクロウがおり、「OK」表示のあるフクロウであれば、追加料金なしで腕に乗せることもできます。

今回はユーラシアワシミミズクを乗せていただきましたが、腕にずっしりとくる重さや目の輝きなどは実際に体験した人にしか分からないでしょう。いけもふを訪れた際は、小動物だけでなく、フクロウとの触れ合いもぜひ楽しんでみてください。

他の動物もたくさん

他にもスキニーギニアピッグは膝の上に乗せて触れ、フクロモモンガは専用のポーチに入れた状態で抱っこできます。ミーアキャットはスタッフさんが抱っこしている際に背中などを触れます。
また、爬虫類のヘビやカメとも触れ合えます。

困ったことがあればスタッフさんに

お店のスタッフさんたちは動物たちの性格を熟知していますので、不安な点があればスタッフさんに聞いてみましょう。スタッフさんが動物たちの性格を考慮して、相性の良い動物を紹介してくれます。気になる場合はスタッフさんにお願いしてみるといいかもしれません。

「アニマルルームいけもふ」に行ってみて

いけもふキンカジュー
店内に入るとまず動物の多さに圧倒されます。動物好きにはたまらない空間であり、観光や買い物のついでに気楽に行けるのも魅力の一つです。手袋をするなどの安全対策やおしっこの対策もしっかりしており、スタッフの方には抱っこの仕方などを親切に教えていただきました。

今回は60分コースで入りましたが、あっという間に時間が過ぎてしまいました。平日の開店直後はスペースも十分に確保されおり、余裕をもって動物との触れ合いが楽しめます。早めの来店、長居を前提にした方がより一層楽しめるでしょう。
なお、いけもふでは生体販売も行っていますので、興味がある方はスタッフの方にぜひ話を聞いてみてください。

「アニマルルームいけもふ」では、動物園では味わえない触れ合いを中心とした非日常的な体験ができます。今度の休日は、動物園でしか見られないような動物を見たり触ったりできる「アニマルルームいけもふ」に足を運んでみてはいかがでしょうか?

住所
東京都豊島区東池袋1-29-4 成田ビル6階
営業時間
平日 13時〜17時半(最終受付16時45分)
土日祝 11時〜18時(最終受付17時15分)
年中無休
予約不可
ホームページ
http://www.ikemofu.jp/
ツイッター
https://twitter.com/ikemofu
インスタグラム
https://www.instagram.com/ikemofu/