猫はどんな動物?習性や行動に合った飼い方をしているか確認しよう

猫は単独で狩りをする肉食動物で、縄張り意識や警戒心が強い動物でもあります。しかし、「一匹で寂しい?」「一緒にお出かけしたい」など、猫本来の習性を忘れて接してしまうときがあるのではないでしょうか。

飼い主さんがよかれと思った行動も、もしかしたら猫にとってストレスになっているかもしれません。

今回は、猫本来の習性や行動、飼い主さんとよりよい関係になれる飼い方の注意点を解説します。

猫は完全肉食動物「食事内容に注意」

猫,習性,肉食動物,フード,ストレス,トイレ,縄張り,多頭飼い,グルーミング,フレーメン反応
猫は、ネズミなど小さな哺乳動物や小鳥などを狩って食べる完全肉食動物です。家で飼っている猫は狩りをしないので、猫専用の総合栄養食を与えます。総合栄養食は、猫の健康が維持できるために必要な栄養素が、バランスよく配合されているフードです。

野菜や果物などをわざわざフードに混ぜて、無理に与える必要はありません。白菜やキャベツを食べたがる猫もいますが、その場合はフードに少量混ぜる程度にします。貧血など中毒症状を起こす恐れがあるため、ネギ類やニンニクなどは絶対に与えないでください。

猫というと「魚好き」のイメージがありますが、食べ過ぎには注意が必要です。魚ばかり与えていると、黄色脂肪症などの病気になるリスクが高まります。特に、生の魚介類にはビタミンBの吸収を阻害する「チアミナーゼ」が含まれているので、お刺身を与えすぎないようにしましょう。

本来は単独行動をする動物「べったりに注意」

猫,習性,肉食動物,フード,ストレス,トイレ,縄張り,多頭飼い,グルーミング,フレーメン反応
狩りをする際、猫は単独で行動します。群れや仲間で協力し合うこともないため、社会性はほとんどないのです。自立心が強く一匹での留守番もあまり負担になりません

しかし、飼い主さんと離れることがストレスになる「分離不安」の猫もいます。かまい過ぎや加齢などさまざまなことが原因になるようです。コロナ禍で在宅勤務が増えたなど、飼い主さんのライフスタイルが変化したのも一因かもしれません。

分離不安になるとトイレでもお風呂でも常に飼い主さんにべったり付きまとい、留守番中は粗相などをしてしまうのです。そのような猫の様子に飼い主さんも不安が強くなり、外出できないなど悪循環に陥る恐れもあります。「猫が分離不安かも」と思ったら、まずは動物病院を受診しましょう。

警戒心が強い「環境の変化に配慮」

猫,習性,肉食動物,フード,ストレス,トイレ,縄張り,多頭飼い,グルーミング,フレーメン反応
猫のような単独行動をする動物は、自分だけで身を守らなくてはいけないため、未知の環境や知らない人を警戒します。

そのため動物病院を怖がりますし、引っ越しやお出かけは猫にとってストレスです。動物病院に行く際は、普段からクレートに慣れさせる、外の景色を見せないなど配慮が必要です。

引っ越しも、新居に猫が慣れ親しんだものを持って行く、猫の匂いを付けておくなど対策を行いましょう。旅行に同伴させる必要はありません。留守番をさせてシッターさんに来てもらうか、慣れたペットホテルか動物病院に預けます。

縄張り意識がある「多頭飼いは慎重に」

猫,習性,肉食動物,フード,ストレス,トイレ,縄張り,多頭飼い,グルーミング,フレーメン反応
単独行動をする猫は、強い縄張り意識があるのも特徴です。ほかの猫が縄張りに侵入するのを大変嫌がります。自分で自分の身を守る猫にとって、安心してくつろげて快適な縄張りは非常に大切な場所なのです。家で暮らす猫は、家の中が縄張りになっています。

それなのに、「一匹で寂しいだろう」と飼い主さんが知らない猫や犬をいきなり連れてきたら、困惑するのも当然です。多頭飼いがうまくいっているのは、それぞれの縄張りが確保されていてご飯の奪い合いなどがないケースでしょう。

また、親子や兄弟猫、子猫のころから一緒にいる猫(犬)などは、一緒にいてもそれほど負担にならないようです。

うまくいっているように見えても、強い猫にご飯を取られたり、お気に入りの場所を奪われたりしてストレスがたまっている猫がいることがあります。多頭飼いの猫の中に粗相など問題行動を起こす子がいる場合は、縄張りがちゃんとあるかチェックしましょう。ない場合は、キャットタワーなどを利用して縄張りを作ってあげてください。

きれい好き「シニアになったら飼い主さんがチェックを」

猫,習性,肉食動物,フード,ストレス,トイレ,縄張り,多頭飼い,グルーミング,フレーメン反応
猫は大変きれい好きな動物です。毎日丁寧に舌でグルーミングをして、被毛の汚れやほこりをとっています。ただし、シニアになると首を曲げて舐めるのが苦痛になったり面倒になったりするようです。

毛が汚れたままでボサボサになるので、こまめにブラッシングをしてあげましょう。軽くマッサージをすると、血行も良くなって皮膚の異常や腫瘍なども見つけやすくなります

トイレにこだわり「大きなトイレを用意してこまめに掃除を」

猫,習性,肉食動物,フード,ストレス,トイレ,縄張り,多頭飼い,グルーミング,フレーメン反応
猫はトイレにもこだわりがあります。特に清潔さは重要で、トイレが汚れたままでニオイが強いと排泄を我慢してしまうほどです。下部尿路疾患を防ぐためにも、こまめに掃除をしましょう。留守中や就寝中など、すぐに掃除できない場合に備え一匹あたりトイレは2個用意します

小さなトイレも苦手です。猫の体長の1.5倍以上ある大きさのトイレを選びましょう。

高いところが好き「周囲を見渡したい」

猫,習性,肉食動物,フード,ストレス,トイレ,縄張り,多頭飼い,グルーミング,フレーメン反応
猫は高い場所で過ごすのも大好き。高いところから周囲を見渡していれば、敵に襲われる危険も減るので安心して過ごせます。キャットタワーを用意して、高いところが好きな猫の欲求を満たしてあげましょう。

聴覚がすぐれている「大きな音に注意」

猫,習性,肉食動物,フード,ストレス,トイレ,縄張り,多頭飼い,グルーミング,フレーメン反応
猫の聴覚は犬の2倍と非常に優れています。猫は単独行動で狩りをするため、小動物の小さな足音やかすかな鳴き声を聞き取れます。さまざまな方向からの音を聞き取るため、左右の耳それぞれで別の動きができるほど、耳の周囲の筋肉も発達しています。

そのため猫は、雷や花火の音など大きな物音が苦手です。洗濯機や掃除機、ドライヤーの音も怖がります。大声を出す人、ドスドス音を立てて歩く人もあまり好きではないでしょう。

猫のベッドはテレビや洗濯機のそばから離し、大声を出したり、手を叩いたりするのは控えましょう。

嗅覚も鋭い「変な顔はニオイを嗅いでいるだけ」

猫,習性,肉食動物,フード,ストレス,トイレ,縄張り,多頭飼い,グルーミング,フレーメン反応
猫は嗅覚も鋭い動物です。人が嗅ぎ取れないニオイも、第二の嗅覚と言われる鋤鼻(じょび)器官(ヤコブソン器官)で感じ取れます。口を開けて変な顔をするのは「フレーメン反応」と呼ばれます。ニオイを分析、確認するため口を開けて鋤鼻(じょび)器官にニオイを取り込もうとしています。

人間の足などを嗅いだあとにフレーメン反応があると「足が臭すぎて変な顔をしているんだ」と思われがちですが、単にニオイを取り込んでいるだけなのです。

嗅覚の鋭い猫はアロマや香水などを好みません。それだけでなく、アロマのような植物由来の精油は肝臓でうまく代謝できないので、注意が必要です。部屋でアロマを焚くのはやめましょう。

まとめ

猫,習性,肉食動物,フード,ストレス,トイレ,縄張り,多頭飼い,グルーミング,フレーメン反応
猫は単独行動をする完全肉食動物です。さらに、縄張り意識があり警戒心も強いという特徴があります。かわいいしぐさや表情だけをみていると、猫がどんな動物だったか忘れがちですが、良かれと思った飼い主さんの行動が、猫にとって大きな負担になることもあります。

普段の生活の中で何かストレスになっていることはないか、定期的に猫の様子をチェックしてみてください。

【猫クイズ】有害?無害?意外と知らないマタタビの影響

猫がマタタビの匂いを嗅ぐと、フニャンとしたり、手足をくるくるしたりする様子を一度は見たことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、いったいマタタビとはどんなものなのか知っていますか?
マタタビを摂取した猫の様子を見ると、「猫にとっての覚醒剤か何かなのでは?」と少し不安になってしまうかもしれません。今回はマタタビの効果、危険性、与え方などをクイズを通してご紹介していきます。

それではさっそく、猫ちゃんのマタタビクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 マタタビについて誤っているものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「原産地は南米である」です。
マタタビの原産地は南米ではなく、日本や中国、朝鮮半島などのアジアとされています。
マタタビが猫の脳にダメージを与えるという噂が出回っていますが、この話には科学的な根拠はなく、現時点ではマタタビが猫の脳にダメージを与えるというような研究結果は出ていません。
Q.2 マタタビを使った時に、猫が口を半開きにしてポカーンとしたような表情をすることを何という?
正解です!
不正解です!
正解は「フレーメン反応」です。
猫の口の中には、フェロモンを感じ取るヤコブソン器官というものがあります。
フェロモンが混じっているかもしれない臭いを嗅ぎ取ると、口を半開きにして臭いをヤコブソン器官へと取り込み、フェロモンを分析します。これがフレーメン反応です。マタタビに限らず、馴染みのない臭いや強い臭いを感じた時にこの反応を見せます。
猫が口をポカーンと開けた表情をするのは、変な臭いを嗅いでびっくりしたからではなく、フェロモンを分析するための反応だったのです。
Q.3 マタタビの与え方で誤っているのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「与える量に制限はない」です。
マタタビには中枢神経を麻痺させる作用があり、その麻痺の度合いが強すぎると呼吸困難に陥ってしまうことがあり、とても危険です。面白がって決められた量以上の量を与えるような行為は絶対にやめ、多くても耳かき1杯分程度にしましょう。

マタタビを頻繁に与えるのではなく、上記の他に、食欲が落ちてきたときや病院に連れて行くときの誘導など、威力を発揮して欲しい場面でのみ用いるようにするのがおすすめです。
問正解/ 問中
今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
マタタビって猫に有害?無害?使用方法を紹介!
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

マタタビって猫に有害?無害?使用方法を紹介!

猫がマタタビの匂いを嗅いでから、フニャンとしたり、手足をくるくるしたりする様子、一度は見たことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、いったいマタタビとはどんなものなのか、知っていますか? マタタビを摂取した猫の様子を見ると、「猫にとっての覚醒剤か何かなのでは?」と少し不安になってしまいませんか?今回はマタタビの効果、危険性、与え方などを詳しく紹介していきます。

マタタビとは何なのか?

マタタビは山地の林縁に自生し、6〜7月にかけて2cmほどの白い花をつける落葉植物です。アジアでは日本列島の他に千島列島、朝鮮半島に分布します。 マタタビは人間用の生薬としても古くから扱われています。粉末やマタタビ茶、マタタビ酒という形で飲まれ、「滋養強壮」、「免疫力増強」、「利尿作用」、「生活習慣病の予防」などの効果があるとされています。 猫が強く反応するのは、マタタビの子房に虫の卵を産み付けられて虫こぶ状に発達した「虫えい果」を加工したものです。

マタタビの猫に対する効果

猫はマタタビの匂いを嗅ぐと、その成分に含まれる「アクチニジン」や「マタタビラクトン」を感知して、人間でいうところのアルコールに酔ったときのような状態になります。 人間が酒を飲んでも酔いかたに個人差があるように、マタタビを与えたときの猫の反応にも個体差があります。泥酔したような状態になる猫もいれば、驚くことにまったく影響のない猫もいます。 しかし、お酒と違うところは、少量であれば健康に良い影響があるとは言えないところです。また、基本的に依存性はないとされていますが、過度に与えるのはやめましょう。

マタタビは危険なもの?

このマタタビ、本当に猫の健康に害のないものなのでしょうか。安全かどうかわからないものを大事な猫にあげるわけにはいかないですよね。

猫の脳にダメージを与えるというウワサ

マタタビが猫の脳にダメージを与えるという話が出回っていますが、この話には科学的な根拠はないようです。現時点ではマタタビが猫の脳にダメージを与えるというような研究結果は出ていません。

マタタビの事故

マタタビには中枢神経を麻痺させる作用があり、その麻痺の度合いが強すぎると呼吸困難に陥ってしまうことがあり、とても危険です。マタタビの入った袋は絶対に猫の手が届かない場所に隠し、面白がって決められた量以上の量を与えるような行為は絶対にやめましょう。 猫がマタタビを多量にとった結果、呼吸困難に陥ってしまった、というような事故は実際に報告されています。そのような事故を防ぐためにも、次の項で紹介する用法をしっかり守って与えるようにしましょう。

フレーメン反応

猫はマタタビを使うと、フレーメン反応と呼ばれる口を半開きにしてポカーンとしたような表情をすることがあります。もしかすると、この表情から脳に悪影響が及ぼされたという風説が出回ったのかもしれませんね。フレーメン反応については、こちらの記事でご紹介していますので、併せてご覧ください。
猫が口を開けて目を見開いている…とっても不思議なフレーメン反応を解説します

マタタビの与え方

猫に餌 マタタビは用法、用途を守れば安全です。うまく使えばしつけにも役立てることができるでしょう。 マタタビを初めて与えるときには、粉末状のものであれば耳かき半分ぐらいの量をとって、匂いを嗅がせるだけで十分です。2回目以降は、猫が興味を示すようであれば、そのまま与えても大丈夫です。しかし、用量は耳かき1杯分程度にしておいたほうが良いでしょう。もちろん適量は、個体差がありますので、猫の様子をみながらあげてください。

いつから

安全性を考えると、生後半年から1歳頃までは与えないほうがいいでしょう。その時期はまだあまり嗅覚や神経が発達していないからです。 マタタビは猫の嗅覚神経、もしくはヤコブソン器官を通じて脳を活性化するとされています。嗅覚神経は子猫の頃から発達していますが、電気信号を受け取る脳の方はまだ十分に発達していない状態です。そのため、生後間もない子猫には安全を期して与えないほうが良いでしょう。

どんなときに

マタタビをあげるタイミングとして、おすすめなのは以下のシーンです。
  • しつけのご褒美として
  • 食欲が落ちてきたとき
  • ストレスを抱えているとき
  • ケンカの仲裁として
  • 病院に連れて行くときの誘導に
普段はあげないようにし、威力を発揮して欲しい場面でのみ用いるようにするのがおすすめです。

まとめ

マタタビに酔ったような反応を示すことはよく知られていると思いますが、正しいマタタビの使い方についてはあまり知られていないのではないでしょうか?この記事を通じ、マタタビについて理解を深めるお役立てができれば幸いです。 マタタビは用法・用量を守れば安全です。しかし、飼い主が面白がって多くの量を与えてしまったり、頻繁に与えるようなことがあると、思わぬ事故を招いてしまう可能性も否めません。マタタビをまとめて買った場合には、その扱いには細心の注意をし、絶対に猫には開けられない場所に閉まっておくようにしましょう。そして、その効果を発揮してほしい場面で、ほんの少しだけ使うようにすれば、最大の威力を発揮してくれる飼い主にとっても頼もしい味方になることでしょう。

猫が口を開けて目を見開いている…とっても不思議なフレーメン反応を解説します

猫がクンクンとにおいを嗅いでいると思ったら、突然ポカーンと口を開けて目をまん丸にした…。 このような光景、見たことある方はいませんか?実は猫のこの行動、「フレーメン反応」と呼ばれる本能的な反応なんです。 今回の記事では、とっても不思議なこの行動を解説しています。あなたの猫がこのような行動をとる理由についてお伝えします。

フレーメン反応とは?

猫鳴 まずは、フレーメン反応がどのような時、どのようなもので起こるのかを見ていきましょう。

フレーメン反応はどのようにして起こるか

猫の口の中には、フェロモンを感じ取る器官であるヤコブソン器官というものがあります。 フェロモンが混じっているかもしれない臭いを嗅ぎ取ると、口を半開きにして臭いをヤコブソン器官へと取り込み、フェロモンを分析します。これがフレーメン反応です。 猫が口をポカーンと開けてマヌケ(失礼かな?)な顔をするのは、変な臭いを嗅いでびっくりしたからではなく、フェロモンを分析するための反応、「フレーメン反応」だったのです。

他にフレーメン反応を起こす動物もいる

猫に見られがちなこのフレーメン反応ですが、実は他の動物も同じような反応を見せます。 例えば、ウシ、ヒツジ、ウマ、ゾウ、コウモリなどの動物です。残念ながら、ヒトにはヤコブソン器官はありません。 同じフレーメン反応でも、これらの動物全てが猫と同じように口をポカンと開けるわけではありません。トラは口角を上げて下をペロリと出しますし、ウマは唇をまくり上げて笑うようなしぐさを見せます。

フレーメン反応を起こすものとは?

猫はフェロモンに対してフレーメン反応を起こすと先述しましたが、実は他の匂いに対してもフレーメン反応を見せます。 それらの一例としては、まず人間の足や靴下の臭いです。人の足の臭いを嗅いだ猫が口を開けてのけぞるところを映した動画、見たことがある人は多いのではないでしょうか。 また、ほかにもマタタビやキャトニップと呼ばれるハーブ、洗剤や石鹸(せっけん)にも反応しやすいと言われています。

フレーメン反応をする理由

猫と花

フェロモンを嗅ぎ取るため

猫がフレーメン反応をする理由のひとつめは、フェロモンの微細な粒子を嗅ぎ分けるためです。 猫はオスもメスも、発情期には「性フェロモン」を分泌します。 この時期には、異性に自分のフェロモンを嗅ぎ取ってもらうために、さまざまな場所で排尿したり、異性の性フェロモンを嗅ぎ取るためにお尻に鼻を近づけたりします。 猫はより多くのフェロモンを嗅ぎ取るために、発情期には普段よりも高い頻度でフレーメン反応を起こすことが知られています。

初めての臭いを調べるため

飼い主以外の人や、初めて会った動物などの臭いを嗅いで、フレーメン反応を起こすことがあります。 この場合、性フェロモンを嗅ぎ取ろうとしているのではありません。フレーメン反応を起こして臭いを緻密に分析し、対象が自分にとって害のないものであるかを判断しようとしています。

危険性がないか確かめるため

自分の縄張りの中に今までに嗅いだことのない強烈な臭いがした場合に、それらが安全であるかどうかを確認するためにフレーメン反応をすることがあります。 ヒトも見慣れない植物や毒々しい見た目のものはよく観察し、注意するようにしますが、猫はその対象が危険でないかどうかを臭いを嗅いで詳しく調べます。

縄張りを確認するため

猫は、他の猫に自分の縄張りを主張するためにマーキングを行います。猫が家の中におしっこをかける行為や、ガリガリとツメを研ぐ行為、頰や耳を飼い主にすり寄せる行為も、マーキングの一種です。 他の猫の尿に含まれているフェロモンや、肉球から出たフェロモン、頬から出るフェロモンを嗅ぎ分け、その場所が誰の縄張りであるかを認識するための手段としてフレーメン反応を起こすこともあるのです。

余談

威嚇する茶トラ猫 ところで、人間の足の臭いを嗅いでフレーメン反応が起こるのはなぜでしょうか? 猫が飼い主の足の裏の臭いを嗅いだり、靴下の臭いを嗅いだりして口をポカーンと開けて気絶しそうな顔を見せる映像、結構ありますよね。これは、あまりの臭さに気絶しそうになっているわけではありません。 人間の足の裏から分泌される臭いは猫のフェロモンの匂いに似ていると言われており、猫は動物的な本能でチェックしているのだと考えられています。これも上述した理由に該当していますよね。
マタタビとフレーメン反応
マタタビに含まれている成分のマタタビラクトン、アクチニジンがヤコブソン器官を刺激すると、猫はクラクラして酩酊状態になってしまうと言われています。猫が酩酊状態になる植物は、マタタビの他にもキャットニップというものがあります。こちらはヤコブソン器官ではなく嗅球と呼ばれる脳の一部で感知しているようです。

まとめ

とっても不思議なあの現象の理由は、フレーメン反応という猫の本能的な反応だったのですね。 フレーメン反応が起こる様子を動画で見かける機会は多いと思いますが、とても面白かったです。実際に猫を飼っている方は、自分の靴下のにおいを嗅がせたこともあるのではないでしょうか?フレーメン反応について知った後にこの行動を見ると、また新しい発見があるかもしれませんね。