【犬図鑑】大谷翔平が飼っているコーイケルホンディエはどんな犬種?

メジャーリーグで活躍している大谷翔平選手。シーズン中は連日のように彼の活躍が報道され、日本人初のホームラン王と2年連続のMVPを獲得しました。

ところで、MVPの発表時に大谷選手と一緒にメディアに出てきた犬が気になっている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、大谷選手が飼っている犬種について解説していきます。ニュースなどを見て少しでも「飼いたい!」と思った方はぜひご一読ください。

大谷翔平選手が飼っている犬の種類は?

2023年11月17日、大谷選手が2度目のメジャーリーグのMVPに選ばれた際、受賞発表時のアメリカのテレビ局での中継で彼の犬が映り「most valuable puppy(最も価値のある子犬)」と紹介されました。これをきっかけに多くの人の関心が集まったものの、愛好家からは懸念の声が出ています。

この犬は「コーイケルホンディエ」という犬種で、略して「コイケル」とも呼ばれます。日本では飼育頭数が少なく、初めて聞いたという方も多いでしょう。では、コーイケルホンディエとはどのような犬種なのでしょうか。

コーイケルホンディエの歴史

犬図鑑,コーイケルホンディエ,大谷翔平,ブリーダー,遺伝病,ブーム
コーイケルホンディエはオランダ原産の犬種で、16世紀頃には鴨猟の手伝いをしていました。その後、貴族の間で人気となり、レンブラントやフェルメールなどの絵画にもしばしば登場しています。

しかし、第二次世界大戦後にはわずか25頭まで減り絶滅の危機に瀕していました。愛好家たちの努力により、徐々に数を増やし、1971年に犬種として公認されました。日本での知名度は低く、年に100頭程度しか登録されていない珍しい犬種です。

コーイケルホンディエという名前には、「鴨猟のおとりの犬」という意味があります。

コーイケルホンディエの特徴

犬図鑑,コーイケルホンディエ,大谷翔平,ブリーダー,遺伝病,ブーム

身体的特徴

コーイケルホンディエの体高はオスで40cm程度、メスで38cm程度、体重は9〜14kgで、中型犬に分類されます。

体高と体長がほぼ同じでスマートな体型をしており、垂れた耳もポイントです。

被毛

コーイケルホンディエの被毛は、少し長めでウェーブのかかったダブルコートです。四肢や耳、しっぽなどに飾り毛があり、優雅な見た目も魅力的です。

毛色は、ホワイト地に鮮やかなオレンジレッドのまだら模様をもちます。

性格

コーイケルホンディエは、明るく活発な性格をしており、飼い主に忠実で一緒にいることが大好きです。

他の犬や人にもフレンドリーでおおらかな子が多く、無駄吠えもなく飼いやすいとされていますが、番犬としてはあまり向いていない犬種であるともいえます。

コーイケルホンディエを飼う際のポイント

犬図鑑,コーイケルホンディエ,大谷翔平,ブリーダー,遺伝病,ブーム

遺伝性疾患に気を付ける

コーイケルホンディエは一時期絶滅の危機に瀕していたことから、近親交配により遺伝子の多様性が低く遺伝性疾患を発症しやすい犬種とされています。遺伝性疾患は両親がもつ遺伝子を検査することで予防できるため、適切なブリーディングが重要です。

フォンビルブラント病という遺伝病を発症すると、鼻血や歯茎からの出血、怪我をしたときに血が止まりにくいなどの症状が現れます。他にも、コイケル麻痺と呼ばれる遺伝性壊死脊髄障害やセロイド・リポフスチン脳症といった遺伝病にも注意が必要です。

運動量は多い

もともとカモ漁の手伝いをしていたことから、運動が大好きなため、1時間程度の散歩を1日2回行いましょう。

飼い主とのコミュニケーションも大好きなので、ただ散歩をするだけでなく、一緒に遊べる運動も取り入れてあげるのがおすすめです

犬を飼う前に考えるべきこと

犬図鑑,コーイケルホンディエ,大谷翔平,ブリーダー,遺伝病,ブーム
有名人や憧れの人が飼っている犬と同じ犬種を飼いたいと考える人は多くいます。実際、今回の大谷選手の犬が話題になるとともに、ブリーダーやペットショップに問い合わせが殺到しました。

しかし、日本にはコーイケルホンディエを扱っているブリーダーは少なく、予約をしても1、2年はかかるといわれています。その間にブームが過ぎ、予約をしていた人も興味を失ってしまった場合、飼われる予定だった多くの犬の飼い主が不在になってしまいます。

命あるものをお迎えしようとしたときに、ブームや人気に乗っかるのが悪いわけではありません。しかし、その犬種の特性を理解し、最期まで責任をもって飼えるかどうかをしっかり検討した上で飼うことを決めてほしいと思います。

人気になればなるほど不幸な子が増えるかもしれない

コーイケルホンディエは国内だけでなく海外でも飼育数は少なくブリーダーも限られているため、近親交配による遺伝病を抱えた子が生まれてくるのを危惧されています。

現在でもブリーダーにより慎重に繁殖が行われていますが、コーイケルホンディエの需要が増えれば、それだけ悪質なブリーダーも増え、先天的な病気を抱えた状態で生まれてくる子も多くなると考えられます。

不幸な子が生まれてくるのを防ぐためにも、覚悟をもってコーイケルホンディエをお迎えすることが決まったら、適切なブリーディングをしているブリーダーに相談することが大切です。

最後に

犬図鑑,コーイケルホンディエ,大谷翔平,ブリーダー,遺伝病,ブーム
コーイケルホンディエはオランダ原産の犬種で、一度は絶滅の危機に瀕しましたが、愛好家の手によって数を増やしてきました。大谷選手が飼育していることで話題となり、多くの注目を集めています。

しかし、ブームは一過性のものに過ぎません。かつて、漫画の影響でシベリアンハスキーの飼育者が激増し社会現象を引き起こしたものの、飼いきれなくなった飼い主が続出し、数年後には動物保護センターに多くのシベリアンハスキーが持ち込まれたという過去があります。

動物を見て「かわいい」と思うのは自然なことですが、もしペットとして飼いたいと思った時は、本当に最期まで飼い続けられるかを自分と向き合ってみてください。

卯年に考える!学校のうさぎ小屋はなぜ減ったのか

2023年の干支の「うさぎ」。特徴的な長い耳や柔らかい毛など、可愛らしいポイントがたくさんある動物です。近年うさぎを飼う人は急増していて、大手ペット保険会社のアニコム損保では、うさぎの契約件数が2015年度から2020年度で、約6.4倍に増加しています。

うさぎは鳴くことがなく、散歩の必要もないため、手がかからず飼いやすいと考えられていることが人気の理由の一つです。そして今年は卯年ということもあり、「うさぎブーム」も話題になっています。

一方で、かつてどこの学校にもあったうさぎ小屋は減少しています。うさぎを飼う人は増えたのに、なぜ学校のうさぎ小屋は減ってしまったのか。今回は、うさぎの学校飼育の問題点を掘り下げていきます。

学校で動物を飼育する意義とは

うさぎ,うさぎ小屋,ブーム,干支,情操教育,飼育環境
そもそも、なぜ学校で動物を飼う必要があるのでしょうか。文部科学省の小学校学習指導要領には学校飼育動物の意義について、次のように記載されています。

小学校学習指導要領 2章5節
動物を飼ったり植物を育てたりする活動を通して、それらの育つ場所、変化や成長の様子に関心をもって働きかけることができ、それらは生命をもっていることや成長していることに気付くとともに、生き物への親しみをもち、大切にしようとする。

動物との触れ合いは、子供の情操教育にとって非常に重要なことと言われています。全国の小学校で動物が飼育されているのは、動物との触れ合いを通し、子供たちに思いやりの心を育むことが目的です。

特に子供時代に動物が好きなのにもかかわらず、家庭の事情などでペットを飼えなかった人の中には、学校で飼育されている動物を世話した経験がとても貴重だったと語る人もいます。

さらに、永岡文部科学大臣も2022年12月20日の記者会見で、学校での動物飼育について、次のようにコメントしています。

「デジタル化が進展する時代であるからこそ実体験からの学びも重要だ。児童が生き物への親しみを持ち、命の貴さを実感するために、学校における継続的な動物飼育を行うことは、やはり意義がある。」

うさぎの学校飼育廃止のネット署名は2万人も

うさぎ,うさぎ小屋,ブーム,干支,情操教育,飼育環境
しかし、実際には文部科学省の方針とは逆行するように、学校におけるうさぎの飼育廃止を求めるネット署名には2万人を超える人が賛同し、注目が集まっています。

その理由として次のような点が、うさぎが学校での飼育に不向きだとされています。

不適切な飼育環境

学校のうさぎの飼育環境は適切ではない点が指摘されています。本来うさぎは温度管理が必要な動物で、湿気と強い風には極端に敏感なので、屋外飼育には向いていません
また、毛玉症の予防のためにもこまめにブラッシングする必要がありますが、ほとんどの学校で行われていないと見られます。

子供への負担

うさぎや、うさぎのエサとなるイネ科の植物のアレルギーを持つ子供に配慮する必要があります。特に後者のアレルギーは多くいると言われています。
また、長期休みの間の飼育当番を負担に感じる子供や保護者もいるようです。

教師への負担

ただでさえ、教師の過酷な労働実態が問題となっている昨今です。その上、教師に飼育動物の管理や児童への指導まで求めるのは酷だと言えるでしょう。

また、学校によっては命の大切さやうさぎの飼い方を学ぶ授業がなく、ただ当番が回ってくるから世話をするだけというケースも少なくありません。新たな授業を増やすことは教師への負担になるため、せっかく動物がいても子供の学びにつながっていないのです。

学校での飼育の問題点とうさぎブームの関連性

うさぎ,うさぎ小屋,ブーム,干支,情操教育,飼育環境
学校でのうさぎの飼育廃止を求める人たちの中には、動物愛護の観点から、不適切な環境である学校での飼育はよくないという意見を持つ人が多くいます。
また、「よくない環境で動物を育てることは子供の学びにつながらない」、「学校のようないい加減な飼い方で良いんだと子供が学んでしまう」といった、子供の学びに悪影響になるのではないかという意見もあります。

「うさぎブーム」の面では、うさぎの飼育には手がかからないというイメージが仇となり、想定外の難しさからくる飼育放棄の件数も増加しています。
うさぎは繊細でストレスに弱い動物です。飼い主は常にうさぎの体調を気にかけてあげる必要があり、室内でも十分な運動をさせなければならず、時には爪切りやブラッシングも必要で、飼育は決して楽ではありません

うさぎブームと学校での飼育を関連付けて言うならば、学校でうさぎの生態を学び、しっかりと世話をし、動物を飼う大変さを体感出来れば、ブームだからといって安易に飼おうとはしないのではないでしょうか。教育の場である学校での飼育で簡単に飼えるようなイメージをつけてしまうのは、かなり問題があると言えるでしょう。

どの動物にも言えることですが、干支だから、ブームだから、寂しいからといって安易に飼ってはいけません。事前に動物の飼い方をよく学ぶこと、適切な飼い方をすること、終生飼育をすることはとても重要です。
そういったことを学ぶのが情操教育の目的であるはずですが、真逆の結果を引き起こしているのではないかと思えてなりません。

まとめ

うさぎ,うさぎ小屋,ブーム,干支,情操教育,飼育環境
大阪府の例をあげると、うさぎやニワトリなどを飼育する小学校は15年前の79%から令和4年度の21%まで大きく減少しています。(大阪府教育委員会調査※大阪市、堺市を除く)

不適切な環境で飼育される動物が減ることは良いと考えることもできますが、先ほどご紹介したような、動物が好きでも飼うことが出来ない子供の学びの場が減ってしまうのは非常に残念です。

子供の情操教育のために何が出来るのか、そして学校の動物が幸せに暮らすためには何がベストなのか、改めて考える時機なのではないでしょうか。

中国のペット事情大公開! 一番人気なペットは?

日本の隣国であり、古代から深い関係にある中国ですが、皆さんは中国のペット事情をご存知でしょうか。

実は、中国でも古くから犬や猫が飼われており、現代でも生活の一部となっています。しかし、隣国とはいえ、そのペット事情は日本とはやや異なり、中国独自のものも見られます。

今回は、そんな中国におけるペット事情についてご紹介していきます。

中国におけるペットの飼育総数

中国,ペット事情,飼い方,文化,エンタメ
中国において、犬や猫などのペットを飼育している人口は全体の約5%と言われています。14億人を抱える中国にとって、わずか5%とはいえ、その数は7000万人にも及びます。

さらに、一人当たり一頭以上飼育していると考えると、飼育総数は1億匹を超えるとも言われています。

中国の劇的な経済成長により、多くの人の生活にゆとりができ、ペットを家族の一員として迎え入れる人も増えてきました。そのため、中国国内におけるペット総数は今後もますます増えていくでしょう。

どんな人が飼う?

中国,ペット事情,飼い方,文化,エンタメ
かつての中国では、ペットを飼うことは非常に贅沢なことであるとされ、毛沢東の時代は、ペットを飼うこと自体が禁止されていました。

時代の変化や経済成長に伴いペットを飼う人が増加している中国では、どのような人々がペットを飼い始めているのでしょうか。

若者の間で増加

特に若者の間で顕著に増加してきており、飼い主の約8割が20代から30代の若年層だと言われています。

この背景にも、経済成長が大きく関わっており、各々の生活に余裕が出てきたこと、職場でのストレスや出稼ぎによる孤独感を緩和することを目的に、ペットを飼い始める若年層の人々が増加してきているとされています。

高齢者の間でも

若者の飼い主が増加する前は、ペットは主に高齢者が飼っていました。一人っ子政策により、子どもが独り立ちした夫婦が寂しさを埋めるためにペットを飼い始めるという家庭が多かったためです。

現在でも、多くの高齢者がペットを家族の一員として迎え入れています。

中国では小型犬が人気

中国,ペット事情,飼い方,文化,エンタメ

中国では、古くからペットを屋内で飼う文化が根付いています。そのため、家の中で飼いやすい小型犬、特に、チワワやポメラニアン、トイ・プードルが非常に人気です。

高層マンションが立ち並ぶ都心部では、決して大きい部屋ばかりではなく、遊ばせてあげる庭などもありません。また、家から一歩外に出れば、人や車が非常に多い街中であり、散歩にも適しているとは言い難い場所ばかりです。

そのため、広い部屋や十分な運動量が必要な大型犬よりも、小型犬が好まれる傾向にあります。このあたりの事情は日本の都心部と同様のようです。

ブームが招く生態系の破壊

中国,ペット事情,飼い方,文化,エンタメ
かつてはペットを飼うこと自体が富裕層にのみ許されていた贅沢であり、ペットは家族ではなく、どちらかというと自分が所有しているモノという考えが一般的でした。

日本においても特定の犬種が人気になるペットブームが幾度もありましたが、中国でもそれは同様です。

流行の最先端を取り入れたい富裕層は、ペットの爆買いを行い、ブームが過ぎた犬種を飼育放棄して新しい犬を飼うということを繰り返していました。

チベタン・マスティフの事例

具体的な例として、チベタン・マスティフが記憶に新しいかもしれません。

チンギス・ハーンが戦争で使ったとしてよく知られている犬種で、2010年頃に中国で絶大なブームを迎えました。一頭8億円もの値段で売買されたこともあるようです。

しかし、ブームが過ぎ去ると、富裕層は次々にチベタン・マスティフを手放してしまい、新たな人気犬種へと目を向けてしまいました。

その結果、野生化したチベタン・マスティフが群れを作り、人間や絶滅危惧動物を襲い、生態系を破壊してしまうなど、現在でも深刻な社会問題になっています。

犬食文化から見る人と犬の関係の変化

中国,ペット事情,飼い方,文化,エンタメ
また、中国では昔から犬の肉を食べる文化があり、年間約1000万〜2000万匹の犬が食されていると考えられています。

しかし、時代の変化とともに犬は「モノ」から「パートナーや家族」へと変化していき、今では中国国内でも犬食に反対する声が高まっています。

そのようなこともあり、2020年に中国農業農村省が公表した「食べていい動物リスト」では、初めて犬が外されました。

人間と犬との関係が変化したこと、海外からのバッシングも多いことから、国をあげて犬食を禁止する動きが見られています。

まとめ

中国,ペット事情,飼い方,文化,エンタメ
今回は、隣国である中国におけるペット事情について、簡単にご紹介しました。

ブームを意識しすぎたためにおこるペットの爆買いや飼育放棄は、現在ではだいぶ減少してきています。動物愛護団体も発足し、ペットはモノではなく家族であるという考えが主流になってきた結果だといえるでしょう。

飼い主の多くを若者が占めるようになってきていたり、犬を屋内で飼う文化が元々あったことから小型犬が人気であったりする点は、日本とは少し違うペット事情と言ってもいいのかもしれません。

1億匹ものペットが飼われている中国は、ペット市場においても注目を集めています。犬食の禁止に向けた動き等、動物愛護団体のもと、変わりつつある中国のペット事情がどのようにより改善されていくか、注視していきたいですね。