【クイズ】ペレットだけではダメ?うさぎの食事で気をつけたいこと

うさぎが健康に生きていくためには、適切な食事を適量与えなければいけません。場合によっては命に関わることもあるため、飼い主はしっかり把握しておく必要があります。

今回は、うさぎの食事についてクイズ形式でご紹介します。自信がある人も不安な人も改めて確認しましょう!
Q.1 うさぎの食事の説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「水分補給のため果物は常に置いておく」です。
りんごやイチゴなどの果物はうさぎも喜んで食べます。しかし、与えすぎると下痢になったり肥満になったりしてしまうため、常に食べられるようにしておくのではなく、ご褒美や楽しい刺激として与えると良いでしょう。

ペレットはうさぎが1日に必要な栄養が含まれた「総合栄養食」です。そのため、栄養素だけ考えればペレットだけでも問題ありません。しかし、栄養以外の様々な理由から、チモシーも一緒に与える必要があります。

ペレットやチモシーで栄養は十分であるため、生野菜は必ずしも与えなければいけないというわけではありません。おやつとして少量与える程度にしましょう。
Q.2 うさぎにチモシーを与えなければいけない理由として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「うさぎのにおいを消臭するため」です。
チモシーにはうさぎのにおいを消臭する効果はありません。においが気になる場合は、掃除をしっかり行い、うさぎにも使える消臭剤で対策しましょう。

繊維質は腸内細菌のバランスを整え、消化管の動きを活発にする役割があるため、うさぎにとって最も重要な栄養素でもあります。繊維が不足すると、消化管の動きが悪くなり、「食滞」という病気になり、場合によっては命に関わることもあります。

うさぎの歯は毎日伸び続けます。固い牧草を食べ続けることで、適度に歯が削られ、健康的な歯を維持することができますが、伸びっぱなしで削れないと、噛み合わせが悪くなる「不正咬合」になってしまいます。不正咬合は歯が頬の内側や舌を傷つけ、痛みからうまくご飯を食べられなくなってしまい、衰弱していってしまいます。

歯をたくさん使ってペレットよりも硬いチモシーをモグモグと食べ続けることで、うさぎにとってはストレス解消となります。
Q.3 うさぎが食べるチモシーの説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「1番刈りがもっとも柔らかい」です。
牧草の一種であるチモシーの中でも、春から夏にかけての最初の時期に刈り取られた「1番刈り」は、繊維質が豊富で固いという特徴があります。うさぎの健康のためには繊維質が多い1番刈りがおすすめですが、柔らかくて美味しい2番刈りを好む子が多いようです。

うさぎがいつでも好きなときに食べられるように、チモシーは常に食べられるようにしてあげましょう。ペレットや野菜ばかりを与えすぎてしまうとチモシーを食べなくなってしまうこともあるため、適量を守って与えるようにしましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
ペレットだけはNG!うさぎに「牧草」が必要不可欠な3つの理由
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

ペレットだけはNG!うさぎに「牧草」が必要不可欠な3つの理由

毎日欠かさず食べるご飯は、人間もうさぎも同様にとても大切なものです。 そして、うさぎの身体を作るのに大事なもののひとつが「牧草(チモシー)」です。 今回の記事では、うさぎにとって牧草を食べることが重要である理由や、牧草の与え方などについて詳しく解説していきます。

牧草とチモシーの違い

うさぎ,チモシー,牧草,食べ物,ペレット

牧草とは

牧草は、家畜の飼料として栽培される草全般のことで、「イネ科」「マメ科」に分かれています。 また、加工方法によって、刈り取ってそのままの「生牧草」、天日干しで水分を飛ばした「乾草」、乳酸発酵させた「サイレージ」と、大きく3つに分けられます。うさぎが食べられるのは、「生牧草」または「乾草」です。

チモシーとは

チモシーは、イネ科の牧草の一品種です。牧草として最も一般的な種類で、チモシーの乾草は世界中で広く流通しています。 そのため、牧草といったらチモシーの乾草を意味する場合が多いです。

うさぎは何を食べる?

うさぎが食べるものは、牧草(チモシー)だけではありません。 大まかには、次のようなものを食べます。
  • 牧草(主食)
  • ペレット(主食)
  • 野菜(副菜)
  • 野草(副菜)
  • 果物(おやつ)
ペレットは、うさぎが1日に必要な栄養が含まれた「総合栄養食」です。そのため、栄養素だけ考えればペレットだけでも問題ありません。 しかし、栄養以外の様々な理由から、うさぎの食事はペレットだけでは不十分で、牧草も与える必要があると言えます。 次の章では、うさぎにとって牧草が必要な理由をご紹介します。

うさぎにとって「牧草」が重要な理由

うさぎ,チモシー,牧草,食べ物,ペレット うさぎに牧草が必要な理由は、栄養価だけではありません。詳しくみて行きましょう。

1. 繊維質を豊富に取れる

草食動物であるうさぎにとって、最も重要な栄養源は「繊維質」です。 繊維質は腸内細菌のバランスを整え、消化管の動きを活発にしてくれます。しかし、繊維が不足すると、消化管の動きが悪くなり、「食滞」という病気になります。すると、食欲の低下や便秘、消化管の中の物が発酵し、ガス溜りなどを引き起こします。 また、毛づくろいをするときに被毛を飲み込んでしまい、それをスムーズに排泄できないと、「毛球症」にかかってしまいます。 牧草から食物繊維を摂取することで、飲み込んだ毛の排泄の助けになります。

2. 歯を削ることができる

うさぎの歯は毎日伸び続けます。しかし、伸びっぱなしで削れないと、噛み合わせが悪くなる「不正咬合」となり、歯が頬の内側や舌を傷つけてしまいます。そうなると、うさぎは痛くてご飯を食べることが出来なくなってしまいます。 固い牧草を食べ続けることで、適度に歯が削られ、健康的な歯を維持することができます。

3. ストレス解消になる

歯をたくさん使ってモグモグと食べ続けることで、うさぎにとってストレス解消となります。 だからと言って、ペレットなどうさぎが欲しがるものだけを与えてしまうと、当然太ってしまいます。 すぐには飲み込めず、ヘルシーな牧草を与えることで、太らずにモグモグし続けてストレスを解消することができるのです。

チモシーは「1番刈り」がオススメ!

うさぎ,チモシー,牧草,食べ物,ペレット 先述したように、牧草の一種であるチモシーは、最も広く流通していて人気な牧草です。 そのチモシーの中でも、春から夏にかけての最初の時期に刈り取られた「1番刈り」が最もおすすめです。 その理由は、1番刈りのチモシーは繊維質が豊富で、固いからです。
コジマ(PB)
¥2,550 (2024/04/18 18:37:19時点 Amazon調べ-詳細)

うさぎは2番刈りの方が好き?

うさぎによっては柔らかくて美味しいものを好むため、嗜好性の高い2番刈りの方をよく食べて、1番刈りは残してしまうことも珍しくありません。 その場合には、無理して1番刈りをあげ続けるのではなく、うさぎの好む牧草を与えれば良いです。 もちろん、1番刈りを食べるのが理想的ではありますが、うさぎが牧草を食べてくれなければ意味がありません。2番刈りでも、とにかく牧草を食べさせることが重要なのです。

うさぎの理想の食事

うさぎ,チモシー,牧草,食べ物,ペレット 牧草は主食として、うさぎがいつでも好きなときに食べられるように、常に置いておいてあげるのがベストです。 他の食べ物(ペレット、野菜、おやつ等)でお腹がいっぱいで牧草が食べられない、ということがないように、他の食べ物は適量を守って与えるようにしましょう。ペレットは1日に決められた量を守ることと、おやつや野菜は少しだけ与えることを意識してください。

「牧草」の保存方法

うさぎ,チモシー,牧草,食べ物,ペレット 草食動物のうさぎは、よく乾燥していて、良い香りのする牧草を好みます。 しかし、乾燥をするからといって太陽や風にあててしまうと、大事な香りが消えてしまいます。 そうならないために、まず、湿気のない大きなビニール袋に乾燥剤とともに入れて、口をしっかり閉めます。そして、直射日光の当たらない涼しい場所に保管しましょう。
新越化成工業
¥560 (2024/04/18 18:37:20時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

うさぎ,チモシー,牧草,食べ物,ペレット うさぎが必要とする栄養は基本的にペレットからとれますが、食物繊維の摂取や歯の健康の維持、ストレス解消などの観点から、牧草も毎日食べさせることが重要です。 うさぎによってはペレットばかり好んで牧草を食べてくれない子もいるかもしれません。その場合は、柔らかめのチモシーを与えてみたり、まずはチモシーを主原料としたペレットを与えるなどして、少しずつ慣れさせていきましょう。