【猫図鑑】しっぽのない猫であるマンクスの歴史や飼い方のポイント

マンクスという猫種をご存じですか?日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、「しっぽがない猫」と聞けば、その存在自体は聞いたことがある人も多いでしょう。

今回はマンクスの歴史や外見状の特徴、飼い方のポイントについてご紹介します。

マンクスの歴史


マンクスは、グレートブリテン島とアイルランド島の間にあるマン島原産の猫種です。

もともとマン島には猫が暮らしており、突然変異によりしっぽのない猫が誕生しました。狭い島であったため近親交配により種が固定されていき、1901年にイギリスで正式に猫種として認められました。

マン島ではマンクスのことを「スタビン」という名で呼んでいたという記録もあり、300年以上前からその存在は知られていたと考えられています。

ちなみに、マンクスという名前は「マン島」に由来しています。

しっぽに関する伝説

マンクス,猫図鑑,イギリス,マン島,しっぽ,ランピー,スタンピー,ロンギー,ダブルコートブラシイング,キャットタワー
マンクスのしっぽに関する神話や伝説はたくさん残っています。それほど、マンクスのしっぽには多くの人の関心が寄せられたのでしょう。

  • ノアの方舟に猫が駆け込もうとしたところ、船員が誤ってしっぽをドアで挟んでしまいなくなってしまった
  • 海賊が猫のしっぽを帽子の飾りにしようとしているのを知った母猫が、殺されないように子猫のしっぽを噛み切った
  • 猫とうさぎの間に生まれた子どもで、頭は猫、足はうさぎと決まったが、しっぽをどうするかで揉めた結果、神様が仲裁してしっぽをなくした
  • 断尾を繰り返していたらしっぽのない猫が産まれるようになった

マンクスの特徴

身体的特徴

体長は50cm〜80cm、体重は3〜6kgほどと、一般的な猫よりは少し大きめのサイズです。体つきは丸みを帯びておりずんぐりむっくりとしています。

前足より後ろ足の方が長く、うさぎのような歩き方になるため「ラビットキャット」「バニーキャット」などと呼ばれることもあります。

マンクスの一番の特徴はしっぽがないことですが、短いしっぽが生えている子やしっぽがまったく生えていない子もおり、それぞれ細かく名前が決まっています。

  • 【ランピー】…しっぽが全くなく、しっぽの付け根部分がくぼんでいる
  • 【ランピーライザー】…尾椎が1,2個のわずかに短いしっぽがある
  • 【スタンピー】…短いしっぽがあるが、折れていたりねじれていたりする
  • 【ロンギー】…一般的な猫の半分くらいの長さのしっぽがある

なお、これらは両親の遺伝子型と関係なく発現するため、産まれるまでどのタイプのしっぽになるかはわかりません。

※日本猫も尾が短かったり曲がっていたりしますが、マンクスと日本猫は関係ありません。

被毛の特徴

マンクスの被毛はダブルコートで、短毛種が多いものの、長毛種も存在します。長毛種は「キムリック」という名前でマンクスと別の種として登録されている場合もあります。

毛色はレッド、ブルー、ブラック、ホワイト、クリームなど、さまざまな色が認められています。

性格

マンクスは大人しく穏やかな性格をしており、のんびり過ごすことが好きです。しかし賢く忠誠心が強いため、危険を察知すると攻撃的になることもあります。

また、人見知りをするため、家族以外の人にはなかなか懐きません。

無尾同士の交配は危険

マンクス,猫図鑑,イギリス,マン島,しっぽ,ランピー,スタンピー,ロンギー,ダブルコートブラシイング,キャットタワー
しっぽがないランピー同士を交配すると、その子どもはマンクス症候群を発症する可能性が高くなると考えられています。マンクス症候群は遺伝性の疾患で、脊髄に異常が起こりさまざまな障害が引き起こされます。

発症すると、足を引きずるように歩く、後ろ足が麻痺する、うんちやおしっこが出なくなるなどの症状が現れます。

マンクスの無尾の遺伝子は致死遺伝子でもあり、両親がランピーの場合、死産してしまう可能性が極めて高く、無症状で生まれても数ヶ月後に症状が出てくることも少なくありません。繁殖を行う場合は、この点に留意し、配慮する必要があります。

飼い方のポイント

マンクスを飼う際は以下の点に気をつけましょう。

運動ができる環境を

もともとネズミ捕りとして農家の人々から大切にされてきたマンクスは、ある程度の運動量を確保する必要があります。マンクスはジャンプが得意なため、キャトタワーやキャットウォークを設置したり、動きのあるおもちゃで一緒に遊んであげましょう。

こまめなブラッシングを

ダブルコートの被毛をもつマンクスは、抜け毛が多く、一日1回はブラッシングをしてあげましょう。

換毛期になるとさらに毛が抜けます。マンクスは他の猫と比べると水を怖がらないため、換毛期に入ったらシャンプーをしてあげると、抜け毛がとれてお手入れが楽になります。

しっぽは触らない

マンクスにとってしっぽの部分はとても繊細です。つい触りたくなってしまう気持ちもわかりますが、触らないようにしましょう。小さいお子さんがいる家庭では特に注意しましょう。

最後に

マンクス,猫図鑑,イギリス,マン島,しっぽ,ランピー,スタンピー,ロンギー,ダブルコートブラシイング,キャットタワー
しっぽがないことが最大の特徴であるマンクスですが、実は短いしっぽがある個体もおり、しっぽが完全にないランピーは全体の20%ほどしかいません。しかし、ランピー同士を交配させると、死産や先天性疾患を抱えた子どもが生まれる可能性が高いため、交配させないように注意が必要です。

日本では珍しい猫種ではありますが、他の猫にはない魅力があります。この記事を読んで興味をもったらぜひマンクスについて調べてみてください。

夏目友人帳のニャンコ先生の猫種は?似ている猫種を紹介!

夏目友人帳という作品のキャラクターで背中に二色の模様を抱えたぐうたらな白猫、ニャンコ先生。作中の人気キャラランキングでは主人公を差し置いて一位の座を独占しているそうです。

ここではそんな大人気な猫であるニャンコ先生を徹底分析して、その特徴ごとに似ている要素を持つ猫を紹介していきます!ふてぶてしさも備えていながら、とっても癒されるキャラですので、猫を飼いたいと考えている人はこの記事を参考に選んでみてはいかがでしょうか?

ニャンコ先生とは?

ニャンコ先生

※劇場版『夏目友人帳』ヒット – (C) 緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

夏目友人帳のキャラクターであるニャンコ先生。その正体は実は「斑」という名の妖です。主人公の用心棒をやっていて、本来の姿は白い獣の姿の強大な妖で、ニャンコ先生の姿の時以外人には見えることはありません。ニャンコ先生はとっても人気が高く、アニメの動物キャラランキング上位の常連です。ここでは、そんなニャンコ先生の特徴ごとに似た猫を紹介していきます!

身体的特徴から似ている猫を考察

ニャンコ先生の体長と体重はちょうどバレーボール二個分だそうです。体型もバレーボールを二個繋げたような体型をしていて、とても丸っこいです。

バレーボールの規格から考えると、体長は40〜42センチで、体重はなんと480〜560グラムです!世界最小の猫であるクロアシネコでもおおよそ1900グラム前後なので、とてつもなく軽いと言えます。模様は全身が白で、背中に茶色と灰色の縦縞が入っています。耳は立ち耳で、尻尾はウサギのように小さくて丸っこいです。赤いヒゲも特徴的ですね!

以下はこれらの特徴から同じ要素を持つ猫たちです。

三毛のジャパニーズボブテイル

@penta_cocoaがシェアした投稿


ニャンコ先生と同じように丸い尾っぽをしていて、柄も白、灰色、茶色の三色です。すらりと長い胴体をしています。高い順応性を持ち、人懐っこく飼い主の言葉にもよく反応するのでペットとして適していますよ!

三毛のマンクス


マンクスはジャパニーズボブテイルと似ていて短い尾を持つ種類の猫です。その中でもスタンピーと呼ばれる動かない株のような形の尾はとってもニャンコ先生の尻尾に似ています。ずんぐりむっくりな体型のところもすごく似ていますね!物静かで利口、人見知りな性格です。

性格から似ている猫を考察


とても高等な妖であるため、人間や下等な妖に対する態度は高圧的でふてぶてしいです。反面、普段はとてもおしゃべりでのんびりと陽気な性格をしています。

気まぐれな性格をしていて、用心棒などの仕事はやったりやらなかったり。そして何よりとても食い意地が張っていて、冷蔵庫の食べ物を漁って怒られたりすることもあります。

以下はこれらの特徴から同じ要素を持つ猫たちです。

エキゾチックショートヘア

comachi_0112さん(@comachi_0112)がシェアした投稿


丸っこい胴体と頭、そして何より鼻ぺちゃな顔が特徴的なエキゾチックショートヘア。そのふてぶてしくも愛らしい様子は、ブサネコやブタネコと呼ばれることもあるニャンコ先生と瓜二つです!丸っこく愛嬌のある体型をしていて、基本的にはおとなしいものの、甘えん坊で活発な面も見られます。

茶トラ

caramel-crunchさん(@public_hanky)がシェアした投稿


テレビなどにもよく映り、日本の代表的なネコとも言える茶トラ。メディアで見る姿はスマートで凛々しい姿をしていますが、食欲旺盛で甘えん坊のため、丸々と太ってしまうことが多いそうです。そんな丸っこい体型はニャンコ先生にそっくり!警戒心が薄く、誰にでも人懐っこい性格をしています。

いかがでしたか?

kitty
今回紹介した猫は以下の4種です。

  • ジャパニーズボブテイル
  • マンクス
  • エキゾチックショートヘア
  • 茶トラ

夏目友人帳の作中に登場するニャンコ先生はふてぶてしい姿を見せながらも愛らしい性格をしており、主人公と支え合って物語を進めていきます。こうして見ていると、日本の漫画やアニメには、たくさんの犬や猫たちが登場していますね。犬猫好きな皆さんは、こういう観点から逆に漫画やアニメを見てみるのも面白いかもしれません。

これからどんな猫を飼おうか迷っている人は、人生のパートナーとなる猫に、ニャンコ先生のような猫を選んでみてはいかがでしょうか?きっと、ニャンコ先生と同様、自分を支えてくれる良きパートナーになってくれるはずです。

他の漫画の登場犬猫が気になる方は、こちらも併せてどうぞ!

銀魂の定春って何犬?似ている犬種を紹介!

アンパンマンのチーズの犬種はなに?アニメに見る犬種考察