【法改正】ミドリガメの販売や放流は禁止に!逃られて違法になることも

かつて、夏祭りの露店などで亀すくいを見かけたことがある方もいらっしゃるでしょう。一般的には「ミドリガメ」と呼ばれますが、正式には「ミシシッピアカミミガメ」という名称です(以下、アカミミガメと記載します)。

亀すくいで人気者だったアカミミガメは、2023年6月1日から「条件付特定外来生物」に指定され、販売や野外への放棄が禁止されました。また、アカミミガメが適切に飼育されていない状態で逃げ出してしまった場合も、違法行為となる可能性があります。そのため、アカミミガメの飼育には十分な注意が必要です。

この記事では、アカミミガメが条件付特定外来生物に指定された経緯や、飼育時の注意点などについて解説していきます。

「条件付特定外来生物」とは

アカミミガメ,アメリカザリガニ,ミシシッピアカミミガメ,ミドリガメ,外来生物,外来種,条件付特定外来生物,法律
条件付特定外来生物とは、「特定外来生物(アライグマやカミツキガメなど)」に指定された生物のうち、当面の間、一部の規制が除外される生物のことを指します。今回取り上げたアカミミガメアメリカザリガニがその対象です(2023年6月1日時点)。

一般的には、特定外来生物は、飼育、輸入、譲渡、放出(野外に逃がす)などが基本的に禁止されるか、許可が必要とされますが、「条件付特定外来生物」の場合、飼育と譲渡は一定の条件下で認められています

詳しい内容は環境省のホームページをご覧ください。
https://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/regulation/jokentsuki.html

なぜ「条件付特定外来生物」になったのか

アカミミガメ,アメリカザリガニ,ミシシッピアカミミガメ,ミドリガメ,外来生物,外来種,条件付特定外来生物,法律
本来、アカミミガメはアメリカ東南部からメキシコに生息している生物です。日本では、1950年代後半から幼体を「ミドリガメ」と呼び、ペットとして輸入されるようになりました。2019年の調査によると、全国で約160万匹の飼育が推定されています。

ペットとして飼われていたアカミミガメですが、飼い主が飼育放棄し野外に捨てられたことで、北海道から沖縄まで全国的に生息するようになり、環境への影響が問題となっています

具体的には、在来種のカメであるニホンイシガメなどの生活に影響を与えたり、カルガモのヒナや水草を食べることによる生態系への影響や、レンコンの新芽の食害等の農作物への被害が報告されています。

一時は、条件が厳しい特定外来生物への指定が検討されていましたが、特定外来生物に指定されると飼育には許認可が必要になるため、手続きを回避したい飼い主が指定前に一斉に野外に捨てる可能性が考えられました。しかし、それでは状況が悪化する恐れがあるため、条件付特定外来生物として飼育や譲渡については規制せず、販売や放流を禁止することになりました。

現在アカミミガメを飼育している場合

アカミミガメ,アメリカザリガニ,ミシシッピアカミミガメ,ミドリガメ,外来生物,外来種,条件付特定外来生物,法律
一般家庭でアカミミガメを飼っている場合は、以下の3つのポイントを押さえて飼育する必要があります。

  1. ペットとして飼育している場合は、これまで通り飼育が可能です。申請や許可などの手続きは必要ありません。
  2. 池や川などの野外に放すことや逃がすことは法律で禁止されています。違反すると罰則や罰金の対象となる可能性があります。適切な飼育をせずに逃げ出してしまった場合も違法行為となる可能性があります。
  3. 飼えなくなった場合は、新しい飼い主や保護団体などに譲渡しましょう。無償譲渡であれば申請や許可などの手続きは不要です。

アカミミガメを逃さないポイントは?

終生飼育や飼えなくなった場合の新しい飼い主探しは、ペットを飼う上での当然の責任であり、犬や猫なども同様です。ただし、意図せずアカミミガメが逃げ出してしまった場合でも、罰則や罰金の対象となるため注意が必要です。

アカミミガメを飼育する際には、次の図のように万全の脱走防止対策を取る必要があります。

アカミミガメ,アメリカザリガニ,ミシシッピアカミミガメ,ミドリガメ,外来生物,外来種,条件付特定外来生物,法律
(画像:環境省自然環境局 啓発資料チラシより)

アカミミガメを飼育したい場合は

アカミミガメ,アメリカザリガニ,ミシシッピアカミミガメ,ミドリガメ,外来生物,外来種,条件付特定外来生物,法律
アカミミガメの販売は規制されているため、ペットとして新たに購入することはできません。しかし、他者から譲り受けたり、野外でアカミミガメを捕まえて飼育することは可能です。

ただし、新たにアカミミガメを飼う場合は、以下の点に十分に考慮する必要があります。

  • アカミミガメは寿命が約30年と非常に長寿な生物です。30年後も変わらず十分なケア(日々のエサやり、大型水槽の水替え、日光浴、病気の際の治療など)ができるか、よく考えましょう。
  • 生まれたときは約3cm程度の大きさですが、成長するとオスで20cm、メスで30cm近くになることもあります。適切な飼育環境を確保するために、大型の水槽の購入や水の交換などが必要になります。経済的な面や環境の制約を考慮し、適切な飼育ができるかを想定してみましょう。

条件付特定外来生物の問い合わせ窓口

アカミミガメ,アメリカザリガニ,ミシシッピアカミミガメ,ミドリガメ,外来生物,外来種,条件付特定外来生物,法律
条件付特定外来生物の規制の内容やアカミミガメとアメリカザリガニの飼育に関する疑問や悩みがある場合、環境省では相談ダイヤルを設置しています。飼育に関してお悩みの方は、問い合わせしてみてください。

アカミミガメ,アメリカザリガニ,ミシシッピアカミミガメ,ミドリガメ,外来生物,外来種,条件付特定外来生物,法律
(画像:環境省ホームページより https://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/akamimi.html

まとめ

アカミミガメ,アメリカザリガニ,ミシシッピアカミミガメ,ミドリガメ,外来生物,外来種,条件付特定外来生物,法律
日本の生態系を破壊する原因になる外来種ですが、元は人間が持ち込んだ生物も多くいます。特にアカミミガメの場合は人間が望んで輸入し、全国に広めた生物ですので、責任を持って飼育管理していく必要があるのではないでしょうか。

今回の法律改正により、アカミミガメへの関心が再度高まりました。この機会に、安易な飼育放棄が少しでも減ることを願っています。

お祭りでの亀すくいとは?一般にはあまり知られていない実態と問題点

みなさんはお祭りで「亀すくい」を見かけたことはありますか?私も幼少期に「亀すくい」をしたいと親に頼んだことがあります。

この様に、子どもや学生がつい気軽にやりたがってしまう「亀すくい」ですが、一方で無責任な放流も増えており、亀に関するさまざまな環境問題を抱えることにもつながっています。

お祭りですくえる?亀の問題

亀すくい
お祭りでの亀すくいなどで問題となっているのが、ミシシッピアカミミガメの放流と増殖です。

ミシシッピアカミミガメは、幼体の頃はミドリガメとも呼ばれ、5cm程度の可愛らしい姿形をしています。そんなミシシッピアカミミガメは人目を引きやすく、お祭りのテンションも相まって、気軽な気持ちで亀すくいをしてしまう人も多いようです。

しかし、お祭りも終わると冷静になり、家では飼えないという無責任な理由から近くの川に放流してしまうということも少なくありません。

その亀が川で増殖し続け、ミシシッピアカミミガメなどが日本の在来種を脅かす危険な存在になっています。

なぜ、危険なのか

なぜミシシッピアカミミガメが危険かと言うと、ミシシッピアカミミガメは繁殖力が強く、日本の在来種の餌を食べてしまうからです。

そして、在来種の餌がなくなり、今、日本にいる在来種が減ってきていることが問題となっています。日本の在来種で絶滅危惧種に指定されている亀もいます。

お祭りの亀は生態系防止外来種だった!

亀すくいなどで問題になってしまったミシシッピアカミミガメは、生態系防止外来種(2015年に要注意外来生物より変更)に指定されています。

生態系防止外来種とは、環境省が指定していた特定外来生物には選定されてはいないものの、適否について検討中、もしくはさらに調査する必要がある生物のことを指します。

外来種や絶滅危惧種にはランクが付けられおり、外来種では最も規制の強い特定外来生物の次に、生態系防止外来種がランク付けされています。

数年後には特定外来生物に指定も?

ミシシッピアカミミガメはまだ特定外来種には指定されていませんが、生態系防止外来種の中で現在一番注目されています。

数年後には特定外来生物に指定されるという予想も立てられています。

アカミミガメの対策

無責任な放流により増加したミシシッピアカミミガメなどのアカミミガメを何とかしようと、2015年に環境省が「アカミミガメ対策推進プロジェクト」を立ち上げました。

このプロジェクトは、アカミミガメによる生態系などへの悪影響のない社会を実現するため、「理解の向上」「生態系の再生」「防除の推進」「捨てガメゼロと終生飼養」「国外からの導入ストップ」という5つの目指すべき方向を明示し、4つのプロジェクトを進めることで実現を目指しています。

このようなプロジェクトが立ち上がるほどミシシッピアカミミガメなど生態系防止外来種の被害は大きいということです。

プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。
「アカミミガメ対策推進プロジェクト」の公表について(環境省)

懲役または罰金も?引き取り先は?

亀すくい

放流すると懲役、または罰金

亀を長く飼っていた方でも想像以上に大きくなったから、何十年もいて飼いきれなくなったから、など多くの理由で放流する方がいます。

特定外来生物ではなく生態系防止外来種だったとしても、放流した場合は懲役または罰金が発生します。

引き取り先もある

インターネットなどで調べてみると、飼えなくなってしまった方のために引き取ってくれるところもあります。飼えなくなった=放流ではなく、責任を持って引き取ってくれるところを探しましょう。

ですが、言うまでもなく、最後まで飼育する事が一番良いことは言うまでもありません。安易な気持ちで買えるようになっていることが根本的な問題ではありますが、一人一人が安易な気持ちで飼うのではなく、事前によく調べた上で飼うようにしたいですね。

営業面でも問題があった

営利目的で動物を扱う場合、動物愛護法で第一種動物取扱業の登録を受けなければならないと定められています。当然、亀やひよこ、ハムスターなどの露天販売にも、この規制がかかっています。

そのため、お祭りだから、亀すくいだから、といって説明などは不要ということではなく、販売する際に説明を行わなければならない義務が発生します。亀すくいではこの説明があるところを私は見たことがありません。

また、第一種動物取扱業者標識などを提示していない業者も少なくないようです。

私たちにできること

亀すくい

今回は、お祭りの亀すくいでの営業問題や、問題視されている放流とミシシッピアカミミガメの増殖についてお話ししました。

お祭りで何気なく見ていた亀すくいですが、実態はきちんとした店ではないことが多く、違法営業を行なっている業者も多いと考えられます。そこのことをお祭りで遊ぶ方がしっかり理解し、それでもやりたい場合は、ここでご紹介したような全てのことを理解し、受け入れた上で行い、そして終生飼養しなければなりません。

お祭りの屋台だけでなく、多くのミシシッピアカミミガメの放流などが日本在来種にも影響しています。これは環境問題にもなっており、環境省がアカミミガメ対策推進プロジェクトを立ち上げるほどです。

お祭りで飼ってしまい、お世話しきれなくなった場合もあると思います。すでに放流してしまった人もいるかもしれません。しかし、これを見てその様な人が一人でも減ってくれることを願っています。