【獣医師監修】メインクーンの好発疾患と4つの健康管理のポイント

メインクーンは、世界一大きい猫としてギネスにも認定されている猫種です。小さい猫種にはない存在感と、モフモフの毛が魅力的ですよね。

一方でメインクーンには、注意したい遺伝疾患がいくつか報告されています。
今回の記事では、メインクーンの好発疾患と日常生活でできる健康管理について、獣医師が詳しく解説します。

メインクーンの基本情報

メインクーン,好発疾患,健康管理,獣医師監修

歴史

メインクーンは、北米でもっとも古い猫種のひとつとして知られています。

起源には諸説ありますが、ノルウェージャンフォレストキャットなどの北欧の猫が北米に入り、現地の猫と交配して生まれたという説が有力視されています。

また、遺伝的には不可能な組み合わせですが、体の大きさや被毛の特徴から、メインクーンはアライグマと猫の交配で生まれたという伝説も有名です。

身体的特徴

メインクーンはがっちりとした胴長の体格で、体重はオスで6~9kg、メスで3~6kg程度が一般的です。
フサフサの被毛が特徴的の長毛種ですが、実はダブルコートではなくシングルコートに分類されます。

性格

性格は明るくて人懐っこく、家族にも知らない人にもフレンドリーに接することのできる猫種です。
また、賢い猫としても知られており、犬のように投げたボールを取って来るなどのしつけが可能です。

メインクーンの好発疾患

メインクーン,好発疾患,健康管理,獣医師監修
メインクーンは、報告されている遺伝疾患が比較的多い猫種です。
どんな病気が発生する可能性があるか、事前に把握しておくことで、病気の早期発見・予防につなげましょう。

肥大型心筋症

【症状】
運動不耐性(疲れやすい)、胸水や腹水貯留に伴う呼吸困難、食欲低下、嘔吐など。血栓塞栓症を併発した場合には後肢の不全麻痺や完全麻痺、後肢の冷感などが現れやすい。
【原因】
心筋の肥大(厚くなる)によって心臓が膨らみにくくなり、一度に送り出される血液の量が減少する。メインクーンでは遺伝性が証明されている。
【備考】
肥大型心筋症と診断された後はたとえ血栓がなくても、血栓の形成予防の処置も同時に行う。

股関節形成不全

【症状】
腰を左右に振った独特の歩き方、関節炎を併発している場合には疼痛が認められる。
【原因】
過剰な体重や過剰な運動によって発症する。先天的に股関節の嵌まりが緩いことによる。
【備考】
安静にする、抗炎症薬を用いるなどの治療が行われるが、外科手術が選択される場合もある。

ピルビン酸キナーゼ欠損症

【症状】
貧血、可視粘膜(歯茎など)の蒼白、頻脈、頻呼吸など。
【原因】
ピルビン酸キナーゼという酵素の遺伝的欠損によって溶血性貧血が引き起こされる。これは常染色体劣性遺伝によって伝達される。
【備考】
年齢とともに骨髄線維症と骨硬化症が進行し、造血能は低下していく。

進行性網膜萎縮

【症状】
昼盲、夜盲、徐々に進行する視覚障害、失明。
【原因】
網膜に存在する光を感じる細胞が徐々に変性することによる。
【備考】
猫の視覚を判断することは難しいが、家具にぶつかる、近くの物を目で追わなくなるなどの徴候が見られることがある。また家具は配置を覚えていることもあるため、普段とは違う場所に障害物(段ボールなど危険のないもの)を置き、ぶつからないかチェックすることも有効。

脊髄性筋萎縮症

【症状】
生後15〜17週齢で見られる後肢の虚弱と震え。その後ジャンプができなくなり、筋肉の萎縮、可動域の低下が見られるようになる。
【原因】
遺伝的に運動神経が消失することによる。これは常染色体劣性遺伝によって伝達されるため、素因がある子は繁殖には供さない。
【備考】
症状がなくても遺伝的にキャリアである可能性があるので繁殖の際には注意が必要。

メインクーンの健康管理

メインクーン,好発疾患,健康管理,獣医師監修
続いて、これら好発疾患が発生する可能性を踏まえ、メインクーンとの生活において、どのような健康管理を行えば良いのかを解説します。

1. 日頃からブラッシングを

体が大きく、被毛も長いメインクーンには、最低でも週2〜3回、抜け毛が多くなる初夏から秋にかけては1日1回のブラッシングを行いましょう。

ブラッシングによって毛玉を予防したり、口から入る被毛を減らすことで毛球症の発生を抑えることができます。
最初はスリッカーブラシやピンブラシで全体をブラッシングし、ほぐれにくい毛玉はハサミで切ります。最後にコームで仕上げましょう。

2. 熱中症に注意

もともと猫は暑さに強い動物ではありますが、被毛の長いメインクーンは熱中症にかかりやすい傾向にあります。
夏場はエアコンなどを積極的に使用し、愛猫にとって過ごしやすい空間を作ってください。

ガンガンに冷房を効かせる必要はありませんが、人間が快適だと思える室温(27度前後)を意識しましょう。
万が一、熱中症を疑うような症状が現れた場合はすぐに動物病院を受診してください。

3. 巨体でも運動できる場所を確保

大きな体のメインクーンにとって、特に室内飼いの場合では、運動量にも限界があります。
水平方向である横の移動だけでなく、キャットタワーなどを設置して、ジャンプなども取り入れた三次元的な運動ができると効果的です。

4. 理想体型の維持

体格の大きなメインクーンにとって、太っているのかどうかの判断は難しいのではないでしょうか。

猫の標準体重は、1歳の時の体重と言われています。健康診断時の際に獣医師さんに体型の状態を聞いた上で、体重を把握しておき、過度に増えすぎないようにしましょう。

また、被毛が多くて体型がわかりにくいですが、肋骨が軽く触れるくらいが理想の皮下脂肪量と言われています。ブラッシングの時など、定期的に胸の周りを触ってみてください。

まとめ

メインクーン,好発疾患,健康管理,獣医師監修
今回は、メインクーンがかかりやすい病気と健康管理のポイントを解説しました。

愛猫も生き物ですから、紹介した遺伝疾患以外にも体調を崩すことがあるかもしれません。
日常的に愛猫の健康状態を観察し続け、微妙な変化にも気付けるようにしましょう。

【猫クイズ】ギネス世界記録に認定されている猫ってどんな猫?

「ギネス世界記録」といえば、世界中のたくさんのものごとが記録として登録されています。その中には、ペットに関わるものも多く、驚くような記録もあります。

今回はギネス世界記録に登録されている猫に焦点を当て、クイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、ギネス世界記録に登録されている猫クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 昨年、「YouTubeで最も視聴された猫」としてギネス世界記録に認定された「もちまる」の猫種はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「スコティッシュフォールド」です。
YouTubeチャンネル『もちまる日記』のもちまるは、スコティッシュフォールドです。登録者数160万人を超えており、飼い主との何気ない日常に癒される人が続出しています。

今まで見たことのなかったという方も、一度見たらもちまるのかわいさにメロメロになってしまうこと間違いなしです!
Q.2 世界最大の猫として世界ギネス記録に登録されている猫種はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「メインクーン」です。
ルパートという名前のメインクーンは、体重が9kgもあり、世界最大の猫としてギネス世界記録に登録されています。また、「最も長い猫」や「最も尻尾が長い猫」のギネス記録をもつメインクーンもいます。

メインクーンは「ジェントルジャイアント」とも呼ばれており、大きな体が特徴です。今後、さらに大きなメインクーンが生まれてくるかもしれませんね。
Q.3 ギネス世界記録に登録されている「史上最年長」の猫は何日間生きた?
正解です!
不正解です!
正解は「38年3日」です。
1967年8月3日に生まれ、2005年8月6日まで生きたクリームパフという名前の猫が、史上最年長の猫としてギネス世界記録に登録されています。

人間の年齢に換算すると約170歳とのことで、38歳という年齢がいかにすごいことかわかるでしょう。この記録に届かずとも、普段から愛猫の健康や食事に気遣い、少しでも長く一緒にいられるといいですね。
問正解/ 問中
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

【猫種クイズ】ジェントルジャイアントと呼ばれるメインクーンの魅力

おうちで飼われる猫の中で最大種とされている「メインクーン」という種類の猫をご存知ですか?とても大きな猫なので、「飼うのが難しそう」と思われるかもしれませんが、迫力のある見た目に反して、実はとても穏やかで賢いのです。

今回は、そんなメインクーンの魅力についてクイズ形式でご紹介していきます。

それではさっそく、メインクーンクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 メインクーンの、「メイン」はアメリカのメイン州に由来しますが、「クーン」はどんな動物に由来すると考えられている?
正解です!
不正解です!
正解は「アライグマ」です。
メインクーンの起源については諸説ありますが、その名前はアメリカのメイン州と動物のアライグマ(ラクーン)に由来すると考えられています。メイン州はメインクーンを州の猫にも認定しています。
その姿がアライグマに似ていることから、猫とアライグマが交配して誕生したという伝説も残っています。
Q.2 メインクーンに関して誤っているのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「穏やかだが気難しい性格で他の猫との相性は悪い」です。
メインクーンは「穏やかな巨人」と言われるように、ワイルドな見た目と温和な性格を持ちます。なつきやすく愛情深いので、飼い主さんはもちろん、他の猫や動物、赤ちゃんとも相性が良い子が多いでしょう。

一方、その大きな体を支えなくてはならないため、関節に負担がかかりやすいといわれています。また、心臓の遺伝病があり、食事に気をつける必要があります。毛が長く、ふさふさしているメインクーンは、こまめにブラッシングをしてあげないと毛が絡まってしまうため、お腹や首回り、尻尾などを重点的にブラッシングしてあげましょう。
Q.3 メインクーンがギネス世界記録に認定されたことの「ない」項目はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「世界一背の高い猫」です。
「長い猫」「しっぽの長い猫」「ヒゲの長い猫」としてギネス世界記録に認定されているメインクーンがいます。これらからもメインクーンの大きさが伺えますね。

ちなみに、「世界一背の高い猫」に認定されていたサバンナキャットは「世界一しっぽの長い猫」に登録されたメインクーンと同じ家で暮らしていました。メインクーンの尻尾の長さを測定した際に背の高いサバンナキャットに目が止まり、認定に至ったそうです。しかし、残念ながら2017年に自宅の火事で2匹とも亡くなってしまいました。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
家猫の中では最大種!メインクーンの魅力や特徴についてご紹介
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

家猫の中では最大種!メインクーンの魅力や特徴についてご紹介

おうちで飼われている猫の中では最大種と呼ばれている「メインクーン」という種類の猫をご存じですか? とても大きな猫なので、「飼うのが難しそう」と思われるかもしれません。ですが、迫力のある見た目に反して、実はとても穏やかで賢く、「穏やかな巨人」とも言われています。 今回は、そんなメインクーンの魅力について詳しくご紹介していきます。

メインクーンの見た目

メインクーン 一般的なメインクーンは、オスは体重6~9kg、メスは4~6.5kg程度で、体長100cmを超える子もいます。成体の猫の平均体重が3.5〜4.5kg、平均体長は23〜25cmですので、特にオスは非常に大きくなると言えるでしょう。 体が大きいだけでなく、骨格はガッチリとしていて、足は筋肉質です。胴や尻尾がとても長く、「最も長い猫」や「最も尻尾が長い猫」としてギネス記録を持っているメインクーンもいるほどです。比較的長く、とがった耳を持ち、全身はふさふさとした毛でおおわれています。

メインクーンの鳴き声

メインクーン メインクーンのとっても可愛い鳴き声の動画をご紹介します。大きな見た目なので野太い鳴き声かと思いきや、とってもキュートな鳴き声です。

メインクーンの性格

メインクーン  性格 メインクーンは「穏やかな巨人」と言われるように、ワイルドな見た目と温和な性格を持ちます。なつきやすく、愛情深いので、飼い主さんはもちろん、他の猫や動物、赤ちゃんとも相性が良いメインクーンも多いでしょう。 また、犬のように飼い主に忠実で、特にメインクーンのオスにその性質が見られるようです。頭が良いので、他の種類の猫に比べ短時間でトイレなどのしつけもできるでしょう。

メインクーンの飼い方

メインクーン

食事

メインクーンは、その大きな体を支えなくてはならないため、関節に負担がかかりやすいといわれています。関節の健康維持のため、コンドロイチン硫酸やグルコサミンなどの関節部分に多く分布する成分を含むフードを摂取することが効果的です。 また、メインクーンには心臓の遺伝病があります。この病気は、Ⅼ-カルニチンやタウリン、オメガ3系不飽和脂肪酸の不足に関係があるのではないかとされており、心臓病を予防するためには、これらの成分をたくさん摂取する必要があると言われています。 このように、メインクーンにとって重要な栄養分がいくつかあります。愛猫の健康に過ごしていくためにも、必要な栄養がバランスよく入っているメインクーン専用のフードを与えてあげると良いでしょう。

お世話

毛が長く、ふさふさしているメインクーンは、こまめにブラッシングをしてあげないと毛が絡まってしまいます。特に毛の長い部分である、お腹や首回り、尻尾などを重点的にブラッシングしてあげましょう。 メインクーンには狩の本能があり、十分に運動させてあげられないとストレスがたまってしまいます。広いスペースを使った水平方向の運動だけでなく、キャットタワーなどを使った垂直方向の運動もしっかりさせてあげられるような環境を整える必要があります。

【番外編】 ギネス記録を持っているメインクーンの猫たち

ギネス メインクーン ここからは番外編として、ギネス記録を持っているメインクーンの猫たちをご紹介します。

世界一長い猫、バリベルくん

バリベルくんの体長は約120cmで、なんと人間の7〜8歳の子供の平均身長くらいです。バリベルくんはまだ子供の猫なので、これからもどんどん大きくなるようです。

世界一しっぽの長い猫、シグナスくん

最もしっぽが長い猫としてギネス記録を持つメインクーンのシグナスくん。彼のしっぽの長さは44.66cmとして、ギネスブックに登録されました。一般的な猫のしっぽの長さは20〜30cmなので、シグナスくんのしっぽの長さは平均的な猫の約2倍もあります。

世界一ヒゲが長い猫、ミッシーちゃん

世界一ヒゲが長い猫としてギネス記録を持つのは、メインクーンのミッシーちゃんです。(https://www.guinnessworldrecords.jp/world-records/longest-cat-whiskers) ヒゲの長さはなんと19cm!長いヒゲを持つ、凛々しいお顔が素敵です。

まとめ

メインクーン メインクーンは体が大きい分、成猫になるスピードも他の猫に比べてゆっくりです。そのため、メインクーンの成長を間近でゆっくりと感じることができることも、一つの大きな魅力と言えるでしょう。 穏やかで賢いメインクーンは、きっとあなたの人生の大切なパートナーになってくれるはずですよ。

純血種の猫がかかりやすい?代表的な遺伝性疾患を5つ紹介

純血種の猫は病気が多いとよく言われていますよね。 純血種は近親交配で生まれてくる個体が多いため、先天的疾患を持って生まれてくることが多いのです。 猫種によってかかりやすい病気は変わってきますが、純血種がかかりやすい病気にはどのようなものがあるのか、代表的なものを紹介していきたいと思います。

遺伝性疾患とは

薬 遺伝性疾患とは、生まれつき持っている疾患のことを言います。 生まれてからすぐに症状が出て、遺伝性疾患とわかる場合もありますが、少し時間が経ってから発症がわかることもあるので、心配な場合は遺伝子検査が必要になることもあります。

近親交配の影響

純血種に遺伝性疾患がつきものである理由は、種の特徴を維持するための近親交配が理由としてあげられます。 近親交配は一度発生した病気の原因遺伝子を排除しにくいこと、特に突然変異の個体を人為的に繁殖する場合は、血筋が濃すぎるために、隠れていた原因遺伝子が顕在化しやすいということもあります。 これは猫に限った話ではなく、犬でも同じです。そのため、猫でも犬でも、ブリーダーさんから譲ってもらう場合は、そのブリーダーさんがどこまで遺伝に関する知識があるのか、きっちりと見極めることが重要になってきます。

代表的な遺伝性疾患

赤血球ピルビン酸キナーゼ欠損症

アビシニアン なかなか馴染みのない病名かもしれませんが、赤血球ピルピン酸キナーゼ欠損症とは、赤血球の寿命が短くなることで貧血になってしまう病気です。 赤血球ピルピン酸キナーゼ欠損症は予防することができず、治療法がないため、発症すれば寿命は4年ほどと言われています。 赤血球ピルピン酸キナーゼ欠損症の主な初期症状は以下の通りです。
  • 運動をしたがらない
  • 元気がない、疲れやすい
  • 粘膜が青白い(まぶたの裏、口の中など)
  • 頻脈
  • 貧血
  • 脾腫、肝臓腫大
  • 黄疸 など

代表的なかかりやすい猫種

アビシニアン、ソマリ、シンガプーラ、ノルウェージャンフォレストキャット、ベンガルなど

多発性嚢胞腎(のうほうじん)

ペルシャ 多発性嚢胞腎とは、腎臓の中に嚢胞と呼ばれる液体の詰まった袋が発生し、成長とともに大きくなり腎臓の機能を低下させてしまう病気です。 幼い頃から緩やかに進行していき、7〜10歳ごろに腎不全を引き起こしてしまいます。症状が緩やかであることから、気づかないこともあるようです。 この病気も予防することができないため、症状を和らげるため対症療法を施し、腎臓の健康な部分をできるだけ維持させることが必要になります。 親が多発性嚢胞腎の原因遺伝子を持っている場合、50〜100%の確率で発症する遺伝性の疾患です。 多発性嚢胞腎の症状は以下の通りです。
  • 食欲不振
  • 多飲多尿
  • 体重減少

代表的なかかりやすい猫種

ペルシャ、アメリカン・ショートヘア、スコティッシュ・フォールド

肥大型心筋症

メインクーン 肥大型心筋症は、左心房の壁が中心に向かって分厚くなってしまうことで心機能に障害が出てくる病気です。 この病気になると、心房の内側が狭くなり、血液を貯められなくなるため血液を十分に送り出せなくなってきます。 血液が滞ると血栓もできやすくなり、命の危険があります。 肥大型心筋症もやはり治療法はありませんので、なるべく早期に発見することが望ましく、対症療法を施して進行を遅らせます。 初期症状は以下の通りです。
  • 息切れ
  • 呼吸困難
  • 口で息をする

代表的ななりやすい猫種

メインクーン、ペルシャ

骨軟骨形成不全症

スコティッシュフォールド こちらの病名は聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。 骨軟骨形成不全症は、現在人気の猫種、スコティッシュフォールド特有の病気です。 骨軟骨形成不全症になると、手足やしっぽの関節部に骨瘤(こつりゅう)と呼ばれる軟骨の「こぶ」ができます。 この「こぶ」の部分は痛みを伴います。軽度であれば「他の猫より大人しいな、あまり動かないな」程度で済みますが、歩くことが困難になってしまうこともあります。 主な初期症状は以下の通りです。
  • 関節が腫れる
  • 変な歩き方をする
  • しっぽが短く変形する
  • 足や手を痛がる
  • ジャンプなど激しい動きをしなくなる…など

代表的なかかりやすい猫種

スコティッシュフォールド

筋ジストロフィー

筋ジストロフィーとは、筋骨格を形成するのに必要な「ジストロフィン」が欠如することで、全身の筋肉が萎縮して歩行や運動が困難になる病気です。 進行性のため、徐々に症状が重くなり、最終的には動けなくなってしまいます。 この病気も予防法や完全な治療法が見つかっていないため、症状を遅らせてなるべく苦痛を緩和させてあげることが必要になります。 幼少期に発症することが多く、雄がかかりやすいと言われています。 主な症状は以下の通りです。
  • 筋肉が硬くなっている
  • 筋肉が震えている
  • 手足が肥大化している
  • 舌が肥大化している
  • よだれを垂らしやすい
  • 不自然な歩き方…など

代表的なかかりやすい猫種

短毛種、デボンレックス

気をつけるべきこと

病院 繰り返しになってしまいますが、猫種によって差はあれど、純血種は遺伝性疾患がつきものです。 飼い始めてから思いもよらぬ苦労をして飼い主も猫も不幸にならないためには、特定の飼いたい猫種がいる場合、その猫種特有の病気や、習性などの知識を学ぶことが大事になってきます。 また、一般的に病気になりやすい猫種であっても、なるべく病気を発症しないような交配を心がけているブリーダーの方もいます。 猫の遺伝性疾患は、犬に比べるとまだ研究が進んでいないそうですが、まず購入者である飼い主が知識なしに飼わないようにすると心がけることが、少しでも状況を良くする手がかりになるのではないでしょうか。

スコティッシュフォールドの例

スコティッシュフォールドであれば、親が「折れ耳×折れ耳」から生まれた子は高確率で骨軟骨形成不全症になってしまうことがわかっているため、飼う前に両親とも折れ耳でないことを確かめた方が良いでしょう。

終わりに

手の中の猫 猫をお迎えしようと考えた時、一人暮らしはダメなどの制約がある保護猫譲渡会を諦めて、ペットショップを考える方も未だ多くいらっしゃると思います。 飼えるハードルが少し低い分、一目惚れの出会いだけでなく、その先ずっと面倒を見るということも踏まえてお迎えできると良いですね。