日本は意外なあの犬!世界の「国犬」とペット事情をご紹介

国歌や国旗のように法律で定められているものではありませんが、日本の国花は「桜」と「菊」、国鳥は「キジ」とされていることをご存じの方も多いのではないでしょうか。同じように、世界や日本には国犬(くにいぬ)が存在します。

今回は、日本と世界の国犬とその国のペット事情を紹介していきます。

動物福祉先進国の「イギリス」

世界,国犬,文化,歴史,犬,犬種
犬との関わりや歴史が深く、多くの犬種が生まれたイギリスは、世界で最も原産国犬を輩出している国です。

ヨーロッパは他の国・地域と比べて、アニマルウェルフェア(動物福祉)への意識が高いと言われていますが、中でもイギリスでは、アニマルウェルフェア関連の法整備が進んでおり、動物愛護団体の活動も活発で、アニマルウェルフェア先進国とされています。

国犬は「ブルドッグ」

世界,国犬,文化,歴史,犬,犬種,ブルドッグ
イギリス王室でも愛された「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」は、エリザベス女王が長年愛した犬種であり、「ロイヤルドッグ」とも呼ばれ、イギリスの代表的な犬種の一つです。

しかし、イギリスの国犬が「ブルドッグ」であることは、あまり知られていないかもしれません。ブルドッグは、「勇気」「不屈」「忍耐」の象徴として、イギリス海軍のマスコットにもなっています。

ペットを飼う人が多い「フランス」

世界,国犬,文化,歴史,犬,犬種
フランスは2020年に行われた世論調査によると、何らかの動物を飼っている家庭が50.5%にものぼり、「ペット大国」と呼ばれています。

2022年の時点では犬が約800万頭、猫が約1400万頭飼育されていて、猫の飼育頭数の方が多い国ではありますが、他のヨーロッパ諸国と同様に、犬との結びつきや歴史が深い国でもあります。

国犬は「プードル」

世界,国犬,文化,歴史,犬,犬種,プードル
世界的に人気が沸騰している「フレンチ・ブルドッグ」もフランス原産ですが、フランスの国犬は日本でも大人気の「プードル」です。美しく優雅な容姿がフランスのイメージとぴったり合うのではないでしょうか。

愛らしい見た目に反して元々は猟犬で、フランス語でプードルを表す「caniche(カニッシュ)」は「カモを獲る犬」という意味の言葉が由来となっています。

動物に関する法律が厳しい「スイス」

世界,国犬,文化,歴史,犬,犬種
スイスは世界で最も厳しい動物保護法を設けている国の一つで、憲法レベルで動物の尊厳を定めている動物福祉先進国です。

犬のしつけにも非常に熱心な国で、以前は法律で犬のしつけが義務化されていましたが、「義務化しなくても飼い主が自主的にドッグスクールに通う」という理由から撤廃された経緯があります。

国犬は「セント・バーナード」

世界,国犬,文化,歴史,犬,犬種,セント・バーナード
そんなスイスの国犬は「セント・バーナード」です。セント・バーナードはアルプス山中で遭難救助犬として活躍してきた歴史があります。

同じスイス原産の犬にはよく似た容姿の「バーニーズ・マウンテン・ドッグ」がいます。どちらも大型犬ですが、性格は比較的穏やかで優しい傾向があります。

動物保護施設が充実している「ドイツ」

世界,国犬,文化,歴史,犬,犬種
ドイツは動物福祉先進国の一つで、「ティアハイム」と呼ばれる動物保護施設が国内に多数存在しており、犬の飼い主には「犬税」を課して飼い主の責任の自覚を持たせるなど、動物と真剣に向き合う姿勢が印象的です。

犬のしつけにも熱心で、「犬と子供はドイツ人に育てさせろ」という言葉があるほどです。

国犬は「グレート・デーン」

世界,国犬,文化,歴史,犬,犬種,グレート・デーン
ドイツというと警察犬などで活躍している「ジャーマン・シェパード・ドッグ」のイメージが強いかもしれませんが、国犬は超大型犬の「グレート・デーン」です。巨体ながら穏やかな性格で、「優しい巨人」とも称されています。

猫好きが多い国「ロシア」

世界,国犬,文化,歴史,犬,犬種
世界的に見るとペットを飼育している人の中では犬の飼育率がもっとも高くなりますが、ロシアでは犬を飼っている人は34.7%なのに対し、猫を飼っている人は61.3%を占めています。

ロシア人が猫好きな理由には、「戦時中に猫達がネズミを駆除し、伝染病からロシアの人々の命を守ったという歴史的背景から、猫が大切にされている」という説や「寒冷な気候のため犬の散歩に出るのが難しい」という説があります。

国犬は「ボルゾイ」

世界,国犬,文化,歴史,犬,犬種,ボルゾイ
ロシアの国犬は、ロシア帝国時代に王侯貴族が飼育する高級な犬であった「ボルゾイ」です。

視覚を頼りに狩りをする「サイトハウンド」と呼ばれる種類の狩猟犬で、走るスピードも非常に早く、時速50kmを超えることもあります。

ペットを飼う人が少ない「日本」

世界,国犬,文化,歴史,犬,犬種
東アジアは世界各国と比較すると、ペットの飼育率が低い地域です。その中でも韓国、香港、日本の3カ国は特に低いとされています。

日本ではペットを飼っていない人が71.7%を占め、飼育率が一番高い犬でも12.8%しか飼育されていません。その背景には、共働き世帯の増加や住宅事情が影響していると考えられています。

国犬は「狆(ちん)」

世界,国犬,文化,歴史,犬,犬種,狆
日本原産の犬の中で飼育頭数が圧倒的に多いのが「柴犬」ですが、国犬は「」です。犬公方と呼ばれた徳川綱吉の頃には、江戸城内で飼われていました。

また、皇族や高級武士、資産家の商家などの富裕層に寵愛されていた歴史があります。

まとめ

世界,国犬,文化,歴史,犬,犬種
国犬とは、政府などによって公式に認められたものと、そうでない非公式なものがあり、どんな理由で国犬とされるようになったのか、具体的な情報は残っていない場合があります。日本の国犬とご紹介した「狆」も非公式かつ仮公認のもので、国犬は「秋田犬」とされることもあります。

また、国犬はその国を代表する犬が多いですが、必ずしも飼育頭数が多い犬種とは限りません。むしろ、歴史的な結びつきに関連する場合が多く、その国の文化や歴史を反映する意味合いがあることも興味深いところです。

世界の国犬を知り、その観点から国の歴史や文化を考えると、その国の新たな一面が見えてくるかもしれません。

吠える犬は○○しない!犬に関する世界のことわざ・慣用句

ことわざや慣用句には、その国や言語の文化が強く反映されています。同じ意味でも、使われる単語が異なることがあり、外国語のことわざなどは非常に興味深く感じられます。

また、外国の犬の歴史や文化は日本と異なるため、ことわざなどに登場する犬の扱いから、その国が犬をどのように見ているのか、理解ができるかもしれません。

今回は、犬が登場する外国語のことわざや慣用句を紹介いたします。

英語のことわざ

ことわざ,フランス語,世界,中国語,慣用句,日本語,犬,英語
犬と人との関わりが深いイギリスや犬の飼育頭数が世界一のアメリカ。そんな英語圏の犬に関することわざや慣用句を見ていきましょう。

①Let sleeping dogs lie.

和訳:寝ている犬は、寝かせておけ

意味は「余計なことをしてトラブルを起こすものではない」ということです。眠っている犬を起こすと、犬が怒ったり、吠えたりするかもしれないので、わざわざ起こす必要はありません。日本語では「寝た子を起こすな」と近い意味になります。

②Two dogs fight for a bone and the third runs away with it.

和訳:2頭の犬が1本の骨をめぐって戦っていると、第3の犬がそれを持ち逃げする

日本語でも「漁夫の利」という言葉があり、他人の争いごとに乗じて、何の苦もなく利益を得ることを表します。

③You can’t teach an old dog new tricks.

和訳:老犬に新しい技を教えることはできない

意味は「人が年をとってから新しいことを学ぶのが難しい」ことを表します。日本語にも「老い木は曲がらぬ」や「矯めるなら若木のうち」ということわざがあり、直すべきところは柔軟性のある若いうちに直さないと、年をとってからでは直らないという意味になります。

④Barking dogs seldom bite.

和訳:吠える犬はめったに噛まない

意味は「人を脅したり、むやみに威張ったりする者は、大して実力を持っておらず、たいていは何もできないこと」を表します。日本語にも「弱い犬ほどよく吠える」、「吠える犬は噛みつかぬ」など、似たようなことわざがあります。

⑤Bite the hands that feeds one.

和訳:食べ物を与えてくれる人の手を咬む

意味は「世話になった者が恩返しをせずに害を加えること」を表しています。日本語では「飼い犬に手を噛まれる」、「恩を仇で返す」などが当てはまります。

⑥Better be the head of a dog than the tail of a lion.

和訳:ライオンの尻尾になるより、犬の頭になった方がよい

意味は「大きな集団の末端にいるよりも、小さな集団でもリーダーである方が良い」ということを表しています。日本語にも「鶏口(けいこう)となるも牛後(ぎゅうご)となるなかれ」という言葉があり、動物は違いますが、同じ意味になります。

フランス語のことわざ

ことわざ,フランス語,世界,中国語,慣用句,日本語,犬,英語
日本でも人気のある犬種のプードルやフレンチ・ブルドッグの原産国であるフランス。そんなフランスのことわざや慣用句で犬はどのように表現されているのでしょうか。

①Tel chien, tel maître.

和訳:この犬にして、この主人あり

“chien”は犬を表します。日本語にも「犬は飼い主に似る」、「この親にして、この子あり」などの言葉があり、非常に類似しています。

②S’entendre comme chien et chat

和訳:犬と猫のような仲

“chat”は猫を意味し、「仲の悪いもののたとえ」として使われます。日本語でいうところの「犬猿の仲」です。犬と猫が仲良く同居しているご家庭では、違和感があるかもしれませんね。

③Arriver comme un chien dans un jeu de quilles

和訳:ボーリングの最中に犬のようにやって来る

これは「間の悪い時にやって来る」という意味の言葉です。”jeu de quilles”は「ボーリング」を意味し、ボーリングをやっている時にボールを追いかけたがる犬が現れて、レーンの上を走り回りゲームを邪魔するという表現になります。

④Comme Saint-Roch et son chien

和訳:聖ロクスと彼の犬のように

意味は「切り離せない2人」を表します。「聖ロクス」は14世紀頃ペスト患者の看護に尽力したカトリック教会の聖人です。彼を描いた絵にはパンを加えた犬も一緒に描かれています。その犬が怪我をしたロクスに毎日パンを運び、傷を治したという伝説があり、いつも一緒にいるイメージから、この表現が使われています。

⑤Chien qui aboie ne mord pas.

和訳:吠える犬は噛まない

英語や日本語にも同じような表現がありましたが、こちらも意味は似ていて「何も実行せずに大きな口を叩く人のこと」を表します。

「吠える犬は噛まない」という言葉は多くの言語で使われており、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語などでも使われています。

中国語のことわざ

ことわざ,フランス語,世界,中国語,慣用句,日本語,犬,英語
欧米とアジアでは犬との付き合い方の歴史が大きく異なります。アジアの大国である中国では、どのような言葉に犬が使われているのでしょうか。

①狗嘴吐不出象牙

和訳:犬の口から象牙は出てこない

中国語で犬は「狗」と書きます。このことわざは、「ろくでもない人が、立派なことを言えるはずがない」という意味を表します。

②狐朋狗友

和訳:キツネやイヌの友人

意味は「酒食遊楽にふける、品行の悪い友達や悪友」を表します。

③狗尾続貂(くびぞくちょう)

和訳:犬のしっぽが貂(テン)に続く

意味は「劣った者が優れた者のあとに続くこと」または「つまらない者が、権力で次々と高官になること」を表します。

「狗尾」は犬の尾、「貂」はイタチ科の動物であるテンのことで、かつての中国の高官は冠にテンの尾を付けて飾っていました。しかし、皇帝が一族の多くを高官に任命したため、テンの尾が足りなくなり、犬の尾で代用するようになったという話から、このことわざが生まれました。

まとめ

ことわざ,フランス語,世界,中国語,慣用句,日本語,犬,英語
「吠える犬は噛まない」という言葉が多くの言語で、同じような意味で使われていることは、非常に興味深い結果です。

犬は人間との関係が非常に長く深い動物であるため、多くの国でことわざや慣用句に登場します。

今回紹介できたのはごく一部ですので、興味がある方はぜひご自身でも調べてみてください。

飼育放棄が急増!コロナ禍で世界中の人々を癒やしたペットたち

新型コロナウイルスが世界的に流行し始めてから3年以上が経ち、ようやく日常が戻ろうとしています。コロナ禍では、人々の不安や孤独感を埋めるために、世界中で多くのペットたちが新しい飼い主に迎えられました。

しかし、非常に残念なことに、世界にはコロナの終焉と共に飼育放棄されてしまうペットたちが数多くいます。今回は、そんなコロナと世界のペット事情について取り上げていきます。

癒やしを求めてペット需要が急増した「イギリス」

コロナ禍,世界,小動物,新型コロナウイルス,法律,物価高騰,犬,猫
イギリスではパンデミックのさなか、急激なペット需要の増加が見られました。

イギリスのペット産業協会「UK Pet Food」の統計によると、2020年から2022年にかけて、犬は約900万頭から約44%増の1300万頭、猫も750万頭から60%増の1200万頭に飼育頭数が急増しています。うさぎなどの小動物も犬や猫ほどの増加ではありませんが、飼育数は増加しました。

特に2021年は国内だけでは供給が追いつかず、海外から多くの子犬や子猫が輸入されています。ペットやその関連製品の販売額も過去最高を記録し、ペット産業は大いに潤いました。

しかし、2022年に入ると、電気、ガス、食料品など生活に欠かせない物品の物価が高騰し、インフレ率は40年ぶりの高水準となる11%を超えました。するとペットのエサ代や医療費が払えなくなり、飼育放棄する人が続出したのです。
英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)によると、2022年7月までに飼育放棄されたペットは、前年の同じ時期に比べ25%増加したそうです。

飼育数の増加に伴い動物福祉の向上が見られる「アメリカ」

コロナ禍,世界,小動物,新型コロナウイルス,法律,物価高騰,犬,猫
米国動物虐待防止協会(ASPCA)の調査によると、アメリカではコロナ禍で5世帯のうち1世帯が犬や猫などのペットを飼い始めました。その多くはまだ飼い主と一緒に暮らしていますが、リモートワークから出社勤務への変更や物価の高騰による飼育費用の問題などを抱えている人も多くいます。

そんな中、2022年6月にニューヨーク州で「パピーミルパイプライン法案(Puppy Mill Pipeline Bill)」が可決されました。この法案は「ペットショップによる犬、猫、うさぎの販売を禁止する。里親探しを目的とする特定の団体が、犬や猫を所有する団体と協力することは許可される。」というものです。
この法律により、営利目的だけの小動物の取引が禁止され、保護された動物たちの里親探しが奨励されることになります。

パピーミルとは「子犬工場」を意味し、無責任で動物福祉に反する繁殖を行う悪質なブリーダーのことを指します。このような繁殖業者を規制する動きは、アメリカの他の州でも見られ、カリフォルニア州、イリノイ州、メリーランド州などではすでに同様の法律が制定されています。

ロックダウンとバカンスの弊害が大きい「フランス」

コロナ禍,世界,小動物,新型コロナウイルス,法律,物価高騰,犬,猫
フランスでは約50%の家庭で何らかのペットを飼っています
そんなペット大国のフランスですが、コロナの影響で猫の不妊手術が例年通りに行えず、猫が増えてしまい、2021年の子猫の保護施設への引き渡しは2019年に比べて30%増加しました。

犬の場合はさらに深刻で、ロックダウン中に「犬の散歩」が外出理由として認められていたため、安易に犬を飼い始めた人が続出し、その後ロックダウンが解除されると飼育放棄が相次ぎました

かねてから、フランスでは夏のバカンス前にペットが捨てられることが多く、社会問題となっていました。フランスの動物保護団体の関係者は、その理由をバカンス先にペットを連れていくことが難しいためだと指摘しています。

そもそも、衝動的なペットの購入が飼育放棄の原因と考えられ、フランスの議会上院は2021年11月、動物の扱いに関する法律の改正案を可決しました。この法律の改正により、ペットショップでの犬や猫の展示や販売、インターネットによる犬や猫の販売は、2024年に禁止される予定です。

日本でも飼育放棄が起こっている

コロナ禍,世界,小動物,新型コロナウイルス,法律,物価高騰,犬,猫
日本もコロナ前の2019年と2020年、2021年を比較すると、欧米ほど顕著に増えたわけではありませんが、犬や猫の新規飼育頭数は増加しています。

日本ペットフード協会の調査によると、2020年の新規飼育数(推計)はコロナ前の2019年比で、犬が18%増の41万6千頭、猫は16%増の46万頭でした。2021年も犬・猫ともに2019年を上回り、犬は13%増の39万7千頭、猫は24%増の48万9千頭が新たに飼われています。

飼育放棄の割合はデータとして出ていませんが、動物保護団体からはコロナが収まってくるにつれ、保護数も増加したという声が多く聞こえてきます。

最後に

コロナ禍,世界,小動物,新型コロナウイルス,法律,物価高騰,犬,猫
今回は、日本と諸外国におけるコロナ禍のペット需要の増加や物価高騰の問題、各国で制定された法律などについてご紹介しました。残念ながら、今回取り上げた国以外でも世界情勢に翻弄されるペットたちが数多くいることは間違いありません。

このような問題に対して、自分に出来ることは何かをぜひ考えてみてください。ペットを衝動買いしようとしている人がいたらよく考えるように説得することや、SNSで動物福祉について投稿することもとても大切です。

一人ひとりができることは小さいかもしれませんが、同時に同じようにペットたちを心配している人も世界中にたくさんいます。多くの人が少しずつでも行動すれば、悲劇的なペットたちを生んでしまう世界を変えられるかもしれません。

海外と日本:ペット事情・価値観の違いを独自調査!(2)見えてきたペットの価値観の違い

第1回では、日本と海外の、社会全体としてのペット事情にはどのような違いがあるのか、そして「ペットフレンドリー」の捉え方にはどのような違いがあるのかを、Cheriee編集部による独自調査の結果に基づいて考えました。

第1回の記事はコチラ→ 海外と日本:ペット事情・価値観の違いを独自調査!(1)ペットフレンドリーって何だろう?

第2回となる本記事では、日本人と外国人の、ペットに関するさまざまなことへの価値観の違いを細かく考えていきます。回答者は全員大学生で、日本人32人、外国人16名です。

なお、外国人といってもいろいろな国の方がいらっしゃいますから、単純に一般化できるものではありませんが、今回は「日本と世界を大まかに比較する」という意味で、このような括りを用いました。

どこからペットをもらいたい(買いたい)か?

人とネコ
ペットを飼い始めるには、どこかからペットを譲り受けなければなりません。ペットショップ、ブリーダー、保護施設、知人など、さまざまな選択肢がありますが、今回の調査から、日本人と外国人の間でこの選択肢に少し違いがあることがわかりました。回答は複数回答式で集計しました。

ペットの貰い先

日本人回答者の間では、ペットショップ(62.5%)が保護施設(59.4%)を若干上回ったのに対し、外国人回答者ではなんと100%の人が保護施設から引き取りたいと答え、ペットショップから飼いたい人の割合(31.3%)を大きく上回りました。また、外国人ではペットショップやブリーダーから買うよりも知人から譲り受けたいという人(50%)が多いことがわかりました。

第1回の記事内で「ペットフレンドリー」について考えたとき、「自分の国はシェルター(保護施設)の設備や制度が整っているからペットフレンドリーだ」という回答が、何人かの外国人(特にアメリカ、ドイツ)から寄せられたことをご紹介しました。保護施設の信頼性が高ければ、保護施設から引き取ろうという考えを持つ人が多くなるのかもしれません。

ここ数年で、日本でも保護施設や保護団体が増え、その活動内容が一般の方にも認知されるようになりましたが、それでもまだ一般的ではないと言えるのかもしれません。また、「日本のペットショップの多さに驚いた」という外国人が複数いたことから、国や地域によってはペットショップがそもそも少ない(ない)ことも、この数値に影響していると言えそうです。

ペットが大病になったら?

ぬいぐるみと雪

つづいて、ペットが大病になったとき、あなたならどうしますか?という質問をしました。
ペットが病気になったら

どちらのグループにおいても、「手術・投薬」を行うと回答した人がもっとも多くなりましたが、その割合は外国人(73.3%)が日本人(51.6%)よりも多くなりました。一方、日本人は自然に任せる人が約42%で、外国人の6.7%を大きく上回りました。「安楽死」という選択肢は日本人の間ではほとんど馴染みがないと予想していましたが、少数ではあるものの、6.5%の日本人回答者が安楽死を選ぶと回答しました。

もちろん、ペットの種類や年齢、病気の種類によっても選択肢は変わってくるでしょう。しかし、日本人よりも外国人の方が、ペットに対して積極的な治療を希望し、日本人は自然のままを受け入れる考えが多いことがわかります。この調査からははっきりしたことは言えませんが、飼い主が信仰する宗教の違いも関わっているのかもしれません。

ペットに服を着せることについて

ジーンズ
以前、アメリカの記事で、ペットに服を着せる文化を日本特有のものとして紹介する記事を読んだことがあり、実際にはどうなのかを調べるため「ペットに服を着せることについてどう思うか」という質問をしました。

結果、実際に日本の大学生と海外の大学生の価値観はそこまで変わらないことがわかりました。

かわいいから、家族だから、暑さ・寒さ対策などの理由から服を着せることにポジティブな人もいれば、ペットが不快なのではないかという心配や、そのまま(服を着ない状態)がベストだから、という理由から着せることに消極的な人もいます。これらの意見は日本人・外国人のどちらのグループにもまんべんなく見られ、出身国による違いも特に見られませんでした。

これは筆者の個人的な推測ですが、ペットに服を着せることに寛容的になってきた背景には、Instagramの発展があるのではないでしょうか。第一に、「インスタ映え」するペットの写真を撮るために、かわいい服やアクセサリーを身につけさせる人が増えているように思います。さらに、SNSで世界中のユーザーとつながれるようになったことで、おしゃれなペットの服が広く知られるようになり、結果として「自分のペットにも着せてみよう」という飼い主が増えたのかもしれません。

この辺りも、今後調査をしてみて、何かわかったらお伝えできればと思います。

ペットへの意識もグローバル化する?

地球儀

ペットをもらう(買う)先や、ペットが大病になった時の対応は、日本と世界で傾向に差があることがわかりました。

こうした違いは、何も個人の性格的な違いにのみ依存しているわけではないでしょう。むしろ、保護施設の環境整備であったり、ペットショップの広がり方、また、安楽死に対して馴染みがあるか否かなどの環境的な違いが関係していると考えます。ですから、環境が他の国に影響を受けて変化すれば、人々の価値観も自然と変化するのではないでしょうか?

また、第1回でご紹介した外国人、日本人、帰国子女のペットフレンドリーに対する考え方の違いからは、帰国子女が日本人と外国人の中間的な考え方を持っている傾向が見られました。このように、住んできた国の環境や経験によって人々の価値観は変わります。

今回の調査は、限られた人数・グループの調査にとどまってしまったので、一般化できるような結果とは言えないでしょう。しかし、少なくとも人々のバックグラウンドによって、ペットへの価値観に何らかの差があることは十分に考察ができる結果となりました。

グローバル化が進むこの時代、人々のペットに対する価値観にも、さらなる変化が訪れるかもしれませんね。

もう一度、第1回目の記事をご覧になりたい方は、こちらからご覧ください。

海外と日本:ペット事情・価値観の違いを独自調査!(1)ペットフレンドリーって何だろう?