【体験談】犬の椎間板ヘルニア。手術をやめて鍼灸治療に切り替えた話

今年の冬、筆者が飼っている10歳のダックスフンドが、椎間板ヘルニアになってしまいました。
初めは「すぐに手術」と言われ、大きな動物病院を紹介してもらったのですが、色々なことを検討する中で、手術をやめて「鍼灸治療」に切り替えました

今回の記事では、発症をしてからの経過や、治療方法を切り替えた経緯、実際に鍼灸治療を行った結果など、筆者の実体験をご紹介します。進行が進んでしまった椎間板ヘルニアの治療は手術だけではないことを、犬の飼い主のみなさんに知っていただければ幸いです。

発症〜椎間板ヘルニアと診断されるまで

椎間板ヘルニア,犬,鍼灸治療,手術
発症日

朝からぐったりし、元気がない。排便の回数が少なく、排便の態勢をとってもなかなか出せないことから、初めは便秘を疑う。
今考えると、この時排便ができなかったのは、後ろ足が痛くて踏ん張ることができなかったためだと考えられる。

発症後1日目

歩いたときに後ろ足がもたつく様子が見られるようになり、だんだんと両足を引きずり出し、夕方には完全に歩けなくなる。椎間板ヘルニアを確信するも、かかりつけの動物病院が休業日だったため、受診は明朝に見送る。

2日目

午前、病院にて椎間板ヘルニア・ステージ3と診断。
進行が早く、進行性脊髄軟化症を発症してしまうと危険なため、早く手術をした方が良いと言われる。2日後に大きな動物病院での手術前検査を予約してもらう。

下半身の麻痺により排尿障害があったので、動物病院でカテーテルを使って出してもらう。足の皮膚をつねっても、全く反応を示さず、すぐにステージ4に進行。排便は自分でできて食欲はあるものの、嘔吐してしまい、ぐったりした様子。

手術をやめ、鍼灸治療に切り替える

椎間板ヘルニア,犬,鍼灸治療,手術

獣医師さんに「すぐに手術した方がいい」と言われたものの、10歳のシニア犬ということもあり、遠くの病院まで慣れない電車で通い、全身麻酔で手術を受けさせることには少し抵抗がありました。

手術前検査を翌日に控える中で色々と調べるうちに、「鍼灸治療」という方法に出会います。たまたま家の近くに、鍼灸治療をやっている動物病院があったので、夕方に急いで行ってみました。

情報量も少なく、手術をやめて治療を切り替えることには非常に迷いがありました。しかし、鍼灸医の先生には「椎間板ヘルニアにかかって、鍼で歩けるようにならなかった犬はいない」と言われたため、その言葉に賭けてみることに。

3日目

鍼灸治療に切り替えることを決意し、翌日の手術前検査はキャンセルした。
早速、夜7時ごろに鍼灸治療をしてもらう。するとなんと、夜中の2時頃、トイレにて自力でおしっこを出せるようになった。

感覚麻痺、排尿障害が徐々に回復

椎間板ヘルニア,犬,鍼灸治療,手術
おしっこが自分で出せないというのは、犬にとってもストレスですし、飼い主としても非常に心配なので、2度の鍼灸治療で排尿障害が早期に回復したことは非常によかったと思います。

4〜5日目

立つことはできないが、この日も座ったままなら少しずつ自分でおしっこを出せる。ただし、量が少ないため、自宅で1日1回カテーテルで排尿。

6日目

何度か足を引きずりながら自分で少し移動してしまう。感覚を取り戻しつつあるのだろうが、「絶対安静」と言われているので、動かないよう常に見張っていることに。

7日目

2度目の鍼灸治療へ。おしっこを大量に出せるようになり、カテーテルは全く必要なくなった。

週1ペースで鍼灸治療を続ける

椎間板ヘルニア,犬,鍼灸治療,手術

その後は約1ヶ月ほど、週に1回のペースで鍼灸治療をしに動物病院に通いました。

少しずつ下半身の感覚を取り戻してきて、歩きたい気持ちになって来るようでしたが、1ヶ月間は「絶対安静」と言われ、なるべくベッドから一歩も出さないようにします。

「バギーに乗せて外に連れて行くくらいは大丈夫かな?」と思いましたが、それもNGでした。とにかく動かさないこと。これが大切です。

犬のストレス解消のために・・・

犬にとっては、感覚が戻ってきているのに歩けない、歩いてはいけないことで、ストレスが溜まってくる。
とは言え、おもちゃで遊んであげることもできないので、おやつを入れたコングを手で持って、体が動かないように注意しながら与えたりした。

リハビリ開始!

椎間板ヘルニア,犬,鍼灸治療,手術

鍼灸治療を始めてから1ヶ月が経つと、獣医師さんからは「そろそろリハビリを始めましょう」と言われました。
絶対安静の期間は本当に動けませんが、リハビリが始まると、本人が歩きたいだけ歩かせて良いことに。

通院の間隔が開き、自宅でお灸も

回復して来ると、週1回だった通院のペースは、2週間、1ヶ月に1回に短縮。
代わりに、自宅で簡単なお灸ができるようレクチャーしてもらう(上画像)。

少しずつお散歩もできるように

お散歩は、アスファルトの上などは抱っこやバギーで通るが、ウッドチップが敷き詰めてある柔らかめの道では、少しずつゆっくりと歩かせて行く。

おやつを使って足を跨がせるリハビリ

しっかりと後ろ足を使って歩く練習をするため、おやつを使って飼い主の足を跨がせるリハビリも開始。完全に後ろ足まで跨ぎきってから、おやつを少しずつ与える。

治療開始から約2ヶ月、走れるように!

椎間板ヘルニア,犬,鍼灸治療,手術
鍼灸治療を開始してから2ヶ月が経つと、若干もたつきながらも、走り回れるまでに回復しました。
感覚麻痺になるまで進行していた椎間板ヘルニアが鍼灸だけでここまで回復するとは、正直信じがたい気持ちでしたが、犬も非常に嬉しそうに動き回っており、散歩も以前と同じようにできるようになったのです。

その後

椎間板ヘルニアを発症をしてから7ヶ月が経ちましたが、その後も月に1度の通院を続けており、再び歩けなくなるようなことは今のところ一度もありません
はしゃぎすぎて足を滑らせてしまった時に、若干足がもたつく様子がみられましたが、通院の間隔を一時的に短くしてもらうと、またすぐにちゃんと歩けるようになりました。

実際に経験して感じた鍼灸治療の特徴

椎間板ヘルニア,犬,鍼灸治療,手術

1. 犬の体への負担が小さい

特に高齢犬や持病のある犬の場合、手術そのものが難しいことも多いため、手術を諦めてしまう飼い主さんも少なくありません
その点、切らずに治療でき、麻酔の必要がない鍼灸治療は、犬の体への負担が小さいのが最大の特徴です。

2. 一度にかかる費用が安い

椎間板ヘルニアの手術をした場合、重症度にもよりますが、検査費用や入院費用も含めて30万円以上かかることも珍しくありません。

一方の鍼灸治療は、こちらも場合によりますが、筆者の犬では、1回目の治療が初診料含めて1万円以内におさまりました。
ただし、手術に比べて鍼灸治療の場合は、一度ですぐに治るわけではありません。走れるようになるまでの約2ヶ月の間に7〜8回程度通院し、飲み薬代や家で使うお灸代なども含め、なんだかんだで10万円程度かかったと思います。

3. 通い続けることで、予防になる

椎間板ヘルニアは、手術をしても再発する可能性があります。
鍼灸治療でももちろん再発の可能性はありますが、月1回程度の通院を続けることで、再発の予防効果があります。

月1回の通院と、漢方薬を飲み続けることにより、確かに出費はかさみますし、時間もとられます。しかし、手術をした場合でもサプリメントを飲み続ける犬は多いですし、再発してまた手術をすることを考えれば、長期的に見ても鍼灸治療のメリットはあると言えるでしょう。

まとめ

椎間板ヘルニア,犬,鍼灸治療,手術
今回は、椎間板ヘルニアの手術をやめて鍼灸治療に切り替え、走れるまでに回復した筆者の犬の実体験をご紹介しました。

もちろん、手術にも鍼灸治療にも、それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらの方が優れているとは言えません

しかし、ペットの鍼灸治療についてはまだあまり認知されておらず、まして下半身が一度麻痺した犬が、鍼灸治療だけで走れるようになるなど、知らなければ思ってもみないことでしょう。

今回の記事を通して、ペットにおける椎間板ヘルニアの治療方法のひとつとして、鍼灸治療があることを知っていただき、治療の選択肢を広げていただければ幸いです。

【3分でわかる】保護猫との初日の接し方と3つのNG行為

保護猫を初めて迎え入れる時、これから始まる猫との生活にワクワクすると同時に、猫とどう接すれば良いのか不安に思っている飼い主さんも多いでしょう。

家に来たばかりの猫との関わり方は少し特徴的で、「構いすぎてはいけない」「視線を合わせてはいけない」などの独特なルールがあります。初めて猫を飼う方は、猫が嫌がることを無意識のうちにしてしまわないように注意が必要です。

今回の記事では、保護猫を飼育している筆者の実体験をもとに、保護猫との初日の関わり方の注意点や、早く家に慣れてもらうための工夫をご紹介します。

これから保護猫を迎え入れる飼い主さんは、これから猫と良好な関係を築いていくために、ぜひ参考にしてみてください。

保護猫を迎えた初日はとにかく放置!

猫,保護猫,飼い方,初日,接し方,NG行為

結論から言うと、保護猫を迎え入れた1日目はとにかく放置することが大切です。

猫はとても繊細で、急な環境の変化を苦手とする生き物。1日目は特に、かなり警戒しているので、猫に構ってしまうとかえって猫の警戒を強めてしまいかねません。

猫が慣れるまで根気強く待とう

まずは、猫にとって家や飼い主さんが安全であることを認識してもらい、猫の警戒が緩んでから仲良くなる必要があります。

初めは、ご飯などの最低限の関わりに留めましょう。
慣れてきて、「ここは安全だ、この人はご飯をくれる」と認識するようになると、猫が自分から近寄ってきてくれるようになります。それまで辛抱強く待ちましょう。

様子を観察して猫に合わせよう

もちろん、猫にも性格の個体差や保護されるまでの経緯が関係することもあり、すぐに慣れて初日から遊べるような子もいます。
迎え入れた保護猫の性格に合わせて飼い主さんが距離感を合わせましょう。

保護猫を迎えた1日目のNG行動

猫,保護猫,飼い方,初日,接し方,NG行為

それでは、保護猫を迎え入れた1日目のNG行為を3つご紹介します。

1. 保護猫と視線を合わせる

猫の可愛い顔をじっと見つめたくなりますが、猫同士では、視線を合わせる行為は「敵意」を示します。
猫の目をじっと見つめると、場合によっては攻撃されたり、怯えられてしまう可能性があります。

実際に、筆者は臆病な性格の保護猫を飼っていますが、家に来てすぐの時は猫と目が合うことはほとんどありませんでした。猫はずっと下を向いていて、目が合うようになるまで3〜6ヶ月ほどかかりました。

もし、保護猫と目が合ってしまったら、ゆっくりと瞬きをしてから視線を外しましょう。目を瞑っているところを見せると「敵意はないよ」と猫に伝えることができます。

2. 大きな音や声を出す

猫は人の約4倍以上の高音も聴こえるほど耳が良いので、大きな音は人よりも不快に感じます。

保護猫を迎え入れた初日は警戒していることもあり、大声や掃除機などの大きな音は極力出さないように注意しましょう。

3. 保護猫を抱っこする、体を触る

保護猫が人懐こくて自分から寄ってくる場合を除いて、抱っこをしたり体を触ることはやめましょう。

初めて会ったばかりの飼い主さんを警戒している可能性も高いはずです。もし猫から近寄ってきたら、手の匂いを嗅がせてあげたり、猫が許してくれるなら顔まわりを少しだけ触ってあげましょう

早く保護猫が家に慣れるためにできる工夫

猫,保護猫,飼い方,初日,接し方,NG行為

1. 猫が安心する狭いスペースを作ってあげる

保護猫が安心できるように、部屋に狭い隠れ場所を用意しましょう。

猫は狭い場所に好む習性があります。保護猫が入るケージに布をかけたり、猫が入っていたキャリーケースをそのまま置いておくなど、隠れられる場所を用意してあげましょう。

2. いい人認定されるために好物をあげる

猫はご飯やおやつをくれるなど、お世話をしてくれる人に良い印象を持ちます。おやつや猫の好物を給与量を守って、積極的に食べ物を与えましょう

可能であれば、保護猫を迎え入れる前に、保護猫の好みを保護団体に聞いておくのもおすすめです。

もし好みがわからない場合は、「CIAOちゅ~る」や「猫用のカニカマ」など、定番のおやつや魚などをあげると間違いありません。

チャオ (CIAO)
¥712 (2022/06/29 17:51:29時点 Amazon調べ-詳細)

フジサワ
¥1,000 (2022/06/29 17:51:30時点 Amazon調べ-詳細)

保護猫を飼うためのQ&A

猫,保護猫,飼い方,初日,接し方,NG行為

最後に、初めて保護猫を飼うときに疑問に思うQ&Aをまとめました。

Q:ご飯やトイレをしてくれない時はどうする?

保護猫が初めての環境で緊張してしまい、ご飯やトイレをできない場合も多いでしょう。
2、3日ほどそっとしておき、猫の警戒が解けてくるとご飯やトイレをしてくれるはずです。もし、猫の様子が少しでもおかしい場合や、長引く場合は動物病院へ相談しましょう。

【5分で分かる】保護猫や野良猫がご飯を食べない時の原因と対処法

保護猫がトイレをしない!その原因と3つの対処法

Q:お風呂はいつ入れていいの?

保護猫を迎え入れた時、匂いや汚れが気になる場合もあるかと思いますが、お風呂は猫が家の環境に慣れてきてからにしましょう。
どうしても猫の汚れが気になる場合は、拭くタイプのシャンプーシートを使うと良いでしょう。

ドギーマン
¥693 (2022/06/29 17:51:31時点 Amazon調べ-詳細)

元野良猫はいつからお風呂OK?お風呂の入れ方やポイント

まとめ

猫,保護猫,飼い方,初日,接し方,NG行為
今回は、保護猫を迎え入れた1日目の接し方の注意点を中心にご紹介しました。

保護猫との距離感や接し方は、猫と一緒に過ごすうちに段々と身についていくので問題ありません。

しかし、今回ご紹介した以下の3つのNG行為は、初日に飼い主さんがやってしまいがちですが、猫に嫌われてしまう可能性が高いので注意しましょう。

  1. 保護猫と視線を合わせる
  2. 大きな音や声を出す
  3. 保護猫を抱っこする、体を触る

これから、保護猫を精一杯幸せにしてあげてくださいね。

ペットロスを克服するには。その症状と乗り越え方のヒント。

ペットを飼っている人なら、いつかは必ず経験するペットとの死別…。「ペットロス」や「ペットロス症候群」と呼ばれる、ショック状態から回復するには一体どうするのが良いのでしょうか

ペットロスの症状とは

緑の観葉植物
今まで長い時間ずっと一緒にいたペットを失った悲しみは、すぐに癒えないですよね。ペットロスの症状をまとめてみました。

「自分は今、ペットロスの状態なんだ」と認めることで、一歩先に進めます。自分に当てはまるものがあるか見てみてください。

ペットロスの症状

  • 深く落ち込む
  • 喪失感がある
  • 何をやっても楽しめない
  • やる気が出ない
  • 常に疲れている
  • 眠れない
  • 食欲がない
  • 自分を責める

ペットロスは、ペットを死別により失ったケースだけでなく、行方不明や誰かの手に渡った場合も含みます。ペットと長い時間を過ごしていた人ほどその悲しみは深いと言われています。

ペットロスを乗り越えるには

ペットロスの程度や期間は人によって違います。ですが、回復が早い人にはいくつかの共通点があります。

1. とことん悲しむ

落ち込む男性
事実を否定しようとしたり、カラ元気を装う人のほうが、ペットロスが長引くと言われています。

ペットロスだけでなく、深い悲しみに襲われた時は、その事実を認め、悲しみを丸ごと受け入れることをオススメします。泣くことも我慢せず、とことん泣きましょう

悲しみの底まで落ち込んだら、いつか上を向ける時がやってくると信じましょう。

2. 生活リズムを変える

インスタ映えしそうな机
ペットロスに悩んでる人の中には、一定の時間になると強い悲しみがやってくる人がいます。それは、「7時はご飯の時間だから起きよう」「16時からは散歩の時間だから準備しよう」といったケースです。

生活の中にペットとの時間がルーティンとして組み込まれていた場合、その時間がぽっかりと空いてしまいます。そういった場合は、生活リズムを変えるようにしましょう。

空き時間があると、人間はずっと悪いことを考えてしまうことがあります。意識的にルーティンを変更し、悲しみに襲われないように対策しましょう。

3. 人と話す

カフェでコーヒーのみながらお話
人に自分の気持ちを話すことは、自分の気持ちを整理し、癒して行く上で必要なことです。

この時、できれば同じ経験をしたことのある人に話を聞いてもらいましょう。ペットを飼ったことのない人に、ペットロスの気持ちを完全に理解してもらうのは難しいかもしれません。無理に話さず、自分のペースで話せる環境がベストでしょう。

4. 「虹の橋」など、著名な作品を読む

本に手をかける人
ペットを亡くした人が読む本で、有名な作品はいくつかあります。特に有名なのがこちら。

「虹の橋を読んで救われた気持ちになった」「悲しんでばかりいたけれど、気持ちに整理をつけることができた」という声をよく聞きます。

様々な本がありますので、どれか気になったものを手にとってみるのも良いでしょう。


悲しんでいる時は、周りが見えなくなってしまって自分の考えに囚われてしまうことがあります。このような本を読むことで、新たな視点を手にいれて、気持ちも考えも落ち着くことができることでしょう。

5. 新しいペットを迎える

空に手を伸ばす人
この方法については、少し注意が必要です。アイペット損害保険会社が行った調査では、「新しい犬・猫を迎えること」がペットロスを癒すきっかけとして最も多く回答されたそうです。

参考: アイペット損害保険会社 ペットと別れた飼い主の6割が何らかの不調を感じた経験を持つ

ですが、「この悲しさを忘れるために新しいペットを飼う」というのは避けるべきでしょう。ある程度自分の中で整理がついた上で飼うべきだと思います。

先代の代わりはどこにもいません。新しいペットを飼ったとしても、「新しい子」であることは間違いなく、余計悲しくなってしまう可能性があります。新しく飼ったペットにも申し訳ないことをしたと、後悔をすることになりかねません。

カウンセラーを受診するのも手段

ペパーミントのハーブティー
ペットロスの症状が長引くようだったら、カウンセラーの元を訪れるのも効果的です。

「ペットのことで精神科に行くのはためらう..」という人もいるかもしれませんが、気持ちが落ち込み、何もする気になれないという症状は早く診てもらった方が良いでしょう。そもそも「こんな症状でなんできたの!」と怒られることはありません。安心して、受診してください。

  • 普段の生活に問題が出てきている
  • 段階を経て回復している気がしない、よくわからない
  • 何ヶ月経っても、症状が変わらない。治る気配もない

このような症状があるのであれば、精神科・心療内科を受診することを考えてみてください

ペットロスが社会的な問題となっている現在、カウンセラーに受診する人も増えているそうです。一人で抱え込まず、誰かに相談しましょう。

焦らず、抱え込まず。

緑のハーブ
ペットロス、辛いですよね。この記事を書いている私も、ペットロスを経験したことがあります。しばらく気持ちが塞ぎ込み、何をしても思い出してしまったものです。

無理に乗り越えようとせず、受け入れることから始めてみてください。たくさん泣いて、悲しんで、そしてゆっくりと笑顔を取り戻しましょう。

いつまでも泣いていたら、旅立つペットも悲しくなってしまいます。「ごめんね」よりも「ありがとう」の気持ちの方が、きっと喜んでくれるはずです。