かつて与えられていた仕事から知ろう!日本で人気の5犬種の特徴

犬は「ペット」というカテゴリーから「家族」というより飼い主にとって身近な存在になり、人が世話をして犬をかわいがり、人に癒しをくれる存在になりつつあります。

しかし、犬種によっては歴史を辿ると使役犬として人から仕事を与えられており、犬種の特徴を活かしながら働いていました。

今回は、日本の街中でも見かけることの多い5犬種にかつて与えられていた仕事や歴史を紹介します。

追いかけて吠えることが仕事のダックスフンド

使役犬,ハーディング,猟犬,ミニチュアダックスフンド

ダックスフンドは、スタンダード・ミニチュア・カニンヘンの3種類のサイズがあります。日本ではミニチュア・カニンヘンを飼っている人が多いですが、彼らにはアナグマ狩りがメインの狩猟犬獲物を見つけて追い込むハウンド犬という二つの仕事が与えられていました。

短い足が活きるアナグマ猟

ダックスフンドといえば短い足が特徴で、その短い足を活かしてアナグマ猟に用いられています。アナグマ猟では狭い穴にもぐってアナグマを追い立て、さらにその場に留まらせる役割があり、肉食であるアナグマにひるむことなく対応できるメンタルのタフさ、勇敢さもダックスフンドには必要となります。

アナグマ猟にダックスフンドを使う猟師はヨーロッパでは減ってきていますが、現在でもアナグマ猟にダックスフンドを用いる猟師も残っているようです。

地上で猟の手伝いをするハウンド犬

ダックスフンドはハウンド犬としてシカ狩りの手伝いもしており、特に北ヨーロッパで活躍していました。

ハウンド犬は、獲物の足跡を探しだし、獲物を追いかけながら吠えて、猟師に居場所を伝えます。その吠え声を頼りに猟師が獲物を仕留めるのが一連の流れです。

声が大きく、吠えやすい子が多いダックスフンドの性質は、彼らが与えられていた仕事からなんとなく理解できるのではないでしょうか。

かわいいだけではない水中で活躍するプードル

使役犬,ハーディング,猟犬,プードル

プードルの中でも日本で見かけることの多いトイ・プードルは、小さく人形のようなイメージが強いかもしれません。しかし、元々プードルは水中で活躍する水猟犬でした。水猟犬は、猟師が川や湖に撃ち落とした鳥を泳いで取りに行くなど、水中で人が出すコマンドに従いながら様々な役割を果たしていました。

水猟犬として活躍していたのはスタンダード及びミディアムプードルであると考えられています。プードルの人と密接な関わりを求める点や、高い学習能力が水猟犬として活躍できたゆえんでしょう。

水猟以外にも鋭い嗅覚を活かし、トリュフを探し当てる仕事をしているプードルもいます。現在この「トリュフ犬」は、訓練の仕方や採取の際に顔に大きな器具を付けて行うこと、採取時以外は劣悪な環境で飼育されているといったことが指摘され、一部では反対の声も上がっています。

様々な仕事をこなすミニチュアシュナウザー

使役犬,ハーディング,猟犬,ミニチュアシュナウザー
ミニチュアシュナウザーは、かつてドイツの農民に飼われ、番犬や納屋、馬小屋などでネズミなどの害獣退治をしていました。

さらには、犯人の追跡や災害救助、麻薬探知や不審者の制圧などを行う警備犬としても活躍をしており、高い警戒心がありながらも人としっかりと関係性を築ける点や、優れた嗅覚、学習能力、身体能力の高さなど、ミニチュアシュナウザーの特性を活かした役割を担っています。

仕事ではありませんが、ジャンプ力や柔軟性、活発さを活かし、アジリティやドッグダンス、フライボールなどのドッグスポーツにも向いています

狩猟が得意な柴犬

使役犬,ハーディング,猟犬,柴犬
柴犬の「柴」は「小さい犬」を意味し、高い警戒心と忠実さ、俊敏さ、優れた嗅覚を持っています。これらの特性を活かし、かつて柴犬はキツネや、ネズミ、イタチ、モグラなどの小獣猟や鳥猟犬として、獲物の追跡や回収をしていました。また、番犬として家や農地を守る役割も担っていました

番犬の役割を担っている柴犬は現在の日本でもまだいると思いますが、数は少ないものの日本で警察犬の試験に合格した柴犬や、北欧では猟犬として現在も活躍している柴犬もいるようです

アナグマ猟のために生まれたジャック・ラッセル・テリア

使役犬,ハーディング,猟犬,ジャックラッセルテリア
ジャック・ラッセル・テリアは、短足で小柄な体格でありながら、優れた運動能力や強いメンタルを持っており、かつてオーストラリアではアナグマ猟で活躍をしていました。アナグマの巣穴に入り、アナグマを逃がすことなく追い詰め、地上にいる猟師に伝えるのがジャック・ラッセル・テリアの役目でした。

アナグマ猟に適した犬種として、狭く小さなアナグマの巣穴に入れるよう短足で、凶暴なアナグマに立ち向かっていけるよう強靭な精神を持ったジャック・ラッセル・テリアが作出されました。

まとめ

使役犬,ハーディング,猟犬,ジャックラッセルテリア
かつて犬たちには様々な役割が与えられており、その仕事が効率よくできるよう品種改良がされ、現在のような姿になっている犬種もあります。

愛犬の犬種がどんな役割を持って生み出されたかを知ると、吠えが多いことや素早く動くものを追いかけるなど、納得できる行動があるかもしれません。犬種の特性と愛犬の性格を理解して、愛犬に適したトレーニングや運動ができる機会をしっかり作ってあげられるといいですね。

働く犬たちを一挙にご紹介!人々を助けるワーキングドッグとは

私たちが目にする犬のほとんどは、一般家庭で飼われている「家庭犬」です。しかし、身近ではないかもしれませんが、世の中には特定の仕事を持った、ワーキングドッグたちが存在しています。

機械化が進んだ現代でも、人々を助けるために働く犬たちはたくさんいます。この記事では、そんな「ワーキングドッグ」たちを紹介します。

※ワーキングドッグの仕事内容や呼称は、団体によって異なる場合があります。この記事では一般的な仕事内容や呼称を紹介します。

体が不自由な人を助ける犬たち

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
体に障害のある人をサポートする「ほじょ犬」たちをご紹介します。

盲導犬

盲導犬は、目の見えない人や見えにくい人が行きたい場所へ行けるように、障害物を避けたり、段差や角を教えたりして、安全な歩行をサポートします。体に白または黄色のハーネスという胴輪をつけています。

介助犬

介助犬は、体に障害がある人が生活しやすくするために、落とした物を拾ったり、ドアの開閉をしたりするなど、日常生活をサポートします。外出時には介助犬と書かれた胴着をつけています。

聴導犬

聴導犬は、耳が聞こえない人や聞こえにくい人に、ブザー音や火災報知器や非常ベルの警報音など、生活上必要な音を知らせて暮らしをサポートします。外出時には、聴導犬と書かれた胴着をつけています。

病院や施設で患者を癒す犬たち

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
高齢者や病気治療中の患者の精神的・肉体的なケアを担う犬たちをご紹介します。

セラピードッグ

セラピードッグは、高齢者や障がいを持つ方、病気治療中の患者の身体と精神の機能回復をサポートする役割を果たします。セラピードッグたちが患者に寄り添うことで、記憶力の回復や動かなかった手や足の動きを促進するなど、さまざまな効果があります。

ファシリティドック

ファシリティドッグは、病院などの医療施設に常勤し、病気の治療中の子どもたちに寄り添い、精神的なケアや治療のサポートをします。セラピードッグが様々な施設を訪れるのに対して、ファシリティドッグは特定の施設に常駐しています。

治安や安全を守る犬たち

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
事件の捜査や犯罪の抑止、戦場での活動などを担う犬たちをご紹介します。

警察犬

警察犬は、鋭い嗅覚を活かして、人間の足跡の臭いを追跡し犯人や遺留品の発見などをしたり、現場の遺留品の臭気から容疑者と遺留品の臭いの違いを識別したりと、犯罪捜査において重要な役割を果たします。また、行方不明者の捜索でも活躍し、人々の安全を守るために貢献しています。

警備犬

警察における警備犬は、爆発物の捜索、犯人の制圧、災害救助などの任務を担当します。一般社団法人日本警備犬協会では、爆発物探知や麻薬探知、警戒作業などの活動をします。どちらも人々の安全な生活を支えるために重要な役割を果たしています。

軍用犬

軍用犬は、兵士と共に戦場に派遣され、様々な役割を担います。かつては伝令や物資の輸送など幅広い任務に従事していましたが、現代では爆発物や地雷の探知、敵の追跡、味方の負傷者の捜索が主な任務となることが一般的です。

臭いを嗅ぎ分けて人々を守る犬たち

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
優れた嗅覚を使い、様々な臭いを嗅ぎ分け人間に知らせてくれる「探知犬」たちをご紹介します。

麻薬探知犬

麻薬探知犬は、全国の空港や港などの税関、国際郵便局などで麻薬の臭いを嗅ぎ分け、密輸入を防止する任務に従事しています。麻薬探知犬には、アグレッシブ・ドッグとパッシブ・ドッグの2つのタイプがあります。アグレッシブ・ドッグは、麻薬の入った貨物を引っかいて知らせる役割を担い、パッシブ・ドッグは入国検査場で旅客の携帯品や身の回りに隠された麻薬を察知し、その場に座って知らせます。

地雷探知犬・爆発物探知犬

地雷探知犬と爆発物探知犬は、両方とも火薬の臭いを嗅ぎ分け、爆発物を発見する役割を果たします。地雷探知犬は主に野外での活動に特化しており、爆発物探知犬は空港、建物、荷物、車両などの限定された場所で爆発の危険性のある物を探します。

動植物検疫探知犬

動植物検疫探知犬は、手荷物や国際郵便物などの中から動植物検疫の対象となる肉製品や果物などを嗅ぎ分け、見つけ出す活動をしています。彼らは伝染病や病害虫が日本へ侵入することを防ぐという重要な役割を担っています。

がん探知犬

がん探知犬とは、がん特有の臭い物質を嗅ぎ分ることで、がんの早期発見に貢献しています。犬の嗅覚は非常に優れているため、がん細胞の代謝により発生する有機物質の臭いを嗅ぎ分けているのではないかと考えられています。

災害現場で活躍する犬たち

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
災害現場で人々を助ける役割を担う、「災害救助犬」たちをご紹介します。

地震救助犬

地震救助犬は、優れた嗅覚を活かして、地震などによる家屋崩壊現場で行方不明になった人を見つけ出す活動をしています。警察犬が犯人や行方不明者などの特定の人物の発見を目的とするのに対し、地震救助犬は被災者の救助を目的としており、不特定の被災者を探し出すという違いがあります。

水難救助犬

水難救助犬は、海や川で溺れている人を救助活動をします。地震救助犬は小型犬でも活躍できますが、水難救助犬は溺れている人の元までロープや浮き輪を運び、浅瀬まで泳いで連れ戻さなければなりません。そのため、比較的大型の犬がこの役割を果たしています。

山岳救助犬

山岳救助犬は、山での遭難や行方不明者の捜索活動をします。災害救助犬の発祥の元となっているのは、アルプス山脈で遭難者の捜索にあたる山岳救助隊に同行していた山岳救助犬だと言われています。

農場で働く犬たち

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
農場で畜産業や農業の手伝いをしている犬たちをご紹介します。

牧羊犬

牧羊犬とは、牧場の羊を誘導し、監視する役割を持つ犬を指します。牧羊犬には、ハーディングドッグとガーディングドッグの2つのタイプがあります。ハーディングドッグは、羊などがはぐれないように誘導し、群れに戻す役割を果たします。一方、ガーディングドッグは、羊などを見張り、家畜を害獣から守る役割を担います。

牧畜犬

牧羊犬の対象が羊であるのに対し、牧畜犬は馬や牛、その他の家畜を誘導し、監視する役割を担っています。かつて自動車のない時代には、牧畜犬が家畜の群れを誘導し、村から市場へ送る役割を果たしていました。

害獣駆除犬

害獣駆除犬は、主に農作物や家畜への被害を防ぐために、野生動物を駆除する役割を担う犬のことです。一部のテリア種は、野ネズミ、モグラ、イタチなどの小動物の駆除に特化した犬種として知られています。また、日本でも「モンキードッグ」や「ベアドッグ」と呼ばれる犬が、動物たちを追い払うために活躍しています。

最後に

ほじょ犬,ワーキングドッグ,使役犬,働く犬,探知犬,災害救助犬,犬,職業犬
ワーキングドッグたちに対して、「人間に仕事をさせられてかわいそう」といった意見を持つ人もいます。しかし、多くの犬たちはトレーニングの過程でゲームのように楽しみながら仕事をするように訓練されます。また、現代ではほとんどの場合、犬の体力やストレスにも十分に配慮されるようになっています。

もしもどこかで、ワーキングドッグを見かける機会があれば、温かい目で見守ってあげてください。

捨て犬から「働く犬」として大活躍!転身を遂げた4頭の犬たち

悲しい現実ですが、現在でも人間に捨てられる犬たちは数多く存在します。

その中には、人間から勝手に「不要」とされたにもかかわらず、出会った人によって才能を見出され、「働く犬」として多大な活躍した犬たちがいました。

今回は、そんな捨て犬から働く犬へ転身を遂げた犬たちをご紹介していきます。

才能を開化させた小さな警察犬「アンズ」

セラピードッグ,使役犬,保護犬,働く犬,商品紹介,捨て犬,災害救助犬,犬,聴導犬,警察犬
元飼い主から不要と判断され、茨城県の動物指導センターに持ち込まれた、トイ・プードルの「アンズ」。当時はまだ3ヶ月の子犬にもかかわらず、殺処分の対象でした。
その場に居合わせた、警察犬訓練士の鈴木博房さんはクレートの中で震える子犬を見て、いたたまれなくなり引き取ることに。

シェパードたちの警察犬の訓練に一緒に連れていき、様子を見ていたアンズが「自分もやりたい!」と言うように吠えてアピールをしたため、鈴木さんが冗談半分でやらせてみたところ、意外にも警察犬として優れた才能を持つことが判明しました

当時、茨城県で認められていた警察犬の犬種は、大型犬の7犬種のみ。しかし、鈴木さんはアンズの警察犬訓練を続け、2015年に茨城県が小型犬の警察犬を認めることを決定。その年の10月アンズは見事に警察犬試験に合格し、茨城県警初の小型犬の警察犬になりました

その後、事件解決の功績から4回も表彰を受けるほどの実績を残しています。

優しい性格を活かしたセラピードッグ「チロリ」

セラピードッグ,使役犬,保護犬,働く犬,商品紹介,捨て犬,災害救助犬,犬,聴導犬,警察犬
1992年、捨て犬だった「チロリ」は殺処分寸前のところを音楽家の大木トオルさんに保護されました。アメリカで音楽活動をしていた大木さんは現地でセラピードッグの存在を知り、日本でも普及させるためアメリカのセラピードッグを連れて帰国していました。チロリは、そのセラピードッグたちと共に暮らすことになったのです。

そんな生活の中、一頭の犬が癌を患ってしまいました。チロリは、その犬の腫瘍を舐めたり、歩調を合わせて歩いたりと、病気の犬に寄り添うような行動を見せました
そんなチロリの姿を見て、大木さんはセラピードッグの才能があるかもしれないと考えるようになったそうです。

しかし、訓練を始めてからチロリが杖を極度に怖がることがわかってきました。棒状の物で叩かれて、痛い思いをした経験があったのかもしれません。そんなチロリに大木さんは寄り添い、杖への恐怖心を一緒に克服していきました。

ひたむきに訓練に取り組んだチロリは、日本初のセラピードッグに。多くの病院や福祉施設を訪問し、たくさんの患者さんの気力や笑顔を引き出してくれました。

人懐こい性格から聴導犬に「コータ」

セラピードッグ,使役犬,保護犬,働く犬,商品紹介,捨て犬,災害救助犬,犬,聴導犬,警察犬
1994年、多摩川の河川敷に出産直後の母犬と兄弟犬と共に、ダンボールに入れられ捨てられていた「コータ」。
捨てられているのを見つけ保護した方、里親探しに尽力した動物保護団体の方、動物愛護イベントに居合わせたドッグトレーナーなど、犬を愛する人々の「なんとか生かしてあげたい」という思いから、犬の訓練所の「オールドッグセンター」へ辿り着きます。

訓練所の所長から聴導犬の才能を見出され、担当トレーナーの水越みゆきさんと共にトレーニングに励み、雑種犬初、日本で10頭目の聴導犬となりました。所長の訓練士としてのカンと、とても人懐こく、珍しいくらい性格の良い犬だったことが聴導犬になる決め手になったそうです。

聴導犬となった後、聴覚障害を持つ方がコータの飼い主になることが決まっていましたが、急病を患い、犬を飼えなくなってしまいました。

その後、当時はまだ聴導犬の存在が世の中では認知されていなかったため、デモンストレーションを通じて聴導犬への理解と普及活動のために活躍しました

人への恐怖を克服した災害救助犬「夢之丞」

セラピードッグ,使役犬,保護犬,働く犬,商品紹介,捨て犬,災害救助犬,犬,聴導犬,警察犬
生後約3ヶ月程で野良犬として保護され、広島の愛護センターにいた「夢之丞(ゆめのすけ)」。
このままでは、2日後に殺処分されると聞いた、NPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」のスタッフの大西純子さんは、夢之丞を保護し「ピースウィンズ・ジャパン」の活動の一つである、災害救助犬の訓練を受けさせることを決意しました。

しかし、愛護センターの職員によると、夢之丞は人間を見ると異常におびえる性格の犬で、ペットとして飼うのが難しいため殺処分の対象になっていたそうです。実際に引き取ってからも、スタッフになかなか懐かず、1年がかりでやっと散歩が出来るようになった程でした。
そんな中、いざ訓練となると元野良犬ならではの嗅覚の鋭さを発揮するようになっていきます。

そして、4年後の2014年に初出動の機会を迎えます。普段は人がたくさんいる場所を怖がっていたのに、災害の現場では救助隊員が大勢いる中でも臆することなく、泥だらけになりながら被災者を必死で探し回っている、夢之丞の姿がありました

その後、数々の現場での懸命な活動ぶりが評価され、2015年に日本動物愛護協会から「功労動物賞」を贈られる程の災害救助犬に成長したのでした。

最後に

セラピードッグ,使役犬,保護犬,働く犬,商品紹介,捨て犬,災害救助犬,犬,聴導犬,警察犬
今回は捨て犬から「働く犬」になり、大活躍をした犬たちをご紹介しましたが、捨て犬でも飼い犬でも、全ての犬がその子にしかない才能を必ず持っています。人間がその才能を見いだせているかどうかによって、その子の一生は変わってくるのではないかと感じました。

そして、特別な才能があり「働く犬」として活躍出来る犬も素晴らしいですが、特別なことが出来なくても家にいてくれて飼い主を癒やしてくれる普通の家庭犬も、代わりのない、とても尊く大切な存在だと思います。

犬はわたし達人間に多くの幸せを与えてくれる存在です。わたし達も犬から恩恵を受けるだけでなく、より多くの犬たちが幸せになれるように考えていく必要があるのではないでしょうか。

【クイズ】私たちの生活を支援してくれる使役犬って知ってる?

人間のことを手助けしてくれる、いわゆる「使役犬」には、警察犬や災害救助犬、犬の嗅覚を利用した探知犬など、さまざまな種類がいます。しかし、実際にどんな使役犬がいて、どのような仕事をしているのかよく知らないという方も多いかもしれません。

今回は、人間の生活を支援してくれる使役犬について、クイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、使役犬クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 「身体障害者補助犬」に含まれない犬はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「セラピー犬」です。
盲導犬、聴導犬、介助犬のことを総称して「身体障害者補助犬」といいます。

セラピー犬は、患者さんの心を癒すという重要な働きをする使役犬ですが、身体障害者補助犬という括りには含まれていません。
Q.2 聴導犬や介助犬の候補となる子犬を育てるボランティアを何いう?
正解です!
不正解です!
正解は「ソーシャライザー」です。
聴導犬や介助犬の候補となる子犬を育てるボランティアのことを「ソーシャライザー」といいます。

「ブリーダー」は主に血統書付きの犬や猫の繁殖を行う仕事で、「ドッグトレーナー」は、犬のしつけや、飼い主への飼育指導などを行う仕事です。また、盲導犬を育てるボランティアは「パピーウォーカー」と呼ばれています。
Q.3 セラピー犬の一種であるファシリティドッグの説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「さまざまな病院を回って従事する」です。
ファシリティドッグは、特定の病院や施設にハンドラーと一緒に常勤するため、同じ犬がいつも病院にいて患者さんが一緒に過ごせるという特徴があります。

薬が飲めなかったり、食事ができなかったりする子どもの応援や、手術室への入室の付き添い、最期を看取るときの同席なども行います。癒しを与えるだけでなく治療にも関わるため、ハンドラーは医療従事者であることが求められます。

日本では現在、静岡、神奈川の病院に1頭、東京の2箇所の病院に1頭ずつ、計4頭のファシリティドッグが活動しています。
問正解/ 問中
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!