大人の保護猫を迎える選択!知っておきたいメリットと注意点

猫を飼いたいと思っている人の中には、保護猫を引き取ろうと考えている方もいるでしょう。その際、子猫だけではなく、大人の保護猫を迎えることも検討してみてはいかがでしょうか。実は大人の保護猫を迎えることは、さまざまなメリットがあるのです。

この記事では、大人の保護猫を迎えるメリットと注意点を解説します。

大人の保護猫を迎える5つのメリット

保護猫,メリット,デメリット,大人,成猫,トライアル,先住猫
猫を飼うというと、子猫を引き取ることを考える方は多いと思います。しかし、大人になった保護猫を迎えることもメリットがあり、場合によっては大人の猫の方が望ましいこともあります。

1. あらかじめ性格がわかっている

最大のメリットは、猫の性格やキャラクターがあらかじめ把握できている点です。そのため、その猫の性格に合った環境を事前に用意できます。

例えば、「元気いっぱいなので危ないものを片付けておく」「大人しくマイペースなので、静かに過ごせる場所を作る」などの準備ができます。飼い主さんも心の準備ができる点もメリットです。

2. こまめなお世話はしなくてよい

すでに大人になっているので、子猫ほどこまめに世話をする必要がありません。子猫から育てる場合、頻繁な授乳が必要です。猫の週齢によっては排泄の補助が必要だったり、湯たんぽで包むなど保温に気を使ったりなど、どうしても手がかかります。

その点、大人の猫なら排泄は自分でできますし、トイレを教える必要もほとんどありません。排泄自体の回数も少なくなっています。保温も一般的なペット用ヒーターで大丈夫です。仕事や家事が忙しい方でも、飼育の負担が少ないでしょう。

3. グッズを買い替える頻度が少ない

大人の猫は、成長が終わっています。クレートやベッド、トイレなど体の大きさに合わせたグッズの買い替えの必要がありません

4. 感染症リスクが少なくなっている

子猫が感染しやすい病気にかかるリスクが少なくなっています。感染してすぐ命にかかわるような状況にはなりにくいでしょう。もちろん大人の猫もワクチンは必要です。

5. いたずらの頻度も少ない

子猫は好奇心旺盛で、カーテンにのぼるなどいたずらも多いもの。しかし、大人の猫ならやんちゃに騒ぐ時期は過ぎているので、いたずらの頻度は少なくなっています。大きなストレスなどがなければ、子猫特有の甘噛みなどもほとんどしないでしょう。

大人の保護猫を迎える2つのデメリット

保護猫,メリット,デメリット,大人,成猫,トライアル,先住猫
大人の保護猫を迎えるには、いくつかデメリットもあります。デメリットがあっても受け入れられるかどうかを検討しましょう。

1. なつくのに時間がかかることがある

社会化期を過ぎているため、人になつくまでに時間がかかる場合もあります。猫の性格になんらかの問題があったために、保護猫になっている可能性もあります。

野良猫時代が長い猫や人に虐待を受けた猫は、なかなか心を開いてくれません。なつくには時間がかかるかもしれないというデメリットを受け入れられるか、気長に待てるかどうかをよく考えましょう。

2. 病気を持っているかもしれない

保護猫の中には、猫エイズなどのキャリアになっている子もいます。治療が必要になった場合、治療費をねん出できるかなどの検討も必要です。
ただし、キャリアであっても、元気におだやかに過ごしている猫もたくさんいます。病気があっても大丈夫かなど、家族でも話し合っておくべきでしょう。

大人の保護猫を迎えるときの注意点

保護猫,メリット,デメリット,大人,成猫,トライアル,先住猫
迎える前の注意点もいくつかあります。保護猫をお迎えしてから「想像していた暮らしと違った」と後悔しないためにも、しっかり確認しましょう。

トライアルがある場合はお試しをする

動物保護団体によっては、一度家に連れ帰ってお試し飼育ができるトライアル期間を設けている場合があります。もし、トライアル期間があるならぜひ試してみましょう。最初は緊張していても、徐々にリラックスできるなら猫との相性はいいはずです。

家族との相性も考える

家族と猫の相性を考慮することも必要です。例えば、臆病でデリケートな猫だと、元気いっぱいの小さなお子さんがいるご家庭ではストレスがたまる恐れがあります。猫とはある程度淡々とした関係でいたい場合、さほど人懐っこくなくても大丈夫でしょう。

先住猫がいる場合は慎重に

すでに猫を飼っているけれど新たに大人の保護猫を迎えたい場合は、特に慎重に進める必要があります。

いきなり同居させずに、違う部屋で過ごしてから徐々にお互いの存在を認識させるなど手順を踏みましょう。

避妊・去勢済みか確認をする

避妊や去勢が済んでいるかは必ず確認します。まだの場合は、必ず避妊・去勢手術をしましょう。保護施設から引き取る場合、費用は飼い主側が負担することが多いようです。

避妊や去勢をすれば、発情の鳴き声や脱走に悩まずにすみますし、多くの猫は性格が穏やかになるでしょう。生殖器関係の病気になるリスクがなくなるのもメリットです。

最期まで絶対に面倒をみる

猫を飼い始めたら、最期まで面倒を見ましょう。どのようなトラブルがあっても、生涯一緒に暮らす覚悟が必要です。

家に大人の保護猫が来たら注意すること

保護猫,メリット,デメリット,大人,成猫,トライアル,先住猫
慣れない環境に連れてこられた猫は人懐っこい子でも緊張し、警戒します。怖がらないように配慮するとともに、早く慣れさせようと焦らないことも大切です。

猫を迎える環境作りをしておく

猫の飼育に必要なグッズを準備して、猫を迎える環境作りをしておきましょう。

初めての猫!家の準備や用意するグッズ、心構えを解説

特に初めて猫を飼うご家庭では、誤飲のリスクがあるもの(ひも類やボタンなど)を徹底的に片付けておくことをおすすめします。

新しい環境でも怖がらないよう、隠れられる場所を作っておきましょう。ベッドやトイレも入る大きな猫用ケージがあると便利です。

動物病院を受診する

動物病院を受診して健康状態を確認しておきます。必要なワクチンがあれば、打っておくと安心です。避妊・去勢手術についても相談します。

しつこくかまわない

早く慣れて欲しい一心で、むやみに声をかけたり、抱っこしたりするのは控えましょう。猫の方から近づいてくるのを待つくらいの気持ちで対応します。慣れないからといって怒鳴るのも絶対にやめましょう。

まとめ

保護猫,メリット,デメリット,大人,成猫,トライアル,先住猫
大人の保護猫はあらかじめ性格がわかっている、子猫ほど手がかからないなどのメリットがあります。ただし、すぐになつかない、病気があるかもしれないなどのデメリットもあるため、よく検討してから大人の保護猫を迎えましょう。

しかし、焦らずに猫との距離を縮めていくことで、だんだんと絆ができてきます。そして大人の保護猫は、大切な家族の一員になってくれるでしょう。

【クイズ】先住猫との関係は?猫の多頭飼いで気を付けるべきこと

猫を飼っていると、「一匹で寂しいかも?」「二匹いたほうが楽しいのでは?」と思い、新しく猫を迎えたいと思う飼い主さんもいるのではないでしょうか?

今回は、猫を多頭飼いする前に知っておきたいことをクイズ形式でお伝えします。猫同士の関係を悪化させないためにも、ぜひチェックしてみてください。

それではさっそく、猫の多頭飼いクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 猫の説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「猫はもともと集団で狩りをする動物であった」です。
猫はもともと、単独で狩りをして生活する動物です。私たち人間は、独りぼっちでいる猫をかわいそうだと思ってしまいますが、一匹でいるのは不自然なことではありません。むしろ無理な多頭飼いは、猫にとってストレスになる可能性があると知っておきましょう。

鼻と鼻を付き合わせてあいさつをする、お互いに舐め合う、体の一部が触れあっている、一緒に過ごす時間が長いなどは、猫同士の相性が良いサインです。

感染症や寄生虫などは同居猫に感染しやすいため、先住猫がなんらかの感染症を抱えている場合は、新しい猫の迎え入れは見合わせたほうが良いでしょう。
Q.2 猫を多頭飼いする際に気を付けることとして「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「外に出さなければ避妊・去勢手術は不要」です。
手術をしていないオスとメスを一緒に飼育すると、繁殖して一気に増えてしまいます。猫は人間と違い、ほぼ確実に妊娠するため、必ず避妊・去勢手術を行いましょう。

猫が一匹増えるだけであっても、トイレやケージを買い足したり、フードや猫砂などの定期的な購入費も増加します。金銭的な負担は問題ないかしっかり確認しましょう。また、トイレは猫の数+1つあることが望ましいです。

2部屋以上か、ケージを猫の数だけ置けるスペースがあれば安心ですが、猫同士の相性が悪い場合はワンルームだと困るかもしれません
Q.3 新しい猫を迎えたときに注意したいこととして正しいのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「猫のニオイのついたタオルを交換する」です。
新しい猫を迎えた際、いきなり猫同士を対面させてはいけません。顔合わせに失敗してしまうと今後の関係構築に時間がかかる可能性があります。

まずは、猫を別々の部屋で過ごさせ、次にニオイのついたタオルを交換します。この際、嫌がるようでしたら一週間ほどニオイの交換を続けます。ニオイを嗅いでも気にするそぶりを見せず、平然と食事を摂ったり寝るようになれば対面して大丈夫でしょう。

つい新入りの猫を構いたくなりがちですが、ごはんや遊ぶ順番は先住猫を優先させましょう。先住猫の不満が溜まらないようにすることが同居をスムーズにするポイントです。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
猫の多頭飼いの注意点とは?仲良く暮らすためのコツを解説
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

先住猫と新入り猫のご対面!5つのステップと注意点

「すでに猫を飼っているけど、さらに猫をお迎えしたい!」と思ったことはありませんか? 猫は繊細な動物なので、自分の縄張りに新しい猫が増えたり、知らない猫の縄張りに入ったりするとストレスを感じます。そのため、すでに猫がいる家庭で新たな猫を迎え入れる際は、猫同士の最初の対面を慎重に行いましょう。 今回は、これから多頭飼いを始める飼い主さんが知っておくべき「先住猫と新入り猫の対面方法や注意点」を解説します。

先住猫と新入り猫を飼う際の心得

先住猫,新入り猫,対面,時期 初めに、先住猫と新入り猫を飼い始めるにあたって注意すべき点をご紹介します。 新たに猫をお迎えしようと考えている飼い主さんは必ず覚えておきましょう。

すぐには対面させず、時間をかけて少しずつ

先住猫と新入り猫は、すぐには対面させない方が良いです。初めはお互いが接触しないように隔離しておきましょう。 お互いがストレスを感じないように、可能であれば別の部屋に分けることが好ましいです。特に、新入り猫は新しい環境下で緊張や不安を抱えているため、先住猫と出会って負担をかけないように気をつけましょう。 猫の相性や性格によって異なりますが、対面できるようになるまでに2週間から2ヶ月ほどかかります。 筆者は対面させる時期を早まってしまったため、先住猫と新入り猫が仲良くなるのに時間がかかってしまいました。対面に失敗しないよう、焦らず気長に待ってあげてください。

トイレは頭数+1個

トイレは、頭数+1個が理想的です。 もし一方が2つのトイレを使ってしまった場合、もう一方がトイレを使えなくなってしまい粗相をすることがあります。トイレは多めに用意しておくとよいでしょう。

2匹が離れて過ごせるスペースを用意する

猫にもパーソナルスペースがあるため、お互いがお気に入りの場所で気兼ねなく過ごせるように、猫の居場所を多めに用意すると良いでしょう。 筆者の家では、爪とぎベッドを2つ、テレビ台の下にベッド、ベッドルームのクッション、ソファなど、猫が好きな場所をたくさん用意しています。お互いが近づきすぎない距離感を保ってくつろげるスペースを用意すると、猫も過ごしやすくなるでしょう。

先住猫を優先する

後からきた新入り猫を可愛がりたくなる気持ちもありますが、餌の順番や遊ぶ順番など全てにおいて先住猫を優先します。 先住猫の不満が溜まらないように配慮することで、対面がスムーズに進みやすくなります。

対面までの5つステップ

先住猫,新入り猫,対面,時期 縄張り意識の高い猫は、縄張りに入ってきた相手を本能的に威嚇します。新入り猫が家に来てすぐに対面してしまうと、目を合わせて喧嘩体制に入る可能性があるため、初めは対面させないでください。 ここでは、先住猫と新入り猫が対面するまでの5ステップと、段階ごとの期間の目安についてご紹介します。もし、ステップを進めていく過程で、粗相や逃げ回るなどの行動が見られた場合は、前のステップに戻ったり時間を空けるなど猫のストレスをなるべく抑えてあげてください。

ステップ1「隔離してお互いの存在を認知させるだけ」

まず、先住猫と新入り猫の部屋を分けて隔離し、お互いの存在を知らせるだけにします。 新入り猫が初めての環境に慣れるまでにかかる期間は1週間ほどで、先住猫も自分の縄張りに他の猫が入る心の準備期間が必要です。 筆者が先住猫と新入り猫を対面させた時、新入り猫を迎え入れて3日間ほどは先住猫が緊張して毛を逆立ててしまいました。新入り猫も環境に慣れるまでに3日〜1週間かかっていたので、1週間程度を目安に様子を見てあげると良いでしょう。

ステップ2「毛布などを使ってにおいを交換する」

先住猫と新入り猫が落ち着いてきたら、お互いのにおいがついた毛布やタオルを交換させます。 対面前ににおいの情報交換を何度もしておきましょう。猫がいつもいる場所にタオルを敷いておくとしっかりとにおいがつきます。また、においを覚えさせるために、一方の猫を触った手でもう一方の猫を撫でてあげることも効果的です。 次のステップで対面するため、1〜2週間ほど、長めの期間を設けておきます

ステップ3「ドア越しの対面」

初めの対面はドア越しで行います。 このステップを飛ばしてケージ越しにすぐに対面する方法もありますが、ワンクッション挟むためにまずはドア越しで会わせてあげましょう。お互いがすぐに目を合わせる対面では、本能的に喧嘩を売られていると思い威嚇・喧嘩が始まってしまいます。 最初は1日5分から始めて徐々に時間や回数を増やします。毛が逆立つなどお互いの行動に問題がなければ、次のステップに進むとよいでしょう。

ステップ4「ケージ越しの対面」

ケージやキャリーバッグ越しに対面させます。 威嚇する場合もあるため、おやつやおもちゃ、ご飯などをあげて気を紛らわしてあげましょう。「あの猫と会うと良いことが起こる」とお互いの猫に知ってもらうと、対面がスムーズにいきやすくなります。 最初は1日1回5分から始めて徐々に時間を長くしていき、様子を見ましょう。何度か対面を行い、威嚇をしなくなってお互いがいつも通りの行動をするようなら最後のステップに進みます。

ステップ5「飼い主さんと一緒に直接対面」

ケージやキャリーバッグなしで直接対面をさせます。 飼い主さんは、猫たちから絶対に目を離さないようにしましょう。もし、威嚇した場合や喧嘩が始まりそうな時はすぐに引き離して中断します。できれば2人以上付いていると、万が一喧嘩した場合にすぐ対応できるので心強いです。 うまくいかない場合は、1日以上時間を空けて前のステップに戻ります

対面までは焦らずじっくりと

先住猫,新入り猫,対面,時期 繊細な猫にとって新しい猫との同居は大きなストレスです。そんな時に焦って対面させようとしても、かえって関係をこじらせてしまいかねません。しかし、適切なステップを踏んで仲良くなれれば、お互いに最高の友人になるでしょう。 先住猫と新入り猫がなかなか仲良くなってくれないと飼い主んさんも不安になるかもしれませんが、しっかり時間をかけて慣れさせてあげてくださいね。