【犬クイズ】声が枯れている?考えられる理由と注意したい病気とは

愛犬の声が枯れたり、変な音が混じって聞こえたりしたことはありませんか?犬の声の調子がいつもと違うけどどうして?病院に連れて行くべき?と悩むこともあるかもしれません。

本記事では、愛犬の声に異常が感じられたときに慌てずに対処できるよう、声が枯れる原因についてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、犬の声が枯れる原因クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬の声が枯れている原因として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「喉に食べ物がつっかえているため」です。
犬が興奮して鳴き続けたり、喧嘩をして大きい声を出してしまった時などは一時的に声が枯れることがあります。また、飼い主が離れた時に「分離不安」によるストレスで鳴き続けた可能性も考えられます。

実は犬も人間と同様、声変わりをすると言われており、幼犬の時の高く鋭い鳴き声から、成犬になると低く重たい声に変化します。声変わりが原因の場合は特に心配する必要はありません。

吠えすぎや声変わりが原因ではない場合は、病気を患っている可能性があります。一度動物病院へ行き検査をしてもらいましょう。
Q.2 犬の声が枯れる原因と考えられる病気として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「歯周病」です。
犬の声が枯れている場合は、咽喉頭炎、気管支炎、ケンネルコフなど、主に呼吸器の疾患が考えられます。

声が枯れていなくても、頻繁に咳をしていたり、苦しそうな様子が見られたらなるべく早く動物病院へ連れて行きましょう。
Q.3 ケンネルコフについて「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ヒトの風邪薬を与える」です。
ヒトの風邪薬には犬が服用すると重篤な中毒症状を引き起こす成分が含まれていることがあります。症状はヒトの風邪と似ているかもしれませんが、ヒトの風邪薬は絶対に与えないでください。

ケンネルコフは「犬の咳」という意味があり、呼吸器症状を呈します。基本的には軽症で7〜10日で回復しますが、複数の病原菌による混合感染が起こると重症化し、死に至ることもあります。 なお、犬のケンネルコフがヒトに感染することはありません。

複数の病原菌が関係するためワクチンで予防することは難しいですが、主要なウイルスに対するワクチンを接種することで混合感染を防止し、重篤化を免れる可能性が高まります。

感染経路は、感染している他の犬からのくしゃみ、鼻汁、咳による飛沫感染で、ブリーダーやペットショップでの集団感染がよく見られます。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
犬の声が枯れるのはなぜ?3つの原因と対処法!
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

コロナ後の準備はできてる?ペットの分離不安症を防ぐために

みなさんは、新型コロナの影響でペットとの過ごし方に変化はありましたか? 「家にいる時間が増えて、ペットと過ごす時間も増えた」という方が多いのではないでしょうか。中には、「テレワーク中も散歩中も常にペットと一緒」なんて方もいるかもしれません。 多くのペットにとって、飼い主さんと一緒にいる時間が増えたのは嬉しいことです。しかし、同時に、コロナ後に元の生活に戻った時、ペットが不安を感じてしまう可能性も高くなります。 今回は、コロナ後にペットが感じる不安をできるだけ小さくするため、今から少しずつできる準備をご紹介します。

なぜコロナ後を考える必要があるのか

ペット,犬,猫,コロナ,分離不安,新型コロナ,コロナ後,コロナ禍,不安,ストレス,留守番 「新型コロナが収束したらまた元の生活に戻るだけなのに、どうしてコロナ後のペットとの付き合い方を考える必要があるの?」と疑問に思うかもしれません。 コロナ禍で家にいる時間が長くなった分、ペットと一緒に過ごす時間が増えた方は多いのではないでしょうか。もちろん、それは多くのペットにとって嬉しいことです。 しかし、新型コロナが収束して元通りの生活に戻ったら、ペットはどう感じるでしょうか。新型コロナの状況などが理解できないペットたちにとっては、「急にかまってくれなくなって、ひとりぼっちにされるようになった。」と不安に感じてしまうかもしれません。 コロナ前は難なくお留守番ができていたペットでも、コロナ後は不安を感じてしまうかもしれません。だからこそ、完全に元の生活に戻る前に、少しずつ対策していくことが重要なのです。

ペットにも分離不安症がある!

ペット,犬,猫,コロナ,分離不安,新型コロナ,コロナ後,コロナ禍,不安,ストレス,留守番 「分離不安症(分離不安障害)」とは、愛着のある場所や人物から離れることに対し、不安を感じることです。小さな子供によく見られる症状ですが、犬や猫などのペットも分離不安を起こすことがあります。 猫よりも犬の方が分離不安症になりやすく、特に飼い主さんが大好きで、かつ飼い主さんにいつもかまってもらっているペットほど、分離不安を感じやすくなります

分離不安症の症状は?

分離不安症になったペットは、大好きな飼い主さんから離れることで不安になってしまい、肉体的・精神的な不調が出るようになります。 具体的には、次のような症状があります。

飼い主さんの不在中

  • 下痢、嘔吐
  • トイレ以外で粗相をする
  • しばらく吠え続ける
  • 自傷行為
  • 物を壊したり、いたずらをする

飼い主さんの在宅中・帰宅時

  • いつでも飼い主さんを追いかけ回す
  • 飼い主さんが違う部屋にいったり、お風呂やトイレに入ると吠えたり鳴いたりする
  • 飼い主さんが外出する気配を感じるとパニックになる
  • 帰ってくるとうれションをする

なぜ分離不安症になるの?

ペットが分離不安症になるのは、飼い主さんが出かけたら「もう帰って来ないのではないか」「不在中に何か危険なことが起きたらどうしよう」と感じてしまうからです。 こうした不安は、過去に捨てられた経験があったり、飼い主さんの不在中に雷や地震に遭遇したり、過度な空腹感を感じたことのあるペットほど感じやすくなります。 加齢によって目や耳が悪くなったり、認知症になったペットも分離不安症になりやすい傾向にあります。 また、上記に当てはまらなくても今までずっと一緒にいた飼い主さんがコロナ後に急にいなくなってしまえば、どんなペットでも分離不安症になる可能性があります

コロナ後に向けて、ペットのために今からできること

ペット,犬,猫,コロナ,分離不安,新型コロナ,コロナ後,コロナ禍,不安,ストレス,留守番 それでは、コロナ後の生活でペットが急激な分離不安を感じないように、今からできる準備にはどのようなものがあるのでしょうか。 なお、分離不安に陥ってしまった愛犬や愛猫を元通りの生活に戻すのは、非常に困難です。それは症状が重度であればあるほど難しくなります。そのため、分離不安症を発症させないように今から気をつけることが最も重要です。

1.少しずつひとりでいる時間を過ごさせる

「家にいれば常にペットとべったり。外に出るのもいつも一緒。」という生活をしている方は、少しずつペットにひとりで過ごさせる時間を作っていきましょう。 例えば、ペットに留守番をさせて散歩や買い物に出かけたり、テレワーク中は一定時間ペットと別の部屋で仕事をするなどの工夫ができます。 少しずつひとりで過ごす時間を持つことで、コロナ後のお留守番タイムに分離不安を感じにくくなります。

2.飼い主が家を出ても、必ず戻ってくることを教える

ずっと家にいた飼い主さんが、コロナ後に急に長時間いなくなってしまったら、ペットは「このまま帰ってこなかったらどうしよう…捨てられたのかな…」と不安になってしまいます。 特に、過去に捨てられた経験のあるペットは敏感になりやすいので注意が必要です。 そこで、今から少しずつ飼い主さんだけで外出をし、「外出をしても絶対に家に帰ってくる」ことをペットに覚えさせましょう。

3.ひとりでも夢中になれるおもちゃを与える

ペットに少しずつひとりで過ごす時間を持たせることは重要ですが、ひとりで過ごすこと自体にストレスを感じてしまうペットもいるかもしれません。「ひとりでいる時間も楽しい!」と覚えさせるために、ひとりで夢中になれるおもちゃなどを与えてみましょう。 特に普段ひとり遊びをしないペットには、頭を使っておやつやフードを取り出すおもちゃがおすすめです。
Kong(コング)
¥802 (2022/05/25 19:21:43時点 Amazon調べ-詳細)

ペットとの正しい距離感とは?

ペット,犬,猫,コロナ,分離不安,新型コロナ,コロナ後,コロナ禍,不安,ストレス,留守番 家でペットとずっと一緒にいると、「コロナ前はペットと過ごす時間が短すぎたかもしれない」と感じている方もいるかもしれません。 もちろん、ペットを長いことひとりぼっちにさせておくのはよくないことですが、必ずしもペットと常に一緒にいることが良いとも限りません。 これを機に、適切なペットとの距離感はどのくらいなのかを考え直してみませんか?

過干渉はストレスにもなる

多くのペットにとって飼い主さんにかまってもらえるのは嬉しいことです。しかし、コロナ禍において、ひとりで落ち着いて休める時間が減ったことで、疲労やストレスを感じてしまっているペットも少なくありません。 犬や猫はもともとお昼寝をたくさんする動物ですから、「かまってあげればかまってあげるほど良い」とは限らないのです。

コロナ後もペットと過ごす時間を作れるように・・・

本来、ペットにはあまり長い間、お留守番をさせるべきではありません。 仕事が忙しいなど様々な事情があるのは仕方ないですが、これを機に、コロナ後のペットとの過ごし方を見直してみてもいいかもしれません。 例えば、コロナ後もテレワークを取り入れられないかを検討してみたり、ペットがひとりになる時間をどうしたら減らせるかを家族と相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ペット,犬,猫,コロナ,分離不安,新型コロナ,コロナ後,コロナ禍,不安,ストレス,留守番 コロナ禍で飼い主さんとずっと一緒にいるのが「当たり前」になってしまったペットにとって、コロナ後に急にひとりぼっちになるのは辛いことです。中には、分離不安症になってしまうペットもいるでしょう。 ペットのためにも、コロナ後に向けて少しずつ準備していくことが重要なのです。 ペットたちは、人間の生活の都合に合わせて生きています。だからこそ、私たち飼い主ができるだけペットのストレスや不安を取り除く工夫をしてあげたいですね。

犬に自由を与える義務と犬が自分の空間を持つ権利について考える

私は、東京都八王子市でペットホテル、ペットシッター、ドッグトレーニングのサービスを提供している「犬と人の学び場ポケット(以下、ポケットと言います)」を運営しています。ポケットではペットホテルの運営を行っているので、オーナー様からお話を伺う機会がたくさんあります。 愛犬の生活環境をお聞きすると、「愛犬はお部屋の中、あるいはおうちの中を自由に行き来して過ごしています」とおっしゃる方が最近になって非常に多くなりました。ひと昔前は「犬は外で飼うもの」と言われていたことを考えると、飼育環境が大きく変化してきていることがわかります。 しかし、飼育環境が変わっていくにつれて新たな問題も出てきています。今回は犬に自由を与える義務と部屋を持つことの権利について考えていきましょう。

犬の飼育環境の変化

今と昔では、犬の飼育環境はずいぶん変わってきました。どのように変わり、どのような問題が顕在化してきたのか見ていきましょう。

犬の屋外飼育は向かない?

規模の大小には諸説ありますが、もともと犬は群れをつくって過ごす動物だったと言われています。この事実を踏まえると、外でポツンと一頭だけを鎖につないで飼育するという昔の飼育スタイルはあまり適していないことがわかるでしょう。 犬は外で飼うものだとされていた頃、犬はご飯の残りを与えれば、家を守る番犬として働いてくれる都合のよいパートナーとして扱われていました。これは、人と犬が共生し始めた起源にも近い関係性だと思われます。 外で飼うことで、犬の独立心が育つこと、室内への汚れや抜け毛の飛散を防げることは飼い主にとって大きなメリットかもしれません。しかし、住宅街などで屋外飼育をした場合には、ほえ声や抜け毛の飛散、鎖の金属音などが近隣トラブルを招いてしまう可能性があります。

室内飼いで顕在化してきている問題

それでは、家の中で飼うようにすれば、あとは自由で良いのかというと、そういうわけでもありません。 ネオテニー(幼形成熟)な犬たちの中には自我があまり強く出ず、人にとって飼いやすい子もいます。しかし、それは一部の例外で、ほとんどの犬は家自体を縄張りと捉えるようになり、そこで起きる「気に入らないこと」を排除しようとするでしょう。 例えば、チャイムが鳴るとほえる。人のソファー、ベッドなどを占領し、自分の場所だと言わんばかりにオシッコでにおい付けをする。窓から往来する人や車を追い払うかのように興奮してほえながら走り回るなどが代表的な例です。

自由すぎることの弊害

こういった犬の問題行動が起こるきっかけは、自由すぎることが要因のひとつであると考えられます。広すぎる縄張りを与えることは、家そのものを守らせることになり、犬にとってストレスになりかねません。 また、同じ屋根の下で生活をすることで、お互いの気持ちを理解しやすく絆は深まりますが、過度に溺愛してしまうと分離不安という問題を招きます。自由の度合い、愛情の度合いを適切なものにするために、飼い犬にはパーソナルスペースを用意してあげる必要があります。

犬が安心して過ごせる環境とは

ハウスの中の犬 自由に家の中を過ごさせてあげる上で忘れてはいけないのは、飼い犬だけのパーソナルスペースとなるハウスを必ず用意してあげるということです。自分だけのパーソナルスペース、落ち着けるハウスを持つことは犬にとって当然の権利と言えます。

サークル型のハウス

室内犬のハウスとして一般的なものは、柵に囲まれたような形のサークルと呼ばれるものでしょう。 このタイプのハウスは多種多様で、屋根があるものや、トイレスペースと寝床を離して設置する広いものなどがあります。

バリケン型のハウス

もうひとつ考えられるのは、バリケンと呼ばれる形状のものです。これは犬を飛行機で空輸する場合にも使われます。バリケンは商品名のため、このようなタイプのハウスのことをクレートと呼んだり、キャリーと呼ぶこともあります。 出入口は1カ所でまわりには小さな柵状の窓があり、中は暗くなるようにできています。

おすすめはどっち?

おすすめしたいのは、後者のバリケンタイプです。薄暗く視界が広すぎないので、飼い犬にとって落ち着ける空間となるでしょう。広すぎないのでトイレのしつけもしやすいです。また、車で移動するときや万一の災害のときにも役立ちます。 ちなみに、車の中で愛犬をフリーにしていると場合によっては道路交通法違反ですのでご注意ください。車で移動する場合は、愛犬の安全面も考慮して必ずハウスに入れるべきです。ハウスの中でおとなしくできるように、普段からトレーニングしておきましょう。 もし、バリケンの扉を閉めることに抵抗があれば、開けたまま使用してもかまいません。いざという時に閉められれば問題ありません。今、サークル型のハウスを使っているという方でも、万一のときのために飼い犬がバリケンに入れるように練習しておくことをおすすめします。

むすびに

室内犬は、人の生活環境になじむことを余儀なくされています。異なる種である人間と犬が同じ環境で生活していくためには、人が犬に歩み寄る必要があります。飼い主は愛犬の気持ちを考えて、暮らしやすい環境を整えてあげましょう。 世界的に、犬に自由を与えるのは飼い主の義務になりつつあります。しかし、自由なら何でも良いというわけではないと思っています。また、人間がパーソナルスペースを持つのと同じように、犬にもパーソナルスペースを持つ権利があると思います。 お気に入りのハウスに住んでいる犬は、何らかの事情で動物病院やペットホテルなどに預けられる場面でも、落ち着くよりどころがあるため、ストレスが軽減されます。これも持ち運びができ、どの施設でも設置してもらいやすいバリケンをおすすめする理由のひとつです。