先住猫と同居できる?新たに迎えるペットとの相性と顔合わせの方法

現在猫を飼育しているけど、さまざまな事情で新たな動物をお迎えするということがあるかもしれません。しかし、気になるのが先住猫との相性です。相性が悪いと同居が難しいですし、飼い方を誤ると取り返しのつかないことにもなりかねません。

今回は、犬、うさぎ、モルモット・ハムスター、鳥と先住猫との相性について解説していきます。

猫は猫以外の動物と同居できる?

先住猫,相性,犬,うさぎ,モルモット,ハムスター,鳥,習性,同居
一般的に猫は、単独で行動し、神経質で警戒心が強い動物として知られています。そのため、もともと自分しかいなかった空間に他のペットが加わるのはあまり得意ではありません。もし、猫と他のペットを同居させたい場合は、小さい頃から一緒に過ごさせるか、先に猫以外のペットを飼い、後から猫を迎える方がスムーズにいくでしょう。

しかし、既に先住猫がいる家庭も少なくありません。そんな場合には、動物同士の相性を考慮する必要があります。

今回は、一般的な動物別の相性の例を挙げます。それぞれの個体の性格も大きく影響しますので、同居させる場合は慎重に検討してください。また、場合によっては命に関わることもあるので、注意が必要です。

猫と犬

先住猫,相性,犬,うさぎ,モルモット,ハムスター,鳥,習性,同居
結論からお伝えすると、猫と犬が共同生活を送ることは可能です。しかし、それぞれの性格や習性を理解し、十分なスペースや時間を確保し、注意深く飼育することが重要です。

犬は群れでの行動を好み、社会性の高い動物ですが、一方で猫は単独行動を好み、干渉を嫌います。そのため、最初はお互いに距離を保ちながら徐々に慣れさせていきましょう。犬が積極的にアプローチをしてしまうと、猫はストレスを感じ、今後の関係構築が困難になる可能性があります。先住猫の様子をしっかり確認しながら、徐々に距離を縮めていくことが重要です。

猫とうさぎ

先住猫,相性,犬,うさぎ,モルモット,ハムスター,鳥,習性,同居
猫とうさぎの同居はできないわけではありませんが、注意が必要です。猫もうさぎもマイペースで、1日の活動サイクルも似ているため、同居相手としては悪くありません。

ただし、自然界では「食う・食われる」の関係であるため、うさぎにとっては猫の存在自体にストレスを感じてしまう可能性もあります。顔合わせは時間をかけて慎重に行い、慣れてきても一緒にするときは絶対に目を離さないようにしましょう。

猫とモルモット・ハムスター

先住猫,相性,犬,うさぎ,モルモット,ハムスター,鳥,習性,同居
ネズミの仲間であるモルモットやハムスターにとって、猫は天敵と言える存在です。動画サイトなどでモルモットやハムスターが猫と仲良くしている様子が見られることもありますが、それは特殊なケースです。ケージから出して近づけたり一緒に遊ばせるようなことはやめましょう。

なお、猫とモルモット・ハムスターの居住スペースを完全に分ければ飼育は可能です。それでも、捕食者である猫のにおいがするだけでもモルモットやハムスターはストレスを感じますので、お世話をする際は気をつかってあげてください、

猫と鳥

先住猫,相性,犬,うさぎ,モルモット,ハムスター,鳥,習性,同居
猫には鳥を捕まえる本能があるため、基本的には同居は難しいでしょう。

ただし、適切な注意を払いつつ環境を整えることで一緒に飼うことは可能です。例えば、鳥をケージは猫の手の届かない高さに設置することや、鳥が飛び出さないようにカバーをかけるなどの工夫が必要です。

先住猫と新しいペットの顔合わせ方法

先住猫,相性,犬,うさぎ,モルモット,ハムスター,鳥,習性,同居
先住猫と新しいペットを同居させる場合、顔合わせは慎重に行わないと、お互いにストレスになるだけでなく、今後の関係構築に支障が生じてしまいます。

早く仲良くなってほしいと焦るとかえって仲良くなるのに時間がかかってしまう可能性もあるため、しっかり時間をかけて慣らしてあげましょう

まずは別の部屋に隔離する

家に来てからすぐに顔合わせをすると、トラブルの原因となります。まずは、先住猫とは別の部屋に居住スペースを設け、においのついたものを交換するなど、少しずつ慣らしていきましょう。

ケージ越しに対面させる

お互いに慣れてきたらケージ越しに対面させます。この際、どちらかに怯える様子や攻撃しようとする様子が見られたらすぐに中止し、数日ほど空けて再度チャレンジします。ケージ越しの対面は繰り返し行うことが大切です。

ケージなしで対面させる

ケージ越しでの対面が問題なさそうであれば、ケージから出して対面させます。初めは短時間で行い、徐々に時間を伸ばしていくようにしましょう。

猫と他のペットを一緒に飼うときのポイント

先住猫,相性,犬,うさぎ,モルモット,ハムスター,鳥,習性,同居
先住の猫がいる場合、飼い主の行動次第で、仲良くなれることもあれば、関係が悪化してしまうこともあります。どちらか片方ばかりを気にするのではなく、広い視野をもって、ペットのことを観察してあげてください。

無理に仲良くさせようとしない

人間同士でも相性があるように、動物にも相性があります。どんなに時間をかけても、最終的に同じ場所で過ごすのは難しい可能性があるということは頭に入れておきましょう。

慣れるまでは目を離さない

先住猫と新しいペットが同じ場所で遊んでいるときは目を離さないようにしましょう。じゃれ合っているつもりでも、力の加減がわからずにケガをしてしまう危険もあります。

慣れてきても必ず飼い主の目の届く範囲で遊ばせてあげてください

先住の猫を優先する

新しいペットが我が家にやってくると、どうしても気を取られてしまいがちです。しかし、先住猫の相手を疎かにしてしまうと、ヤキモチを妬いたり、マイナスなイメージがついてしまい、仲良くするのが難しくなってしまうことがあります。

食事だけでなく、なでたり遊んだりする場合も、先住猫を優先してあげてください。

一匹になれる場所を確保する

複数のペットを同居させる場合は、一匹で静かに過ごせる場所を作ってあげることが大切です。高いところが好きな猫にはキャットタワーがおすすめです。

また、縄張り意識の強いうさぎなどは、縄張りの中に他の動物が入れないようにしてあげましょう。

最後に

先住猫,相性,犬,うさぎ,モルモット,ハムスター,鳥,習性,同居
先住の猫がいる場合、新たにペットを迎え入れても大丈夫かと不安になるかもしれません。実際、猫は自然界でも捕食側になることが多く、モルモットやハムスターなどの小動物や、鳥などと同居させる場合は慎重になった方がいいでしょう。動画サイトでは仲睦まじい動画を見かけることもありますが、それを安易に真似してはいけません。

早く仲良くしている姿を見たいという気持ちもわかりますが、焦るとかえって関係が悪くなることもあります。先住猫と新入りの子の様子をよく観察し、無理のないよう時間をかけて対面させましょう。

先住猫と新入りの子のことを第一に考えつつ、ぜひ楽しいペットライフを送ってくださいね。

猫と金魚・熱帯魚は一緒に飼えるの?同居の際のポイントをご紹介

猫は動くものを追いかけることが大好きで、「魚が好き」というイメージがありますよね。
そのため、猫にいたずらされてしまうと思い、金魚や熱帯魚を一緒に飼うことを諦めている猫の飼い主さんも多いかもしれません。

確かに、飼い猫が水槽の中の金魚を食べたり傷つけたりしてしまった例はあります。
しかし、気をつけるポイントを抑えれば、猫と金魚や熱帯魚を一緒に飼うことは不可能ではありません!

今回は、猫と金魚や熱帯魚を一緒に飼う際に、絶対に抑えておきたいポイントをご紹介します。

猫と金魚は一緒に飼える?

猫,金魚,同居

結論から言えば、猫と金魚・熱帯魚を一緒に飼うことは可能です。
しかし、安全に同居させるには、気をつけなくてはいけないポイントがいくつかあります。

猫が近くにいることで金魚のストレスになってしまったり、猫が金魚を捕まえようとして怪我をさせてしまうことがあるためです。最悪の場合、金魚を死なせてしまう可能性もあるのです。
そのため、猫と金魚、両方に配慮した飼い方をすることが必要です。

猫は金魚を食べるの?

猫,金魚,同居

猫が金魚を食べてしまうことはあるのでしょうか?
「魚好き」のイメージがある猫ですが、実際は必ずしも魚を好むわけではありません。

しかし、実際に屋外で飼育している金魚が野良猫に食べられてしまう例は多いようです。
室内飼いの猫は家で十分な食事をもらっているため、あえて金魚を食べることは少ないと思われますが、それでも食べてしまう例はあります。

ほとんどは遊ぶため

全ての猫が水槽の魚に興味を持つわけではなく、猫の性格や気分によるところが多いです。
しかし、水槽の中で泳ぐ金魚・熱帯魚を見て、狩猟本能が刺激される猫は多く、特に好奇心の強い猫は、水槽に前足を突っ込んで金魚を掬い取ってしまうことがあります。

食べるためというよりは遊ぶために金魚を獲り、転がしたりつついたりしてしまうのです。
猫にとっては遊びのつもりでも、金魚にとっては致命的な事態ですよね。

上記のことからも、猫と金魚が一緒に暮らすためには、ポイントを抑えた対策を講じる必要があるのです。

猫と金魚を一緒に飼う際のポイント5つ

猫,金魚,同居

金魚が猫に襲われないために、猫と金魚を一緒に飼う際は、以下でご紹介する5つのポイントを意識した環境作り・飼い方をする必要があります。

①部屋を分ける

最も安全なのは、猫と魚の暮らすスペースを完全に分けることです。
余裕があれば部屋を分ける、そうでなければ柵で区切るなどすれば、猫と金魚の接触を防ぐことができます。

ただ、猫は狭い隙間も素早く通ることができるため、金魚専用のスペースに猫を立ち入らせないようにしっかり扉を閉じましょう。

②蓋のある水槽で飼う

猫と同居させる場合は、金魚鉢のような蓋のない水槽で金魚や熱帯魚を飼育することはやめましょう。金魚鉢のような水槽は、猫の前足が届いてしまったりぶつかった拍子に倒れてしまったりする危険性があります。

軽い素材の蓋だと猫が器用に開けてしまう可能性があるため、重みがありしっかりと固定できる頑丈な蓋のある水槽を選びましょう。

③水槽に近づかないようにしつけをする

猫が自分から水槽に近づかないように教えてあげることも有効です。

好奇心旺盛な猫をしつけをすることは大変かもしれませんが、少しずつ学習させることが大切です。

大きな声を出したり叱ったりすることはせず、猫が水槽に近づくたびに「ダメ」「ノー」などと言うことを繰り返しましょう。

④水槽周りのケーブル類をまとめる

水槽周りには照明器具やエアポンプなどのケーブル類が多くなりますよね。

水槽周りに限らずですが、ケーブルに猫がじゃれたり引っかかったりすると大変危険です。
ケーブル類は猫が届かない場所にまとめておきましょう。

⑤水槽のメンテナンス時も注意

普段はしっかり対策できていても、水槽のメンテナンスをする際に事故が起こることがあります。
水換えや掃除のために魚を一時的にバケツに入れている隙に、猫が来てしまう…なんてことが起こりかねません。

メンテナンス時には、猫を部屋に入れない、魚を蓋のあるバケツに入れておくなどして、油断しないようにしましょう。

魚を飼う際は襲われないような対策を!

猫,金魚,同居

金魚や熱帯魚を他の動物と一緒に飼う場合は、猫に限らず、犬や鳥などでも襲われる危険性があります。
また、魚を屋外で飼う場合は、野良猫以外にも、カラスやハクビシンなどの小型動物にも狙われます。

対策をしっかりと取って、魚にとってストレスのない安全な環境を整えてあげましょう。

まとめ

猫,金魚,同居

猫と金魚・熱帯魚は、対策をしっかり講じれば一緒に飼うことが可能です。
魚を猫から守ってあげること、そして猫自身にも魚に近づいてはいけないことをわかってもらうことが大切です。

猫が魚にどのくらいの興味を示すかはそれぞれ異なるため、魚をお家に迎えた後はしばらく愛猫の様子をしっかり観察しましょう。

毎日一緒に暮らすわけですから、イレギュラーが発生することもあります。猫と魚の安全を守るために、十分すぎるくらいの対策を取っておくことをお勧めします。

犬と猫の同居って可能なの?上手な同居方法と注意点を紹介!

猫好きだけど犬も好き、というような方もたくさんいるかと思います。

しかし、「犬も猫も飼ってみたい!」と思っても、本当に上手く同居が出来るのか心配ですよね。

そんな貴方のために、今記事では犬と猫が同居するために知っておくべき事柄をご紹介いたします。

知っておくべき犬と猫の違い


犬と猫の性格や生態は、全くと言っていいほど異なります。

犬と猫を同居させる場合、飼い主さんがその違いをしっかりと把握することが大切です。個性を理解した上で同居を始めることが、上手くいく秘訣となります。

また、どちらにも人間と同じように性格というものがあります。誤解を恐れずに言うなら、犬のような猫だったり、猫のような犬だったり。さらには少し変わった子だったり。性格は犬種や猫種によるものもありますが、それまでの生活環境による場合もあります。

元も子もないことを言っているかもしれませんが、あくまでも以下は一般的な場合です。必ずしも当てはまらないケースもありますので、先住犬や先住猫がいて、後から異種を迎える場合は、それぞれの性格を見極めてから判断することが重要になってきます。

犬の習性とは

  • 群れで生活する
  • 嫉妬心がある
  • 飼い主に忠誠心を持つ

猫の習性とは

  • 夜に活発になることが多い
  • あまり群れたりはしない
  • お気に入りの場所にこだわる

同居の仕方

犬が先住で猫を迎える


犬が先住で新しく猫を迎える場合、猫の月齢は生後2~3ヶ月が良いでしょう。

この時期の猫は「社会化期」と呼ばれ、周囲の様々な環境を受け入れていく時期です。

この時期から一緒に過ごさせることで、先住の犬を家族だと思い良い信頼関係を築くことができます。

しかし、このときに子猫ばっかりを構ってしまってはいけません。

犬は嫉妬しやすい生き物なので、ストレスが溜まり攻撃的になってしまうことがあります。ご飯を与えるときやおもちゃで遊ぶときは犬を優先してあげましょう。夫婦で飼っている犬が、赤ちゃんが生まれた途端に問題を起こすようになるケースがあります。それも、これと同じようなことが影響している可能性があります。

猫が先住で犬を迎える


この場合も、子猫を迎える時と同じで生後2~3ヶ月の子犬を迎えるのがオススメです。

犬にも「社会化期」があります。この時に猫と接しておくことで仲間意識が芽生え、良い信頼関係を築くことができます。犬も猫もですが、社会化期にたくさんの経験をさせることは、その後の生活に大きな良い影響を与えるのです。

このときに、犬が猫にちょっかいを出さないように気をつけてください。猫は神経質な生き物なので、猫にとってストレスになる場合があります。

犬が入れない場所に、トイレやご飯置き場を作ってあげ、一人で落ち着ける環境を作っておいてあげると良いでしょう。

犬と猫を同時に迎える


犬と猫を同時に迎える場合、どちらも生後2~3ヶ月のときに飼い始めるようにしましょう。

どちらも社会化期にあたりますので、この組み合わせがベストかもしれません。

なお、成猫と成犬を新しく同居させるのは難しいと言われており、なるべく避けることをオススメします。

万が一、相性が合わなかった場合は、別々のスペースを作ってあげる必要があります。いずれのケースにおいても、どうしても合わないという可能性もあります。人間だってそうですよね。多頭飼い、特に異種の多頭飼いをしようとする以上、飼い主には、その覚悟が求められます。

同居させる時の注意点

生活スペースを区分する


犬と猫の性格や生態は先述の通り、異なります。ですので、以下の点に注意して生活スペースを整えてあげましょう。

  • 寝るスペースは出来るだけ離す

猫は夜に活発になることが多いです。猫と犬のベッドが近いと、犬の睡眠を邪魔してしまうかもしれませんし、逆の自体が起こることもあり得ます。

猫のくつろぐスペースは犬の届かないところに設け、ゆっくりとくつろげるようにしてあげましょう。

  • それぞれに専用のおもちゃを

犬のおもちゃと猫のおもちゃはしっかり区別しましょう。犬は自分のものに対する所有意識が高い傾向にあります。

猫が犬のおもちゃで遊んでいたら、犬が怒ってしまい喧嘩になってしまうかもしれません。

  • トイレの区別はしっかり

猫のトイレのしつけは比較的簡単で、何回か教えればすぐに覚えられることが大半です。

犬の場合もすぐに覚えられます。しかし、なかなか覚えてくれない場合もあるため、トレーニングが必要になってきます。

このとき、猫用のトイレに犬が間違って用を足してしまわないように気をつけてください。そこを自分のトイレだと思ってしまうかもしれません。

初めは目を離さない


猫も犬も互いの存在になれて、本当に安心できるようになるまで目を離さないようにしましょう。少しのことが互いに気に障って喧嘩になったり、仲良くじゃれていても爪や犬歯で相手を傷つけてしまう場合があります。

それぞれが相手を気にすることなく自然に生活できるようになるまで、飼い主は必ず側にいるようにしましょう。そして、万が一、喧嘩に発展しそうになったら、エキサイトする前に止める必要があります。

留守中は離しておく


コンビニに行くときや会社に出かける時など、少しでも留守にする場合は犬と猫を同じスペースに放置しないでください。

とっても仲がいい場合でも、事故や故意でなくても片方を傷つけてしまう場合があります。これは、赤ちゃんや小さな子どもと、犬や猫を一緒にしてはいけないことと似ています。

相手は動物です。どんなに大人しくても、そのときまで何が起こるかはわかりません。万が一の自体を避けるために、目を離さなければいけなくなるときは、必ずケージやハウスに入れたり、別の部屋に移したりするようにしましょう。

無理に仲良くさせようとしない


犬と猫が互いの存在を認めあい、自然に暮らせるようになるまでは時間がかかります。

初めのうちは別の空間で分けて過ごし、はじめはケージ越しに合わせるなどして少しずつ慣れてもらうのがいいでしょう。

飼い主が犬にも猫にもきちんと気を配って互いの様子をよく観察し、犬にも猫にもストレスを与えないようにするのが重要です。

最後に


猫も犬も人間のパートナーとして確立されてはいますが、その習性や生態は全く異なります。

その事を飼い主さんが理解せずに同居させ始めてしまうと、上手くいかなくなってしまうかもしれません。

今後、犬と猫の同居を考えている方は、それぞれの習性を分かった上で、同居生活をスタートさせることをオススメいたします。

犬と赤ちゃんが一緒に暮らすために、7つの気をつけること。

犬と子供を一緒に育てるのは、本当に大丈夫なのだろうかと不安になりますよね。衛生面など、気をつけるべき項目をまとめました。

1、犬を隔離しないで

キャバリア
「犬と赤ちゃんは、違う場所で育てないと不安だわ」といって、犬だけをゲージに入れっぱなしにしたり、誰かに預けようとする人がいます。

しかし、犬は隔離されることでストレスを感じてしまいます。また、「自分が嫌な思いをしているのは赤ちゃんのせいだ」と思いかねません。犬を避ける方向ではなく、うまく同居する方向で考えましょう。

2、犬とのスキンシップタイムを作る

おもちゃで遊ぶ犬
犬は赤ちゃんに嫉妬すると言われています。今まで自分だけをお世話してくれた飼い主さんが、突然赤ちゃんの方ばかり構うようになった…。この場合、犬は飼い主さんの気を引こうとして、物を壊してみたり、粗相をしたりする可能性があります。ひどい時には、自分の毛を掻きむしったり、自傷行為に至る場合もあります。

赤ちゃんのお世話で精一杯かもしれませんが、わんちゃんとのコミュニケーションの時間を持ちましょう。そうすることで、犬のストレスは減っていきます。また、飼い主さんにとっても育児での疲れを癒してくれると思いますよ。

3、犬と子供だけにしない

ソファに座る子供2人とキャバリア
赤ちゃんと犬が仲良く抱き合って寝ている写真などよく見ますよね。「犬って赤ちゃんのこと好きなんだなぁ」と思うかもしれませんが、全ての犬が赤ちゃんと最初からうまくやっていけるわけではありません。むしろ、赤ちゃんは犬にとって怖い存在かもしれません。

  • 突然甲高い大声を出す
  • じっと目を見てくる(犬にとって、目を見られることは、敵対視されていると思う)
  • 何をしてくるのか行動が読めない

犬は、何もしなければ突然怒ったりは基本的にしません。ですが、いたずらをされたり、怖い思いをすると犬も怒ります。

犬と赤ちゃんのいる空間には、飼い主さんがいるようにしましょう。どちらかが悪さをしだしたらすぐ止められるように、見ている必要があります。

4、犬の避難場所を作る

寝てるビーグル
犬にも心落ち着ける場所が必要です。何かあった時に、一人になれる場所を作ってあげましょう。ベストはクレート(ハウス)です。クレートの中にいる時は、そっとしておいてあげましょう。

5、おもちゃをはっきりと区別する

散らばるおもちゃ
犬の口内は菌だらけです。赤ちゃんが何にでも興味を持つようになると、犬のおもちゃで遊んだり、口に入れようとします。赤ちゃんからしてみれば、犬のおもちゃと自分のおもちゃの区別がつきません。そのため、飼い主さんがしっかりと管理する必要があります。

  • 赤ちゃんに犬用のおもちゃで遊ばせない
  • 逆も同じ。犬に赤ちゃん用のおもちゃで遊ばせない
  • 管理をしっかりして、見えない場所にしまうなど工夫をする
  • 犬は大きいおもちゃを好まない場合が多いので、赤ちゃん用に大きめのおもちゃを使う

6、犬と赤ちゃんのキスはNG!

先ほども述べた通り、犬は口にたくさんの菌を持っています。そのため、犬にペロペロと舐められることはあまりよろしくありません。特に、赤ちゃんはミルクの匂いがするため、犬にとってものすごく舐めたくなるのだそう。「可愛いからいいじゃない!」と言わず、舐めようとしていたら止めるようにしましょう。

犬から人に移る感染症も、犬に舐められることが感染源になるものもあります。気をつけましょう。

赤ちゃんと犬が暮らすために、知っておくべき感染症とその対策。

7、衛生面に注意する

お風呂に入る女性
当たり前のことではありますが、掃除をこまめにするなどして衛生的にしましょう。掃除機をかけたり、空気清浄機をつけたりすることです。また、犬の排泄物の処理なども、素早く綺麗に行いましょう。感染症の原因になる可能性があるからです。

また、身近なことですが、散歩から帰って来たら足を拭く、ブラッシングをこまめにするなども大切です。

 一緒に楽しく暮らしましょう!

犬は子育てにたくさんの良い効果をもたらしてくれます。大変なこともあるかと思いますが、十分気をつければ心配ありません。

子供がいる家庭こそ、ペットを飼ったほうがいい理由とは

また近い将来、子供が犬と仲良く遊んでいる姿を見るのは、至福な時間なはず。どうか、わんちゃんを手放したり、除け者にしたりしないで、うまく一緒に住んでいく方法を考えてくださいね。