【獣医師監修】呼吸器疾患以外も?猫の咳で考えられる病気とは

ヒトでも咳という症状は、病気の際に見られる非常にありふれた臨床徴候です。風邪を引いた時、唾液が気管に入ってしまった時、あるいは特に何もないのに咳払いをすることもあります。

では、猫における咳にはどんな意味があるのでしょうか。言葉で身体の不調を訴えることのできない猫にとって、それは気付いて欲しい何かのサインかもしれません。

今回は猫の咳で考えられる疾患について解説します。

「咳」と「くしゃみ」と「逆くしゃみ」

猫,くしゃみ,逆くしゃみ,咳,獣医師監修,喘息,呼吸器
咳は体内に侵入してきたウイルスや異物を、体外へ排除するための生体防御反応としてはたらきます。さらに、気道の炎症や過敏反応などによって引き起こされる病的な咳もあります。

また、咳とよく似た症状として、くしゃみや逆くしゃみが挙げられます。

これらの症状における原因には一部共通するものもありますが、全く異なるものもあります。症状を正しく見分けることによって、診断をスムーズに行うことができます。

動画を撮る

とは言っても「咳とくしゃみは間違わないでしょ」と思う方もいるかもしれません。これが意外とわかりにくいものもあるのです。

そんな時は、咳をしている様子を動画に撮っておくといいでしょう。受診の際にはどんな時間帯に咳をしやすいのか、室温などの環境も合わせて獣医師に伝えると診断の助けになります。

呼吸器疾患

猫,くしゃみ,逆くしゃみ,咳,獣医師監修,喘息,呼吸器
では、愛猫が咳をしている場合、考えられる原因は何でしょうか。

まず考えるべきは呼吸器の異常です。呼吸器は喉頭、気管、気管支、肺を指します。これらの炎症や腫瘍によって咳が発生します。

猫における咳の原因となる呼吸器疾患をまとめました。

猫喘息

【症状】
咳、呼吸困難、運動不耐性(疲れやすい)、チアノーゼ、開口呼吸など。
【原因】
刺激物やアレルゲンの吸入。考えられている病因は芳香剤、タバコの煙、ハウスダスト、掃除用洗剤、脱臭剤、スギ花粉などと言われているが、はっきりとはわかっていない。
【備考】
トイレを紙や砂にする、エアコンの清掃をするなどは試してみてもいいかもしれない。症状は軽度から命に危険が及ぶものまで様々。

肺腫瘍

【症状】
慢性の咳、呼吸困難、無気力、体重減少、発熱など。
【原因】
原発性肺腫瘍発症の関連因子については明確なものはわかっていない。しかし、タバコの煙などが関わっていると言われている。転移性肺腫瘍では甲状腺癌、乳腺癌、骨肉腫、血管肉腫、移行上皮癌、口腔および趾間部の悪性黒色腫、扁平上皮癌などからの発生が特に多い。
【備考】
原発性であれば外科手術による治療が行われるが、転移性の場合は予後は悪い。

鼻咽頭ポリープ

【症状】
咳、いびき、くしゃみ、鼻汁、努力性呼吸、嚥下困難など。
【原因】
鼻咽頭に発生するポリープ。同腹の子猫に発生することもあるため、遺伝性疾患として示唆されている。
【備考】
ポリープから二次的な細菌感染が中耳や内耳に及ぶと、縮瞳、眼瞼下垂、第三眼瞼腺脱出などを呈することもある。

呼吸器以外の疾患

猫,くしゃみ,逆くしゃみ,咳,獣医師監修,喘息,呼吸器
原因は呼吸器に存在しないが近いところに病変が存在し、結果として気道を刺激して咳が生じることも少なくありません。頚部にある甲状腺や、胸部にある心臓の疾患などがそれにあたります。

これらの場合には咳以外の症状がないかもしっかりチェックし、血液検査などで異常値がないかも確認する必要があります。

肥大型心筋症

【症状】
嘔吐、食欲不振、肺水腫や胸水貯留による咳、呼吸困難など。血栓塞栓症を随伴した場合、塞栓部位によって多彩な症状が見られる。塞栓発生部位で多いのは腹大動脈遠位端で、この場合には両後肢の麻痺が見られる。
【原因】
メインクーンとアメリカンショートヘアでは遺伝性が確認されている。
【備考】
血栓形成がQOLを低下させるので、本症が診断されたら血栓形成予防も同時に行う必要がある。

犬糸状虫症(フィラリア症)

【症状】
咳、呼吸困難、嘔吐を主症状とする。ほとんど症状を示さずに急死することもある。
【原因】
蚊によって媒介される犬糸状虫の寄生による。これは心臓の肺動脈に寄生するが、三尖弁口部に移動することによる大静脈症候群(著しい循環不全と血管内溶血)が見られることもある。
【備考】
猫では犬と比較して少数の犬糸状虫成虫寄生でも発症する。ノミ・ダニの駆虫薬の中には犬糸状虫の駆虫もできるものもあるので利用する。

甲状腺機能亢進症

【症状】
体重減少、脱毛、嘔吐、下痢、多飲多尿、甲状腺の腫大(頚部圧迫による咳)、活動性の亢進など。
【原因】
ホルモン分泌能を維持した甲状腺の過形成および腺腫。一方で猫では甲状腺癌によるものは少ないとされている。
【備考】
高齢の猫における最も一般的な内分泌疾患とされる。良性の甲状腺腫大によるものが多いため、治療による予後は良い。

病気でない咳もある

猫,くしゃみ,逆くしゃみ,咳,獣医師監修,喘息,呼吸器
咳の原因は必ずしも病気だけではありません。冷たい空気も気道の刺激になり得ますし、食後に喉を整えるために咳をすることもあります。

しかし、これらの咳は一過性であることが多く、繰り返し咳をする場合や、毎回同じタイミングで咳をする場合などにはやはり一度動物病院を受診しましょう。子猫が毎回食後に咳き込むなどの場合には口蓋裂の可能性も考えられます。

まとめ

猫,くしゃみ,逆くしゃみ,咳,獣医師監修,喘息,呼吸器
咳はありふれた症状ではありますが、放置して良いものではありません。呼吸器の異常以外にも、甲状腺の異常や心疾患なども考えられます。

普段から愛猫の様子をよく観察しておき、いつもと違うことや心配なことがあれば動物病院に相談しましょう。

【獣医師監修】犬の咳が気になる!実は心疾患の可能性も?

もし愛犬が咳をしていたら、あなたはどうしますか?

その咳が一時的なものであれば、何かにむせただけかもしれません。しかし、咳が持続しているとなると、身体、特に胸部に何かしらの異常があることが疑われます。

今回は、犬が咳をしている場合に考えられる病気について、獣医師が詳しく解説していきます。

咳で考えられる7つの呼吸器疾患

犬,咳,ケンネルコフ,フィラリア,獣医師監修
咳の症状を見て、まず疑うのが呼吸器の異常でしょう。呼吸器と一口に言ってもその範囲は広く、鼻腔、喉頭、気管、気管支、肺などが挙げられます。

呼吸器系の検査にはX線検査を行うことが一般的です。では、犬で見られる呼吸器疾患にはどんなものがあるのでしょうか。

ケンネルコフ(犬伝染性気管・気管支炎)

【症状】
感染初期の乾性発咳、くしゃみ、鼻汁、流涙など。長期化や重症化によって湿性発咳、呼吸困難、呼吸速迫など。
【原因】
犬パラインフルエンザウイルス、犬アデノウイルス、犬呼吸器コロナウイルス、マイコプラズマ、細菌の単独あるいは混合感染による。
【備考】
ネブライザーによる吸入療法が効果的。

慢性気管支炎

【症状】
慢性で持続する湿性の咳。
【原因】
ケンネルコフなどの急性気道感染症の回復後、または気道刺激物(埃、塵、タバコの煙など)による慢性的な曝露による。
【備考】
犬の慢性気管支炎は次の3つの基準により定義されている。
①過去1年以内に2か月以上にわたって継続する咳である
②気道内に過剰な粘液を分泌している
③他の慢性循環器あるいは呼吸器疾患を伴わない

気管支拡張症

【症状】
元気消失、食欲不振、湿性の咳、呼吸困難、頻呼吸、喀痰、運動不耐性など。
【原因】
多くは慢性気管支炎などの進行により発症する。先天的な発生もあるが、これは稀。
【備考】
不可逆性の疾患であるため適切な治療により進行を遅らせ、病態の維持を目的とする。

誤嚥(ごえん)性肺炎

【症状】
突然の発咳、呼吸困難、呼吸速迫、発熱、チアノーゼなど。
【原因】
異物を気道内に摂取することによる炎症反応で、以前より嘔吐、吐出、鼻汁、嚥下困難の症状を呈することがある。
【備考】
肺の障害程度は誤嚥した物質の量、粒子の大きさ、経過時間、pHにより異なる。高齢で寝たきりの子や、巨大食道症を罹患している子は特に注意。

気管虚脱

【症状】
咳、アヒル様呼吸音、呼吸困難、チアノーゼなど。
【原因】
直接的な原因は不明だが、主に気管が呼吸時に潰れることによる。興奮、運動、首輪による圧迫などによって症状が発現することもある。
【備考】
首輪から胴輪への切り替え、肥満の解消も治療として効果的。

気道内異物

【症状】
突然の咳と呼吸困難。異物が気管支まで到達すると慢性的な咳を呈することがある。
【原因】
小さな異物(植物の葉や種など)を吸引し、それが気管内に迷入することで急性の閉塞性呼吸困難や咳を呈する。
【備考】
異物の大きさによっては気道を閉塞し、命に関わることもある。

肺の腫瘍

【症状】
発咳(腫瘍が気管支を圧迫した場合)、胸水貯留による呼吸速迫、がん性悪液質(腫瘍によってエネルギー消費が過大となり、栄養状態が悪くなること)など。
【原因】
原発性の肺腫瘍は稀で、多くは転移性。
【備考】
重度に進行するまで症状が出にくいことがある。

咳で考えられる3つの心臓疾患

犬,咳,ケンネルコフ,フィラリア,獣医師監修
呼吸器だけでなく、心疾患においても咳の症状が見られます。これは心臓の負担が増して心臓が大きくなり、胸腔や気管を圧迫すること、肺や胸腔に水が溜まることなどによって引き起こされます。

健康診断などで心雑音が指摘されている子は、咳の症状には特に注意しましょう。

心肥大/左心房拡大による気管支圧迫

【症状】
運動不耐性、活動性低下、頻呼吸、呼吸困難、食欲不振、失神、咳など。
【原因】
僧帽弁閉鎖不全症などの心疾患によって心臓が大きくなると、気管が圧迫されて発咳が見られることがる。
【備考】
僧帽弁閉鎖不全症は犬の心疾患で最もよく見られる。

心原性肺水腫

【症状】
発咳、チアノーゼ、呼吸様式の変化(浅速呼吸や努力性呼吸)、喀血など。
【原因】
慢性の心臓弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症や三尖弁閉鎖不全症)によって心機能が低下し、肺に血液が過剰に貯留することで生じる。
【備考】
肺水腫は緊急を要する病態で、一刻も早い対処が必要である。

犬糸状虫症(フィラリア症)

【症状】
寄生虫対数が少ないと症状が現れないが、肺に炎症を起こすと発咳が見られるようになる。他にも肺高血圧による右心不全徴候(運動不耐性、体重減少、頻呼吸、腹部膨満)、血色素尿なども見られる。
【原因】
犬糸状虫が肺動脈に寄生することによる。犬糸状虫は蚊によって媒介される。
【備考】
月に1回の駆虫薬の投与によって予防が可能。

まとめ

犬,咳,ケンネルコフ,フィラリア,獣医師監修
他にも、寒い時や埃っぽい時にも咳が見られることがあります。

愛犬の健康管理のために、愛犬の様子を毎日観察することは非常に重要です。観察していると、咳が持続しているか、その咳が異常なものかどうかを見極めることができるかもしれません。心配なことがあれば遠慮なく動物病院に相談してくださいね。

【獣医師監修】猫の咳は早期治療がカギ!考えられる疾患を徹底解説

人間は、風邪をひくと咳が出ることがありますよね。では、猫が咳をしている場合も風邪なのでしょうか?

実は、猫には人間で言う「風邪」に当たるものはないため、猫の咳は、風邪ではない何らかの異常が起きているサインです。

咳が長く続くと、体力的にも大きな負担がかかることになるため、素早く原因を特定し、それを取り除かなくてはなりません。今回は、猫の咳の症状について、獣医師が詳しく解説していきます。

そもそも咳とは

,猫,咳,疾患,病気

咳とは、気道内の過量分泌物、異物、物理的圧迫、振動、有毒ガス、冷気、感染、炎症に対して起こる生体防御反応です。
このことから、咳は病気以外の環境要因によっても誘引されることがわかります。

咳に伴って痰の産生があるかどうかも重要となってきますが、猫は痰を飲み込んでしまうことが多いため、排出されるのを見ることはあまりありません。

湿咳と乾咳

また、咳はその性質から、「湿咳」「乾咳」に分けられます。
湿咳は音量が小さく、くぐもった咳のことで、主に肺機能の低下によって起こります。
乾咳は高音で大きいことが特徴で、気管や気管支に問題があるときに起こる傾向にあります。

猫の咳で受診した際に動物病院で聞かれること

猫,咳,疾患,病気

猫の咳の原因は速やかに取り除かなければなりません。

そのためには、猫の家での様子などについて、情報の収集が不可欠です。猫の咳で動物病院を受診する前に、次のようなポイントを確認しておくとスムーズです。

  • いつから:急性か慢性かなど
  • 飼育環境:部屋の温度や湿度、喫煙者の有無など
  • 咳の様子:音、大きさ、回数、咳をする時間帯など
  • 呼吸の様子:お腹を動かしながらの努力呼吸の有無、開口呼吸の有無など
  • 呼吸数:安静時における1分間当たりの呼吸数

呼吸数の測り方

呼吸数は、運動の後などではなく、リラックスしている状態のものを測定します。

回数は、15秒間の呼吸数を数え、4倍して1分間の呼吸数を推定します。通常は1分間で20回前後となりますが、40回/分以上になると呼吸器疾患が疑われます

咳の様子を動画に撮っておくと良い

咳の状態は診断の上で重要ですが、動物病院を受診すると、猫は緊張で咳をしなくなることがあります。

そこで、自宅で咳の様子を撮影して頂けると、診断の助けになることもあります。

猫の咳で考えられる疾患

猫,咳,疾患,病気

では愛猫が咳をしているのを見た時にどんな疾患が考えられるのでしょうか。

異常が見られるのは主に呼吸器ですが、順番に見ていきましょう。

猫喘息

気管支炎を起こす多くの疾患を総称して「猫喘息」と言います。

何が原因かははっきりとは分かっていませんが、芳香剤、タバコの煙、ハウスダスト、埃、スギ花粉などの吸引が関与していると考えられています。

症状は咳や呼吸困難が主で、発作性の呼気性呼吸困難が見られることもあります。また、中高齢のシャム猫に多く発生するとも言われています。

肺腫瘍

原発性の肺腫瘍は非常に稀で、多くは他の部位からの転移によるものです。

転移する可能性が高い腫瘍として、甲状腺癌、乳腺腫瘍、骨肉腫、血管肉腫、移行上皮癌、悪性黒色腫、扁平上皮癌などが挙げられます。
一般的な症状として慢性的な咳が見られ、他にも呼吸困難などが見られます。

肺炎

肺炎はウイルスや細菌、アレルギーなど様々な原因で引き起こされます。

いずれの場合も原因の特定が非常に重要で、それによって治療法も異なります。
症状は咳や呼吸困難で、細菌が関与している場合には痰の産生も認められます。

胸水症

胸腔内に、何らかの液体が貯留している状態です。

これによって肺が圧迫され、咳や呼吸困難といった症状が現れます。
胸水が溜まる原因としては、感染、うっ血性心不全、低蛋白血症などが挙げられます。

また他にも、血液、乳び液、膿などが貯留する場合もありますが、外から見ただけでは液体成分が何なのかを特定することはできません。実際に胸水を抜去し、検査を行うことで胸水の成分を解析し、原因の特定を行っていきます。

横隔膜ヘルニア

横隔膜は胸腔と腹腔を隔てている筋肉で、呼吸に関与しています。

先天的に横隔膜に穴が開いている、または後天的にも事故などの外傷によって横隔膜に穴が開くことがあります。
これによって腹腔内の肝臓や腸管が胸腔内に移動し、呼吸を妨げる場合があります。

特に、外飼いの習慣がある猫が帰宅後に呼吸に異常が見られる時には、予期せぬケガで肺や肋骨の損傷や横隔膜ヘルニアを起こしているかもしれません。

心疾患

心不全が起こると、静脈の血液の流れが滞り、胸腔内に胸水が溜まる原因となります。

また、心臓への慢性的な負担は心臓を大きくし、気管が圧迫されて咳が出ることも多いです。

特に猫において肥大型心筋症の発生が多く報告されており、定期的な検診が重要となっています。

犬糸状虫症(フィラリア症)

犬糸状虫はフィラリアと呼ばれる寄生虫で、蚊によって媒介され、主に犬の心臓に寄生します。

しかし、近年では猫での寄生例も報告されており、犬と比較して重症化しやすいことがわかってきました。

症状は咳の他に、嘔吐、血尿、元気消失、食欲低下などが見られます。
ノミやマダニの予防薬の中には、フィラリアに対する予防効果を有しているものもあるので、一度確認してみるといいでしょう。

猫の咳は早めの受診が大事

猫,咳,疾患,病気
咳は、呼吸器や循環器という、命に直結する臓器の異常によって引き起こされることの多い臨床徴候です。

そのため、放置して重症化すると厄介なことが多く、早期診断と早期治療がカギとなります。
愛猫に咳が確認できたら、できるだけ早めに動物病院を受診するようお願いします。

まとめ

猫,咳,疾患,病気

猫の咳は音が小さいことがあり、気付くのに遅れてしまうことも多いです。しかし、猫の咳の裏には重要な疾患が隠れていることも多いため、早めの対処が必要です。

普段から、猫の様子に異常がないか気を付けながら生活し、大切な愛猫の健康を守ってあげましょう。